車売却にメンテナンスノートは必要?手元にない場合の対処法は?

クルマ売却ガイド

車売却にメンテナンスノートは必要?手元にない場合の対処法は?

車の売却時には多くの書類が必要になります。車検証や自賠責保険証はもちろんのこと、一緒に保管されることの多いメンテナンスノートも揃えておきたいところです。しかし中古車を買うときについてこないケースもあるなど、その他の必要書類よりも重要視していないという方もいるのではないでしょうか。

 

メンテナンスノートは、車の売却には少なからず影響する書類です。また書類を通して車体の状態を把握しておけば、交渉にも役立てられます。大切に保管することで、より満足のいく売買を行うことができます。そこでこの記事では、メンテナンスノートの重要性、また紛失した際の対処法などについてご紹介します。

 

※目次※

1.メンテナンスノートがないと車は売却できない?

2.そもそもメンテナンスノートとは?

3.メンテナンスノートに書かれている内容

4.メンテナンスノートが手元にない場合の対処法

5.売却したらメンテナンスノートから個人情報は洩れない?

6.メンテナンスノート以外に用意すべき書類とは?

7.まとめ

 

■POINT

 

 

・メンテナンスノートがなくても車を売ることはできる。しかし車の状態を記録したものなので、査定への影響は大きい。

・綺麗に残しておけば車を大切に扱っている証になるので、ユーザーの信頼性を示せる!

・紛失してもディーラーに販売したデータが残っていれば、再発行できることがある。

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

メンテナンスノートがないと車は売却できない?

メンテナンスノートを紛失したとしても、車を売ることはできます。売却時に必要な名義変更手続きには不要なので、法律上は問題ありません。しかし査定時に確認できないと整備の履歴が不明瞭な分、査定額がマイナスされます。

 

メンテナンスノートは新車購入時に最初に渡される書類なので、しっかり保管していれば、それだけ車を大切に扱ってきた証拠となるでしょう。

 

中古車販売店では、メンテナンスノートの一部である「点検整備記録簿」が有るか無いかを販売時に掲載します。しっかり残っていると次のユーザーも安心して購入できるため、商品としての価値も高いのです。やはり高額査定を狙うなら、失くさないよう大切に保管しておきたい書類でしょう。

 

そもそもメンテナンスノートとは?

メンテナンスノートはメーカー保証書と点検整備記録簿がセットになったもので、車を売るときに次のユーザーへ引き継がれていきます。法律では車の中に常備することが義務付けられていますが、不携帯時の罰則がないこともあり紛失する人もいます。

 

点検整備記録簿は、法定点検などのタイミングで、整備士がどのような整備を行ったか記録するためのものです。そしてメーカー保証書は新車購入時にメーカーが車につける保証を証明するための書類ですが、失くしても車体番号から保証を確認できます。

 

上述の通り、点検整備記録簿やメーカー保証書は紛失したとしても罰則がなかったり他の確認方法があったりするため、メンテナンスノートの重要性を軽視する人が多いのでしょう。

 

メンテナンスノートに書かれている内容

点検整備記録簿には、いつ整備を行ったかはもちろん、オイルやブレーキパッドなどの消耗品の交換時期から、走行距離まで詳細に記載されます。

 

特に6ヵ月点検や12ヵ月点検は車検と違い、受けなかった場合の罰則もないので、受けていない人もいるでしょう。メンテナンスノートは、それらをきちんと受けたことのアピールにも役立ちます。

 

上述の通りメンテナンスノートは、整備の情報が書かれているからこそ役に立つものです。紛失したものを見つけても、それまでの記録が残されていなければ効果は薄くなります。また書かれている情報が大切なのですから、汚れたり破れたりすることにも気を付けましょう。

 

メンテナンスノートが手元にない場合の対処法

メンテナンスノートがなくても車を売却できますが、査定時のマイナスポイントになるのは痛手です。もし紛失した場合、どのように対処すればよいのでしょうか。自身が失くした場合と前のユーザーが失くした場合、それぞれに分けてみていきます。

 

紛失した場合

メンテナンスノートは、表向きは再発行できないものとされています。法律で常備が義務付けられているとあって、失くすことは想定していないのでしょう。しかし、ディーラーで販売されたデータが残っていれば、再発行が可能なケースもあります。

 

購入してから数年であればデータはまだ残っているので、紛失しても諦めずに連絡するとよいでしょう。ただしメーカー保証書に関しては、再発行を受け付けていないディーラーもいます。

 

中古車として購入し、前オーナーが紛失した場合

中古車を買うときに前のオーナーが失くしていて、メンテナンスノートがついてこない場合もあるでしょう。そういった場合にも、新車時の販売店がわかれば、再発行の依頼ができることがあります。しかし10年落ちなどの年式の古い車を買えば、販売したデータが残っていない可能性もあり、注意が必要です。お店がすでになくなっていることもあるでしょう。

 

またメンテナンスノートなしで買った車を売る際は、元からついていなかったことを業者に説明しておきましょう。自分が失くしたのではないと伝えておくのも、業者とよい信頼関係を作るために大切なことです。

 

売却したらメンテナンスノートから個人情報は洩れない?

個人情報保護法により、メンテナンスノートは車台番号のみで管理されるようになりました。販売時には業者によって対処されるため、次のユーザーに引き継がれることはありません。車検証に関しても同じことがいえます。

 

もしも心配な場合には、信頼のおける業者を選び、査定時に個人情報の対処について尋ねておくとよいでしょう。

 

メンテナンスノート以外に用意すべき書類とは?

車の売却時には、メンテナンスノート以外にも紛失していると査定に響く書類や名義変更手続きのために必須となる書類がいくつかあります。業者とのスムーズなやり取りや、少しでも査定額を上げるためにも確認しておきましょう。

 

車の売却に必須の書類

まず普通自動車の売却に必ず必要となる書類を見ていきましょう。

  • ・車検証
  • ・自賠責保険証
  • ・自動車税納税証明書
  • ・印鑑証明書
  • ・実印
  • ・委任状
  • ・譲渡証明書
  • ・リサイクル券(リサイクル料金預託済みの場合)
  • ・住民票写し(車を所持している期間に、住所変更があった場合)

 

委任状と譲渡証明書に関しては買取店で用意しているので、それ以外の書類を自身で用意することになります。また軽自動車の場合、印鑑証明は不要で、印鑑も認印で構いません。

 

それぞれ紛失してしまった場合は、車検証は運輸支局、自動車税納税証明書は都道府県の税事務所にて再発行できます。自賠責保険書に関しては、保険会社に連絡して手続きを取ることになるでしょう。

 

用意しておいたほうがよい書類

メンテナンスノートの他に、必須ではないものの用意しておいたほうがよい書類は車の取扱説明書です。車の説明書は読まない人がいるため、それほど重要ではないように感じますが、紛失している場合は5,000円前後のマイナス査定になる場合があります。

 

失くさないよう、メンテナンスノートや車検証と一緒に、ダッシュボードなどに保管しておくのがよいでしょう。また紛失してもよほど古い車種でない限り、ディーラーで取り寄せることも可能です。ディーラーで扱っていない場合も、ネットオークションなどを探せば見つかることもあります。

 

ただし一冊2,000 ~3,000円ほどになるため、購入すべきかどうか考えることが大切です。外車の場合は8,000円以上と、さらに高額になります。

 

まとめ

メンテナンスノートは車の売却に必須ではありませんが、査定額やユーザーの信用に関わってくるという意味では重要な書類です。整備の記録が詳細に記載されているので、自身が車の状態を把握するのにも役立ちます。

 

紛失した場合や中古車を購入したためについてこなかった場合には、まずは再発行が可能かどうか、問い合わせてみましょう。不明な点などございましたら、ぜひお近くのネクステージお店舗にてお気軽にご相談ください。

 

無料の査定を申し込む