走行距離が20万kmを越えた車は下取りに出せる?下取り・買取で損しない方法をご紹介!

クルマ売却ガイド

走行距離が20万kmを越えた車は下取りに出せる?下取り・買取で損しない方法をご紹介!

走行距離は、車を売るときに判断基準となるもののひとつです。長いあいだ使用してきた愛車なら、走行距離が20万kmを超えていることもあるでしょう。思い入れのある愛車を手放すときはなるべく高く買い取ってほしいと考えているが、いくらで売れるのかわからずに不安に思っている方もいるのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、走行距離が20万kmを越えた車を下取りに出すときのノウハウをご紹介します。なるべく高く買い取ってもらうためのコツや、下取りに出すタイミングについても確認していきましょう。走行距離が20万kmを越えても、価値あるモノにすることは可能です。

 

※目次※

1.走行距離が20万kmを越えた車を下取りで値段が付くかどうかは車次第!

2.走行距離が20万kmを越えた車を下取り・買取してもらう際のコツ

3.走行距離が20万kmを越えた車の下取り・買取額を左右する要因

4.走行距離が20万kmを越える前に車を下取り・買取に出すのが重要

5.走行距離が20万kmを越える前に車を下取り・買取に出すかどうかの見極め

6.走行距離が20万kmを越えそうな車を手放す際はネクステージがおすすめ

7.まとめ

 

■POINT

 

 

・走行距離が20万kmを越えた車でも値段がつくことはある。車をきれいに維持することやキャンペーンを上手に利用しよう

・車の下取り額や買取額は、年式や走行距離、エンジンまわりの状態が大きく関係する。純正パーツの確保や海外需要も意識しよう

・車を手放すタイミングの見極めも重要。需要が高まったときや新型モデルが出る時期を狙うことがおすすめ!

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

走行距離が20万kmを越えた車を下取りで値段が付くかどうかは車次第!

20万km以上走行した車に値段がつくかどうかは、その車の状態次第といえるでしょう。20万km以上走っている車は年式が古いことも多く、使い込んでいる分車体の各所にダメージが蓄積していることもあります。そのような古く傷んでいる車は、値段がつかないことも珍しくありません。

 

走行距離10万kmを越えた車には値段がつかないことも多く、20万km以上走行している車ならその傾向はさらに顕著です。しかし、すべての車に値段がつかないとは限りません。過走行車をなるべく高く下取りしてもらうために、気をつけるべきポイントをご紹介します。

 

走行距離が20万kmを越えた車を下取り・買取してもらう際のコツ

多くの場合、走行距離10万kmを越えた車や年式が10年落ちした車の価値は大きく下がります。しかし、いくつかのポイントを押さえておけば、20万km以上走行している車でも値段がつくかもしれません。ここでは、どのような点を押さえておけばよいかを確認していきましょう。

 

所有している車のブランドを活かすこと

車のブランドは下取り価格に大きく影響します。車市場では、人気のあるブランドの車は高く売れます。所有している車のブランドを活かし、少しでも高く売ることがポイントです。

 

車を高値で売りたいと考えるなら、リセールバリューを考慮して車を選ぶことも重要です。車を選ぶ際には、売るときのことも考えながらブランド力などの価値を考慮して購入しましょう。

 

下取り・買取業者にわからないことを質問すること

業者に気になったことや疑問に思ったことはしっかりと質問して、疑問を解決することが大切です。不明点をなくして、納得のいく取引となるように努めましょう。

 

所有する車のどの点が価値を下げているのかがわかれば、改善できる場合もあります。簡単な整備や修理で下取り価格が上がることもあるため、改善できるところを事前にチェックすることは重要です。業者との対話から、改善点を見つけましょう。

 

実績のある中古車販売店を利用

できるだけ高い値段で車を手放すには、販売店選びも重要です。同じ車種でも販売店によって下取り価格が異なることは珍しくありません。中古車に全く同じ状態の車はなく、その車の価値の見極めは店舗スタッフの知識と経験に頼ることになります。

 

全国に多数店舗を展開しているネクステージは、豊富な取引実績をもち、大切な車を丁寧に扱う愛情査定をモットーとしています。広いネットワークを活かして情報を集め、専門知識をもつスタッフが車の本当の価値を査定結果に反映させます。車を高値で手放したい方は、ネクステージがおすすめです。

 

所有している車を綺麗な状態にすること

下取りに出す車は、できる限りきれいな状態で引き渡すようにしましょう。直前になって慌てて車内の荷物を出すと置き場所に困ったり、焦ってボディにすり傷などをつけてしまったりするかもしれません。荷物の整理は早めに済ませておきましょう。

 

車内に臭いや汚れがあると、下取り価格に影響する場合もあります。可能な限り清掃しておくと安心ですが、念入りに清掃をしても価格が上がるわけではありません。掃除機をかけて軽く拭き掃除をしておく程度でよいでしょう。人が乗ったときに不快にならない程度に整えておきましょう。

 

業者が出しているキャンペーンをチェック

下取りに出す業者がどのようなキャンペーンを行っているかをチェックしておくことも大切です。キャンペーンを利用すれば、お得に下取りができるかもしれません。

 

キャンペーンには、下取り査定を受けると抽選で現金がプレゼントされる、アンケートに答えると下取り価格が上がるなどさまざまなものがあります。業者がどのようなキャンペーンを行っているのかを事前に調べて、査定に出すタイミングを検討しましょう。

 

業者からの印象を下げる行動をしないこと

担当スタッフの印象を下げるような行動は避けましょう。下取りに出す前に車をきれいにすることも、スタッフへの印象をよくするためです。印象がよければ、査定額が上がる可能性もあります。

 

業者とのやり取りで嘘をついたり、スムーズな取引ができないと感じられるような態度をとったりすると印象が悪くなる可能性があります。取引に必要な書類をきちんと揃えておいたり、予約した時間を守って行動したりするだけでも印象はよくなるでしょう。

 

走行距離が20万kmを越えた車の下取り・買取額を左右する要因

車の下取り・買取額はどのような要素で変動するのでしょうか。買取額を決める要因を事前に知っておけば、高く売るために必要なことがわかります。ここでは、買取額を左右する要因について見ていきましょう。ポイントを押さえて、納得のいく取引を目指しましょう。

 

何年落ちか

車の年式は、買取額を決める要素のひとつです。基本的に車は新しければ新しいほど高く売れます。年式が落ちるほど買取額は下がり、10年落ちを境に大きく下落することが一般的です。

 

乗用車の耐久限界は、年数で見ると13年前後とされています。そのため、登録されてから10年以上経過している車は価値が下がる傾向にあります。

 

多くの場合、年式が10年を超えるとそれ以降の査定基準は大きく変わりません。高値で車を売りたい場合は、10年落ちになる前に売却を検討しましょう。

 

修復歴

買取りの際は、修復歴がないほうが有利です。修復歴とは、車の骨格にあたる部分を修理した経歴を指します。ボディを擦ってついた傷や、ドアのへこみなどを修理しても修復歴はつきません。

 

修復歴があるということは、骨格にダメージが及ぶような重大な損傷があったということであり、大きな事故をしたクルマの可能性もあります。事故車は避けたいと考える方もいるため売れにくくなり、買取額も下がることが一般的です。修復歴は車検の際に点検記録簿に記録されるため、手放す前にあらかじめ自分の車の状態を把握しておきましょう。

 

海外需要

国外で需要のある車は、価値が上がることもあります。海外では日本製の車は人気が高く、中古車でも大きな需要があるためです。日本では走行距離が長いと評価は下がりがちですが、広い国に住んでいる方は長距離を走ることが一般的であるため、走行距離を重視しない傾向にあります。

 

そのような国では、走行距離が20万kmを越えるような過走行車でも需要があります。車を高値で売りたいのであれば、海外に販路をもつ店舗を探すこともポイントです。

 

純正パーツが揃っているか

純正パーツが揃っていない場合は、買取価格が下がる可能性があります。買取査定額は中古車オークションの相場をベースに決められますが、純正パーツがないとオークションでの価値が下がるためです。

 

下取りでも、純正パーツがないと車の価値は大きく下がります。下取りの場合は改造パーツを引き取っても再販するルートがないため、カスタムパーツの価値はほぼないと考えましょう。下取り額は、買取の場合よりも下がる可能性が高いでしょう。車にカスタムパーツをつける際は、取り外した純正パーツもしっかり保管しておきましょう。

 

走行距離が20万kmを越える前に車を下取り・買取に出すのが重要

車を高く売りたいと考える方は、走行距離が少ないうちに売ることを意識しましょう。20万km以上走った車は市場価値が大きく下がり、買取額も低くなります。

 

車種・年式・走行距離などの基本情報は、査定額に影響を与えます。エンジンまわりも重要な要素となり、走り込んだ車は価値が下がっていきます。年式や走行距離が一定ラインを越える前に、下取りや買取を検討しましょう。

 

走行距離が20万kmを越える前に車を下取り・買取に出すかどうかの見極め

車の買取額を上げるには、中古車市場の動向にも注目しましょう。所有する車の価格が上がる時期を見計らい、車を売りに出すタイミングを見極めます。しかし、どのようなことを確認すればよいのかわからない方もいるのではないでしょうか。ここでは、車を手放すタイミングの見極め方をご紹介します。

 

メーカーが新車発表したタイミング

メーカーからシリーズの新型モデルが発売されると、旧モデルは買取価格が大きく下がる傾向があります。新型モデルへ人気が移るため、旧モデルは売れにくくなります。また、買い替え需要も高まり、市場の旧モデルが供給過多となるからです。

 

所有車の新型モデルが発表されたら、そのままその車に乗り続けるか買取額が下がる前に手放すかを早めに決めることをおすすめします。時間が経って情報が出回るほど買取価格は下がるため、できる限り早く決断しましょう。

 

中古車販売店で人気車種が入荷したとき

人気車種が中古車販売店で売りに出されたときは、そのタイミングで買い替えを考えてもよいでしょう。人気車種は購入希望者も多く、タイミングを逃すと次の入荷まで待たなければなりません。

 

次に入荷したときには、所有する車の価値は現在よりも下がっています。売却を遅らせるほどに買取額は下がっていくため、次に乗り換えたい車が決まっている場合は入荷情報をこまめにチェックしましょう。

 

所有している車の需要が高まったとき

所有している車の需要が高まったときに手放すことも選択肢のひとつです。中古市場の在庫が少なくなるなどの要因で、旧モデルや派生車種の買取価格が一時的に上昇することがあります。

 

車の需要が高まると、多くの買取店で買取強化キャンペーンが行われます。需要が落ち着くと、連動して買取価格も下がっていきます。手放すタイミングが1か月違えば数十万円の差が出ることもあるため、普段よりも高く売れる機会を見逃さないようにしましょう。

 

運転する頻度が少なくなったとき

車を運転する頻度が減ったときは、手放すかどうか判断しましょう。自動車税や車検代など、車は維持するだけでもコストがかかります。ほとんど車に乗らない場合は出費がかさむだけになるため、思い切って手放すことも検討しましょう。

 

使用目的が減った場合も、買い替えを考えるよい機会かもしれません。子どもがひとり立ちして大人数で車に乗ることがなくなった、通勤目的でしか車に乗らなくなったという方には、燃費のよい小型車へ乗り換えることもおすすめです。

 

走行距離が20万kmを越えそうな車を手放す際はネクステージがおすすめ

走行距離が長い車を手放す際は、ネクステージをご利用ください。ネクステージは買取した車を自社店舗で販売しています。そのため、オークションへ出品するなどの手数料がかからず、車本来の価値を反映させた高額買取が可能です。

 

査定員がご自宅までうかがう無料査定も承っているため、店舗まで足を運んでいただく必要もありません。ご都合のよい時間に合わせることもでき、忙しい方でも便利にご利用いただけます。

 

まとめ

一般的には走行距離が10万kmを越えた車には値段がつかないことも多く、20万kmを越えた車はより価値がつきにくくなります。

 

しかし、国内外の需要や車の状態を整えることなどを意識すれば、下取りや買取の額を上げることも可能です。売却するタイミングも重要になるため、まずは積極的に情報を集めることから始めましょう。

 

ネクステージは、タイミングを問わずご納得いただける査定額の提示を目指しています。過走行車でも積極的に買取を行っているため、ぜひお気軽にご相談ください。

 

無料の査定を申し込む