事故で廃車になったときの保険金や手続きについて[2020年02月01日] | クルマ売却ガイド | 新車・中古車の【ネクステージ】

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

事故で廃車になったときの保険金や手続きについて

クルマ売却ガイド

事故で廃車になったときの保険金や手続きについて

事故で車が損傷したときに、「修理コストや買い替えコスト」について考える方も多いでしょう。なかには「事故で廃車になったが手続きの仕方が詳しく分からない」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。そこで、本記事では事故時の補償金や手続きについて解説していきます。

 

手続きや支払いについてこまやかな条件もありますが、理解してしまえば難しくありません。この記事を読み疑問を解消して、よりスムーズに手続きを進めましょう。

 

※目次※

1.事故で廃車になったとき適用される保険金とは

2.自分の保険から出る保険金

3.相手の保険から出る保険金

4.事故で廃車になったときの任意保険料はどうなるの?

5.廃車で自動車保険を解約する際の手続き

6廃車になる基準

7.全損でも廃車にしたくない場合

8.まとめ

 

■POINT

 

・保険金には自分の保険から支払われるケースと相手の保険から支払われるケースがあり、契約内容によっても金額が変わる

・保険には「任意保険」と「自賠責保険」があり、解約の際は手続き方法や必要書類が異なるため注意しよう

・廃車になる基準は「物理的全損」と「経済的全損」の2種類あり、廃車にする場合はどちらに分類されているのか確認しよう

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

事故で廃車になったとき適用される保険金とは

事故で廃車になったときに適用される保険金には、「自分の保険から支払われるケース」と「相手の保険から支払われるケース」の2種類があります。

 

受け取れる補償額は、加入しているプランによっても金額が変わります。たとえば、新車特約をつけていれば自分の負担なしで新車を購入できる金額が支払われます。代車費用をつけていれば、車の修理中に必要になったレンタカーの利用料金を専門会社に支払ってもらえます。

 

保険について理解しておけば、お金の面で損をする可能性も減るでしょう。今のうちに利用できる保険について確認しておきましょう。

 

自分の保険から出る保険金

保険金についてまず把握しておきたいことは「自分の保険から支払われる」場合です。契約しているところから支払われる補償金には、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、新車特約をつけているケースや買替時諸費用をつけているケースについて説明します。車が壊れたときに安心して利用できるように把握しておきましょう。

 

車両保険

車両保険では、事故で廃車になった際、同じ型の車を中古車で購入したときの市場価格が支払われます。これは自損や他損など事故の種類は問われません。契約時に定めた金額が支払われます。

 

ただし、支払い要件によっては車の引き取りを条件としているところもあります。契約時の金額を満額受け取るためにも、処分する前に契約内容を確認しておくことが大切です。

 

新車特約をつけている場合

新車特約は、事故になったときにサポートをしてくれます。設定された金額の範囲内であれば、負担なしで新車を購入できる金額が支払われます。

 

一般的な車両保険では、全損事故にあった際にその車の価値分の金額しか受け取れません。新品同様であっても、3年乗っていれば3年目の中古車価格の金額と判断されます。しかし、このプランを利用している場合は乗っている自動車の価値が下がったとしても契約時の新車価格の金額が支払われます。

 

買替時諸費用特約をつけている場合

買替時諸費用特約をつけているケースを見ていきましょう。契約している自動車が全損になったり、大きな損害額となったりした加入者は、この特約をつけていれば補償金額の15%(上限40万円)が支払われます。

 

新車特約のように新車価格と同じ金額が受け取れるわけではありませんが、十分な補償を受けられるシステムといえるのではないでしょうか。条件によって金額を受け取れるケースと受け取れないケースがあるため、事故にあったときは契約している会社に相談しましょう。

 

全損超過修理特約をつけている場合

車両保険金額プラス30万円~50万円の修理代が支払われる特約は「全損超過修理特約」といいます。事故によって修理が必要な場合に、修理代が車の時価を超過してしまうときに役立つ制度といえます。

 

相手車全損超過修理では、自分ではなく相手自動車の修理代に対して費用が支払われます。自分の自動車だけではなく、相手の自動車の修理に対しても補償がきくため、加入している場合は利用しましょう。

 

代車費用特約をつけている場合

代車費用特約は「レンタカー費用特約」とも呼ばれます。その名前のとおり、レンタカーを借りる際の代金を補償してくれる特約です。

 

交通事故により自動車を工場で修理する際に、修理期間中は自分の車を運転することができません。その際、レンタカーを借りる場合もあるかもしれませんが、この特約をつけていればレンタカーの利用料金を抑えることができます。

 

相手の保険から出る保険金

自動車事故にかかわる費用は自分で加入している保険から支払われるだけでなく、相手が加入している保険から支払われることもあります。「対物賠償責任」や「対物超過修理費用特約」など、相手が契約している内容によって受け取れる金額は変わります。ここでは、どのような内容のものがあるのかチェックしていきましょう。

 

対物賠償責任保険

対物賠償責任保険は、交通事故をおこした場合に、相手の自動車やものへの損害を補償する保険です。この保険は自動車やものだけにとどまらず、事故によって生じた間接的な被害も損害として認めています。間接的な被害には、休業損害や営業損失などが挙げられます。

 

法律上の損害賠償は、損害を与えたものの時価額までとされています。たとえば、時価額30万円の軽自動車の場合は、修理金額が30万円を超えても対物賠償では30万円までしか支払われません。

 

相手が対物超過修理費用特約をつけている場合

対物超過修理費用特約では、相手から修理費の受け取りが可能です。「対物超過」や「対物全損時修理差額費用」とも呼ばれます。

 

この特約は、「対物賠償」と同じものと考える方もいるかもしれませんが、同じ仕組みではありません。対物賠償では補うことのできない範囲の修理代などが補償されます。自動車の時価額を修理代金が超えるケースでは、その時価額と修理額の差額が補償されることが一般的です。

 

相手に落ち度があれば代車費用が出る

自動車事故で相手の過失が100%であれば、代車費用が支払われます。この場合は、相手の保険会社に代車分の請求をしましょう。ただし、自分に過失があったときは、請求をしても断られる可能性があります。一般的に代車費用は、100%相手の過失でなければ支払われません。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

事故で廃車になったときの任意保険料はどうなるの?

事故で車が乗れなくなった際に気になるもののひとつに「任意保険料」があります。処分を決めていても、料金を支払い続けることは無駄な出費になってしまいます。車が使えなくなった場合でも、車にかかわる料金は支払うべきなのでしょうか。ここでは、事故車の支払いや手続きについて解説します。

 

次の車の納車に時間がかかるときは中断する

乗っていた車を処分するときは、自動車保険の中断証明書を発行してもらいましょう。「廃車になったら解約をする」と考える方もいるかもしれませんが、任意の自動車保険では中断することも選択できます。

 

中断すれば、ノンフリート等級を一定期間保存できます。ただし中断には条件があり、条件を満たしていないと中断証明書は発行されません。事前に発行するための条件についても確認しておくことが大切です。

 

7等級以上で中断が可能

中断証明書を発行する際の条件のなかで、覚えておきたいことが「ノンフリート等級が7等級以上であること」です。ノンフリート等級とは、契約者の事故に応じてリスクを1~20等級に分類したものをいいます。

 

ノンフリート等級が1~6等級のケースでは中断証明の発行ができないため注意しましょう。7等級以上であれば、ほかの発行条件を満たすことで加入している会社に証明書の取得申請が行えます。

 

廃車で自動車保険を解約する際の手続き

中断するのではなく、廃車によって保険を解約するときの手続きについても解説していきます。事故による廃車で解約を考える方もみられますが、解約の手続きは決して難しくありません。ただし、「任意保険」と「自賠責保険」で手続き方法が変わるため、事前に確認しておきましょう。

 

任意保険

任意保険を解約するときは、自分で契約している会社に連絡し、解約手続きをする必要があります。一般的には解約するときに料金が返ってきますが、金額は会社や契約内容によって異なるため、事前にしっかり確認しておきましょう。

 

返ってくる金額は、会社によって計算方法が変わります。返金される金額は、今まで支払った費用に「短期率」という割合をかけた値であることが一般的です。加入している会社に問い合わせることで返金額を知ることもできます。

 

自賠責保険

任意保険と違い、自賠責保険ではいくつかの書類を提出しなければなりません。提出する書類には以下のようなものが挙げられます。

  • ・登録事項等証明書
  • ・自賠責保険承認請求書
  • ・自賠責保険証明書

 

これらの書類のほかに、印鑑や身分証明書も必要です。「登録事項等証明書」は、陸運局に交付請求をします。必要事項を記入し本人確認書類を提出すれば、「運輸支局」や「自動車検査登録事務所」で交付が可能です。

 

自賠責保険は、解約すれば保険料が振り込まれます。正しい金額が振り込まれたことを確認できれば、自賠責の解約手続きは完了といえます。必要な費用をスムーズに受け取るためにも、早めに解約手続きをしましょう。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

廃車になる基準

事故にあったときに、車を廃車にするか修理するかを迷う方もいるのではないでしょうか。修理か廃車かを迷った場合は、物理的全損と経済的全損のどちらに該当するかで、対応を決めやすくなります。廃車を考える場合には2つの基準があり、どちらに分類されるか考えてみましょう。

 

1.物理的全損

物理的全損とは、「修復ができないほどに、車が破損している状態」をいいます。ひどい事故にあったときなどは、こちらに分類される可能性が高いでしょう。

 

物理的全損の場合は、廃棄するかどうかの基準が分かりやすいといえます。多くの方がイメージするような大きく壊れた状態は、ほとんどがこちらに分類されます。修理をしても直らない場合が多くあります。

 

ただし、車の引き上げには物理的全損と経済的全損の2種類があります。実際の事故では、物理的全損は少なく、経済的全損に分類されることが多いようです。次の項目で、その分類について分かりやすく解説していきます。

 

2.経済的全損

廃棄される車の多くは経済的全損へ分類されます。経済的全損とは、「修理は可能でも修理費が高く、買い替えた方が安くなる状態」です。そのため、多くの場合は修理ではなく買い替えを選択します。

 

たとえば、時価額30万円の車が破損して修理費用が50万円かかるとしましょう。この例では、修理するよりも新しい車へ買い替えた方が費用を抑えられます。このような車は「経済的全損」へ分類され、修理ではなく廃車を選択することになります。

 

廃棄する場合の「全損」と修理をするときの「分損」では、条件や金額も変わるため注意しましょう。自分の車がどちらに分類されるのかを詳しく調べておくことが大切です。

 

全損でも廃車にしたくない場合

人によっては「大切な車だから廃車にしたくない」と考えることもあるでしょう。このような場合は、どのように対処すればよいのでしょうか。

 

廃車にしたくない場合は、契約している会社に車両の引き上げ拒否の連絡をしたり、提携工場や修理工場に依頼したりする選択肢が挙げられます。それぞれの方法について理解しておきましょう。

 

保険会社に車両の引き上げ拒否の旨を伝える

廃棄される車の多くは、廃車で保険金を受け取るときに専門会社から車両の引き上げが行われます。この車両の引き上げを拒否すれば、車の廃棄を防ぐことができます。ただし、引き上げ拒否は誰でも可能ですが、補償金を満額受け取れないため注意しましょう。なぜなら、料金の振り込み条件に車両の引き上げとあることがほとんどだからです。

 

事故にあった車にとくに思い入れがない場合は、車両の引き上げを承諾し、必要な金額を満額受け取ることがおすすめです。どうしても廃車にしたくない場合は、支払われる金額が減額することは頭にいれておきましょう。

 

保険会社の提携工場や修理工場に依頼する

廃棄されるときには「物理的全損」と「経済的全損」があります。物理的全損の場合は、車の修理は難しいと考えられます。ただし、全損と判断されても、修復が可能であれば車を直すことが可能です。

 

どうしても車を処分したくない方は、工場で修理できるかを確認してみましょう。車の修理は、契約している会社の提携工場や専門の工場します。ただし、車が「経済的全損」と判断されたときは、車の時価よりも元通りにする代金が高いということです。そのため、買い替えよりも高い金額を支払わなければならないと考えられます。

 

「廃棄すべき」と判断されても修理したい場合は、請求代金も理解したうえで、提携工場や専門の工場に依頼するようにしましょう。

 

よくある質問

 

Q.事故で廃車になってしまった場合でも保険金は支払われるの?

A.自分や相手のプランにもよりますが、支払われる場合がほとんどです。事故で廃車になった際適用される保険金は、自分の保険から支払われるケースと相手の保険から支払われるケースの2種類となり、過失度合いによってどちら側から支払われる割合が決まります。「新車特約」をつけている場合、設定された金額の範囲内であれば自己負担なしで新車購入費用が支払われます。

 

Q.事故で廃車になってしまっても任意保険料は支払うの?

A.自動車保険の中断証明書を発行してもらうことで、任意の自動車保険の支払いを中断することが可能です。もちろんその間のノンフリート等級は、一定期間保存できます。ただ、中断するためには条件があり、その要件を満たしていないと中断証明書は発行されません。中断証明書を発行するための条件をあらかじめ確認しておきましょう。

 

Q.廃車で自動車保険を解約する際はどんな手続きをしたらいいの?

A.車の保険には任意保険と自賠責保険の2種類があります。任意保険の解約は、契約している会社に連絡をして解約の手続きを進めれば問題ありません。自賠責保険の場合は、登録事項等証明書、自賠責保険承認請求書、自賠責保険証明書、印鑑、身分証明書を用意し、手続きを進めてください。手続き後、保険料が振り込まれれば完了です。

 

Q.事故で廃車になる基準ってどんなもの?

A.廃車にするかどうかを判断するためには、「物理的全損」と「経済的全損」の2つの基準があります。物理的全損とは、車が大きく壊れた状態で、修理をしても直らないと予想される場合です。経済的全損とは、修理をすれば直るものでも、修理費用が高く、買い換えた方が安くなる状態のことを指します。

 

まとめ

事前に保険金について理解しておけば、廃車になったときでも自分の支出を抑えて車の買い替えや修理が可能です。

 

事故で破損した場合でも、中古車の買い取り専門店で売れば、廃車費用を差し引いてもプラスになることがあります。ネクステージでは車の買い取りを積極的におこなっており、事故にあった車の査定も可能です。車の廃棄を考えている方は、ぜひネクステージへご相談ください。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

無料の査定を申し込む