福岡で車を売るなら?少しでも高く車を売るポイントも紹介

クルマ売却ガイド

福岡で車を売るなら?少しでも高く車を売るポイントも紹介

福岡県内で車を売りたいと考えている方もいるのではないでしょうか。いざ車を売ろうとすると、どのように進めていいのか迷ってしまいがちです。愛車を売却するなら、できるだけ高く売りたいと思う方も多いでしょう。そこで、この記事では福岡県内で車をより高く売る方法をお伝えします。

 

あらかじめ車を高く売るコツや賢い買取店の選び方をチェックしておけば、後悔することなく愛車を手放すことができるでしょう。福岡県内で車を買替えたいと思っている方や、不要になった車を手放そうと考えている方は必見です。

 

※目次※

1. 車を売る方法は2種類

2. 福岡で買取店を探すときのコツ

3. ネクステージは福岡に5店舗ある

4. 車を売るベストタイミングはいつ?

5. 車を少しでも高く売るためのポイント

6. 車を売るときの注意点

7. まとめ

 

■POINT

 

 

・愛車を高く売りたいなら新しい車を購入するときに下取りに出さず、買取業者へ売却しよう

・JADRIに加盟している買取業者を選ぶことが大切。ネクステージも加盟しており、福岡県内に5店舗を展開

・高く売るためにはタイミングを見計らい、プラス査定になるポイントを押さえておくことが大切

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

車を売る方法は2種類

愛車を売るための方法は2種類あります。ひとつは「新しい車を購入する際に下取りに出す」方法で、もうひとつは「買取業者に売却する」というものです。いずれの方法にもメリットとデメリットがあるため、あらかじめチェックしておきましょう。車を売る際には、それぞれの方法の特徴をしっかり確認することをおすすめします。

 

下取りに出す

下取りとは、新しい車を購入する業者に今まで乗っていた車を引き取ってもらう方法です。購入する業者と売却する業者が同じになるため、手間が省けるというメリットがあります。下取り代金はそのまま購入する車の支払いに充当されるのが特徴です。

 

下取りを依頼する業者は買取専門ではないため、価格が安くなる傾向があります。人気車種であっても価格に反映されにくく、この点はデメリットといえるでしょう。金額よりも手間の削減を優先したいという人におすすめの方法です。少しでも高く車を売りたいと考えている人は、下取りより買取がおすすめします。

 

買取業者に出す

買取業者に車を売る場合は、査定士が実車を査定して買取価格を決定します。査定額は中古車市場の価格を参考にしているため、下取りに比べると高値がつきやすいといえるでしょう。複数の買取店に査定を依頼して、より高値をつけてくれたところに売却することもできます。売却の自由度が高く、高額査定を見込めるのが買取のメリットといえるでしょう。

 

その一方で査定の申し込みを行ったり、売買契約を結んだりする手間がかかります。複数の買取店に査定を依頼した場合、時間の確保が難しくなる事態も考えられます。下取りに比べて売却までに手間や時間がかかりやすいのが買取のデメリットです。

 

「時間をかけてもいいからより高く車を売りたい」「愛車の価値を把握して売りたい」と考えている方は、買取業者に出すことを検討してみましょう。

 

福岡で買取店を探すときのコツ

福岡県内で信頼できる買取店を探している方に、探し方のコツをお伝えしましょう。買取店を選ぶときは、「JADRI(日本自動車流通研究所)」に加盟しているかどうかをチェックすることをおすすめします。JADRIとは、自動車の流通に関連する企業が加盟する業界団体です。

 

JADRIに加盟するためには、既存加盟店からの紹介を受けて厳しい審査を通過しなければなりません。したがって、加盟している買取店は信頼できるといえるでしょう。ネクステージもJADRIに加盟しています。どこの買取店を選べばいいのかわからない場合や、安心できる大手買取店を利用したいときは、ぜひネクステージをご検討ください。

 

ネクステージは福岡に5店舗ある

ネクステージは、福岡県内に5店舗を展開しています。そのうち買取を行っているのは4店舗です。ネクステージに車の買取を依頼したい場合は、店舗所在地を確認しておきましょう。各店舗の所在地は以下のとおりです。

  • ・SUV LAND 福岡: 福岡県大野城市
  • ・博多 セダン・スポーツ専門店: 福岡県福岡市博多区
  • ・博多店:福岡県福岡市博多区
  • ・SUV LAND 北九州: 福岡県北九州市門司区
  • ・新宮店: 福岡県糟屋郡新宮町

 

福岡県北部に集中していますが、福岡県近郊で中古車の売却をお考えの方はぜひ最寄りの店舗にご相談ください。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

車を売るベストタイミングはいつ?

車をより高く売るためには、適切なタイミングで売却する必要があります。車の需要が多くなる時期に売却すると高値がつきやすくなります。ほかにも走行距離の目安などがあるため、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。時期・走行距離・モデルチェンジの3つがキーポイントになります。高く売れるタイミングを見極めるためにも理解しておきましょう。

 

高く売れる時期に売る

より高く売るためには、車の需要が高くなる時期を見極めて売ることが大切です。1年の中で需要が高いのが3月と10月です。この時期には転居や就職・転職などによって、車を買替えたり新しく購入したりする人が増えるため、需要が高まります。

 

中古車買取においては、需要期の1か月~2か月前から高値がつきやすくなるといえるでしょう。買取業者はこれらの需要期に備えて在庫を確保しようとして、買取に力を入れるためです。1月~3月および9月~10月に高値がつきやすいため、このタイミングで売るのがおすすめです。

 

自動車税の賦課期日も見逃せないポイントのひとつです。4月1日に車を所有していると自動車税が課税されます。このことを考えると、1月~3月での売却が良いタイミングといえます。

 

走行距離が5万km~10万kmになる前

走行距離も査定額に影響するポイントのひとつです。新車登録から1年経過するごとに1万kmが基準とされています。この基準をオーバーした車は過走行車となり、多少マイナス査定になる可能性が高いといえるでしょう。

 

ほかにも、5万kmや10万kmという基準があります。5万kmや10万kmを超えるとさらにマイナス査定になりやすいため、注意が必要です。もうすぐ走行距離が5万kmや10万kmに到達しそうな場合は、早めに売却することをおすすめします。基準に達する前に売却してしまえば、走行距離による大幅な減額を避けられるでしょう。

 

新型モデルが出る前

新型モデルが発売されると、現行モデルの人気は下がりやすくなります。人気が下がった車の買取価格は下落する可能性があることを覚えておきましょう。

 

現行モデルから新型モデルに買替える方の存在も大きな影響を与えます。買替えにともなって現行モデルの車が大量に中古車市場に流入することも考慮すべきでしょう。流入が増えることによる在庫増加は市場価格を下げる要素になるため、さらに買取価格が安くなりがちです。

 

これら2つの要素が査定額を下げる原因になります。車をより高く売りたいと考えている場合は、新型モデルが出る前に売却することをおすすめします。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

車を少しでも高く売るためのポイント

車を査定に出す場合は、細かい点に気をつけることでプラス査定になる可能性があります。内装や外装をきれいにすること、純正パーツ以外のカスタムは元に戻すことが大切です。それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。普段から意識して乗ることで、愛車の価値が上がり高額査定が期待できます。少しでも高値をつけてほしい方は必見です。

 

外装をきれいにする

外装をきれいにしておくと、「大切に使ってきた車」という印象を与えます。査定に出す前には洗車やワックスがけを行い、できる限りきれいにしておきましょう。売るときのことを考えた場合は、普段からきれいな状態を保つように心がけることも大切です。

 

傷や凹みがある場合はマイナス査定になります。しかし、自分で傷や凹みを直そうとして新たに傷をつけてしまうと、さらにマイナス査定につながってしまいます。業者に修理を依頼する場合でも、修理によってプラスされる金額より修理代のほうが高くなる可能性があります。

 

傷や凹みを直したからといって見合ったリターンを得られるとは限らないため、そのまま査定に出すほうがよいでしょう。

 

内装もきれいにし臭いも消す

内装も査定額に影響する重要なポイントです。色あせや劣化が激しい場合はマイナス査定になることが予想されます。査定に出す前には掃除をし、清潔な状態にしておくことが大切です。

 

臭いも査定額に影響する可能性があります。車内に食品やタバコ・ペット・灯油などの臭いが残っている場合は注意が必要です。できるだけ臭いを消しておくことをおすすめします。普段から消臭剤などを利用して対策しておくのもよいでしょう。

 

ただし、汚れや臭いを改善しようとクリーニングに出す必要はありません。クリーニングにかかるコストとマイナス査定による減額を比較し、どちらがお得かを考慮しましょう。査定額を上げるためだけにクリーニングを依頼すると、かえって損をする結果になりかねません。

 

カスタムは元に戻す

社外品パーツで車をカスタムしている場合は、査定前に元に戻しておくのがおすすめです。社外品パーツを利用している場合、マイナス査定の原因になるおそれがあります。売ることを考えた場合、カスタムを行う際には純正パーツを保管しておくのがよいでしょう。

 

カスタムしたパーツを元に戻すだけで査定額が上がる可能性があります。手間を惜しまずにパーツを交換してから査定に出しましょう。

 

純正オプションがあるとよい

純正オプションが搭載されている場合は、評価が上がり、査定額のアップが期待できます。カーナビやETCがついている場合は人気の高いパーツなので、プラス査定になることがあります。

 

ほかにも、自動ブレーキや踏み間違い防止装置などの安全装備もプラス査定になります。これは、安全に対する意識の高まりによって、安全装備の需要も上がっていることが要因でしょう。純正オプションを搭載した車を売る場合は、積極的にアピールすることをおすすめします。価格交渉の材料として使うのも効果的です。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

車を売るときの注意点

車を売るときには、いくつか注意しておきたいポイントがあります。プラス査定になると思って行ったことが、かえって損をする原因にもなりかねません。ここでは、車を売る際に覚えておきたいポイントを2つ紹介します。予期せぬ損失を防ぐためにも、あらかじめチェックし、理解を深めておくと安心です。

 

傷や凹みがあっても修理に出すと損をするかも

傷や凹みはマイナス査定の要素になります。傷や凹みを気にして、減額を避けるために修理したいと考えている方もいるかもしれません。

 

しかし、「修理にはコストがかかる」というのは覚えておきたいポイントです。修理にかかるコストより査定の減額のほうが少ない可能性があります。このようなケースでは、修理代が回収できない結果となり、損をしてしまいます。

 

じっくり見ないとわからないような浅い傷の場合は買取業者がすぐに修理できるため、ほとんど減額されることはありません。浅い傷まで修理に出してしまうと大きく損をする可能性があるため、そのままの状態で査定に出すのがおすすめです。

 

買取店は傷や凹みによる減額を行う基準を定めています。修理にかかるコストが、マイナス査定される額を上回ってしまう傾向があることを覚えておきましょう。

 

相場価格を事前に知っておく

中古車には相場があるため、査定に出す前に動向を調べておくことをおすすめします。売りたい車の相場を知っておけば、査定額を見て相場より高いか安いかを判断できるからです。相場をもとにして価格交渉することも可能になります。

 

相場より低い査定額を提示された場合は、減額された理由を聞くことも大切です。納得できない理由で減額された場合は、無理をして契約を結ばないようにしましょう。

 

ほかの買取店では相場に応じた査定額が提示されることも考えられます。業者を変えて査定を依頼するのもひとつの手段です。相場を調べておけば具体的な金額を出して交渉することもできます。前もって車種・年式・走行距離に応じた買取相場をチェックしておくことで、売却を進めやすくなるでしょう。

 

まとめ

この記事では、福岡県で車をより高く売る方法をご紹介しました。高く売るためには、下取りではなく買取業者による買取がおすすめです。買取業者を選ぶ際には、安心して売却するためにも信頼できる業者を選びましょう。

 

福岡県内で信頼度の高い買取業者をお探しの方は、ぜひネクステージをご検討ください。ネクステージはJADRI(日本自動車流通研究所)に加盟しているため、安心してご利用いただけます。全国に構築した販売ネットワークを生かして、お客様の愛車を適性に査定いたします。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

無料の査定を申し込む