プリウスの買取価格はどのくらい?相場から高価買取を狙うためのポイントまで徹底解説!

クルマ売却ガイド

プリウスの買取価格はどのくらい?相場から高価買取を狙うためのポイントまで徹底解説!

プリウスは、トヨタが20年以上販売し続けている人気モデルです。中古車市場でも多くのプリウスが出回っていますが、「実際の買取相場を把握しておきたい」と考える方もいるのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、プリウス・プリウスα・プリウスPHVの3種類に分けて、2020年3月現在の買取相場をご紹介します。価値を左右する要因や、高価買取を狙うコツがわかるでしょう。満足な取引につなげるため、買取業者の選び方も重要です。

 

※目次※

1.プリウスの買取相場はどのくらい?車種ごとに詳しく解説!

2.高価買取を狙うなら知っておきたい!プリウスの買取価格を左右する要因

3.中古のプリウスの高価買取を狙ううえで参考にしたい情報

4.買取査定で少しでも高値を付けてもらうためにできるコト

5.プリウスの買取をおこなう業者の選び方

6.まとめ

 

■POINT

 

 

・プリウスの買取相場は種類やグレードによってさまざま。売りたい車に合った情報をチェックしよう!

・グレードが高く、スポーティなボディデザインが高く買い取られる傾向にある。相場を知るにはSNSのチェックもおすすめ

・買取業者を選ぶときは、価格だけでなく「安心して任せられるか」を重視して候補を絞ろう!

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

プリウスの買取相場はどのくらい?車種ごとに詳しく解説!

トヨタが販売するプリウスは、量産型のハイブリッドカーとしてはじめて発売されたモデルです。1997年に登場して以降、現在でも高い人気を誇っています。セダン・ワゴンタイプから3種類が展開されているため、それぞれの買取相場を把握しておきましょう。車種の特徴と魅力もあわせてご紹介します。

 

プリウス

トヨタが誇る世界初量産型ハイブリッドカーが「プリウス」です。ボディはセダンタイプで、グレード「E」を例にあげると以下のようなスペックとなっています。

  • ・ボディサイズ:全長4,575mm×全幅1,760mm×全高1,470mm
  • ・車両重量:1,320kg
  • ・ホイールベース:2,700mm
  • ・乗車定員:5人
  • ・燃費(JC08モード):39.0km/L

 

空力を重視したボディデザインにこだわり、燃費性能の高さを実現した点が特徴です。E-Fourと呼ばれる電気式4WDシステムを搭載したモデルでは、雪道での走りやすさから車内空間のゆとりまで配慮されています。

 

2020年3月現在、中古車市場で販売されている価格帯は49万円~300万円、買取相場は30万円~200万円が目安です。古い車はリセールバリューも低めですが、年式が新しいものは100万円以上での買取も期待できます。

(参考:『プリウス(トヨタ)の中古車一覧』

 

プリウスα

プリウスと同じプラットフォームを採用し、ステーションワゴンタイプとして登場したのが「プリウスα」です。現行モデルはヘッドランプにBi-Beam(バイ-ビーム)と呼ばれるLEDを搭載し、明るさと省電力の両立を実現しました。グレード「G」のスペックは以下のとおりです。

  • ・ボディサイズ:全長4,630mm×全幅1,775mm×全高1,575mm
  • ・車両重量:1,470kg
  • ・ホイールベース:2,780mm
  • ・乗車定員:5人(7人乗りあり)
  • ・燃費(JC08モード):26.2km/L

 

2020年3月現在の中古車市場では、旧モデルも含めて68万円~320万円の価格帯で販売されています。買取相場は50万円~200万円です。

(参考:『プリウスα(トヨタ)の中古車一覧』

 

プリウスPHV

2016年に販売を終了したプラグインハイブリッドの「プリウスPHV」ですが、2017年に2代目モデルが発表されました。ボディの重心を低く構えている点が特徴的で、エコカーというよりスポーツカーを彷彿とさせます。以下はグレード「A」のスペックです。

  • ・ボディサイズ:全長4,645mm×全幅1,760mm×全高1,470mm
  • ・ホイールベース:2,700mm
  • ・乗車定員:5人
  • ・燃費(JC08モード):37.2km/L

 

2020年3月現在は、89万円~350万円の価格帯で中古車が販売されています。買取相場は64万円~300万円です。新車価格が高額なグレードであれば、200万円以上の買取も期待できるでしょう。

(参考: 『プリウスPHV(トヨタ)の中古車一覧』

 

高価買取を狙うなら知っておきたい!プリウスの買取価格を左右する要因

大切に乗ってきた愛車を売却するときには、可能な限り高い金額で買い取ってほしいものです。プリウスはとくに人気の高いモデルですが、グレード・年式といった要素で価値は変動します。どのようなポイントが重視されるのか把握しておきましょう。買取価格を左右する要因を5つご紹介します。

 

グレード

査定に出す前の段階で認識しておきたいのが、所有している車のグレードです。プリウスに限らず、グレードが高いほど買取価格も高くなる傾向にあると考えましょう。2020年3月の現行モデルであげられるのは、以下のようなグレードです。

  • ・プリウス:Aプレミアム ツーリングセレクション
  • ・プリウスα:Sツーリングセレクション GR SPORT
  • ・プリウスPHV:S GR SPORT

 

走行安定性や安全性にかかわる機能が標準装備されているグレードは、ベースグレードに比べて高価になる可能性が高いといえます。

 

スポーティングなタイプは値段が付きやすい

ドライブを楽しむうえで、車の外観は重要な要素です。メーカーや車種によって人気の傾向は異なります。しかし、プリウスの場合はスポーティな印象が強いほど高い価値が付きやすいといえるでしょう。

 

なかでも「GT SPORT」は専用の装備を標準で搭載し、新車価格も高額になっています。外観のみならず運転中もスピーディな快適性を体感できるため、中古車市場での需要も高いグレードです。スポーティさに加えて、ボディカラーも買取価格に影響する点をおさえておきましょう。

 

年式が買取価格に直結

「新車登録から年数が経過するほど古くなる」というのが、一般的な考え方です。5年式と15年式の中古車を比べると、5年式のほうが高く買い取ってもらいやすいといえます。車自体の流行が過ぎるだけでなく、部品やボディの劣化も理由です。

 

ただし、年式の古さのみを理由に価値が下がるわけではありません。きれいにメンテナンスできている車や問題なく走れる状態の車であれば、査定額アップが期待できます。あくまでもひとつの基準として認識しましょう。

 

走行距離は高価買取を狙う上でチェックしたい

走行距離は、再販売した車の走行性や「どのくらい乗り続けられるか」といった部分に影響します。注目したいのは、5万km・10万kmのようにキリのよい数字です。5万kmを超えると価値が下がり、10万km以上ではさらに下落するといわれています。

 

良好なコンディションの維持も大切ですが、売却のタイミングを悩んでいる方は走行距離もチェックしてみましょう。「もう少しで10万kmを超える」という場合は、早めに売るのが得策です。

 

車自体のダメージ

プリウスの買取価格に限らず、車の外観は新ユーザーの購買意欲にもかかわるポイントです。傷やへこみが多い車よりも外観がきれいな車を求めるケースが多いため、買取価格を左右する要素といえます。

 

傷やへこみがあることで、同等スペックのダメージが少ない中古車よりも価値が低くなる可能性は考慮しておきましょう。車内の傷やシートの破れなども同様です。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

中古のプリウスの高価買取を狙ううえで参考にしたい情報

業者に高い金額で売却するためには、車に関する情報を収集しなければなりません。安い価格で満足することのないよう、SNSやオークションサイトから実際の買取価格をリサーチしてみましょう。メーカーが公開する情報のチェックも重要です。高額買取を狙って、参考にしたい情報を4つご紹介します。

 

プリウス専門店の買取価格

中古車買取業者は、複数のメーカーや車種を扱うケースがほとんどです。しかし、プリウスのように人気の高いモデルは、ひとつの車種を専門で取り扱う場合があります。近隣にプリウス専門店がない場合は、インターネットで検索して買取状況を調べてみましょう。

 

実際に取引を終えた情報が分かると、より現実的な買取価格が把握できます。相場のみでは価格帯も幅広く特定が困難ですが、年式・グレード・走行距離といった条件が一致すると結果も絞れるでしょう。

 

メーカーの最新情報

中古車の価値は、フルモデルチェンジによって大幅に下落する可能性があります。新車・中古車を問わず、購入を希望するユーザーは旧モデルよりも新モデルを求めるためです。売りたい車が現行モデルであれば、メーカーの情報を定期的にチェックしておきましょう。車関係の情報雑誌から収集するのもおすすめです。

 

また、過去にリコールがあった車は価値が下がるかもしれません。内容によっては影響しない場合もありますが、フルモデルチェンジとあわせてリコール状況も把握できると安心です。

 

SNS

TwitterやFacebookといったSNSで検索すると、実際に買い取ってもらった金額が掲載されていることもあります。グレードや走行距離といった内容は把握できないケースが多いものの、ひとつの参考材料としては有効活用できるでしょう。

 

また、特定の買取業者・ディーラーの名前が載っている場合は口コミを知るきっかけにもなります。「金銭的なトラブルがあった」「交渉に応じてもらえた」など、よい部分と悪い部分を明確にしながら調べるのがおすすめです。

 

オークションサイトでの相場

中古車を売却する際には、下取りや買取のほかにオークションへの出品も選択できます。業者のみ参加できるオークションから制限なく出品できるサイトまで、形態はさまざまです。インターネットでオークションサイトを検索し、リアルタイムの買取相場を調べてみましょう。

 

業者以外が出品できるオークションサイトであれば、実際に落札された履歴を確認するのも有益な方法です。スペックやコンディションが細かく書かれているため、売りたい車にちかい条件を探しましょう。

 

買取査定で少しでも高値を付けてもらうためにできるコト

買取取引に慣れていない方にとって、事前の準備やタイミングの見極めは困難に感じるかもしれません。相場のリサーチは重要ですが、車の掃除や交渉術といったコツもおさえておきましょう。売却のタイミングは、複数の要素をふまえて決めるのがおすすめです。プリウス以外の中古車でも実践できる高額査定へのポイントを4つご紹介します。

 

純正パーツの保管

通常の買取価格に加えてプラス査定を期待できるのが、メーカーの純正パーツです。購入時に備わっていたパーツを取り外した方は、査定時車とともに提出しましょう。純正パーツには以下のようなものがあります。

  • ・カーナビ
  • ・オーディオ
  • ・タイヤ
  • ・ホイール
  • ・エアロパーツ

 

ただし、「社外品だから価値が低い」というわけではありません。人気の高いパーツや高額な商品であれば高く買い取ってもらえるため、社外品・純正パーツどちらも査定に出すのがおすすめです。

 

車内外の掃除

査定の日時が決まった方は、直前のタイミングで車内外をきれいにしておきましょう。洗車と清掃を済ませておくと、業者によい印象を与えられます。

  • ・洗車する
  • ・車内を清掃する
  • ・におい対策を施しておく

 

車内でタバコを吸う方やペットと出かける機会が多い方は、においにも注意が必要です。一度ついたにおいを完全に取り除くのは難しいですが、可能な限り対策しておきましょう。

 

修復歴や事故歴、冠水歴を偽らないこと

修復歴・事故歴がある車は、大幅な価格の下落を理解しなければなりません。冠水した経験がある場合も同様です。ただし、査定の際はこれらの事実を業者に伝えておきましょう。申告しないまま取引を終えた場合、瑕疵担保責任に問われる可能性があるためです。

 

骨格部分以外の傷・へこみに申告の義務はありませんが、修復歴や冠水歴は業者に把握してもらう必要があります。整備記録簿(メンテナンスノート)に記載されるケースがほとんどですが、トラブルを避けるためにも口頭で伝えられると安心です。

 

売るタイミングも大事

「いつ売ればよいのか分からない」と悩んでいる方は、基本的には早いほど高く売りやすいと考えておきましょう。中古車の価値は1日単位で変動し、日々下がっていく傾向にあるためです。車検時期を控えている方は、費用を節約するために車検前の売却が有益といえます。

 

業者の決算期である3月・9月前のタイミングを狙うのもおすすめです。在庫確保のために買取を強化する業者も多いため、1月~3月または7月~9月を選ぶとよいでしょう。加えて、購入者が増加するといわれる10月前後も高額査定が期待できます。

 

プリウスの買取を行う業者の選び方

プリウスの買取価格を高くするためには、業者選びも慎重に進めなければなりません。価格だけでなく信頼性の高さにも注目して選びましょう。自宅からアクセスできるかどうかも重要です。買取業者の選び方を、4つのポイントに分けてご紹介します。

 

プラス査定・マイナス査定の理由を分かりやすく説明してくれるかどうか

中古車を査定したあと、契約を結ぶ前に行うのが担当者との商談です。査定によって算出した買取価格の根拠を説明してもらう段階でもあります。査定結果の内容をひとつずつ確認し、納得できないところがあれば担当者にたずねましょう。

 

説明を求めた際、「なぜマイナス査定になったのか」という理由を明確にできる担当者であれば安心です。分かりづらい言葉で説明したり、理由をはぐらかしたりする場合はユーザーの不安が募る要因にもなります。

 

無理な減額交渉を行わないか

可能な限り高く売りたいユーザーに対し、業者はできるだけ安く買い取りたいと考えるでしょう。お互いが満足できる金額を実現するための交渉ですが、強引に減額しようとする業者は優良といえません。

 

相場を大幅に下回る金額を提示された場合や、納得できない理由でマイナス査定になった場合は、断ったほうがよいでしょう。あくまでもユーザーの意思を尊重し、歩み寄ってくれる業者を探すことが大切です。

 

ユーザーからの評価が高いかどうか

インターネットで業者の名前を検索すると、実際に利用したユーザーの口コミや評価がチェックできます。投稿内容のすべてを鵜吞みにするのは危険ですが、以下のようなポイントをおさえておくと判断材料として有効です。

  • ・店内の雰囲気が暗くないか
  • ・スタッフの接客に不満がないか
  • ・ユーザーの話を親身に聞いてくれるか
  • ・契約までの流れがスムーズか

 

小規模な業者の場合は、口コミや評価の件数が少ない可能性もあります。公式サイトのほか、SNSや口コミ投稿サイトもリサーチしておきましょう。

 

アクセスのよさ

店舗まで足を運んで査定・商談を行う場合は、自宅からアクセスしやすいかどうかも重要なポイントです。複数回にわたってアクセスする可能性も考慮し、距離と経路を把握したうえで選ぶとよいでしょう。

 

仕事が多忙で時間を確保しにくい方は、勤務先からのアクセスも条件に加えるのがおすすめです。勤務日・休日を問わず行ける場所に店舗があると、スケジュール調整もしやすくなります。出張査定を予定している方は、業者の対応エリアに該当するか確認しておきましょう。

 

まとめ

プリウスは、1997年から現在まで世界的な人気を誇るハイブリッドカーです。古い年式のものは価値が低くなりやすいですが、ポイントをおさえると高価買取も狙えるでしょう。相場を調べるだけでなく、価値を左右する要素やリサーチ方法を把握することも大切です。

 

ネクステージでは、プリウスをはじめ国内外のさまざまな中古車を買取・販売しています。買取から販売までの中間マージンを省略し、満足いく高価買取へとつなげる取り組みを行っています。「中古車を高く売りたい」という方は、ぜひこの機会にお問い合わせください。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

 

無料の査定を申し込む