プロの査定士が車を査定するポイントとは?車を高く売る13個の方法を解説![2020年05月22日] | クルマ売却ガイド | 新車・中古車の【ネクステージ】

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

プロの査定士が車を査定するポイントとは?車を高く売る13個の方法を解説!

クルマ売却ガイド

プロの査定士が車を査定するポイントとは?車を高く売る13個の方法を解説!

不要になった愛車を処分する際には、少しでも高い金額で買取をしてほしいものです。売却価格を決めるために行われるのが査定ですが、プロの査定士はどのようなポイントに注目して中古車に値段を付けているのか、気になる方もいるのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、とくに注意すべき査定ポイントをひとつずつ紹介して、車を高く売る7つの方法についてご紹介します。たとえ同じ年式、同じ車種だとしても、売却価格には大きな差が生じることもあります。査定を受ける前にぜひチェックしておきましょう。

 

※目次※

1.プロの査定士が車を査定するポイントとは?

2.車を高く売るための7つのポイント

3.高く売れる車の特徴を解説!

4.まとめ

 

■POINT

 

・プロの査定士は外装、内装、足回り、エンジン、走行距離など、さまざまなポイントをチェックしながら査定価格を決める

・事前に売却相場を確認し、とくに高額になりやすく、お得に売れるタイミングを見極めて査定を受けることが重要

・高級車やスポーツカー、軽自動車などは中古市場での需要が高く、古い年式の車でも高額で売れることがある!高価買取ならネクステージにお任せ!

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

プロの査定士が車を査定するポイントとは?

まずはプロの査定士が中古車を見る際に、とくに注目して確認を行っているポイントを紹介します。これらの箇所のコンディションが優れているほど、高額な査定が期待できることになります。査定の基本を理解しておくことで、愛車の査定価格を自分でも予想してみましょう。

 

外装

外装の基本はボディカラーです。車種のイメージに合った人気カラーや、黒や白などのベーシックなカラーほど査定額は上がるでしょう。逆に、需要の少ないカラーの場合は査定額も下がる傾向にあります。

 

次に、ボディに傷や汚れ、へこみがあるかどうかも入念にチェックされます。目立つ傷がある場合は査定が下がりますが、査定員は細かな部分も見逃しません。

 

たとえば鍵穴の近くにある引っかき傷や、アンテナ・ランプといった箇所の損傷も査定ポイントになります。大切に乗っていたとしても完璧な状態を保つことは困難ですが、普段からできるだけ丁寧に乗ることを心がけましょう。

 

内装

内装でとくに重視されるのはシートです。汚れや傷がある場合だけではなく、タバコなどの臭いが染み込んでしまっている場合も減点になります。シート交換が必要と判断されてしまうと、さらなる減点を覚悟しなければなりません。

 

フロアマットに関しても同様です。とくに注意しておきたいのは、ペットを飼っていて、車に乗せる機会が多いという方です。特有の臭いが残っていたり細かな毛が落ちていたり、尿などの汚れが付いていたりすると、減額になるでしょう。

 

車の底部や足回り

目視で確認しやすい部分のタイヤやホイールの状態は、とくに細かくチェックされます。使い込んでおり、ブレーキが利きにくくなっている場合はマイナス査定を避けられません。タイヤハウス、車高なども足回りのひとつとして詳しく査定が行われます。

 

その他、マフラーなどのパーツの状態も確認されます。全体的に見て、それぞれのパーツに傷やへこみがある場合、オイルの染みが認められる場合、そしてサビが発生している場合なども減点の対象です。

 

エンジン

車の心臓部でもあるエンジンやバッテリーにも、細かなチェックが入ります。エンジンオイルも含めてコンディションの確認が行われるほか、改造パーツの有無も検査され、該当するパーツがある場合は査定額が下がるでしょう。

 

また、エンジン回りを調べる際には車体番号の確認も行われます。万一、この部分の改ざんが認められた場合には、査定価格のダウンだけでなく、買取を拒否される可能性もあることを覚えておきましょう。

 

走行距離

走行距離が長い場合、それだけエンジンや車体が酷使されてきたと判断されるため、査定価格が下がります。反対に、走行距離が少なければ査定価格は上がる傾向にあります。購入者は走行距離を重視するため、査定ポイントとしても走行距離は重要です。

 

ひとつの目安として、年間の平均走行距離は約1万kmとされています。車の年式から計算して、年間走行距離が1万kmを上回っているか、それとも下回っているかによって、中古車の査定価格は大きく変化します。

 

社外パーツ

中古車の査定において、高く評価されるのは、新車で購入した際に付けられていた純正のパーツです。たとえ高級なパーツに付け替えられていたとしても、新しい購入者が社外パーツを望むとは限らず、それが原因で購入を見送ることがあるためです。

 

社外パーツが取り付けられている場合は、マイナス査定の対象になるでしょう。純正パーツが手元に残っている場合は、査定の際に持ち込むことをおすすめします。自分で取り付けなくても、それだけで査定価格の下落を避けられるでしょう。

 

その他の査定ポイント

その他の部分では、メーカーや車種・年式といった基本的な項目のほか、グレードも査定対象に含まれます。原則として人気の高い車種、新しい年式、そしてグレードの高い車ほど高く評価されることになります。

 

車検証や整備記録で問題が残っていない場合や、車検の残期間が長い場合、取り扱い説明書などの書類がそろっている場合、スペアキーが残っている場合もそれぞれプラス査定になります。とくに書類やスペアキーは、査定時に忘れずに持参しましょう。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

車を高く売るための7つのポイント

 

中古車の査定では、非常に細かなポイントまで詳しくチェックされますが、車を高く売るためには、どのような対策を講じると有効なのでしょうか。

 

ここでは、意識すべき7つのポイントを項目ごとに解説します。査定を受ける前には以下の項目を確認し、高額な査定を引き出せるように準備しておきましょう。

 

売却相場を確認する

愛車が不当に安い価格で査定されているかどうかを判断するためには、売却相場を事前に確認しておくことが一番です。中古車の査定は複雑ですが、相場を理解していれば交渉材料のひとつに使うこともできます。

 

価格の相場は、インターネット上の価格相場照会サイトで簡単に調べられます。トヨタでも公式ホームページ上で「下取り参考価格シミュレーション」を用意しており、国産車の場合、年式やカラーを選択するだけで参考価格を知ることが可能です。

 

モデルチェンジする前に売る

家電と同じように、自動車も定期的なモデルチェンジを行っています。同じ車種だとしても、モデルチェンジ前の車は「型落ち」として見られ、中古市場で人気が伸びません。そのため、コンディションがよくても査定価格が下がってしまいます。

 

中古車を高く売るためには、現行モデルの間に手放すことがおすすめです。一般的に5年~6年に一度のペースで行われるフルモデルチェンジの前後は、とくに注意が必要です。新型モデルが発表された段階で値崩れが始まりますので、その前に査定を受けましょう。

 

走行距離を確認する

走行距離は、中古車を査定する上で重要なポイントです。1年あたり1万kmの走行が標準と見られるため、年式から計算し、その距離を下回れば高く、上回れば安く査定されることになります。

 

また、走行距離は一定の距離数で節目を迎え、その節目を超えるごとに査定価格が安くなる傾向があります。具体的には5万km、10万km、15万kmといった段階ごとに査定が下がるため、走行距離を確認し、節目を迎える前に査定を受けて売却しましょう。

 

自動車税(種別割)の課税前に売る

自動車税は、毎年4月1日時点で車を所有している人に課せられます。たとえば4月2日に売却すると、実質的に自動車を所有していない年度であるにもかかわらず、自動車税の支払い義務が生じることになるため、損をしてしまいます。

 

自動車税は、普通車の場合で5万円前後となり、決して軽んじられる金額ではありません。売却した車が廃車になった場合は、所定の手続きを行うと支払った自動車税の一部が還付されますが、手間を考えるとその前の1月~3月までに売却したほうがお得です。

 

オプション装備をチェック

ディーラーやメーカーのオプションとして人気の高いものが備わっていると、買取金額アップが期待できるでしょう。たとえば性能が高いカーナビ、現代のドライブには欠かすことのできないETC、自動ブレーキといったオプション装備は車の価値を高めます。

 

近年では、犯罪やトラブルを防ぐためのドライブレコーダーも人気が高く、高額査定の対象になります。一方で好みが分かれるカスタムパーツの場合は、逆に価値を下げる可能性があることに注意が必要です。純正パーツに取り換えるか、純正パーツを持参した上で査定を受けましょう。

 

車内をしっかり清掃する

車内の汚れや臭いはマイナス査定の対象となるため、できる限りの清掃を行いましょう。ゴミを取り除くなどの掃除のほかに、臭い対策を怠らないことも大切です。消臭スプレーを使うだけでも印象が変わるため、査定を受ける前には清掃を行いましょう。

 

ただし、染み付いてしまった匂いの対策には限界があるため、日頃からこまめな消臭を心がけましょう。専門業者による清掃を受けるという手もありますが、清掃費用の採算が合わない場合があるため、業者への依頼はあまりおすすめしません。

 

車検が切れる前に査定を受ける

中古車の買取価格は、車検の残り期間が長いほど高額になります。車検が切れる前に売却できるよう計画を立てましょう。

 

しかし、プラス査定になることを理由に、わざわざ車検切れの車を車検に通す必要はありません。車検を受けると、5万円~10万円ほどの支払いが必要になります。残り期間が増えたとしても、それだけで5万円~10万円の値上がりにつながることはありません。車検の更新はせずに、そのまま査定を受けましょう。

 

下取りよりも買取をしてもらう

下取りと買取は混同されがちですが違うものです。下取りの場合、新しい車の購入と同時に売却の話を進められるため、確かに便利です。一方で、買取価格は一律に設定されることが多く、安値で買い取られて損をしてしまうことがあります。

 

買取の場合は、売却だけを依頼することになりますが、上記で紹介したような細かな査定を受けた上で買取価格が決まります。買取業者は、その後に高く再販売するノウハウも持っているため、買取価格が上がりやすく、売り主にとって有利です。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

高く売れる車の特徴を解説!

 

買取価格を高くするためにできる工夫はたくさんあります。その反面、買取価格のベースはあくまでも車種などの条件によって決まることも事実です。

 

とくに高く売れる車には、どんな特徴があるのでしょうか。下記に該当する車を所持している場合、高額査定を期待できるでしょう。早めの査定依頼をおすすめします。

 

高級車

高級車は新車の販売価格が高いため、売却時の価格も自ずと高くなります。新車で高級車を購入することが難しいという方は、比較的安価になる中古車市場に目を向けるため、一般的な車よりも需要が高く、そのことも査定価格が高くなる一因といえます。

 

日本ではあまり人気がないメーカーの高級車でも、海外で人気が高ければ高額で売却できる可能性があります。中古車販売業者は国内外に販売ルートを抱えている場合が多く、需要の高い国に向けて輸出するため、正当な評価を受けられます。

 

人気の色でオプションが付属している

個性的なカラーは好みが分かれるため、業者が積極的に買い取ってくれないこともあります。一方で万人受けするようなカラーや人気のカラーの場合、購入希望者が増えるため買取価格が上がります。具体的には黒やシルバー、白といったカラーが高額買取の対象です。

 

それに加えて、人気のオプションが付属しているとさらに評価が上がります。たとえば高性能カーナビや自動ブレーキ、ドライブレコーダーといったオプションが付属していると、さらに高額になる可能性が高くなります。

 

スポーツカーやSUV

スポーツカーの人気は衰えにくく、高額査定の対象になります。一般的な車種の場合は、年式が古くなるに連れて査定が安くなることが通常です。しかしスポーツカーの場合、むしろ古い年式のほうが、希少性が増して新車価格を上回る評価が下されることもあります。

 

同様にSUVも高く売買される可能性があります。SUVは場所や道を選ばない車なので、幅広い地域で需要が高いことがポイントです。どんなライフスタイルにも合いやすく、中古車市場でも注目されています。

 

こういったタイプの車には多くの愛好家が付いています。いわゆる「名車」と呼ばれる車は復刻版がリリースされたり、グッズや模型が人気になったりすることもあります。そうなれば原本となる本物の車が注目されるのは当然で、査定価格がさらに高額になることもあるでしょう。

 

軽自動車やハイブリッドカー

軽自動車は維持費が安く、自動車税も普通車と比較して最大で1/5程度にまで抑えられます。今後も継続した人気を見込めるため、高額査定されることが多い傾向にあります。中には軽自動車専用の中古車販売業者もあるなど、市場の需要が高まっているといえるでしょう。

 

ハイブリッドカーは、将来的にスタンダードになる可能性を秘めたタイプの車です。数年後、十数年後を見据えても時代遅れになるリスクが少ない車であるため、価値を保ちやすくなります。さらに維持費も安くなるため人気が高く、高額で査定されています。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

まとめ

プロの査定員は、車の外観だけではなくインテリアや車体の底部など、あらゆる場所をチェックして価格を決めています。高く売るためのポイントを押さえる、高く売れやすい時期に売るなど適切に対策することにより、査定価格を上げることも十分に可能です。

 

また、査定価格は業者によっても異なります。スピーディな再販売力があるネクステージでは、車本来の価格で愛車の買取を行っています。買い取った車は自社の在庫とし、価値が落ちる前に次のオーナーの手に渡るため、販売価格にせまる高価買取が可能です。愛車をできるだけ高く売りたいという方は、ぜひネクステージまでお問い合わせください。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

無料の査定を申し込む