中古車の買取と廃車の買取どちらがよい?業者の選び方を解説![2020年12月22日] | クルマ売却ガイド | 新車・中古車の【ネクステージ】

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

中古車の買取と廃車の買取どちらがよい?業者の選び方を解説!

クルマ売却ガイド

中古車の買取と廃車の買取どちらがよい?業者の選び方を解説!

買取と廃車は車を手放す際の代表的な選択肢です。中古車として十分価値が見込める場合は買取を選ぶのが自然ですが、古い車や故障車の場合は買取と廃車どちらを選択すればよいのか分からない方もいるのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、 中古車の買取と廃車の買取はどちらがお得なのかご紹介します。買取業者を選ぶポイントや買取金額を上げる方法が分かるようになる内容です。車を廃車にするか中古車として買取ってもらうか迷っている方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

※目次※

1.中古車の買取と廃車の買取どちらがよい?

2.買取業者を選ぶ際のポイント

3.車の買取額を上げるコツ

4.廃車買取業者を選ぶ際のポイント

5.まとめ

 

■POINT

 

・車を高く買取ってもらうには、まずは中古車として査定してもらって、値段がつかなかった場合に廃車として売るのが良い。

・車の買取額を上げるには、市場が活発化する決算時期を狙うのが効果的。査定前に掃除や付属品の準備をしておくのも大事!

・買取業者を選ぶ時は、会社の規模や強みを把握しておくことが大切。担当査定士の対応もチェックしよう。

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

中古車の買取と廃車の買取どちらがよい?

車を売ると聞くと、多くの方は中古車販売店へ売却することを想像するでしょう。しかし実際には廃車買取業者も存在するため、どちらに引き取ってもらうほうがお得なのか分からなくなることもあるかもしれません。ここでは、中古車買取と廃車買取のどちらがよいのかを解説します。

 

ほとんどの場合、買取のほうが得

車を売却する際は、中古車として売ったほうがお得なケースがほとんどです。基本的には廃車買取業者に依頼するよりも、中古車として売ったほうが高額査定されやすい傾向があります。市場価値が高い車ほど、買取額の差は大きくなるのが一般的です。

 

また、中古車として売る際はディーラーよりも中古車買取業者に持ち込んだほうが高く買取ってもらえるケースが多いといえます。ディーラーの下取りで得たお金は新車の購入代金に充てられるため、自由に使えないことにも注意しましょう。車を高く売りたい場合は、まず中古車買取業者で見積もりを取ることをおすすめします。

 

廃車予定の車でも買取ができることもある

廃車買取のメリットは、廃車予定の古い車や故障車でも買取ってもらえる場合があることです。廃車買取はパーツの取り出しや素材のリサイクル目的で買取するため、買取額を査定する際に「車」としての価値は参考にしていません。

 

そのため査定額は低くなりやすいといえますが、「車」としての価値がない車両でも、パーツや部材単位で値段を付けてくれます。

 

故障車であっても、すでにメーカーが取り扱っていない希少なパーツがあれば想定以上の価格で売れることがあるのも特徴です。使えるパーツが少なかったとしてもスクラップとしてリサイクルする価値があるため、廃車にも一定の需要があります。

 

人気車種は高額査定に期待!

中古車買取業者が算出する買取価格は中古車市場での価値が反映されるため、人気車種は特に高額査定が期待できます。車種やグレード、年式だけでなく、内装・外装の状態や修理の有無といった多数の項目が確認されて評価対象になるので、丁寧に扱われていて綺麗な車ほど高く買取ってもらえる仕組みです。

 

また、買取相場にあまり変動がない廃車買取とは異なり、中古車買取は時期しだいで高く買取ってもらえるケースがあることも覚えておきましょう。車を高く売るためには、さまざまなことに気を配る必要があります。

 

廃車は車を処分する際の最終手段

買取業者では値段が付かなかったときにのみ廃車を検討するのが、お得に車を処分するためのコツです。中古車買取で引き取ってもらえなかった際の最終手段として考えましょう。

 

廃車を最終手段にしたほうがよい理由は、手続きに費用が発生する可能性があるためです。登録の抹消といった行政手続きだけでなく、車両を物理的に処分するには解体業者に処理を依頼しなければならず、作業料を支払う必要があります。

 

場合によっては鉄クズ代を受け取れることもありますが、微々たるもののため、できるだけ中古車として売却したほうがお得です。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

買取業者を選ぶ際のポイント

車の買取業者はそれぞれ方針やサービスの内容が異なるため、納得のいく取引にするためには業者選びが大切です。しかし、どのような基準で業者を選べばよいのか分からない方も多いでしょう。そこで、ここでは買取業者を選ぶ際に注意したほうがよいポイントを解説します。

 

会社の大きさで選ぶ

大手で名前が知られている会社ほど安心感があります。中古車買取は各業者が独自の判断で査定するため、利用者にとっては懸念材料が多い取引です。利用者が車の買取相場情報を把握していなければ不当に安い査定額がつけられる心配があります。

 

全国に店舗を構える大手の会社なら買取のガイドラインがしっかりと設定されているため、安定して良質なサービスを受けられるでしょう。不当な取引を行うとすぐに悪評が広まることから、知名度の高い大手ほど丁寧な対応を心掛ける傾向にあるからです。

 

会社のブランド力を維持するために、大手の会社ほど信頼できるサービスを提供するように努めているといえます。

 

会社の強みで選ぶ

一口に中古車買取業者といっても特徴はさまざまで、それぞれ違った強みがあります。車の種類や状態、利用者の希望とマッチした強みがある会社を選びましょう。

 

例えば、車を売ってすぐにお金を手にしたいときは、スピード入金をうたっている会社を利用するのがよいでしょう。売りたい車に傷やへこみがある場合は、自社で修理工場を所有していて、傷があっても高く買取ってくれる会社を選ぶのがおすすめです。

 

サービスで選ぶ

車を売る会社を選ぶときは、スムーズに取引できるか、丁寧に接客してくれるかといったポイントにも注目しましょう。手続きでトラブルがあったり、スタッフの接客態度が悪かったりすると気持ちよい取引はできません。

 

会社ごとのサービスの質を知りたいときは、利用経験がある人に評判を尋ねるのが確実でしょう。周りに利用者がいない場合は、インターネットの口コミサイトなどを参考にするのも方法のひとつです。

 

査定額で選ぶ

車を売るにあたって利用者が気になるのはやはり査定額でしょう。同じ車でも会社によって査定額が異なるケースは多いので、なるべく高く買取ってくれるところを探すのが基本です。自分の車を高く評価してくれるのはどこかを見定めましょう。

 

大手の会社では、気軽に利用できる出張査定サービスを行っているところも多くあります。出張査定を利用すれば店舗へ足を運ばなくても査定を受けることが可能です。時間に余裕がない方でも、自宅にいながら自分にぴったりな会社を探せるので積極的に利用しましょう。

 

査定士の対応で選ぶ

査定の基準は会社ごとに大まかな指標が設定されていますが、最終的に判断するのは担当の査定士です。しっかりと自分の車の長所を見てくれる査定士かどうか見定めましょう。

 

査定士の対応を確かめる上で注意したいことは、接客が丁寧で査定に時間を割いてくれるかどうかです。車の本当の価値はさっと軽く見た程度では分かりません。外装や内装、エンジンルームなどの状態をきちんと確認するには20分前後はかかります。きちんと時間をかけてチェックしてくれる査定士は信頼できるといえるでしょう。

 

見積もりの理由をしっかり教えてくれる

査定士は査定後に見積書と査定額を提示して結果報告を行います。その際に見積もりの内容と理由を明確に説明してくれるかチェックしておきましょう。

 

車にマイナス要素があると査定額が減額されますが、その理由をきちんと教えてもらえれば査定結果が理解でき、その後の取引もスムーズになります。見積書に査定の詳細が明記されていれば、後になって想定外の減額をされにくくなるのもメリットです。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

車の買取額を上げるコツ

車を売るのであれば、できるだけ高く売りたいと考えるのは自然なことでしょう。ここでは車の買取額を上げる方法をご紹介します。いくつかのポイントに注意して事前に準備しておけば、大事な車の査定額がアップする可能性があります。

 

車は売る時期が大事

車は売る時期によって査定額が変動する可能性があるので、高く売れやすい時期をしっかり把握しておきましょう。高く売れやすい時期は、まずは1月~3月が挙げられます。

 

多くの買取業者が年度末決算を迎えるため、なるべく多くの車を売りたいと考える時期です。売上を上げるためには多くの中古車在庫を確保する必要があり、積極的に車を売ってもらうために査定額が高くなりやすいといえます。

 

次に高く売れやすいのは9月~10月です。この時期には半期決算があるので、年度末決算ほどではありませんが買取価格が上がる傾向があります。

 

オプションをしっかりアピールする

オプション装備の状態も車の買取価格に反映されます。装備しているオプションはしっかりとアピールして査定額アップにつなげましょう。

 

特にプラス査定になりやすいのは、メーカー純正のオプション装備です。装備やパーツを社外品に付け替えている場合は、取り外した純正品も用意しておくと買取額アップにつながります。整備手帳やスペアキーなどの付属品もあれば、併せてアピールしましょう。

 

古い車でも綺麗にしておく

長く乗っている古い車は、どうしても汚れて傷が付きやすいですが、査定前に綺麗に整えておけば減額を避けられる場合があります。車内外の汚れを拭いて掃除をしておけば、チェックする査定士の印象も変わるかもしれません。

 

小さな傷なら、市販品の傷消しで修理すれば目立たなくできるので、自分で綺麗にしておきましょう。大きな傷は直すには高い費用がかかるため、無理に直そうとせずにそのままにしたほうがお得なケースがほとんどです。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

廃車買取業者を選ぶ際のポイント

中古車買取業者と同様に、廃車買取業者もそれぞれ違いがあります。できるだけ利用者の立場に寄り添って親切に対応してくれるところを選んで、トラブルなく気持ちよく取引を終えたいものです。廃車買取業者選びに大事な3つのポイントを解説します。

 

還付金の説明をきちんと受ける

買取依頼時に還付金についての説明があるかチェックしましょう。還付金について何も触れられない場合、提示された買取価格に還付金が含まれている可能性があります。

 

「車両の買取価格+還付金を受け取れると思っていたが、実際は買取額が還付金込みの額で車両の代金はほとんどなかった」という事態もありえるので、内訳をきちんと説明してくれる業者を選びましょう。

 

海外の販路はある業者は高い値段で買い取りできる可能性

日本ではほとんど値段が付かないような車でも、海外では需要がある場合は少なくありません。海外では日本よりも1台の車を長く使う国も多く、日本では過走行車とみなされる車でもニーズがあるためです。日本車は人気が高いため特に重宝される傾向があります。

 

海外需要がある車でも、業者がそのような国に売却できる販路がなければ国内でスクラップとして扱うしかなく、利用者のリターンはわずかです。依頼する業者に海外の販路はあるか、事前に確認しておきましょう。

 

提示された価格は相場から見て適切か

提示された買取価格が相場に沿った額であるか確認しましょう。相場よりも安い価格で買取られると損をしてしまいます。また、相場よりも極端に高い額を提示された場合も注意が必要です。

 

最初に高い買取価格を提示して契約させて、後から車の粗探しをして提示金よりも安い額しか支払わないという悪質なケースも存在するといわれています。このような事態を避けるために、あらかじめ買取相場価格をチェックしておきましょう。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

まとめ

車を売る際は、基本的に買取価格が高くなりやすい中古車買取業者に売ったほうがお得です。廃車買取を利用するのは、中古車買取では値段が付かなかったときにしましょう。業者を選ぶ際は買取額だけでなく、会社のサービスの内容や査定士の対応も考慮することが大事です。

 

ネクステージでは一見価格が付かなそうな車でも丁寧に査定を行っています。もし廃車にするかどうか悩んでいる場合は、高価買取に自信がある一度ネクステージで査定を受けてみてはいかがでしょうか。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

 

無料の査定を申し込む