自動車のガラスコーティングと特徴や注意点を徹底解説!

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

自動車のガラスコーティングと特徴や注意点を徹底解説!

自動車のガラスコーティングと特徴や注意点を徹底解説!

「大切な愛車を、できるだけきれいな状態で長く保ち続けたい」と考えている方がほとんどかと思います。車をきれいな状態で長持ちさせるためには、小石や砂、紫外線、有害物質といった劣化因子からどのように愛車を保護するのかが重要です。

 

とくに、表面塗装の劣化は目で見てわかりやすく、保護効果に期待できるガラスコーティングの出番となりますが、その方法や必要性についてはわからない方も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、最近主流となりつつあるガラスコーティングの、特徴や注意すべき点などについてご紹介します。

 

※目次※

1.自動車のガラスコーティングとは

2.自動車をガラスコーティングする効果

3.自動車のカーコーティングの種類

4.ガラスコーティングをDIYする方法

5.ガラスコーティングを専門業者に依頼する方法

6.ガラスコーティング後の注意点

7.中古車を買ったときにもガラスコーティングを使用

8.まとめ

 

■POINT

 

・ガラスコーティングは、現段階で最も耐久性に優れたボディーコーティング技術。どのようなメリットがあるのか確認しよう。

・DIYは費用を抑えられることが最大の魅力だが、失敗する可能性が高いですので専門業者に依頼するのが無難。

・新車でも中古車でもガラスコーティングは必須!ガラスコーティングなら、耐久性・撥水性に優れたネクステージの「弾スプラッシュコート」がおすすめ。

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

自動車のガラスコーティングとは

自動車のガラスコーティングと特徴や注意点を徹底解説!

自動車のコーティング技術にはさまざまな種類がありますが、最近では仕上がりの良さや耐久性の高いガラスコーティングが主流となっています。また、類似した名称の「ガラス系コーティング」というものもあり、「どのような違いがあるのか」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

 

そこでまずは、自動車のガラスコーティングとはどのようなものなのか、概要をご紹介します。

 

ガラス質のコーティングで車を守る

ガラスコーティングとは、ガラス質の薄膜でボディー表面を覆ってコーティングする施工技術のことで、コーティング技術の中では最新の技術となっています。今までに類を見ない耐久性の高さが最大の特徴で、多くのユーザーから支持を集めています。そして現在のカーコーティングの主流として台頭するまでになりました。

 

最近ではガラスコーティングを独自の技術で発展させている業者もあります。同じガラスコーティングであっても施工技術やノウハウ、コーティング剤の品質の差などで仕上がりが大きく左右されますので、予算と照らし合わせて最適なガラスコーティングを吟味することが大切です。

 

コーティングの方法はDIYか専門業者

ガラスコーティングの方法は、DIYで行うか専門業者に依頼するかの2とおりです。DIYの場合は自分で道具を用意したり、作業する場所を確保したりする必要があります。トータル費用はDIYの方が安く済みますが、技術力が不十分で失敗に終わることが多いでしょう。

 

一方、専門業者に依頼する場合は、道具や場所を確保する必要がなく、クオリティーの高い仕上がりになります。DIYと比べると技術料や手数料が上乗せされて費用が高額になりますが、専門業者に依頼することを推奨します。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

自動車をガラスコーティングする効果

自動車のガラスコーティングと特徴や注意点を徹底解説!

コーティングはボディー表面の塗装を保護する目的があり、車の状態やリセールバリューを維持する効果があります。とくにガラスコーティングは持続年数の長さに定評があり、一度の施工で3年近く長持ちするものもあるのです。

 

ほかにもガラスコーティングによって享受できるメリットいくつもあります。ここでは、その働きやメリットについてご紹介しましょう。

 

小キズから車を守れる

愛用のお車にガラスコーティングを施すことで、小キズから守ります。無機質であるガラスは非常に丈夫でキズがつきにくく、コーティングの成分としてスマホの液晶保護にも使われているほどです。

 

走行中の車には頻繁に小石や砂がぶつかっていますので、ボディーを守るためには頑丈なコーティングが必要不可欠です。身に覚えがない細かい擦りキズは、走行中に小石や砂などにぶつかっていることが原因です。

 

小石や砂などからいかに車のボディーを守るのかが、愛車をきれいに長持ちさせるカギとなります。

 

洗車が楽になる

ガラスコーティングはいつもの洗車が楽になりますが、それはボディーの防汚性を向上してくれるからです。空気中には砂や粉塵といったボディーが汚れる原因となる物質が飛び交っています。とくに、花粉や黄砂が増える時期にボディーの汚れで困っている方も多いでしょう。

 

ガラスコーティングによって防汚性が強化された車のボディーは、このような空気中の物質からの汚れがつきにくくなります。たとえ汚れがついてしまったとしても、ゴシゴシと力強く擦る必要はなく、水洗いや軽く拭くだけで汚れが落ちますので、洗車が非常に楽です。

 

雨シミがつきにくくなる

ガラスコーティングは、愛車の天敵ともいえる雨シミからボディーを守ってくれます。雨が降った次の日は、愛車のボディーについた雨シミに悩まされている方も多いかと思います。せっかくきれいに洗車したのに、雨が降ったせいで洗車が台無しになることも珍しくありません。

 

雨シミは、空気中に飛び交っている砂や粉塵、花粉、化学物質などが雨滴に含まれることで引き起こされる汚れです。ボディーに雨粒が残った状態でしばらく放置すると、水分が蒸発した際に雨に溶けていた物質がボディー表面に残って雨シミとなります。

 

ガラスコーティングはボディーへの水を寄せ付けずに流し落としてくれます。雨粒自体がボディー表面に付着しづらくする作用があるのです。

 

色あせから守れる

ガラスコーティングによってボディーが色あせしにくくなります。色あせの原因となるのは、主に太陽光に含まれる紫外線です。長時間車を太陽に光にさらし続けると、紫外線の影響で塗装の化学物資の結合が切られて変色を引き起こします。洗濯物を外で長時間干した際に変色してしまうのと同じ理由です。

 

とくに、赤・青・黒のような濃い色は紫外線の影響を受けやすいですので、ガラスコーティングによって塗装の化学成分が変化しないように保護するのが有効です。有害な紫外線をカットする成分も配合されていますので、紫外線による変色を防いでくれます。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

自動車のカーコーティングの種類

自動車のガラスコーティングと特徴や注意点を徹底解説!

自動車のコーティング技術は進化しています。昔から広く採用されている油脂系コーティングや樹脂系コーティングといった施工もありますが、最近になって開発された技術がガラスコーティングです。それぞれにどのような特徴あるのかを知ることで、最適な選択ができることでしょう。

ここでは、昔から愛用されているものから新しく登場したものまで、現在使用されているカーコーティング技術を4種類ご紹介します。

 

油脂系コーティング

世間的に最も簡単なカーコーティングとして広く普及しています。コーティングといえばボディーへのワックスがけを思い浮かべる方も多いかと思いますが、ワックスがけも油脂系コーティングの一種です。油脂系コーティングのメリットは、誰でも手軽に安価で車をコーティングできることです。

 

しかし、耐久性が一番劣るのが油脂系コーティングで、頻繁に塗りなおす必要があり面倒です。また、コーティング技術が進化している現代では、車へのワックスがけはコーティングというよりは日頃のお手入れのひとつとして捉えられている傾向にあります。

 

樹脂系コーティング

油脂系コーティングを改良した「樹脂系コーティング」では、高分子有機物である樹脂をコーティング剤に取り入れています。樹脂は油脂に比べて耐久性が高いことが特徴ですので、樹脂系コーティングの方が耐久性能に関して秀でています。塗料も比較的安価で手に入りますので経済的です。

 

しかし、コーティング技術の中では耐久性はそこまで高くありませんので、普段の洗車や雨風の影響などによって簡単に塗膜が剥がれ落ちます。車をワックスがけするのと同じように、樹脂系コーティングも定期的なお手入れのひとつとして考えられています。

 

ガラス系コーティング

ガラス系コーティングは、コーティング剤にガラス質の成分を含ませることでさらに耐久力を高めたコーティング技術です。名前が似ていて混同され勝ちですが、ガラス系コーティングとはまったくの別物です。

 

ガラス系コーティングで革新的だったのは、丈夫さに定評があるガラスをコーティング剤に混ぜたことです。とはいえ、今の主流であるガラスコーティング剤の含有率と比較すると数値は見劣りしますので、保護効果はそれほど期待できません。

 

近くのホームセンターやネット通販などで売られているガラス系コーティング剤には、含有率が非常に低いものも販売されています。成分表をチェックして購入しましょう。

 

ガラスコーティング

4種類のカーコーティングの中で最も効果が高いのが「ガラスコーティング」です。耐久性・防汚性が抜群で、仕上がったボディーは磨き上げたガラスのように光り輝きます。最近では業界内でガラスコーティングの技術力や品質が競われており、撥水性・親水性を向上させたものや防汚性に特化したガラスコーティングが登場しています。

 

したがって、ガラスコーティング剤および依頼先の業者選びによってガラスコーティングのクオリティーが決まります。市販のガラスコーティング剤は種類が豊富であるがゆえに、一般の方はどれを選べばいいのか迷うかと思います。

 

ガラスコーティングで残念な思いをしないためには、施工実績がしっかりした専門業者に依頼することが大切です。DIYに比べて費用は少々高くつくかと思いますが、お金をかけるべきところをしっかりと見極めて、愛車の状態を長く維持しましょう。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

ガラスコーティングをDIYする方法

自動車のガラスコーティングと特徴や注意点を徹底解説!

日頃のお手入れとして、定期的にボディーやフロントガラスに自分でワックスを塗っている方も多いと思いますが、最近流行りのDIYでもガラスコーティングを施工できます。ガラスコーティングを業者に頼まずに自分一人で行うためには、それなりの準備が必要です。

 

ここでは、DIYで必要な道具やDIYでのガラスコーティングの具体的な流れや作業手順、DIYで行うメリット・デメリットなどについてご案内します。

 

ガラスコーティングのDIYで必要な道具

ガラスコーティングには専門的な材料や道具が重要です。事前に次の5つのものを準備します。

 

1.鉄粉除去用粘土

2.コンパウンド

3.マイクロファイバークロス

3.ポリッシャー

4.脱脂剤

5.ガラスコーティング剤

 

鉄粉除去用粘土はボディーに付着した鉄粉を取り除くためのもので、消しゴムのように軽く擦って使います。

 

コンパウンドは車を磨く研磨剤で、キズ消しのときにも使用できる薬品です。液体状になっていますので、マイクルファイバークロスなどにつけてボディーを磨いていきます。またポリッシャーは研磨用機械のことで、手作業で研磨するなら必要ありません。

 

脱脂剤はボディーに付着した油分を除去するためのものです。コンパウンドには油分を含んでいる製品が多いですので、脱脂剤を使って油分を除去します。

 

最後の仕上げに用いるガラスコーティング剤ですが、撥水タイプや親水タイプ、業務用タイプなど種類が豊富にありますので、目的に合わせて選びましょう。

 

ガラスコーティングのDIYの手順

ご自分で行う際は、作業手順を守ることが非常に重要です。早速、順番を見ていきましょう。

 

1.車を洗う

まず車をできるだけきれいに洗います。機械式洗車を利用しても構いませんが、細かい部分で洗い残しができるかもしれませんので手洗いでの洗車を推奨します。最初は水洗いからはじめて、洗車用のシャンプーも使ってできるだけきれいに汚れを落としましょう。

 

2.下地処理

次に、コンパウンドや脱脂剤を使ってボディー表面を下地処理します。コンパウンドで表面の凹凸を滑らかにしていき、余分な油脂は脱脂剤で除去します。ガラスコーティングの仕上がり具合は、いかに丁寧に下地を処理したかにかかっているといっても過言ではありません。

 

3.ガラスコーティング剤の塗布

最終工程では、いよいよガラスコーティング剤を塗布します。このとき、ムラがないように均一に塗っていくのがポイントです。ボディー全体を一気に塗ろうとするとムラができやすくなりますので、ボディー全体をいくつかのパートに分けて部分的に塗りましょう。

 

ガラスコーティングのDIYのメリット・デメリット

昨今の時代の流れでは何でもDIYで行うことが注目されていますが、DIYの最大のメリットは費用を節約できることです。業者に依頼した場合には、約数万円以上が一般的ですが、DIYで行えば費用は1万円程度です。

 

一方、DIYの最大のデメリットは失敗するリスクが高いことです。ある程度の仕上がり具合で満足できるならいいのですが、展示場に並んでいるピカピカの新車のような仕上がりを求めるならDIYでは難しくなります。

 

また、失敗したコーティング剤を剥がすにはかなりの苦労を要しますので、完全にきれいに剥がすためにはプロに依頼するしかありません。結局、二度手間になることを杞憂するなら、初めから業者にガラスコーティングを依頼する方が賢明です。

 

コーティングの半日は水に濡らさない

ガラスコーティングはボディーに定着するまで十分な時間を置いてあげましょう。原則として、コーティングが完了してから半日以内は水に濡らしてはいけません。塗り終えてから12時間以内はコーティング剤が不安定な状態ですので、水に濡れるとコーティング剤の定着・硬化に悪影響を及ぼします。

 

塗り終わってから半日ほど保管しておくことを考慮に入れて、ガラスコーティングの施工は雨風からの影響が防げる屋内で行うようにしましょう。周りが壁と天井に囲まれたガレージや屋内駐車場が利用できれば最善です。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

ガラスコーティングを専門業者に依頼する方法自動車のガラスコーティングと特徴や注意点を徹底解説!

「美しく光り輝いたガラスコーティングにしたい」「ガラスコーティングで失敗したくない」という方は、専門業者に依頼しましょう。たしかにDIYでも可能ですが、プロの専門業者の仕上がりには勝てません。DIYよりも費用は高くつきますが、クオリティーを考えて専門業者に依頼する方が断然おすすめです。

 

ここでは専門業者に依頼する方法や、依頼先の専門業者の種類、相場価格、依頼するメリットについてご紹介します。

 

専門業者の種類

ガラスコーティングの依頼ができる専門業者は、主に以下の4種類です。

 

1.ディーラー

メーカーと特約店契約を結んでいるディーラーでもガラスコーティングを依頼できます。新車購入の際にディーラーからすすめられることもありますが、後から持ち込んでの依頼に対応しているディーラーもあります。

 

2.カーコーティング専門店

コーティングを生業にしているカーコーティング専門店は、高品質なガラスコーティングをアピールしていることが多いようです。コーティング剤の品揃えも申し分なく、ガラスコーティングのみを取り扱っているお店も多く見受けられます。

 

3.車の修理塗装業者

車のへこみやキズを修理・塗装する業者でもできるところもあります。専門分野として扱っていないかもしれませんが、いつもお世話になっている車の修理屋さんがあるなら、ガラスコーティングの依頼ができるか一度問い合わせてみましょう。

 

4.ガソリンスタンド

ガソリンスタンドの一部でもガラスコーティングの依頼ができるところがあります。とくに、全国展開している大型のガソリンスタンドで対応しています。基本的に在籍している専門の整備スタッフが施工を担当しますが、外注先にコーティングを依頼して対応している場合もあります。

 

依頼する相場

専門業者への依頼で気になるのは「どれくらいの費用がかかるのか」ではないでしょうか。そこで専門業者の相場価格を、車のサイズや種類ごとで以下の表にまとめました。

種類

相場価格

軽自動車(N-BOX、ルークス、ハスラーなど)

4~6万円

コンパクトカー(ライズ、フィット、ノートなど)

5~7.5万円

ミドルクラス(インプレッサ、プリウスなど)

6~8万円

ミニバン、SUV(セレナ、ハリアー、ヴォクシーなど)

6.5~8.5万円

大型ミニバン(アルファード、ステップワゴンなど)

7~9.5万円

ワゴン、高級セダン(ハイエース、クラウンなど)

8~12万円

※slide →

こちらの相場価格はどれも3年以上継続して効果が期待できるガラスコーティングの場合です。1年タイプのガラスコーティングだと20,000円以内の予算に収まるかもしれませんが、1年ごとに塗り替える費用を考えると3年タイプよりも割高になる傾向にあります。

 

今回紹介したのはあくまで目安の相場価格ですので、実際に依頼する業者に施工価格を事前に見積もってもらうようにしましょう。

 

専門業者に頼むメリット

専門業者に頼む最大のメリットは、ガラスコーティングの仕上がりのクオリティーに期待できることです。やはり、素人とプロとではガラスコーティングの仕上がりに歴然とした差があります。プロに任せた方が間違いなくガラスコーティングのクオリティーは高くなります。

 

また、専門業者に依頼すると準備や作業の手間が省けます。ガラスコーティングを自分でするとなると1日仕事になりますので、準備や作業にあてるまとまった時間を確保する必要があります。専門業者に依頼すれば、時間に余裕がない人でも愛車にガラスコーティングが施せます。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

ガラスコーティング後の注意点

自動車のガラスコーティングと特徴や注意点を徹底解説!

ガラスコーティングをしたからといって、キズや汚れがまったくつかないというわけではありません。ガラス被膜も施工当初から経年劣化していきますので、コーティング自体を長持ちさせるように気をつけることが大切です。

 

ここでは、ガラス被膜の劣化を抑えて長持ちさせるために、ガラスコーティング後に気を付けていただきたい注意点をご案内します。

                                                                                                    

洗浄する

ガラスコーティングを施すことによってキズや汚れがつきにくくなっていても、汚れがついたままだとコーティングの寿命に影響を与えてしまいます。ガラスコーティングを長持ちさせるためには、定期的に洗車でボディーを洗浄してあげることが大切です。

 

ただし、機械式洗車機は硬くて強力なブラシが使われていることがありますので「洗車キズ」がついてしまうリスクがあります。よって、ガラスコーティングを施工してからの洗車は基本的に優しく手で洗います。また洗車が終わってから砂やホコリなどがボディーにつかないように、クロスなどで水分をしっかりと拭き取って乾かすようにしましょう。

 

屋根つきの駐車場に保管するのがおすすめ

ガラスコーティング後の車は、直射日光や雨風が当たらない屋根つきの駐車場に保管するのがおすすめです。直射日光に含まれる紫外線や雨に含まれる汚れや化学物質は、ガラスコーティングの劣化を引き起こす要因です。

 

できるだけ紫外線は避けて、雨風にさらされない屋内で保管するのが一番望ましいです。しかし、立地条件や駐車費用を考えるとどうしても屋根なしの駐車場で保管せざるを得ない方も多いでしょう。

 

屋根なしの駐車場で保管する場合は、こまめに洗車することでガラス被膜の寿命を延ばせます。また車全体をカバーで覆うなどして工夫すると、コーティングや車体への影響を軽減することも可能です。

 

ワックスは必要に応じて

ガラスコーティングを施した車にワックスがけは基本的に必要ありません。しかし、ワックスがけによってガラスコーティングが長持ちしますので、必要に応じてワックスがけしてあげると効果的です。

 

またガラスコーティングの上からワックスを塗っても悪影響を与えることもありません。ただし、ワックスがけの作業時に力加減を誤ったりしてボディーにキズをつけてしまう可能性があります。ガラスコーティングの上からのワックスがけは上級テクニックですので、車に詳しくない初心者はむやみにワックスがけしない方が無難です。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

中古車を買ったときにもガラスコーティングを使用

新車だけではなく中古車を買ったときにもガラスコーティングで保護することをおすすめします。コーティングによって塗装の長持ち具合は左右され、お手入れのしやすさや劣化スピードの緩和にもつながります。

 

ネクステージが独自に提供している無機質ガラスコーティングである「弾スプラッシュコート」は、一般的なガラスコーティングよりもさらに丈夫で耐久年数が長く、酸化や劣化に非常に強い施工となっています。

 

また撥水性能も非常に高く、表面についた水滴は球状となって滑るように滴り落ちます。大切なお車を時間が経っても美しく保ちたい方は、ネクステージが手掛ける「弾スプラッシュコート」をぜひご検討ください。

 

まとめ

自動車のガラスコーティングと特徴や注意点を徹底解説!

今回は自動車のガラスコーティングについて、特徴やDIYの注意点、依頼できる専門業者などについてご紹介しました。ガラスコーティングは現段階で最も優れたカーコーティング技術であり、愛車を大切にしたい方や愛車の価値を維持したい方には必須の施工です。

 

ガラスコーティングによって汚れやキズがつきにくくなりますが、こまめな洗車やメンテナンスによってガラス膜の効果をより持続させます。DIYで行うと費用が抑えられますが、初心者は失敗のリスクが懸念されるため専門業者に依頼するのがおすすめです。

 

私たちネクステージでも無機質ガラスを主成分とする「弾スプラッシュコート」という独自のガラスコーティングを提供しています。塗装表面に浸透しやすいガラス被膜を形成し、大切な愛車に上質な艶と光沢の輝きを与えます。確かな技術力と仕上がりで最高峰のガラスコーティングをお求めの方は、ネクステージの「弾スプラッシュコート」をぜひ一度ご検討ください。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

自動車のガラスコーティングと特徴や注意点を徹底解説!

無料の査定を申し込む
ページトップへ