走行距離が20万km以上の車は買取してもらえる?高く売却するコツを紹介

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

走行距離が20万km以上の車は買取してもらえる?高く売却するコツを紹介

走行距離が20万km以上の車は買取してもらえる?高く売却するコツを紹介

車に長く大切に使っていると気がつけば走行距離が20万kmに近い、あるいは20万kmを超えているといった方もいるのではないでしょうか。そんな過走行車でも乗り換えるときに買取はしてもらえるのか、買取をしてもらえるのであれば高価買取は期待できるのかも気になるところです。

 

本記事では、走行距離20万kmの車は売却できるのか、買取を依頼できる業者の種類や高価買取につなげるための方法を紹介しますので、乗り換えを検討している方はぜひ参考にしてください。

 

※目次※

1.走行距離が20万km以上の車でも買取はできる?

2.走行距離が20万km以上の車を高価買取してもらうコツ

3.走行距離が20万km以上の車を買取できる業者の種類

4.走行距離が20万km以上の車を買取に出すタイミング

5.走行距離が20km以上の車もネクステージで高価買取!

6.まとめ

 

■POINT

・走行距離20万kmの車でも、車としての価値があるため買取ができるケースが多い。

・過走行車でも高額査定をしてもらうためには、定期的なメンテナンスや車内を清潔に保つことが大切。

・買取業者の種類を把握して、走行距離20万kmの車を買い取ってもらいやすい買取業者に買取を依頼するのがおすすめ。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

走行距離が20万km以上の車でも買取はできる?

走行距離が20万km以上の車は買取してもらえる?高く売却するコツを紹介

中古車買取は売却時の車の価値によって査定額が決まります。いかに購入額が高かったとしても、売却時に価値がなくなっていれば、買取が難しいこともあるのです。走行距離20万kmの車は、一般的な目安とされている10万kmを大きく超えた「過走行車」と呼ばれます。

 

走行距離20万kmとなると敬遠されそうな数値ですが、そのような車でも買い取ってもらえるのでしょうか。走行距離20万kmの車における買取について解説します。

 

車としての価値はあるため買取は可能

走行距離が20万km以上の過走行車だったとしても、車としての価値はあるため買取は可能です。車に使用されている素材である鉄は資源としての価値があり、再販ではなく素材を再利用するという目的で買取が行われることもあるでしょう。

 

車本来の査定額が0円になってしまう可能性は低いと考えられますが、車を売却する際には業者も人件費や廃車の手続きなど費用が掛かるため、査定額と相殺されてしまうケースがあることも留意しておきましょう。

 

エンジンが掛からない、走行に問題があるケースなど引取りが容易でない場合は、別途お金が掛かる可能性もあるので買取を依頼する際にはきちんと確認しましょう。

 

再販が難しい場合は買取不可のケースもある

車の買取を再販売目的で考えている業者の場合、再販売ができないと判断したことで買取不可となるケースもあります。走行距離20万kmの車は、定期的なメンテナンスに加えて部品の交換も行っていないと消耗していることもあるでしょう。部位によっては交換修理に多額な費用がかかるケースもあります。

 

再販売を目的とした買取では、業者が「売れる見込みがない」「修理費用が多額にかかる」と判断することで買取不可となるケースもあります。

 

ディーラーでの下取りも難しい

乗り換え後の新しい車をディーラーで購入する場合には、手続きが簡単に済むことから下取りも検討したいところです。買取業者と同様に、下取りで再販売が目的の場合にはパーツ交換などの修理が必要です。

 

ただし、ディーラーは主に新車販売がメインの業務となるため、過走行車や低年式車などの下取りは難しい可能性があり、買取してもらうどころか廃車費用がかかるケースも多くあります。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

走行距離が20万km以上の車を高価買取してもらうコツ

走行距離が20万km以上の車は買取してもらえる?高く売却するコツを紹介

過走行車とされる走行距離20万kmの車は、買取が難しいケースはあるものの車としての価値はあるため、査定額は0円以上となる可能性が高いでしょう。

 

せっかく買取をしてもらうなら、少しでも高い金額で買取をしてもらいたいものです。この項目では、走行距離20万km以上の車を高額買取してもらうコツを紹介します。

 

定期的にメンテナンスをする

車を定期的にメンテナンスすることで、トラブルを最小限に抑えて車を長く使うことができます。日本では車検制度があるため新車は3年、それ以降は2年ごとに車検で検査や部品の交換を行っていますが、もっと頻繁にメンテナンスを行った方がよい部分もあります。

 

具体的に、エンジンオイルは、1万km走行ごとに交換するのが目安です。ディーラーやガソリンスタンドなどでも交換が可能なので、こまめに交換するのがおすすめです。

 

また、近年はタイミングチェーン式のエンジンが主流になっていますが、タイミングベルト式のエンジンの場合は走行距離10kmごとに交換するのが一般的です。交換費用は高額ですが安全に走行し続けるために必要な費用であるため、交換時期が来た際には交換をして乗り続ける、もしくは乗り換えを検討する人も多いでしょう。

 

車内の清掃をしてきれいな状態に保つ

車の傷みは内部のパーツや外観だけではありません。車内を汚さないよう丁寧に使用したり、こまめに清掃したりして、きれいな状態に保つことも大切です。

 

査定時には、その人が車をどのように使用していたかという部分も見られます。そのときに、車内の清掃が行き届いていることで丁寧に扱ってきたという印象を与え、査定額に影響することも考えられるでしょう。

 

買取実績のある中古車販売業者を探す

過走行車の買取に慣れている業者であれば、買取をしてもらえる可能性が高いでしょう。買取した車にその後どうやって価値をつけていくのかは業者によって異なることが特徴です。買取実績のある業者であれば、車に価値を付ける方法もいくつかあり、20万kmを超えた過走行車でも値段をつけてもらえる可能性が高くなります。

 

業者の種類によって得意不得意があるため、過走行車を得意とした業者を見つけることが大切です。まずは依頼する業者の種類を確認して依頼してみましょう。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

走行距離が20万km以上の車を買取できる業者の種類

走行距離が20万km以上の車は買取してもらえる?高く売却するコツを紹介

中古車の買取専門業者の中にも種類があります。走行距離20万km以上の車の買取をしてもらいやすい買取業者について知って、納得のいく買取をしてもらえるようにしましょう。過走行車を買い取ってもらえる中古車販売業者の種類を紹介します。

 

廃車専門の買取業者

一般的な中古車買取業者は再販のために買取を行っていますが、廃車専門の買取業者は車の資材価値を目的に買取をしています。そのため、中古車販売業者で再販ができないと判断されて、引き取ってもらえなかった車でも、廃車専門業者なら買取が期待できます。

 

買取業者に引き取ってもらえず、廃車費用がかかってしまうという場合でも、廃車専門の買取業者に依頼することで0円以上で買い取ってもらうことができるでしょう。売主の手出し費用がなくなるというメリットがあります。

 

高価買取をしている買取業者

高価買取の実績がある買取業者を利用することで、高額での買取が期待できます。高額で買取ができる背景は買取業者によって異なりますが、販売ルートが確保されている、買取の専門知識をもつスタッフが査定しているなどの背景があるでしょう。

 

ホームページなどにも情報が載っているケースもあるため、会社の買取実績などを確認した上で、信頼できる買取業者に買取を依頼することがおすすめです。

 

海外に販売している買取業者

走行距離20万km以上の車であれば、海外に販売ルートのある買取業者も有効な手段です。耐久性が高く高性能である日本の車は、過走行車でも海外でまだまだ使用できる車として需要があります。

 

日本では敬遠されがちな過走行車でも、海外で需要があるとみなされれば高価買取が期待できるかもしれません。メンテナンスをしっかりと行っていれば長く乗り続けることができるため、海外に販売ルートをもつ業者の買取額は高くなるでしょう。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

走行距離が20万km以上の車を買取に出すタイミング

走行距離が20万km以上の車は買取してもらえる?高く売却するコツを紹介

走行距離20万kmの車を買取に出すタイミングは悩ましいものです。何かきっかけがあれば買取を依頼しやすいかもしれませんが、そろそろ売却をしたいと考えている時には何を決定打にするのが良いのでしょうか。走行距離20万km以上の車を買取に出す3つのタイミングについて考えてみましょう。

 

車の使用頻度が減ったとき

1つめの目安として、車の使用頻度が少なくなったときが買取を検討するタイミングです。車の使用頻度が減った背景にはライフスタイルの変化などがあります。今の生活に車が必要かを考えて、手放す決断をしても良いかもしれません。

 

今の生活で車が必要なければ手放して、また車が必要な生活になれば新しい車を購入してもいいでしょう。まずは、現在の車の使用頻度を確認してみるのがおすすめです。

 

新型モデルの発売が分かったとき

2つめの目安として、今乗っている車の新型モデルが発売されると分かった時点で売却する方法です。新型モデルに人気が集中して、旧型モデルを手放す方が増えることで市場の在庫が供給過多になることが予想されます。

 

需要と供給のバランスが崩れると売却時の買取査定額も下がる傾向があるため、早めに売却するのがよいでしょう。

 

中古車市場の需要が高くなったとき

3つめの目安として、中古車市場で自分の乗っている車の需要が高まったときがあります。需要が高まることで、中古車市場の在庫は少なくなります。そのため買取業者は在庫を確保するため高額買取を行うようになるでしょう。そのタイミングで所持している車を売却すれば、高額買取も期待できます。

 

このタイミングをつかむには、中古車市場をこまめにチェックして買取業者の買取価格を把握しておく必要があるでしょう。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

走行距離が20km以上の車もネクステージで高価買取!

走行距離20万km以上の車を高額買取してもらうには、買取実績の多い会社に依頼するのが安心です。ネクステージでは、買い取った車を全国160店舗以上で販売しており、年間8万台以上を売り上げる販売ルートを持っているため高額買取が可能です。

 

査定の専門知識のあるスタッフが丁寧に買取の対応をしているため、顧客満足度も高く相談しやすい環境も整っています。まずは車の無料査定をして、現時点での車の価値を確認してみてください。

まとめ

走行距離が20万km以上の車は買取してもらえる?高く売却するコツを紹介

走行距離20万km以上の車でも買取をしてもらえる可能性は高いでしょう。ただし、車の車種や状態によって再販できるかが決まるため、買い取ってもらえる業者は異なります。

 

自分の車の状態に合わせて、買取を依頼するようにしましょう。買取実績の多いネクステージなら手軽に無料査定ができます。まずは、WEBフォームで簡単に依頼できるネクステージの無料査定をぜひ一度ご利用ください。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

走行距離が20万km以上の車は買取してもらえる?高く売却するコツを紹介

無料の査定を申し込む

 

ページトップへ