事故車を買い取ってもらうためには?事故車の定義と査定方法を解説

クルマ売却ガイド

事故車を買い取ってもらうためには?事故車の定義と査定方法を解説

事故車は査定額に大きく影響する、そもそも買い取ってもらえない。そんな話を耳にして、自分が乗っている車は大丈夫だろうかと不安に感じてしまう人もいるかもしれません。

ですが、実際査定額に影響するのは「事故車」ではなく「修復歴車」です。この違いを理解している、見分けられるという人はどれだけいるのでしょうか。

そこで今回は、事故車は買取られた後どうなるのか、事故車の定義や査定方法を初心者でも分かりやすく解説していきます。

 

※目次

1. 事故車の定義とは?

2. 事故車の3つのデメリット

3. 事故車は買取られた後どうなるの?

4. 事故車の査定について知ろう!

5. 事故車の見分け方とは

6. まとめ

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

事故車の定義とは?

車業界では、「修復歴があるかどうか」が事故車かどうかを見分ける重要なポイントになります。そこでまずは、「事故車」と「修復歴車」の違いについて詳しく確認していきましょう。

 

事故車の定義

事故車とは(社団法人)自動車公正取引委員会、(財団法人)日本自動車査定協会、日本中古車自動車販売商工組合連合会の3つの組織が定めた規約によって定義されています。

規約では、交通事故を起こした車を指すのではなく、骨格部分にあたるフレームを損傷させ、損傷部分を交換・修復した経歴がある車と定義されています。事故車扱いとなる骨格部分は以下の通りです。

・フロントクロスメンバー

・ラジエータコアサポート

・フロントインサイドパネル

・フレーム

・ダッシュパネル

・ピラー

・ルームフロアパネル

・トランクフロアパネル

・ルーフパネル

 

一方で、以下の部分は修復しても事故車という扱いになりません。

 

・フロントバンパー

・ロアスカート

・フロントフェンダー

・ボンネット

・リアフェンダー

・トランクリッド

・リアバンパー

・サイドシルパネル

・ドア  

 

もちろん修理を施す必要はありますが、事故車扱いとして査定に大きく影響する可能性は低くなります。

事故車と修復車の違い

中古車業界で一般的に使われている「事故車」は、「修復歴車」を指しています。そのため中古車を販売する業者に告知義務があるのは「事故歴」ではなく「修復歴」になります。そのため、ささいな接触事故で車を擦ったとしても、修復歴車にはならないこともあります。

つまり、事故を起こした車がすべて修復歴車になるわけではない一方で、過去に事故歴がない場合でも、交換・修理をすることで修復歴車になることもあります。

 

事故車の3つのデメリット

車の購入を検討している人にとって、修復歴がある事故車は安く購入できるところが魅力的ですよね。しかし、メリットばかりに目を向けるのではなく、リスクやデメリットについても把握しておく必要があります。

走行に支障をきたすことも

走行可能と判断されて中古車として販売されている車のなかには、ハンドルが効かずにタイヤ操作に影響があるなど、購入後に走行に支障をきたす車があることもあります。

これは再販業者が細心の注意を払っていても、絶対にないとは言えません。そのため事故車を購入するときは、十分に注意しましょう。特にフロントフレームやサブフレームの損傷を修復した事故車には注意し、内部まで深く損傷した経歴があるのであれば、避けた方が無難でしょう。

購入後の不具合に注意

購入した当初は不具合が生じなくても、しばらくすると不具合が頻発に発生してしまう可能性もあります。

試乗も行い、修復歴の箇所を何度も確認し、大丈夫だと思って購入。結局後で不具合が発生して修理費が高額になり、新品で購入した方が安かったということにならないようにしましょう。

車に対して深い知識があれば問題ありませんが、少しでも不安なのであれば誰かに相談するようにしましょう。

買取り価格が安くなる

事故車を購入する場合だけでなく、事故車を売却する場合にもデメリットは生じます。

現在使用している車を売却して、その費用で少しでも新しい車を安く購入したいと考えている人もいるかもしれません。しかし事故車の場合、修復歴がない車に比べて、買取り価格は安くなってしまいます。

また事故車を購入して、その後事故車を売却する場合は、さらに売却額は低くなってしまいます。「これほど安いとは思わなかった……」と後悔しないように、売却額の目安を早い段階でつけておきましょう。

 

事故車は修理してから買い取ってもらう方がいいのか?

多少の汚れや傷程度であれば、自分で修理した方が良いケースもあるでしょう。そういった場合は、市販の研磨剤などを使うと綺麗にすることができます。ただし、お店にもっていかなければいけないような板金修理については、例外です。査定額ダウンを免れることはできるかもしれませんが、アップにはつながりません。査定額より修理代の方が高くなってしまうことがほとんどですので、そのまま買取店へと持ち込んだ方が大きく損をすることは最小限に抑えられます。

 

事故車を引き取ってもらうことはできる?

事故を起こして車が廃車状態になってしまったとき、無料で引き取ってもらうことができるのかと気になっている方もいるのではないでしょうか。もちろん、事故車や廃車を無料で引き取り・処分してくれる業者は存在します。しかし、どれだけ廃車寸前の車でも再利用できる部分があるかもしれません。部品の買取医専門店などへ持ち込むことによって、多少のお金に換えられることもありますので、まずは買い取ってもらえることを優先にして考えてみるといいでしょう。

 

事故車はローンに入っていても買い取ってもらうことはできるの?

「車の売却=名義変更をすること」です。つまり、車を売却するときは、自分の所有物でなければいけません。車の名義は車検証で確認できますが、ローン残高がある場合はクレジット会社や自動車販売会社が所有者になっていることが考えられます。これは所有者担保といって、返済が終わるまで勝手に処分できないようになっています。そのため、ローンに入っていて事故車の売却をしたいのであれば、残債を清算することが先決です。

 

事故車は値落ちする?

事故車つまり修復歴車ということは、骨格部分に何かしらの影響があることを意味します。そのため、事故車になると査定額は下がることがほとんどです。事故の程度によってどれくらい減額されてしまうかは一概に言うことはできませんが、骨格の一部を修理や交換しただけで数十万円の評価が下がることもあります。基本的に事故車を売却しようと考えている方は、「事故車は寝落ちしている」と考えた方が良いでしょう。

 

事故車は買取られた後どうなるの?

事故車は買い取られた後、すべてが中古車として再販売されるわけではなく、廃車になる、解体されるなど、さまざま用途に分けられます。ここでは事故車は買い取られた後にどうなるのかを見ていきましょう。

オークションに出品される

中古車のなかには、個人間だけでなく、業者間で行われるオークションもあります。さまざまな条件に一致した業者のみが参加可能で、「修復歴あり」の事故車も多数出品されています。

なかには事故車を専門とするオークションサイトもあり、落札された事故車を一般向けに再販売することもあれば、別のカタチで再利用されることもあります。

解体され、部品として販売される

車の状態によっては、走行が難しいこともあります。

そのような場合は、廃車として扱われ、中古部品やパーツとして再利用されます。またこれらの車は、廃車にするために費用が発生することもあるので注意しておきましょう。

ただし廃車買取り業者の目的は自動車の中古部品やパーツを再販売することなので、車としての価値がなくなった事故車でも、高価に買取ってもらうことができることもあります。

修理されて海外に輸出される

一般的に「10年 or 10万キロ」が車の買い替えの目安とされています。

年式の新しい車に比べ、年式の古い車は一般的に燃費が悪いものが多くなります。しかし日本では燃費の悪い車でも、海外の車に比べると燃費が良いということが往々にしてあるので、修理して海外に送られることもあります。

「Made In Japan」がブランド化されているように、ハイスペックな日本車は海外で人気があります。同じ車でも、日本国内と海外での価値の差に着目し、国内で必要とされなくなった事故車を海外に輸出する業者も少なくありません。

事故車の査定について知ろう!

売却してもほとんどお金が入ってこないのであれば、現在の愛車を売りたくはないと考える人も多いのではないでしょうか。

そこで実際に事故車を売却する場合、修復歴がある車とない車にはどのような違いがあるのかという、事故車の査定について解説します。

事故車の査定額は下がる可能性が高い

外から見た限りでは、事故に遭ったのかどうか判別できないくらい綺麗な事故車もありますが、修復履歴は専門の業者がチェックすると一目で分かるので、修復歴を隠すことはできません。

また、中古車市場には明確な相場がなく、年式や走行距離、修復歴があるかどうかも査定の対象になります。ただし「10年 or 10万キロ」を超えた車の査定金額が低くなるように、事故車扱いされた車も査定額は下がると考えておきましょう。

事故直後で買い替えを検討しているケース

事故直後に修復をせず、買い替えを検討するのも一つの方法です。新しい車を購入するか、数十万円で修理するのか。

修復をしていない事故車の査定額は当然下がる可能性が高く、運転できる状態ではないクルマにおいては、下取りでも値段が付かないこともあります。また車の状態によっては、廃車にするための費用を差し引かれるリスクもあります。

過去に事故歴があり修復しているケース

過去に事故歴はあるが、すでに修復している車の査定は、査定するディーラーや業者によって大きく変わるため、一概に査定額にどれくらい影響が出てくるかについて断言はできません。

ただし、一般的に購入時よりも大幅に値段が低くなることは否めません。傷やへこみ、汚れが少ないほど、査定額は高くなります。販売店によっても査定額は変わってくるため、複数店舗に見積もりを依頼するのがおすすめです。

 

事故車を高価買取、高額査定してもらうための方法

残念ながら、事故車は大幅な減額対象となることがほとんどです。とは言っても、1円でも高く売却したいと考えているのではないでしょうか。一般的な中古車に比べて大きな査定アップにはつながりませんが、ちょっとしたことをするだけで高額査定してもらえるかもしれません。誰でもできる簡単な査定アップしてもらうための方法をご紹介します。

 

純正オプションをもっておく

どの車においても取り付けられている標準装備品については、社外品よりも純正品の方が有利に査定されることがほとんどです。事故車の場合も同様に、車体はお金に換金できなくてもオプション品で査定額アップにつながることもあります。ただし、例外もあってタイヤやホイールなどは社外品でも人気があるものであれば、純正よりも査定が有利に働くこともあります。高価な社外品はもっていなくても、純正オプションだけは取り付けておくようにしましょう。

 

綺麗にして買取店にもっていく

まず、共有しておきたいことは洗車などで車を綺麗にしていても大幅な査定額アップにはつながりません。では、なぜ綺麗にしておくことが大切なのでしょうか。その理由は、印象の違いにあります。どうせ売却するからと汚いまま査定に持ち込んだ場合と、丁寧に清掃して査定してもらうのとでは、明らかに後者の方がイメージアップにはつながります。買取店としても気持ちの良い取引をしたいと考えているため、査定額において少しサービスしてくれるかもしれません。

 

時期を選んで売却する

中古車には、高く売れる時期が存在します。それは、新車や中古車を問わずに車を購入する人が多い時期でもあります。ズバリ、事故車を高く売りたいのであれば、車の需要が高くなる1~3月、9~10月がおすすめです。中古車販売店としても、車が売れるのは分かっている状態なので、少しでも在庫を確保しておきたいという気持ちが強くなっています。また、中古車販売店の決算期や半期決算の時期でもあることからも、新しい車も安く購入することができます。

 

事故車の見分け方とは

実際に販売されている中古車のなかには、修復歴があるにもかかわらず、修復歴なしと紹介されている車がある可能性もゼロではありません。そこでここでは、事故車の見分け方をご紹介します。

修復履歴がないかホームページを確認する

店舗へ足を運ぶ前に、事故車かどうかの目星は付けておきたいところ。

中古車検索サイトでは、検索条件で年式や走行距離を指定する以外にも、修復歴があるかどうかを選択できるチェックボックスが設けられています。そのため検索条件を変えることで、修復歴がない中古車だけを検索することも可能です。

 

しかし、なかには見落としなどで修復歴ありと登録されていない中古車もあるかもしれません。業者の記載ミスか故意的なのか過失なのかはわかりませんが、事故車である可能性はゼロではないと考えて車を購入することで、事故車を選ぶリスクは低くなります。

相場と比較して異常に安いクルマは危険

中古車には明確な相場はあまりありませんが、年式や走行距離などの条件が近ければ、それぞれの販売店も近しい価格帯を提示しています。

しかし、なかにはこの相場から大きくかけ離れている中古車があります。少しの「差」であれば問題ありませんが、明らかに値段が下がっている中古車の場合は、なにか問題があるのではないかと一度疑ってみましょう。

 

事故車を売却したときの相場はどうやって調べればいいの?

愛車を手放すとき、一番重要なのが相場を知っておくことです。自分の車がどれくらいの価値を持っているのかを把握していなければ、相場よりもずっと安く売却してしまうかもしれません。後で悔やむことがないためにも、まずは事故車を売却したときの相場を知っておきましょう。そのための調べ方についてご紹介します。

 

メーカーのホームページを見る

事故車を下取りにして、新たな車に買い替えようと検討している方もいるのではないでしょうか。そんな方のために、各メーカーのホームページでは下取りの参考価格を調べることができます。基本的には車名と年式を入力するだけで、簡単に閲覧可能です。ただし、買取価格ではなく下取り価格となるため、期待していた金額よりも遠く及ばないことも考えられます。メーカーへの下取りは手続き上で簡単ですが、少しでも高額査定して欲しいのなら買取を検討してみてください。

 

買取店のホームページを見る

買取専門店のホームページでも、買取参考価格を調べることができます。こちらも、メーカーや車種名、年式といった基本情報を入力するだけで、簡単に閲覧可能です。とは言っても、あくまで参考価格であるため、実際の取引とは異なってくるケースも少なくありません。特に事故車は状態を見てみないと判断しにくいことがほとんどなので、参考程度に考えておいてください。また、同じ状態の中古車がどれくらいで販売されているのかも確認すると良いでしょう。

 

買取店に無料査定を申し込んでみる

自分の愛車がどれくらいの価値があるのかを知るためにも、買取店へ無料査定を申し込んでみてください。一般的に査定は1時間程度で終了するため、仕事などで忙しい人でも安心です。また、業者によっては自宅まで出張査定を実施しているところもあります。プロの査定士がチェックすることによって、思わぬ査定アップポイントが見つかるかもしれません。インターネットの情報だけではすべてを判断することは難しいので、査定依頼をしてみましょう。

 

事故車を高く売りたい人は無料査定のネクステージ!

事故車を少しでも高く売却するなら、ネクステージにお任せください。ネクステージの強みは、販売ネットワークの広さです。全国に自社販売店舗を展開するだけでなく、ミニバンやSUVなどカテゴリー別の専門店を持っています。そのため、他社よりも高く買い取ることが可能です。もちろん、無料でご自宅まで査定士がうかがいますので、お好きな時間を指定していただくことができます。他社では買取不可になるような車でも高額査定可能ですので、ぜひお問合せしてみてください。

 

事故車に関するトラブルQ&A

車の売却には大きなお金が動くことからも、トラブルへと発展しやすくなります。それが事故車ともなれば、悩みを抱えている方も少なくないでしょう。また、知識が乏しければトラブルの件数も多くなります。ここでは、皆さんからお寄せいただいているなかでも特に意見の多かった質問をピックアップして、それぞれのリスクについて回答していきます。

 

事故車だと知らないで買ってしまった

中古車を探すときに、「事故車」の有無を確認することはよくあります。しかし、販売店は「事故歴」を開示する義務はありません。そのため、修復した部分がなければ「修復歴なし」と書かれていても、契約違反にできる可能性は低いでしょう。ただし、「事故歴なし」と宣伝していたのにも関わらず、実際には事故を起こしていたのであれば、何かしらのサービスを受けることはできます。また、「修復歴なし」と書かれていたのに、修復歴があった場合でも同様の扱いとなります。

 

事故車を申告せずに売却した

少しの修復歴であれば、バレないと思っている方もいるでしょう。しかし、実際には厳密な査定が行われるため、修復歴を見逃すことはほとんどありません。そもそも、事故車を査定に出すときには、修復歴車もしくは事故車であることを申告する義務があります。もしも意図的に黙っていれば、告知義務違反となり、減額されることになります。最悪の場合は、裁判沙汰になることも十分に考えられますので、修復歴などの申告はしっかりと行ってください。

 

相場よりもずっと安く売ってしまった

事故車に限らず、中古車を相場よりも安く売ってしまうこともあるでしょう。少しの額であれば諦めは付くものの、数十万円という差は後悔しても後の祭りです。とは言っても、売却した後であれば元に戻すことはできないため、良い経験をしたと思うほかありません。買取店のなかには、相場よりも大幅に安い見積もりを出すところもあります。ぜひ安心できる大手買取店にお持ちください。

まとめ

今回の記事では、事故車のデメリットや見分け方をご紹介しました。

修復歴があることは、必ずしも大きな問題に発展するとは限りませんが、クルマは命を乗せて走るもの。比較的安く購入できる事故車を魅力的に感じることもあるかもしれませんが、リスクについては十分に考慮しておきましょう。

今回の内容を参考に、ぜひ安心・安全なクルマ選びに役立ててください。

 

■修復歴があるクルマも、ぜひご相談ください!ネクステージのクルマ愛情買取

 

 

無料の査定を申し込む