査定額が下がる事故車ってなに?基礎知識と査定額の相場を紹介

クルマ売却ガイド

査定額が下がる事故車ってなに?基礎知識と査定額の相場を紹介

車の買取をする際に査定額が高額になる条件としては、年式や走行距離を始めとした車の状態が良いことです。つまり、事故車の場合には査定額が大幅に下がります。そもそも事故車とはどういう車のことを指すのでしょうか。

 

事故車に関する基礎知識や査定額の相場についてご紹介していきます。自分が乗っている車で事故を起こしたり、傷をつけてしまったりした経験がある人はぜひ参考にしてみてください。

 

■POINT

 

 

・事故車は骨格部分の修復歴がある車のことで、査定額は一般的な中古車よりも大幅に下がる!

・事故車の買取額を把握したいのなら、Web査定での比較か出張査定を利用しよう!

・事故車に価値がつかず、買い取ってもらえない場合には廃車買取業者に依頼しよう!

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

事故車の判断ポイントは「修復歴」があること

車が事故車かどうかを判断するポイントは修復歴の有無にあります。事故車は修復歴車を指しますから、修復歴があれば事故車ということになります。では、修復歴とは一体どのような修繕のことを指すのでしょうか。事故車や修復歴車について詳しく掘り下げていきましょう。

 

単に事故を起こしただけでは「事故車」といわない

事故車というと、事故を起こした車というイメージがつきやすいかもしれませんが、必ずしも事故を起こした車というわけではありません。事故車は修復歴車のことですから、事故の有無ではなく、修復歴の有無で事故車と判断されます。

 

修復歴車とは、車の骨格部分を交換または修理した車のことです。つまり、軽い事故で塗装が少し剥がれて修理した程度では事故車としては扱われません。逆に、事故を起こしたことはなくても、骨格を交換したり、修理したりした場合には事故車として扱われます。

 

骨格部分の交換や修理が必要となるのは、多くの場合が交通事故によるものですから、事故車と呼ばれているのです。修理したことがあっても、骨格部分に関係しない部品の修理や交換であれば、中古車扱いとなります。

 

事故車の査定で修復歴がバレないと思わないこと!

査定の際、事故車かどうかを判断するのはプロの目でもなかなか難しいです。ただし、事故車を査定する場合には、修復歴がバレないだろうと思わないようにしましょう。車を買い取ってもらう側としては、少しでも査定額が低くなる要素は伏せておきたいと思いがちです。しかし、事故車であることを伏せてお金を受け取り、後から事故車だと発覚してしまった場合にはトラブルに発展してしまう可能性があります。

 

事故車は車としての安全性を損なう危険性がある場合もあります。下手をすれば、新しく車のオーナーとなる人にも迷惑がかかってしまう問題ですし、瑕疵担保責任を負わなければならなくなるでしょう。

 

だからこそ、事故車を査定に出す際には、査定士に修復歴があることを隠さないようにしてください。修復歴があることに関しては正直に伝えておいたほうが、査定額は下がっても気持ち良く取引できます。

 

事故車を査定してもらう方法は2種類

事故車を査定してもらう方法としては2種類あります。1つはWeb査定で買取価格を比較する方法、もう1つは買取業者に出張査定を依頼する方法です。事故車の査定方法について詳しく掘り下げていきますので、事故車を所有していて売却を考えている方はチェックしてみてください。

 

Web査定で買取価格を比較

事故車の場合でも、一般的な中古車と同様にWeb査定を受けられます。事故車という条件付きでの査定を行っているシミュレーターを利用すれば、正確な情報に近い査定額を確認できるでしょう。複数のシミュレーターを利用すれば、買取価格の比較もできます。

 

どこの業者なら事故車でも高く買い取ってくれそうなのかを判断できますので、複数の業者のWeb査定を利用することをおすすめします。事故車の買取相場について知りたい場合は、公開されている買取実績を見てみるのも1つの手段です。買取実績と査定額を合わせてみて、自分の車が大体いくら位になるのかを判断してみると良いでしょう。

 

ただし、Web査定では詳しい車の状態をチェックするわけではありません。あくまでも大体の相場価格しかわからないので注意しておきましょう。

 

買取業者に出張査定を依頼

日時と場所をあらかじめ指定し、買取業者の査定員に来てもらう出張査定というサービスもあります。事故車の状態を詳しく見てもらい、より正確な査定額について知りたいのならWeb査定よりも出張査定のほうがおすすめです。

 

買取業者によっては無料で出張査定を行っているところもあります。ただし、この方法だと相場を把握するのはなかなか難しいです。1社だけに限定するのではなく、少なくとも2~3社に無料出張査定を依頼すると良いでしょう。複数の買取業者に出張査定を頼めば、どこの業者ならより高く買い取ってくれるのかを判断できます。

 

高値で買い取ってくれるかどうかだけではなく、サービスの質や対応の比較もできるでしょう。満足のいく形で買取をしたいのなら、最初から1社に限定せずに出張査定を利用してみてください。

 

事故車になったら修理前に一度査定してみよう!

大きな交通事故を引き起こしたといったケースで事故車になってしまった場合は、修理に出す、あるいは修理不可能で廃車にするのが一般的です。しかし、事故車になった時点で修理をする前に一度査定してみるという方法もあります。

 

骨格の部品を修復したり、交換したりするとなると、費用は高額になりがちです。もちろん修復した後のほうが査定額は上がりやすいですが、修復にかけた費用を上回るケースは稀です。ボディや骨格が損傷してしまっている状態でも、買取業者によっては問題なく買い取ってくれるところもあるので安心して良いでしょう。

 

修理前なら修理費用をかけることなく売却できるというメリットがあります。査定自体は無料で行うこともできますから、まずは査定に出してみて、それから売却するか修理するかを考えてみるのがおすすめです。

 

事故車だと査定にどれほど影響する?

事故車の場合は一般的な中古車に比べると査定額は下がってしまいますが、具体的にはどれくらい下がるものなのでしょうか。前もって査定額への影響がどれほどあるのかを知っておいたほうが、査定額が低いことにあまり落ち込まなくて済みますよね。事故車の場合の査定額について解説していきます。

 

車を修復していた場合

車を修復していた場合の査定額は軽自動車なら20万円程度の減額になります。普通自動車であれば30~50万円程度の減額です。修復していたとしても、安全性に問題がある車であることに変わりはありません。

 

買い手の立場にしてみれば、安全に走行できる保障がなく、不具合が出てくる可能性のある車は購入したいとは思わないのが一般的です。買取業者は需要と供給を考えたうえで事故車に対しての減額を行っています。そのため、事故車による減額は避けられない問題として受け止めるべきです。

 

修復していない事故車に比べれば、修復してあるほうが高値はつきやすくなります。しかし、一般的な中古車と同様の値がつけられることはあまりないので、査定額が下がることはあらかじめ覚悟しておいたほうが良いでしょう。

 

車を修復していない場合

交通事故や天災による影響で事故車となり、修復を全くしていない車の場合だと、査定額は修復した車よりもさらに査定額は下がります。修復していない状態だと、修理やパーツ交換をした後に走行できる車かどうか判断が難しいためです。

 

また、事故車を買い取った後は修復歴のある中古車として販売するために、買取業者のほうで修理が必要となります。その修理費用も加味したうえで査定されるので、必然的に査定額は下がってしまうというわけです。

 

損傷が酷く、修理がされていない事故車の場合は、一般的な中古車につけられる査定額の半分にも満たない可能性もあります。それでも査定のためだけに修理費用をかけるよりはお得ですので、事故車になってすぐに買い取ってもらいたい場合には査定に出すようにしましょう。

 

細かな傷などは事前にケアする

事故車という時点で査定額は下がってしまいますが、事故車としての判断に関わらないような他の項目についても査定ではチェックされます。ボディに細かな傷があったり、シートに汚れがあったりする場合にはそれも査定額に影響することを忘れてはなりません。

 

傷や汚れがあるよりはないほうが査定額は高くなりやすいですから、ケアできる範囲でしておいたほうが良いでしょう。査定のためだけに高額な修理費用を支払う必要はありません。しかし、市販の修理グッズで直せるような範囲なら自分で修理しておくのが賢明です。できる範囲で綺麗な車であることをアピールすれば、事故車であっても多少は査定額に影響してきます。

 

ローンが残った事故車の査定には注意

交通事故によって事故車となり、車を買い取ってもらいたい場合は、ローン残債に注意しましょう。事故車を売却したとしてもローンの支払い義務はなくならないので、支払いを続けなければなりません。それだけではなく、ローン残債がある場合、所有権によっては事故車を買い取ってもらったり、廃車にしたりすることはできません。

 

車検証に記載されている所有者が自分や家族の名義になっていれば問題はないです。ただし、名義がディーラーやローン会社になっている場合には所有権は自分にはないため、そのままでは車を手放せません。

 

自分や家族以外の名義になっている場合には、まず所有権を自分に移す必要があります。車の所有権を自分に移すなら、残りのローンを完済するか、所有権の解除申請を行って手続きをしてください。無断で車を手放してしまうと違法となってしまうので気をつけましょう。

 

どこにも事故車を買い取ってもらえなければ廃車買取業者へ

事故車を査定してみても価値がつかず、買い取ってもらうことができなかった場合には、廃車買取業者に買取を依頼するという方法があります。廃車買取業者では車を移動させるためのレッカー費用や引き取り代金の請求は行いません。ディーラーや買取業者に引き取ってもらう場合には手数料が請求される場合もありますが、廃車買取業者なら無料です。

 

また、車としての価値は失ってしまっていても部品に価値があると判断されれば、部品単位で買い取ってくれる可能性もあります。部品も使い物にならなかったとしても鉄くずとして買い取ってくれる場合もあるので、ディーラーや買取業者に依頼するよりもお得です。リサイクル資源としてなら数万円の価値にはなりますので、最終手段として廃車買取業者に依頼してみると良いでしょう。

 

まとめ

愛車が事故車となってしまった場合、高額で査定してもらうのはまず難しくなります。しかし、事故車になった時点で修理せずに査定をしてもらう、ひとまず業者に査定を依頼して査定してもらうといった工夫もできます。

 

価値がつかなかったとしても廃車買取業者に依頼するという道もあります。事故車であっても、少しでも高額で買い取ってもらうことができるように対策をしていきましょう。ネクステージでは中古車の販売だけでなく買取も行っています。中古車の売却に迷っている人は、ぜひネクステージにご相談ください。

 

無料の査定を申し込む