事故車だと下取り額は下がる?損をしないための対策方法は?

クルマ売却ガイド

事故車だと下取り額は下がる?損をしないための対策方法は?

事故車を下取りに出したいと思ったとき、査定額が下がってしまわないか気にならないでしょうか。実際のところ、無事故車に比べると下取り額は下回る傾向にあります。金銭的な面で少しでも損をしたくないのであれば、車を手放す際の対策が必要です。

 

ここでは、なぜ下取り額が下がってしまうのか、具体的にどうすれば損をしなくて済むのかについてご紹介します。下取りに出そうか迷っている人は参考にしてみてください。

 

※目次※

1.事故車の定義とは?修復歴車って何?

2.事故車の下取り額への影響や相場は?

3.故障した状態でも下取りはしてくれる?

4. 事故車はディーラーの下取りに出さないほうが良い?

5. お得に事故車を手放す方法

6. まとめ

 

■POINT

 

 

・事故車とは骨格部分の修復歴がある車のことで、ディーラーでの下取り額は無事故車よりも下がりやすい!

・お得に車を手放したいのなら、ディーラーでの下取りよりも買取業者に買い取ってもらうのがおすすめ

・高価で取引をしたいなら、ネクステージに査定を依頼してみよう!

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

事故車の定義とは?修復歴車って何?

事故車とは、骨格部分に修復歴のある車のことを指します。そのため、修復歴車とも呼ばれます。事故にあったことのあるすべての車を意味すると勘違いする人もいますが、それは間違いです。正確にいえば、事故の有無は関係ありません。

 

骨格部分とは、フレームやループパネル、ダッシュパネルなど、車の土台となるパーツのことです。修復はされていなくても、これらの部分にダメージが確認されたら、して扱われます。土台部分に損傷があるということは、車全体にダメージがあるとみなされるわけです。

 

事故を起こした車であっても、ボディが少しへこんだだけのような軽いダメージであれば、事故車としては扱われません。車が機能する上での影響は大きくないと判断されるからです。ただし、骨格が損傷していなくても、損傷が激しい場合は事故車として扱われるケースもあるので注意しておきましょう。

 

事故車の下取り額への影響や相場は?

事故車の場合は下取り額がどうしても下がってしまう傾向にあります。どれくらい影響があるのか、車の状態と価格相場の関係について確認していきましょう。査定額が下がる理由についても合わせてチェックしてみてください。

 

事故車の下取り額は大幅に下がる

骨格に修復歴がある場合、査定額は大きく下がると考えておきましょう。問題ない場合と比べて、半値以下になることもあると覚悟しておいてください。修復せずに、そのままにしている場合は、さらに価値が低下します。

 

もともとの車種や年数、走行距離にもよりますが、修復をしている場合で5~10万円は安くなる可能性があります。何も手を入れていない状態であれば、査定額が10万円以上低くなることもめずらしくありません。スペック次第では、通常状態で下取りしてもらうより数十万円以上も損をしてしまうこともあるといえます

 

深刻な状態であれば、これ以上走行することができなく、廃車にしなければならない場合も出てくるでしょう。その場合は、廃車費用として逆にお金を支払う必要が出てくるので注意が必要です。

 

下取り額が下がる理由

修復した後に問題なく走行していたとしても、それほどまでに事故車の価値が下がってしまうのはなぜなのでしょうか。理由は、中古車としての寿命が関係しています。基礎となるパーツが一度損傷しているので、今は大丈夫でもこれから不具合を起こすリスクが高いからです。

 

土台まで損傷していた場合、たとえ修復をしていたとしても目に見えない小さな損傷やゆがみが他にも残っているかもしれません。そのため、修理費用がかさむ可能性のある中古車は、車の購入を検討している人にとって手を出しにくいものです。需要が低く売れにくいという理由で、下取り額も下がってしまうのです。

 

故障した状態でも下取りはしてくれる?

エンジンの調子が悪い、エアコンの効きが良くないなど、多少の不具合であれば、高額は期待できませんが下取り自体は可能です。全く動かなかったり損壊がひどかったりする場合は、値段がつかないこともあります。

 

値段がつかなくても、無料で引き取ってくれるケースもあります。価値がつかない車の場合は、廃車にするしかありませんが、ディーラーに頼めば手続きをしてくれるので時間と手間が節約できます。

 

ディーラーで値がつく場合は査定をしてもらうと良いでしょう。査定をしてもらったからといって、必ずそこで下取りしなければならないわけではありません。金額に納得がいかなければ、他所でも確認してもらえるのでまずは依頼してみましょう

 

事故車はディーラーの下取りに出さないほうが良い?

新しい車を買うディーラーでの下取りは、手間がかからず、購入費用の値引き交渉ができるというメリットはあります。しかし下取りは価格が低くなりやすいです。

 

そのため。お得に車を手放したいのであれば買取が適しているでしょう。ディーラーでは下取りしてくれない事故車でも、買取業者なら買い取ってくれる可能性もあります。

 

高額査定がつきにくい車は、ディーラーの下取りよりも買取業者に依頼することを優先した方がお得でしょう。

 

お得に事故車を手放す方法

できるだけ高い値段で引き渡す方法を考えましょう。より高値をつけてもらうためには、さまざまな手段を検討してみましょう。

 

査定を依頼するための5つの手段についてご紹介していきます。それぞれどのような特徴があるのかチェックして、自分に合った手段を見つけてください。

 

一括買取査定を受ける

複数の業者が見積もりをしてくれる一括買取査定は、インターネットから申し込めます。一括見積は無料で手軽に行えるのがメリットです。年式や走行距離の情報を提示すれば、各社の見積もりを簡単に知ることができます。スマホからも入力でき、とても手軽な方法といえます。事故車であっても可能です。

 

複数の査定額を知ることで、大体の相場を知ることもできます。どの業者であればより高く買い取ってくれるか判断することができますし、他社と交渉する際にも、相場を知っておけば心強いものです。

 

一方で、デメリットもあります。一度登録すると、各業者から勧誘の電話連絡が頻繁に来ることもめずらしくありません。避けることはできないので、営業電話がわずらわしいと感じる人にとっては適していない方法といえるかもしれません

 

無料出張査定を受ける

正確な価値について知りたいのであれば、専門家が状態を直接目で見て確認してくれる出張査定もよいでしょう。無料で行っている業者も多く、細かく金額をチェックしたい人に向いています。事前に連絡を取り時間と場所を決めれば、店舗へ足を運ぶことなく出張してくれます。

 

事故車を買い取ってくれる買取店に依頼をする

買取業者のなかには、修復歴のある車でも買い取ってくれる会社もあります。解体して部品として販売されたり、海外へ輸出されたりしています。ネクステージでも、事故車そのものの販売を行ってはいませんが、買取には対応しています。高額査定がつく場合もあるので、一度査定をしてみてはいかがでしょうか。

 

中古車販売も行っているので買い替えを検討しているなら、一つの業者で済み手間がかかりません。モデルも豊富に格安で販売しているので、新しい車の購入費用を安くできるという利点もあります。

 

事故車専門の買取業者に買い取ってもらう

専門業者も存在します。買取後の独自ルートが強いため、他では値段がつかない厳しい状態のケースでも高額で買い取ってくれる可能性も高いです。

 

一般的な業者では引き取ってもらえないときに、検討してみるとよいかもしれません。修理をしていない状況の車でも、専門の業者であれば気軽に査定を頼めるのではないでしょうか。

 

廃車買取業者に買い取ってもらう

どうしても値段がつかない場合は、廃車専門業者に依頼する手もあります。ばらして部品として販売したり、原料として再利用したりするために、積極的に買取をしています。

 

値段がつかない場合でも、無料で引き取ってくれるのが魅力です。自分やディーラーを通して廃車手続きを行うには、レッカー代や手数料がかかります。しかし、廃車買取業者にお願いをすれば、これらの費用は一切かかりません。金銭的に利益になることはありませんが、持ち出しがないだけお得といえるでしょう。

 

まとめ

事故車の場合、無事故車に比べると下取り額は下がってしまいがちです。しかし、買取にすることでお得に手放すことができます。ネクステージなら事故車の高価買取も可能ですし、中古車の購入もできますから、車の買い替えをスムーズにしたい人にとって便利です。

 

本当に事故車を買い取ってもらえるか不安だという場合は、まずネクステージのスタッフにご相談ください。

無料の査定を申し込む