事故車になったら廃車しかない?処分するならおすすめは買取!

クルマ売却ガイド

事故車になったら廃車しかない?処分するならおすすめは買取!

事故車は中古車としての価値はないと思う人もいるかもしれません。それゆえに、廃車にするしか選択肢がないという答えに行き着く人もいるでしょう。結論から言えば、必ず廃車になるというわけではなく、買い取ってもらうという選択肢もあります。

 

この記事では、事故車を手放すときはどのように対策すれば良いのか、廃車にする場合はどのように手続きをすれば良いのかについて解説していきます。買取についても合わせてご紹介していきますのでチェックしてみてください。

 

※目次※

1. 車が事故車になったときの対策方法

2. 事故車の修理や廃車のデメリット

3. 廃車にするための手続きの方法

4. 事故車の廃車に関するQ&A

5. 事故車の処分は買取がおすすめの理由

6.まとめ

 

■POINT

 

 

・事故車を手放す手段は廃車だけではない。業者に買い取ってもらえる可能性もある

・廃車手続きをすると支払いが発生するが、買取で査定額がつけば費用面でプラスになる

・ネクステージなら高価買取できる可能性があるので無料出張査定を試してみよう

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

車が事故車になったときの対策方法

車が交通事故で事故車となってしまったときは3つの対策方法が挙げられます。修理するか、廃車にするか、買い取ってもらうかです。

 

まずは3つの方法からどの方法を選ぶか考えなければなりません。どのように対処すれば良いのかを判断できるようにするためにも、それぞれの対策方法の特徴について見ていきましょう。

 

修理をする

そのまま車を手放さないのであれば修理をすることになります。修理をするのなら、事故に遭った当日のうちに修理に出すのが一般的です。走行が可能であれば、そのまま運転して店舗に運んでから修理依頼をし、代車を用意してもらいましょう。

 

走行が難しい状態の場合なら、任意保険のサービスを利用してレッカーで運んでもらうといった方法もあります。車の状態を見ながらどちらにするかを選びましょう。

 

廃車にする

交通事故による損傷が激しく、車として機能しないような状態なら廃車にするという方法があります。廃車にする場合は、修理をせずにそのまま廃車手続きを行うことになります。手続きは自分でも行えますが、ディーラーや買取業者に依頼するのも可能です。

 

交通事故によって運転していた人や同乗者がケガをしている状況なら、自分で手続きをするのは容易ではないため、業者に依頼するのが適切といえます。査定価格がつかないような場合は廃車を検討する必要があるでしょう。

 

買い取ってもらう

事故車となっても、状態によっては買い取ってもらえます。もちろん無事故車に比べれば必然的に査定額は下がってしまいますが、新しい車の購入費用に充てられるでしょう。

 

車を手放したくないけれど、金銭的に損をしたくないというのであれば、適した手段だといえます。また、業者によりますが、事故に遭って修理していない状態でも買い取ってもらえる可能性はあります。

 

事故車の修理や廃車のデメリット

手放すことを考えているのであれば、修理や廃車にするのはおすすめできません。買取に比べると圧倒的にデメリットが多いためです。利点を優先したいのであれば、買取のほうが良いといえます。

 

修理や廃車には、具体的にどのようなリスクがあるものなのかについてそれぞれご紹介していきましょう。

 

修理するデメリット

修理するとなると骨格部分も損傷しているため、必然的に高額な修理費用がかかってしまいます。修理後に買い取ってもらうとなった場合でも、修復歴車として扱われるため、査定額は無事故車よりも下回ります。修復したからといって無事故車と同じような扱いを受けるわけではありません。

 

保険を利用すれば費用を浮かせられますが、その代わりに保険料が高くなってしまうので要注意です。損傷があまりに激しい場合には、そもそも修理が不可能なケースもあるため覚悟しておいたほうが良いでしょう。修理のための支払いが発生するという時点で、修理するリスクは大きいのです。

 

廃車にするデメリット

買い取ってもらうわけではないため、当然ながら現金を受け取ることはできません。廃車登録にはリサイクル料がかかり、その費用は自己負担となります。自走できずレッカーを依頼した場合には、費用がかさんでしまうので注意しなければなりません。自分で手続きをした場合でも、3~5万円程度の費用はかかるでしょう。

 

買取に比べ金銭的に損をしてしまうため、デメリットは大きいといえます。廃車にせざるを得ない状況に陥る場合もありますが、そうでない限りはなるべく避けるようにしたほうが良いでしょう。

 

廃車にするための手続きの方法

手続きの方法としては3つあります。1つはディーラーへの依頼、もう1つは廃車専門の買取業者への依頼、最後は自分での手続きです。

 

それぞれの方法の特徴や流れについて解説していきますので、廃車を検討している人はチェックしてみてください。

 

ディーラーへ依頼する

新しい車の購入を検討している場合に利用しやすいのが、ディーラーで行ってくれる廃車の依頼です。廃車となるので、廃車にしてもらう際にかかる手続きの費用や、レッカー代を請求される可能性があります。ディーラーによっては値引きの代わりとして廃車にかかる費用をサービスしてくれる場合もありますので相談してみると良いでしょう。

 

新しい車を購入する際に同時に廃車手続きをすることになりますが、後はディーラーに任せておくだけですので手順としてはシンプルです。事故車であってももしかしたら査定額がつく可能性が高くなります。いきなり廃車の依頼をするのではなく、まずは下取りできないかを確認してみると良いでしょう。

 

また、販売店でも同じく廃車の手続き依頼ができます。ディーラー以外で車の購入を検討している場合には販売店で相談してみると良いでしょう。

 

廃車買取業者に依頼する

車を処分する際の費用を抑えたいのであれば、廃車専門の買取業者に頼む方法があります。廃車を専門的に買い取る業者のため、事故車の扱いには慣れています。手続きに必要な費用やレッカー代を負担してもらえるので安心です。

 

業者は部品や鉄くずとして販売できるため、きちんと事故車を買い取ってくれます。査定額は低いですがプラスにはなりますので、費用をかけずに廃車にしたい場合にはオススメの方法です。

 

仮に査定額がつかなくても無料で引き取ってもらえますので、マイナスになることはありません。もちろん手続きも代行してくれるので、廃車専門の買取業者に廃車依頼をするだけで簡単に済んでしまうのです。廃車にするための対応も早いため、スピーディーに依頼したいという場合には重宝するでしょう。

 

自分で手続きをする

代行業者を通さず、廃車手続きを自分で行うという手もあります。ですが、自力で手続きする方法は手間がかかるのでおすすめはできません。自分で手続きをするとなると、まずは解体業者を自分で直接探す必要があります。解体業者を見つけたら、レッカーを依頼して車を運んでもらいましょう。業者で解体を済ませた後は、陸運局で車の廃車手続きを行うことになります。

 

自動車税の還付は廃車手続きを行うことで自動的に還付されますが、重量税は要注意です。重量税は自動還付されないので、廃車手続きの際に合わせて申請しなければなりません。手続き後にも行えますが、忘れないうちに一緒に済ませてしまったほうが良いでしょう。

 

それから自賠責保険の手続きも必要です。保険会社に連絡をして解約をし、返金手続きを行うことになります。このように、さまざまな手続きを自分で行う必要がありますから、なるべく代行してくれる業者に依頼しましょう。

 

自力で行うのはあくまでも廃車にかかる諸費用を抑えたい場合のみです。ただ、廃車にかかる費用を抑えることを目的としているのであれば、それよりも良い方法があります。その詳細については後述します。

 

事故車の廃車に関するQ&A

廃車にする場合、保険や税金、損害賠償はどうなるのか気になりますよね。金銭面で少しでも損をしないように、廃車に関する手続きについては把握しておいたほうが良いでしょう。事故車を廃車にする際の疑問をQ&A形式でまとめましたので確認してみましょう。

 

全損事故で廃車にしたら損害賠償の請求はできる?

全損事故によって廃車にせざるを得ない状況に陥った場合、4つの損害賠償を請求できます。まずは買い替える車の費用です。全額を請求できるわけではありませんが、全損した車の時価に基づいて損害賠償金額が決められます。新車購入の際の登録手続きに関連する費用も損害賠償として請求可能です。

 

全損事故で愛車を失った場合、多くの人は代車を利用することになりますが、その代車使用料も請求できます。代車費用も全額ではなく、必要性や相当性に応じて金額が決まるので注意しておきましょう。

 

精神的な苦痛による慰謝料は基本的に認められていませんが、例外的なケースもあります。例えば、希少性の高い車が全損となった場合です。珍しい車なら必ず慰謝料請求できるとは限りませんが、認められる場合もあるため覚えておくと良いでしょう。

 

廃車にすると自動車保険の適用はされる?

廃車にする場合は、自動車保険料を解約することで支払い済みの保険料が返金されます。これは自賠責保険も任意保険も同じです。車を手放すことになりますから、必ず解約手続きを行いましょう。

 

ただし、保険期間が1か月以上残っていないと適用されません。期間があまり残っていない場合は要注意です。任意保険は解約することもできますが、中断という選択もできます。解約すると再度契約をする際に等級が低くなってしまうため、中断手続きにするのがおすすめです。中断証明申請を行えば中断できるため、忘れずに手続きをしておきましょう。

 

廃車にすると税の還付はされる?

税金の還付は永久抹消登録をした際に還付されます。還付されるのは自動車税と自動車重量税の2種類です。自分で手続きをする場合には直接申請できますが、ディーラーや廃車専門の買取業者に依頼する場合にはその業者から受け取る必要があります。

 

業者の中には何かしらの理由をつけて還付金を徴収する可能性もあります。業者に廃車手続きを依頼する場合は、税金がきちんと還付されるかどうか確認したうえで依頼すると良いでしょう。

 

事故車の処分は買取がおすすめの理由

事故を起こした車を、修理ではなく処分したいということであれば、廃車よりも買取にするのがおすすめです。ここでなぜ廃車よりも買取のほうが良いのかについてご紹介します。2つの理由を見てみて、どんな方法で処分すべきかを改めて考えてみると良いでしょう。

 

廃車費用がかからないため

買取であれば、まず廃車費用がかかることはありません。事故車を買い取ってもらえるのか不安に思うかもしれませんが、車の状態によっては買い取ってもらえる可能性は十分に考えられます。事故車でも修復歴車として販売する業者はありますから、損傷していても価値がつく可能性はあるのです。

 

査定額はどうしても低くなってしまいますが、廃車にかかる費用を自己負担するよりは断然お得だといえるでしょう。もちろん買取ですので、廃車にする際にかかってしまうような費用は一切発生することがありません。余計な費用がかからないという時点でお得だといえるのは確かです。

 

査定額がつけられない車の場合は、廃車専門の買取業者であれば買い取ってくれる可能性が高くなります。廃車費用がかからないように買取に出すことを検討してみてください。

 

もちろん業者ならどこでも良いというわけではないため、業者選びは慎重になる必要があります。より高価な買取をしてくれるようなところを探してみましょう。そうすれば、廃車費用がかからないだけではなく、よりお得に車を処分することが可能です。

 

高額で買い取ってもらえるため

車の状態にもよりますが、事故車でも高値で買取を行ってくれるのがネクステージです。修復歴車の販売を行っているわけではありませんが、事故車の買取依頼を受け付けています。

 

高値で買取できるように販売ネットワークを広く持っていますから、事故車である場合でも高値が付きやすい点が魅力的です。無料出張査定にも対応していますし、とりあえず車の状態を見てもらいたいという場合でも気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

 

他社で断られた車でも買い取れる場合がありますので、まずは相談してみてください。高値で買取してもらえるとなれば、廃車にするよりも圧倒的にお得なのは確かといえます。価値がつかないこともあるかもしれませんが、廃車よりも優先すべきですので、先に買取できないかどうかを検討してみてください。

 

まとめ

事故車の処理に困っているのなら、廃車にするのではなく、買取に出すことをおすすめします。査定額はつかないだろうと諦めてしまう前に、まずは無料で行える査定を試してみてはいかがでしょうか。査定まではしなくても、「相談してみる」という方法もあります。

 

ネクステージは高価買取だけでなく、スタッフの質も自信があります。中古車を中心にさまざまな車を扱っていますので、買い替えを検討しているのならぜひご相談ください。

無料の査定を申し込む