故障車でも買取してもらえる?どこに持ち込めばいいの?

クルマ売却ガイド

故障車でも買取してもらえる?どこに持ち込めばいいの?

所有している車に何らかの不具合がある場合、「きちんと買い取ってもらえるのか」「高く売れるのか」知りたい人もいるのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、故障車でも買い取ってもらえることや、故障車が売れる理由について分かりやすく解説します。故障車に隠れる価値が理解できれば、大事にしてきた愛車を納得した形で処分することができるでしょう。

 

※目次※

1.故障車でも買取してもらえる!

2.故障車でも売れる理由

3.故障車はどこに売ればいい?

4.故障を直してから売ったほうが高く売れる?

5.故障車・事故車・修復歴車の違い

6.中古車販売店なら問題がある車両も買い取ってくれる!

7.まとめ

 

■POINT

 

 

・故障車でも直せば動くものが多く、解体すればパーツや部材単位で価値があるので買い取ってもらえる可能性はある

・自分で直せないような故障は無理に修理せず、そのまま査定に出したほうがよい

・故障車を高く売るなら、リセール販路をもつ中古車販売店がおすすめ!

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

故障車でも買取してもらえる!

車が故障したら廃車にするしかない、と考えている方は少なくありません。しかし最近では、故障していてもある程度の価格で売れることがほとんどです。国内では売れないような状態であっても、日本車は海外では高い人気があります。また、中古車としての価値がなくても、パーツ単位で値がつくこともあるでしょう。

 

大きく損傷していて解体を余儀なくされても、車の材料となる鉄資源は世界中で需要が高まっています。不具合のある車でも値段がつかないだろうとあきらめず、少しでも高く買い取ってくれる業者を探すことが重要だといえます。

 

故障車でも売れる理由

基本的に、車は動いてこそ価値があるものです。故障してエンジンがかからないような車は、乗り物としての価値はないと思われることもあるでしょう。

 

しかし、世の中には故障車を買い取ってくれる業者がいるのも事実です。なぜ故障車を買い取ってくれるのか、以下に理由を解説します。車がどのような状態でも、買い取ってもらえる可能性があることを理解しましょう。

 

修理すればまた動くことが多い

一口に故障といっても、問題のある個所やダメージの具合はさまざまです。基本的に、エンジンがかかりさえすれば、中古車としての価値があると評価される可能性があります。ほかの部分を修理して走行に支障がないレベルにまで回復できれば、修理費を差し引いた査定額が期待できるでしょう。

 

エンジンがかからない状態でも、エンジンを修理して走るようになれば、それなりの評価を受けられる可能性が高まります。故障があるだけで売れないと判断するのは早いといえるでしょう。

 

海外で需要がある

グローバル化の進展により、今や車は海外でも売れる時代です。中古車市場は、日本国内だけではなく、世界中に広がっているともいえます。

 

日本国内で故障車を売る場合、「動く」ことが前提です。故障車に関してはあらゆる角度からチェックし、想定される修理代を差し引いたうえで査定額が決まります。その車を国内で販売することを考えると、大した値段はつけられないのが実情でしょう。

 

しかし、海外では日本車であること自体に価値がある場合が多く、多少の不具合があってもそれなりに評価されることがほとんどです。そのため、故障車であっても日本車であれば、海外に販路をもつ業者が買い取ってくれる可能性があります。

 

部品としての価値がある

エンジンなどの重大な故障により、修理しても動かない車であっても部品としての価値を評価される場合があります。車は数多くの部品から成り立っているため、まったく値がつかないという事態は避けられるでしょう。

 

たとえば、ドアやタイヤはスペアパーツとして利用できます。火災や水害などでボディが大きなダメージを受けた車でも、内装品・パイプ・基盤・配線などは無傷なこともあるでしょう。火災で全焼して真っ黒になってしまった車でも、地金として評価される余地が残されています。

 

故障車はどこに売ればいい?

故障車を買い取ってくれることは理解できても、実際にどのような業者を選べばよいのか分からない場合もあるでしょう。

 

故障車の買取を依頼する業者の選び方を紹介します。基本的には、不具合の程度を見て適切な依頼先を検討することがポイントです。業者ごとの買取に対する考え方を理解すれば、部位や程度にかかわらずほとんど何でも売れることが分かるでしょう。

 

中古車買取店

故障車であっても比較的程度が軽く修理が容易な場合は、ほとんどの中古車買取店で買い取ってもらえます。

 

たとえば、ライトが点灯しない場合は電球の交換もしくは配線の修理で済むでしょう。修理費は数千円程度です。ボディの凹みや小さな傷・バッテリーの不具合やエアコンの故障も、中古車買取店自身で対処できる範囲です。リセールバリューがあれば、売物として出せる美品に整えるのが中古車買取店の特徴といえるでしょう。

 

故障車専門の買取店

エンジンやボディの骨格部分に大きなダメージがあるなど、簡単な修理では回復が難しいような場合は、一般的な中古車買取店では買い取ってくれない可能性もあります。このようなケースでは、故障車専門の買取店に相談してみましょう。

 

故障車に特化した販売ルートやリサイクル方法を知っているため、海外へ売却したり分解してパーツごとに値段をつけたりしてくれます。廃車にする場合、通常なら解体費用や手数料などが発生してしまいますが、故障車専門の買取店なら廃車費用を抑えられる可能性があるでしょう。

 

ディーラー

車を手放す方法は、主に買取と下取りの2種類です。ディーラーに車を引き取ってもらう下取りは、次の車を購入する費用にあてられます。

 

乗り換えを検討している場合なら、ディーラーに相談する方法もあるでしょう。しかし、一般的に下取りは買取よりも売却額が低くなる傾向にあるため、できるだけ高く車を売りたい場合には向きません。さらに、故障車であればディーラーでの引き取りを断られる場合もあります。

 

廃車専門の買取店

不具合の程度が大きい故障車の売却額を比較検討する際は、廃車専門の買取店も選択肢に入れてみましょう。車としての機能をほとんど失っている故障車でも、解体して鉄資源として買い取ってくれます。

 

鉄資源は世界中で需要が高まっており、仕入れ競争が激化しているのが現状です。パーツ単位の価値すら失われてしまったような車でも、値段がつく可能性があります。わざわざ費用を払って廃車処理をするよりも、買取に出したほうがお得です。

 

故障を直してから売ったほうが高く売れる?

故障車は評価が下がる傾向にあるため、修理してから売れば高値がつくのではないかと考える人もいるでしょう。確かに元の状態に戻せるなら、査定額が下がりにくいことも事実です。

 

しかし、故障の具合によっては修理費用が高くつく恐れがあり、実際どうするべきかはケースバイケースといえるでしょう。修理に関しておさえておくべきポイントを以下に紹介します。

 

自分で修理できる程度なら直したほうがいい

自分で修理できるレベルの故障であれば、査定前に直したほうが評価額の上昇を期待できます。たとえば、外装の傷をコンパウンド・タッチペン・ワックスなどで対応すれば、マイナス査定を最小限に抑えられるでしょう。

 

ドア・ボンネット・マフラーなど、目立つ部分に自分でも直しやすい傷や凹みがないかチェックすることが大事です。車をきれいに洗車しておけば、小さな傷が見つけやすくなる上、査定時の印象がよくなって評価がアップする可能性もあります。

 

大きな故障はそのままにする

自分では対応できそうもなく、大がかりな修理を必要とするような故障がある場合は、そのまま査定してもらいましょう。業者に修理を依頼してしまうと、査定額の上乗せ分より修理費のほうが高くつき、結果的に損をする恐れがあります。

 

多くの中古車販売店は自社で整備工場をもっているため、修理費用を一般的な価格より抑えることが可能です。そのままの状態で買い取ってもらったほうが、手元に残る金額が多くなるでしょう。

 

無理な修理は減額対象になることも

故障の具合が自分で修理できそうなレベルであれば、査定前に直しておいたほうがよいということは、上述したとおりです。しかし、修理に失敗し元の状態よりひどくなってしまうと、減額の対象になる恐れもあります。

 

車の修理に不慣れな人や、自分で直せる状態なのか判断できない人は無理に修理をせずそのまま査定してもらいましょう。故障部分に無理矢理手をつけてしまい、余計に手間がかかる状態になると修理費用が高くなる場合があります。

 

故障車・事故車・修復歴車の違い

単に「故障車」という場合のほかに、事故車や修復歴車という言葉も買取の現場でよく使われる言葉です。これらの意味を理解しておけば車の状態を正確に把握でき、買取依頼先とのコミュニケーションもスムーズになるでしょう。以下でそれぞれの意味を詳しく解説しますので、理解を深めておきましょう。

 

故障車とは

故障車とは、何らかの原因で車のどこかに不具合が発生している車のことをいいます。故障車に明確な定義はなく、エンジンがかからない状態や電気系統に不具合が生じている状態など、故障の程度はさまざまです。

 

故障車のタイプは、エンジン系の故障とボディの故障に大別できます。エンジン系の故障は、車の走行に影響する重大なトラブルです。ボディの故障は、足回りや電気系統などトラブル箇所や程度が幅広く、簡単な修理で問題なく走行できるケースも多いでしょう。

 

事故車とは

事故車とは、交通事故などによって車の骨格以外の部分にダメージを負った車のことです。自動車公正取引協議会などの各業界団体が定めた規約により、事故車となった場合は、販売時にその旨を表示することが義務づけられています。

 

ドアに傷がついていたり、バンパーが凹んでいたりするような車は事故車扱いです。交通事故だけでなく、水没や火災などで骨格以外の部分が損傷した車も事故車として扱われます。

 

修復歴車とは

修復歴車とは、車の骨格部分に損傷を負った車のことです。交通事故などにより、フレームをはじめとする車の骨格部分の損傷を修理した経歴がある車は、修復歴車として扱われます。

 

実際の現場では、修復歴車のことを事故車と表現する場合もありますが、事故を起こしても修復歴がつかない可能性はあるため、区別して理解しましょう。車の骨格部分とは、フレーム・ダッシュパネル・フロントクロスメンバー・ピラーなどを指します。

 

中古車販売店なら問題がある車両も買い取ってくれる!

故障車を売却したいと考えている場合は、中古車販売店に相談しましょう。中古車販売店なら、ある程度の故障は自社で修理できるうえ、需要の幅広さから故障車でも引き取ってくれる可能性が高まります。

 

中古車販売店を選ぶ際は、広い販売網を有している大手を選ぶのがおすすめです。海外にも販路を持っていれば、故障車でもより高い査定額を期待できます。ディーラーや故障車専門店の前に、まずは中古車販売店へ持ち込んでみましょう。

 

まとめ

この記事では、故障車でも売れる理由や故障車の売却先、修理に対する考え方などを解説しました。故障車でも売れる可能性は高いため、この記事の内容を参考にし、あきらめずに売却する努力をしてみましょう。

 

故障車の売却に関して疑問点や不安なことがある場合は、中古車の買取に抜群の実績を誇るネクステージにご相談ください。強い販売力を生かした高額査定が可能で、中古車の売却に詳しいスタッフが丁寧に対応いたします。

無料の査定を申し込む