車買取でへこみやキズは査定額に影響するのか?減点基準を紹介します

クルマ売却ガイド

車買取でへこみやキズは査定額に影響するのか?減点基準を紹介します

自動車のキズやへこみによるマイナス査定要素は、全国共通の基準が設けられており、どの中古車買取業者の査定でも査定基準は基本的に同じです。基本的にキズやへこみが大きければマイナス査定額も大きくなり、ごく小さいキズ、へこみならば査定に影響しない場合もあります。そこでこの記事では、中古査定におけるキズ、へこみの査定基準について解説します。

 

へこみやキズは査定額に影響するのか

自動車を中古買取に出す際、ボディにキズやへこみがあると査定に影響します。

自動車はなるべきキレイな状態のほうが査定は高くつくのが基本になるため、キズやへこみはマイナス査定につながる要素です。

 

キズやへこみはその面積や深さが大きいほどマイナス査定に影響します。逆に考えると小さなへこみ、ほとんど目立たないキズはさほど査定には影響しません。

ほとんど目立たないようなキズは査定に影響しないケースもあり得ます。

 

つまり、キズやへこみは基本的にマイナス査定に影響しますが、程度によりけりです。ごくわずかなキズ、へこみの場合はマイナス査定に影響しない場合もあります。

 

中古車なので多少のキズは仕方ない

自動車のキズ、へこみ、はその大きさによってマイナス査定の大きさが変わってきます。例えばエクボのような小さなへこみと、コブシくらいの大きさのへこみでは同じへこみでも査定額が変わってきます。へこみや傷の深さも重要です。ボディの下地の鉄板が見えないくらいの、ごく浅いキズやへこみであれば査定にはほとんど影響しません。

 

中古車買取は、あくまで中古車であることが前提です。年単位で使ってきた自動車に多少のキズやへこみがあるのはごく当たり前の話なので、小さなキズやヘコミは査定に影響しない、というのが基本的な考え方になります。

 

へこみやキズはどれくらい影響する?査定基準と減点基準

中古車買取の査定の基準は「一般財団法人 日本自動車査定協会」という団体がガイドラインを設けており、中古買取業者はそのガイドラインを基準に査定を行います。つまり基本的に査定基準は全国共通です。ガイドラインは日本自動車査定協会公式HPに公開されていますが、膨大な情報量のため、素人が読み解くのは難しいかもしれません。そこでここでは査定基準について説明します。

 

中古車の査定は減点方式で行われる

自動車をチェックして、マイナス要素があった場合は、その程度に応じて減点されます。

例えばボディに1センチ四方以上のキズがあった場合はマイナス10点などの査定になります。1点が1,000円と計算するので、10点の減点は10,000円のマイナス査定です。ボディのキズ、へこみは1センチ以上から減点対象になり、それ以下の小さなキズは基本的に査定に影響しません。

 

へこみの減点基準

ボディのへこみの場合の減点基準は以下のようになっています。

・1センチ四方から、カードサイズくらいの【かなり小さな】へこみはどの部分でも10点減点

・カードサイズから、A4サイズくらいのへこみは【小】と定義

・A4サイズから、各パネルの半分くらいの面積を占めるへこみは【大】と定義

・各パネルの半分以上を占める面積のへこみは【要交換】と判断される

 

へこみの大きさにより【小】、【大】、【要交換】、に分類され,へこみの部分によって以下の表のように減点されます。

 

 

要交換

ボンネット

30

50

70

フロントフェンダ

30

50

65

フロントドア(4ドア)

30

50

80

フロントドア(2ドア)

30

50

85

リヤドア

30

50

75

リアフェンダ(4ドア)

30

50

130

リアフェンダ(2ドア)

30

50

150

バックドア

30

50

95

ルーフ

50

80

145

ピラー

15

20

交換はなし

ボディサイドシル

15

20

80

リアエンドパネル

15

20

65

1点が1,000円の計算のため、どの部位でもへこみと認定されると、1万円以上のマイナスとなります。

ルーフのへこみは他の部分よりもマイナス査定が大きくなるため注意しましょう。

 

キズの減点基準

キズの場合の減点基準は、へこみの基準ように、部位よって細分化されていません。

キズは部位に関わらず、キズの大きさによって以下のように判断されます。

 

・キズが1センチ四方以上から、カードサイズ程度の場合、10点減点

・キズがカードサイズ以上から、A4サイズ程度の場合、20点減点

・キズがA4サイズ以上、各パネルの半分より狭い場合、30点減点

 

キズが各パネルの半分以上の場合は要交換と判断され、交換費用相当のマイナス点が付きます。キズがごく浅く、コンパウンド(キズ消し用の研磨剤)で消すことができるレベルならば、減点対象にならない場合もあります。

 

大きなへこみ、キズは修理せずに査定に出そう!

減点対象となるキズやへこみが数カ所あれば、それだけで数万円ものマイナス査定なってしまいます。それでは中古査定に出す前にキズやへこみは修理したほうがいいのでしょうか?

結論を述べると、キズやへこみを実費で修理して中古車査定に出すのはおすすめしません。その理由は、キズやへこみによるマイナス査定分の金額は、その修理代金に相当するからです。

つまり実費で修理してから査定に出せばキズやへこみの部分の減点は免れますが、査定の減点分と修理代金はほぼ同額、もしくはそれ以上になる可能性が高いため、あまり意味がないのです。むしろ、わざわざ修理業者を利用するぶん、二度手間になってしまいます。

 

中古車買取専門店は自社で整備工場と提携している場合があるので、二度手間にならないように、査定のための修理は控えた方がいいでしょう。以上のことから、優良な中古買取業者を選ぶことを前提に考えると、キズやへこみの修理は自分で行わずに査定に出すほうがおすすめなのです。

 

へこみやキズがある車を高く売却するコツ

中古査定に出す車のキズやへこみは、その面積が小さくない限りは、マイナス査定の対象になります。キズやへこみのマイナス査定額はほぼ修理費分相当のため、事前に修理業者に依頼して修理してもあまり意味がありません。もしも自分でキレイに修理できる場合には、セルフ修理して査定に出せば減点のみを免れて得になる可能性もあります。

 

小さなへこみやキズを自分で修理する

自動車販売点やホームセンターなど、カー用品を取り扱う量販店には、自動車のボディのキズやへこみを直す修理グッズが売っています。

例えばごく浅いキズならばコンパウンドというキズ消し用の研磨剤を使って簡単に直すことが可能になります。コンパウンドの使用は特別な技術もいらないため、素人でもちょっとしたキズを消すことは可能なのです。

 

ボディのちょっとしたへこみは、熱湯、またはドライヤーの熱風かけるなど、熱を加えると元に戻る場合があります。

ハンマーで裏側から叩くという方法もありますが、この方法は慎重に行わないと、余計に自動車のキズを増やしてしまうことにもなり兼ねないため、注意が必要です。

 

以上のようにちょっとしたキズやへこみならば、市販の修理グッズを使うなどして直すこともできますが、失敗するリスクを考えると一概におすすめはできない選択肢です。

例えば、キズによるマイナス査定は、その大きさが主な判断基準となるため、浅いけど大きめのキズがある場合は、コンパウンドでセルフ修理する価値があるかもしれません。

 

車の内装を綺麗に掃除する

キズ、へこみ、以外でも、自動車の内装をできるだけキレイに掃除しておくと、その分、マイナス査定が減る可能性があります。

 

前提として、簡単な掃除で落ちる程度の汚れは、あってもなくても査定に影響はありません。しかし査定をする人はあくまで人間です。そのため内装をキレイに掃除している場合と、汚れが目立つ場合では、第一印象が変わってきます。

 

内装をキレイにしておけば査定担当者は、「大事に使っていたのだな」というような印象を持ち、その印象が査定全体に良い影響を及ぼす可能性もあるのです。

 

以上のことから、自動車を査定に出す際は内装をできるだけキレイにしておくことをおすすめします。

 

オプションに注目しよう

自動車は購入の際、オプションで機能を追加することが可能です。

追加したオプションによっては査定の際にプラス要素になる場合があります。

例えばオプションでサンルーフを付ける、シートをレザー仕様にする、電動スライドドアにする、などはプラス査定になりやすいオプションです。

 

基本的に純正のオプションパーツはプラス査定につながりやすくなります。逆に社外品のパーツはあってもプラスになることはあまり期待できません。

改造に近い、取り外すのが困難な社外パーツはマイナス査定につながる可能性があります。

 

タイヤは高額なスタッドレスタイヤでも、夏用のタイヤでも、査定に影響はありません。このためタイヤは夏用タイヤを取り付けて査定に出し、まだ使えるスタッドレスタイヤは買取専門店に売却するのがおすすめです。

 

まずは無料査定で自分の車の値段を知ろう!

自動車を中古車買取に出す場合はインターネットを利用した無料査定を利用することをおすすめします。インターネットの無料査定サイトならば車種、年式、走行距離などを入力するだけで買取価格の目安を知ることができるため便利です。

 

まとめ

自動車のキズ、へこみはマイナス査定に影響し、基本的に大きいキズ、へこみほどマイナス査定額も大きくなるように、全国共通の基準が設けられています。

キズやへこみでマイナスになる額は修理費とほぼ同じになる基準設定のため、予め自分で修理業者を利用して修理してもあまり意味がありません。このためキズやへこみは手を付けず、そのまま査定に出すのがおすすめです。ごく浅いキズは市販の修理キットで比較的簡単に消せるため、そのような場合に限り、セルフ修理をする選択肢もいいかもしれません。

 

 

■ネクステージグループではクルマを積極的に高価買取中!まずはお電話を!