代車を利用して車の売却時期を自由に決めよう|代車利用がお得な理由

クルマ売却ガイド

代車を利用して車の売却時期を自由に決めよう|代車利用がお得な理由

車の売却時に「車の査定額をあらかじめ調査してベストな時期で車を手放そうと思ったが、新しい車の納車日が1ヵ月先のため、数週間車が使えなくなってしまった」という困った経験をした人も中にはいます。

 

車を使わなくても生活できる人は問題ありませんが、通勤や家族の送迎など日々の生活で車を使用する人にとって、代車はとても便利なサービスです。

 

代車を活用すれば車がないときでも安心ですし、費用も取扱店によっては無料のケースもあるため、損をすることはほとんどありません。

 

今回は、そんな便利な代車の強みや注意点を中心に解説していきます。

 

※目次※

1.車の売却時に代車を借りるメリット

2.車売却時に代車を借りたい人が知っておくべきこと

3.代車が借りられなかった場合の対処法

4.代車以外に中古車代理店を利用するメリット

5.ネクステージなら無料で代車貸し出し!

6.まとめ

 

■POINT

 

 

・代車を活用すれば、自分の決めた売却時期や購入時期を計画的に実行できる

・運が悪いと代車が手に入らないパターンもあるので、代車以外の車を確保する方法も理解しておこう

・事故を未然に防ぐために、無料で代車の種類が豊富なネクステージを活用しよう!

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

車の売却時に代車を借りるメリット

車の買い換えを考えている人は、代車を活用することで新しい車が届く日が数週間後だったとしても、安心して手続きを済ませることができます。

 

取扱店側も代車を提供してできるだけ早く車を手に入れた方が、車を高く販売できる可能性が上がるため、代車を活用することは売り手と買い手の両者にとってwin-winなのです。

 

ここでは、車を購入する人に焦点を当てて代車を活用する利点について詳しくみていきましょう。

 

代車利用は業者によって有料と無料がある

多くの取扱店では車を買い換えるときなど、新しい車が届くまでの間は代車を活用することも可能です。代車の使用料金は、店舗によって異なりますが大手の取扱店だと0円のケースが多いようです。

 

中には代車を活用するためには有料となるケースも存在するので、あらかじめ代車の料金を確認しておきましょう。代車無料のサービスがあれば有料で借りるよりも費用を抑えることができるので、車を購入する店舗選びの際は、代車の価格も検討項目に加えておくことが重要です。

 

代車利用によって次の車の納車まで不便しない

一旦、車を売却した後で新しい車を購入する人は、新しい車が届くまで取扱店から代車を借りることで、普段の通勤や買い物に支障が出ないメリットがあります。

 

ただし、購入する車が人気車の場合、納車までに数ヶ月程度かかってしまう可能性もあるため「代車の延長はできるのか」や「延長料金はいくらなのか」についても理解しておくことが重要です。

 

いずれにしても代車を活用することで、車が運転できない日数を減らすことができるため、あらかじめ取扱店に代車の有無を聞いておくと良いでしょう。

 

車を売るタイミングを逃さないで済む

代車を上手く活用すると、自分の好きなときに車を手放すことができます。

 

車の価値は、時間が経つにつれて下がっていく傾向にあります。もちろんリセールバリューの高い車だと価値は下がりにくくなりますが、一般的には年式や走行距離に応じて売却額は下がっていくのが一般的です。

 

また、取扱店の中には、繁忙期に向けて車の在庫をより多く確保しておきたいため、繁忙期の1ヶ月、2ヶ月前に車を売ると高額査定に期待できるなどお得な時期も存在します。

 

高額査定が狙えるときに車を手放すためには、代車の確保が重要となるので、事前に予約をしておくと安心です。

 

車売却時に代車を借りたい人が知っておくべきこと

新しい車が届くまでは代車を活用したいと考えている人は、事前に理解するポイントが5つあります。例えば、さまざまな店舗に代車が存在することや、燃料代は自己負担になるなどです。

 

他にも、加入しておいた方が良い任意保険もあるため、車の売買をする前にしっかりと代車についての理解を深めていきましょう。

 

代車に空きがなければ借りられない

車の買い換えを検討している人は、必ずしも店舗にある代車が使えるとは限らないことを理解しておかなければなりません。取扱店の中には、一定数の代車を用意している場合もありますが、台数が少なく借りられないこともあります。

 

そのため、車を手放す際の見積もり査定が出た段階で、代車の予約が可能なのかを担当スタッフに相談しておくと安心です。もし、査定時に業者から代車を使えないと伝えられた場合は、他店で車の買い換えを検討することも頭に入れておきましょう。

 

借りられる期間は多くの場合1か月以内

取扱店では代車の貸出期間を2週間~1ヶ月に設定することが一般的です。数に限りのある代車は、車の買い換えだけでなく車検の際にも使用するので、一ヶ月以上の貸出をすると次の人が代車を使えなくなってしまいます。

 

そのため、多くの取扱店では代車の貸出期間を一ヶ月以内に設定することが多く、設定日を超える場合は、追加料金を支払うことになるかもしれません。また、繁忙期など代車の貸出予約が入っているときは、延長ができないこともあるので注意が必要です。

 

中古車だと現物が店舗にあれば手続きのみなので代車は必要ないかもしれませんが、新車の購入となると車種によっては納車日が数ヶ月後になるパターンもありますので、事前に代車を活用できる日数と料金について詳しく担当者に聞いておくことが望ましいでしょう。

 

あなたの任意保険は他車運転特約付きか

代車を使う前に、万が一の事故などに備えて任意保険の「他車運転特約」を付けておくことをおすすめします。

 

他車運転特約とは、他人の車を運転して事故にあった場合でも自分の保険を適用させることができるものです。一般的に自動車保険は、自分の所有する車を運転したときに適用される保険ですが、他車運転特約は他人の車であっても自分の補償を受けられるようになります。

 

各取扱店でも代車に対して自動車保険をかけていることは多いのですが、あくまでも最低限の保証に留めている業者も多い傾向にあるため、万が一に備えて自分で他車運転特約を付いておくと安心です。

 

代車返却時はガソリン満タン

代車で使った分の燃料代は自己負担することが一般的です。そのため、多くの取扱店から渡される代車は、乗る前に燃料が満タンになっていることが多い傾向にあります。

 

代車を運転する前に燃料がMAXになっていれば、返す際に燃料をMAXに戻すことで自分の使った分のみを支払う計算となるため、使う前の量をメモしておく心配がありません。

 

しかし、業者の中には、使う前の車に入っている燃料の量が満タンではないパターンもあります。 最初から燃料がMAXでない代車は、返却するときにMAXまで入れてしまうと余計な出費を増やすことになるため、事前に乗る前の燃料の量は写真やメモで確認できるようにしておきましょう。

 

正規ディーラーだけでなく中古車代理店でも代車が借りられる

正規ディーラーや中古車代理店などさまざま場所で代車を活用することはできます。中古車取扱店で代車を活用すれば、車を買い換える際でも高額査定に期待できる時期を自分で決められますし、新しい車が届くまで運転する車を確保することも可能です。

 

上記のように、中古車取扱店であっても代車の活用次第では、査定額や購入額をよりお得にできるかもしれませんので、積極的に活用すると良いでしょう。

 

代車が借りられなかった場合の対処法

車の取扱店にある代車の数はあまり多くない傾向があるため、運が悪ければ利用できない可能性も十分にあり得ます。そのため、代車が使えない事態に備えて、車を確保する手段は事前に理解しておくことが重要です。

 

万が一に備えて別の入手ルートを持っておけば、車の高額査定に繋がる時期を逃すことなく手放すこともできるため、代用車についての知識も深めていきましょう。

 

まずは借りられないか相談してみよう

取扱店では、代車を貸す期間が定まっていないこともあるため、基本的に「要相談」のケースが多い傾向にあります。そのため、代車を利用できない場合は、「在庫に空きが出るのはいつなのか」を店舗スタッフに相談すると良いでしょう。

 

タイミングによっては、車の売却前には「代車の在庫がないので貸すことが難しい」と言われた場合でも、 車の売却手続きを終えた後に代車の在庫が出てくる場合もあります。他にも、電話で代車を断られた場合でも、直接店舗に行って相談すると代車がたまたま空いたなどの事例もあるようです。

 

しかし、代車の有無に集中しすぎてしまうと肝心の売却価格や購入価格の交渉するタイミングを逃してしまう可能性もあるため、優先順位を間違えないように注意しておきましょう。

 

カーリースやレンタカーの利用を検討する

繁忙期などが理由で車買取店の代車を使えない場合、納車日までの期間に車が必要であればカーリースやレンタカーを利用するのもおすすめです。

 

新しい車を店舗で購入したい場合は、納車日までレンタカーを使用することで日常生活の支障を最小限に抑えることができます。レンタカー代はかかってしまいますが、査定額や購入額で優遇されている場合は、 総合的にお得になるケースもありますので利用価値は十分にあるでしょう。

 

続いて、カーリースは乗った分だけの支払いで済むため、場合によってはレンタカーよりもお得になる可能性があります。また、カーリースではガソリン代などの諸経費も使用料に含まれるため、料金設定がわかりやすい点も嬉しい特徴の1つです。

 

いずれにしても、代車が使えない場合はレンタカーやカーリースの料金が別途でかかってくるため、 あくまでも1つの手段として検討しておきましょう。

 

代車以外に中古車代理店を利用するメリット

中古車代理店では、車を買い換える際の手続きや費用の相談を受けることが可能です。自分で車を売却する場合は、車の名義変更を自分で行わなければなりませんが、代理店にお願いすることで名義変更などの手続きを全て任せられるメリットがあります。

 

また、車のローンが残っている人で車を売却して新しい車を手に入れたい場合、中古車代理店のローン残積相談を活用するのがおすすめです。ローン残積は車の残金を指すもので、売却する車の査定額とローン残積を比較して車の残金が完済できるかなどの相談をすることができます。

 

車の売却額がローンの金額を上回れば残ったお金を受け取れるので、新しい車の費用にあてることもできます。逆に、たとえ売却額がローン金額を超えなかった場合でも、取扱店のサービスを利用することで売却を成立させることも可能です。

 

ネクステージなら無料で代車貸し出し!

大手中古車取扱店であるネクステージでは、車検や車の買い換えをする際に代車を無料で貸し出しています。代車が利用できる店舗は全国に数多く点在していますが、ネクステージでは代車の種類が豊富で以前に乗っていた車種に近いものを提供することが可能です。

 

店舗によっては、代車の車種に限りがあり乗り慣れないサイズの車を運転することになるかもしれません。慣れていない車に乗る場合、普段よりも内輪差や車間距離の感覚が異なることで事故の可能性が高まる傾向にあります。つまり、代車は今まで乗っていた車に近い方が安心感は高まりやすいということです。

 

全く同じ車種の代車を用意するのは難しいですが、ネクステージなら運転できそうな代車を選ぶことができるため比較的安全だといえるでしょう。

 

まとめ

車を買い換えたい人で代車を利用する場合は、無料で利用できる店舗にお願いするとお得です。しかし、代車無料となるのは貸出手数料のみですので、ガソリン代は自分で支払うなど、あらかじめ代車についての知識を身に着けておくとトラブルを防ぎやすくなります。

 

代車を上手く活用すれば、自分の計画に合わせた時期に車を売却できるため、活用法次第では高額査定を受けることも可能ですし、納車日までの期間で車に困る心配もありません。

 

ただし、代車は普段よりも運転に慣れていないことから車種によっては事故が起こりやすくなる可能性もあるため、代車の種類が豊富なネクステージを活用すると良いでしょう。

 

ネクステージでは買取金額や購入価格も良心的に設定しております。代車が無料で利用できる面も含めてお得に車の売買を行いたい人はぜひ、お気軽に店舗までご相談下さい。

無料の査定を申し込む