車の下取り見積もりを行うときに気を付けたいポイント

クルマ売却ガイド

車の下取り見積もりを行うときに気を付けたいポイント

新しく車を購入する場合、今乗っている車をどうするかについても考えなければなりません。知り合いに譲ったり廃車にしたりという選択肢もありますが、売却する方法を取る方は多いでしょう。下取りに出す予定にしているため、できるだけ高く買い取ってもらうにはどうすればいいのかを知りたいという人もいるかもしれません。

 

下取りの査定をしてもらう前に、実際の査定の流れや注意点、査定額を高くするためのコツについて確認しておくことをおすすめします。車の下取り見積もりを出してもらうときに気を付けたいポイントをチェックしましょう。

 

※目次※

1.車の下取り見積もりを行う際の注意点

2.車購入・下取り依頼する場合の理想的な流れと注意点

3.車の下取りに必要な書類

4.車を購入する際の見積書の見方

5.下取り価格に不満がある場合は「買取」も検討する

6.査定を受けるなら信頼のおける中古買い取り車業者で受けよう

7.まとめ

 

■POINT

 

 

・下取り見積もりを行う際、下取り価格を高くすると見せかけて購入価格の値引き率を下げられることもある

・車の契約や下取りで必要な書類は早めに準備しよう

・損をしないためにも見積書に記載されている項目はしっかり確認しよう

 

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

車の下取り見積もりを行う際の注意点

車を購入する際には新しい車の見積もりを出してもらうように、下取りをしてもらうときにも見積もりを出してもらいます。損をせず車を売却するためには下取りに関する知識を身につけておきたいものです。下取りの見積もりを行う際、どういった注意点があるかを確認しましょう。

 

下取りを新車購入の意思と共に言及しない

下取りの見積もりを行う際に注意したいのが、新車購入の意思と共に言及しないことです。新車を購入するときに下取りを前提に値引き交渉をした場合、業者によっては、下取り額を高く見せておきながら新車の価格の値引き率を下げるといったからくりが使われることがあるためです。

 

下取り額を高くしてもらったうえで新車の購入価格も値引きしてもらいたいのであれば、それぞれの見積もりを別で出してもらうことをおすすめします。

 

一度下取り価格が出てしまうとなかなか値段は上がらない

一度下取りの価格が出てしまうと、そこから査定額が上がることはほとんどありません。買取の場合はいくつかの業者を回って、交渉することで査定額を多少上げることができます。しかしディーラーにとっては下取りをするメリットがあまりないため、独自の基準で査定している場合があります。

 

ディーラーでの新車購入時の下取りは、買取に比べると価格面で損をする可能性が高いことを念頭に置いておきましょう。

 

車購入・下取り依頼する場合の理想的な流れと注意点

 

車を購入する際、欲しい車種をしっかり決めてからディーラーに行ったり、おおよその車種だけを決めていくつかのディーラーを回ったりと、流れは人それぞれ違います。車の購入と下取りの依頼をする場合の理想的な流れや注意点をご紹介します。

 

どのような車を購入するのか決定する

車を購入しようと思うタイミングは、ライフスタイルの変化や引っ越し、車の買い替えなどさまざまです。ほとんどの場合、今乗っている車をどうするかよりも先に、まずは次にどのような車を選ぶかを決めるでしょう。

 

今の車に長いこと乗ったので買い替えるということであれば、好きな車のタイプから選んでいくことになるでしょう。欲しい車種まで決まっていれば、あとは色やグレードを選ぶという段階に進むことができます。家族の人数が変わったのであれば、何人乗りのものにするかも基準になります。

 

譲れない条件やできれば叶えたい条件などで絞っていくことで、購入する車がだんだんと決まっていくはずです。このときは、車両価格だけではなく諸経費や維持費も確認して計算しておくようにしましょう。

 

購入希望の車に対して見積もりを依頼し価格交渉をする

欲しい車が決まったら、お店で見積もりを依頼します。そのときは、下取りの査定額だけではなく購入価格もできるだけ交渉したいところです。価格交渉をする際は、車種ごとの目標値引き額を知っておくことをおすすめします。車両価格はそれぞれ決まっているため、それ以上の値引きは引き出すことができないからです。

 

また、車自体の価格が高いものほど値引き率が高く、安い車は値引き率が低い傾向にあることも覚えておくといいでしょう。非現実的な価格を希望することは販売員に嫌がられる恐れがあるため、今後の付き合いを考えると控えておいた方がいいでしょう。

 

見積もり額に納得した後下取り査定の依頼をする

購入したい車の価格交渉をして見積もり額に納得できたら査定の依頼をする工程に進みます。下取りの見積もりを依頼する際、少しでも査定額をアップさせるために車内の清掃や車外の洗車などをしておくようにしましょう。車内にごみが落ちていたり、長い間洗車をしていないような汚れがあったりすると査定額が下がってしまうことがあります。

 

もし車に傷がある場合は、査定額が下がらないように直しておきたいと思うかもしれません。しかしながら、素人の修理で傷が悪化してしまうことも考えられますし、きれいに直せたとしてもプロの目はなかなかごまかせるものではありません。そのため安易に修理や手直しをするのではなく、そのまま査定を依頼する方が無難です。

 

下取り額を含めて交渉を行う

購入価格と下取り価格の見積もりを出してもらったら、下取り価格を含めた交渉に移ります。ディーラーは少しでも利益を上げるために、買取価格の相場よりも安い価格を提示することもあります。したがって「もう少し査定額を上げてほしい」「〇〇万円まで上げられないか」といった希望を具体的に伝えてみましょう。

 

また、他のお店で出した見積額を提示すると査定額がアップする場合もあります。交渉次第で数万円アップすることもあるため、相見積もりにより交渉も重要です。

 

車購入・下取りの契約を結ぶ

購入価格、下取り価格に納得できたらいよいよ契約です。一度契約するとキャンセルすることはほぼできないため、契約する前に気になる点は確認しておきましょう。車を契約してから納車までには1~2ヶ月ほどかかることがほとんどです。

 

その間に必要書類や手続きの準備を行いますが、それに時間がかかると納車が後ろ倒しになることもあるので注意が必要です。

 

楽しみにしている納車が遅れてしまわないように、必要書類や手続きの確認は前もってしっかり行うようにしましょう。

 

車の下取りに必要な書類

車の下取りをする際に必要なものは、自動車検査証、自賠責保険証明書、自動車納税証明書、印鑑登録証明書、印鑑です。なお、軽自動車の場合は、印鑑登録証明書は必要ありません。

 

自動車検査証は、下取りに出そうと思っている車を実際に自身が所有していることを証明する書類です。車の中に保管することが法律で定められているため、ダッシュボードに入っていることがほとんどです。

 

自賠責保険証明書は保険の期限が切れていないかどうか、自動車税納税証明書は税金を納めているかどうかを確認するために提出します。

 

軽自動車の場合は実印が必要ありませんが、普通自動車の場合は下取り後の名義変更の書類で使われるため実印と印鑑登録証明書が必要です。

 

車を購入する際の見積書の見方

車は家に次ぐ大きな買い物と言っても過言ではなく、少しでも費用を抑えたいものです。見積書には数多くの項目が記載されているため、よく分からず曖昧なまま契約してしまうと損をすることもあります。値引き交渉をするためにも、見積書の見方を知っておきましょう。

 

購入に際し支払わなければならない税金

車を所有していると自動車税を支払わなければなりませんが、購入する際にも別の税金がかかります。支払わなければならない税金の種類は、自動車税のほかに自動車取得税と自動車重量税です。高額である車の場合は消費税を支払う額も大きくなるので注意が必要です。

 

自動車税は購入することで別途かかる税金ではありませんが、購入した翌月分から年度末までの期間内の税金です。自動車取得税は普通車で税率3%、軽自動車は2%支払うことになります。ハイブリッド車や電気自動車などはエコカー減税が適用されて税率が優遇されることもあります。また、自動車重量税は車の重さによって決まる税金のことです。

 

代行費用や手数料など

車庫証明費用や自動車検査登録、ナンバーの変更手続きといった諸手続きをお店に依頼する場合は代行手数料がかかります。登録費用は必ずかかりますが、これらの手続きを自分で行えば代行手数料はかかりません。

 

見積書を見たときに「これは何のことだろう」と思う項目があれば、販売員に聞いてみることをおすすめします。必要であればそのままでいいですが、不要なアフターケアやオプションなどが入っている場合は、取り消してもらえるよう交渉するのも一つの手段です。

 

車両の本体価格

車両本体価格とは、ナビやバックモニターなどのオプションを含まない車両本体だけの価格のことです。車両本体価格はメーカーで決められているため、値引き交渉をしても本体価格より安くしてもらうことはできません。

 

値引き額やオプション料金

車両本体にナビやバックモニターなどのオプションを付けたものが車の価格となります。車を生産する時点で付けるメーカーオプションと、ディーラーに届いてから取り付けるディーラーオプションに分かれます。どういったオプションを付けるかによって値段が変わるため、しっかり検討する必要があります。

 

値引きは車両本体価格とオプション価格のそれぞれから行ってもらえます。目標値引き額と照らし合わせて最終的に購入するかどうかを決めましょう。

 

下取り価格に不満がある場合は「買取」も検討する

そもそも、下取りと買取は同じことではありません。似ているようですが、それぞれ意味が異なります。新しく車を購入するお店で今まで乗っていた車を引き取ってもらうことを下取りといい、車を購入するかどうかにかかわらず売却することを買取といいます。

 

下取りの査定額に納得がいかない場合は、車を購入するお店とは別の業者に買取を依頼することもできます。車を購入するお店で下取りをするのは方法としては楽ですが、買取にもメリットがあります。

 

買取の場合は売りたい車の価値が直接的に買取価格に反映されるため、下取りに比べると査定額が高いことがあります。

 

今乗っている車をどこで売るかは自由に決めることができます。「車の購入にあたる現在の車の売却=下取り」というイメージがある人もいるかもしれませんが、査定額に不満がある場合は買取も検討してみてください。

 

査定を受けるなら信頼のおける中古買い取り業者で受けよう

車を売却したいときは、下取りだけではなく買取業者でも査定を受けられます。その際、価格だけではなく業者を信頼できるかどうかも判断基準に入れるようにしましょう。どういった業者を選ぶといいのかをご紹介します。

 

全国規模の大きな中古買取業者

どこで査定を受けようか迷うのであれば、全国規模の大きな中古買取業者を選ぶことをおすすめします。大きな業者の方が安心できるということが理由として挙げられますが、全国規模ならではのメリットもあります。

 

車は地域によって人気のある車種が異なるため、自分が住んでいる地域では人気のない車種でも他の地域では人気があるケースもあります。全国規模の業者の方であれば、高く売れる地域の価格に合わせてもらえるかもしれません。

 

コンプライアンス・個人情報管理のしっかりしている業者

車を売却する際は、個人情報の管理がしっかりしている業者を選ぶことをおすすめします。個人情報に関する方針や問い合わせへの対応を明記しているかどうかや、プライバシーマーク使用許諾事業者であるかどうかを参考にするといいでしょう。

 

まとめ

車の購入価格や買取価格は、希望する価格があるとしても思った通りにならないこともあります。中には、利益を上げるために値引きに応じなかったり査定額を低く見積もったりする業者も少なからずあります。

 

だからこそ価格設定の理由を説明してくれる信頼できる業者を選ぶようにしましょう。個人情報の管理も業者選びの基準となります。信頼のおける業者とは一生の付き合いを持てるので、車の乗り換えや下取り・買取を考えるときにはそのような業者を見つけましょう。

 

ネクステージでは、適正な価格での買取を徹底しており、長年の実績から大きく信頼を得ています。車の買取を考えている場合は、ネクステージへぜひご相談ください。

無料の査定を申し込む