車の売却や見積もりで知っておくべき下取りと買い取りの違い

クルマ売却ガイド

車の売却や見積もりで知っておくべき下取りと買い取りの違い

車の売却を考える際、「とりあえず業者に任せておけば大丈夫」と思っている人も多いのではないでしょうか。査定に関わるポイントを事前にチェックしておくこと、また取引の準備をしっかり行っておくことなどによって、よりスムーズに、満足度の高い車の売却を行うことができます。

 

以下より、車の見積もり・売却の際に、事前に踏まえておきたいポイントを詳しく解説していきます。

 

※目次※

1.車の売却・見積もりで知っておきたい下取り・買い取りの違い

2.車の売却・見積もりを行う際のチェック項目

3.車の売却や見積もり前に確認しておくべきポイント

4.車の売却・見積もりで準備しないといけないもの

5.まとめ

 

■POINT

 

 

・高く売るなら「買い取り」、手間を省くなら「下取り」がおすすめ!

・車種の相場や使用状況などから、おおよその売却費用を目算しておこう

・良い条件で買い取ってもらうには、業者との信頼関係が大切!

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

車の売却・見積もりで知っておきたい下取り・買い取りの違い

車を売却する方法は大きく分けて、「買い取り」と「下取り」の2種類です。これらはそれぞれにメリットやデメリットがあります。ご自身のニーズに合わせた売却方法を選ぶためにも、この2つの特徴を知っておくことが大切です。

下取り

下取りは新車を購入する際に、今まで乗っていた車をディーラーに買い取ってもらう方法です。これはあくまでも新車を購入するための仕組みですので、買い取ってもらった金額は、そのまま新車購入代金に充てられることになります。もちろんこのお金を新車購入以外に使うことはできません。

 

下取りで注意すべき点は、買い取りに比べて価格が低くなる傾向にあるということです。新車を売ることが仕事であるディーラーは、中古車販売のルートはそれほど持っておらず、取り扱いにも手間がかかってしまうことがあります。

 

しかし新車の購入と乗っていた車の買い取りが一度にできるので、手間がかかりません。これが下取りの最大のメリットと言えるでしょう。

 

買い取り

買い取りは読んでそのまま、中古車買い取り業者に車を売却する方法です。もちろん下取りとは違い、買い取りで手に入ったお金は新車購入以外にも使うことができます。乗り換えが目的でない場合は必然的にこちらを選ぶことになるでしょう。

 

買い取りのメリットは、ほとんどの場合、下取りよりも高額査定が狙えるというところにあります。場合によっては数十万円単位で査定額が違ってくることもあります。とにかく高く車を売りたいという人は、乗り換え予定の売却であっても、買い取りを選ぶのが賢明です。

 

ただ新車購入を希望する場合は、別の店舗で行うことになるので、複数のお店に足を運ばなければならないという手間はあります。中古車への乗り換えであれば、買い取りから次の車の購入まで、一つの業者に任せることもできます。

 

車の売却・見積もりを行う際のチェック項目

実際に売却や見積もりを行う前に、自分の車にどのぐらいの価値があるのか、おおよその見当をつけておきましょう。査定額の目安が分からなければ、安い金額を提示されても気付きませんし、交渉もできません。あらかじめ減額になるポイントを知っておけば、提示された査定額が妥当かどうか判断することもできます。

 

車種

まずは自分の車と同じ車種がどのぐらいの相場で売られているのか、中古車情報サイトなどで確認しておきましょう。車種の相場を知っていれば、提示された金額が安いのか高いのかの判断もつきやすくなります。

 

またその車種のモデルチェンジの時期を把握しておくことも大事です。モデルチェンジの後は、旧型モデルの買い取り価格が一気に下がってしまうので、できればモデルチェンジ前に手放しておきたいところです。

 

車種ごとのモデルチェンジがどのぐらいの周期で行われているのか、これまでのモデルチェンジの時期をインターネットで確認し、次のモデルチェンジの目算を立てておきましょう。

 

車の色

同じ車種、同じ使用状況であっても、ボディのカラーで価格が変動します。人気カラーは高く、不人気カラーは安く買い取られる傾向にあることを踏まえておきましょう。色の人気・不人気は中古車情報サイトの販売価格から確認することができます。

 

人気色は大体の相場が決まっています。一般的に高く売れやすい人気カラーは、無難な白や黒、シルバーなどです。レッドやブルー、ピンクといった原色系の鮮やかな色は、好き嫌いが大きくわかれるため、不人気カラーになりやすい傾向にあります。

 

ただ車種によっても色の人気が変動することがあります。SUVなどのスポーティな車や、女性に人気の小型車では、派手でオシャレな色のほうが、人気が高いこともあります。

 

走行距離

もちろん走行距離も車の買い取り価格を大きく左右します。走行距離は部品の消耗度合いとも直結していますので、減額査定のわかりやすい物差しになるのです。基準となる走行距離の目安は、およそ乗った年数×1万キロです。実際の走行距離がこの基準より少ない場合、それを理由に高く買い取ってもらえる可能性もあります。

 

ただ走行距離は短ければ短いほど良いというものでもありません。部品の消耗が少なかったとしても、車が放置されていたような場合は、状態もその分悪くなってしまうからです。

 

また走行距離5万キロ、10万キロを基準に、査定額が一気に下がることも覚えておきましょう。走行距離がこの基準に迫ってきているなら、早めに手放すことをおすすめします。

 

傷の具合

車に傷や凹みがある場合、これも減額の対象になってしまいます。多少の傷なら、自分で対処して目立たなくするというのも手です。研磨剤を使って磨く程度なら、簡単に行うことができるので試してみても良いでしょう。ただあまり過度にやりすぎると失敗してかえって目立ってしまうこともありますので、気を付けてください。

 

傷の修繕を業者に頼むと高額になることが多く、おすすめしません。そのまま査定に出し傷を理由に減額されるほうがお得な場合が多くなっています。

 

オプション

純正オプションが付いていれば、その分車の価値が上がります。純正オプションはメーカーで製造するタイミングでしか、取り付けることができないことから付加価値が高く、特にカーナビやサンルーフ、本革シートなどは高額査定が期待できます。

 

パーツを取り替えて車のドレスアップを楽しむ人もいると思いますが、その際も純正のパーツは保管しておくことをおすすめします。こだわりのパーツでも、売却時には純正のものに戻したほうが高く売れることが多いでしょう。

 

タイヤ

スタッドレスタイヤは基本的に社外品となるため、純正品より価格が落ちてしまう場合があります。ただこれは時期によっても変動するもので、スタッドレスの需要が高まる秋口に売却すると、高額査定を得られることもあります。とりあえず純正のタイヤに取り換えて車を売り、秋口にスタッドレスタイヤを単体で売却するというのも一つの方法です。

 

タイヤの査定では、溝の深さで金額が決まります。5mm以上深く溝が残っていれば、査定額がプラスになる場合もあるでしょう。わざわざ新品のタイヤに取り換えると、かえってお金がかかってしまうので、これはおすすめできません。

 

車の売却や見積もり前に確認しておくべきポイント

車本体の価値には含まれない部分にも、売却や見積もりの前に確認しておいたほうが良いポイントがあります。中には査定額を引き上げる要素となるものありますが、大きくは納得できる取引をするためのものです。以下を心掛けておけば、査定額に関わらず「売って良かった」と思える取引を行うことができるでしょう。

 

次にどの車を購入するか

乗り換えの場合、次に購入する車を明確にしておくことも大切です。今乗っている車を売却したお金を次の車の購入費用に充てることを踏まえて、「どのぐらいの値段で売れてほしい」という目標の査定額が立てやすいからです。

 

目標額やその理由が明確になっていれば、そこに近付けるように業者と相談することもできるでしょう。買い取りでも自社で次の車を買ってもらえることがわかっていれば、サービスしてくれる場合もあるかもしれません。

 

車売却に関しての家族の意見

車を運転するのは自分でも、その車に同乗するのは家族です。次の車を決める場合にしても家族の意見は大切ですし、何の相談もなく、いつも乗っていた車が売られてしまったら家族も戸惑うはずです。自分のお金でやり取りするのだからと一人で決めたりせず、前もって家族に相談しておくことも大切です。

 

信頼できる車の買い取り業者

中古車の場合、車の状態によって買い取り価格が大きく変わってくるため、適正な査定をしてもらうためにも、信頼のおける業者を選ぶことが大切です。相場を比べるために複数の店舗を回ることも必要になりますが、その際の従業員の対応なども参考にするべきポイントです。

 

売却の交渉も結局は人と人の問題です。気持ちの良いやり取りができれば、良い条件での取引もできるものです。

 

ネクステージでも、ご来店いただいたお客様には出来る限りご満足いただけるよう、従業員一同心掛けております。買い取りや見積もりだけでなく、気軽なご相談からでも是非ご検討ください。

 

車の売却・見積もりで準備しないといけないもの

車の売買は業者との契約です。査定に関する知識を備えておく以外にも、手続きなどの関係上、準備しておかなければいけない書類があります。売買契約は信用問題に関わってくるため、事故歴や修理歴があれば、それを正確に伝えておくことも大切です。以下より詳しくみていきましょう。

 

車の売却・見積もりに関する書類の用意

車の売却には、法的な手続きが必要となるため、これに関わる書類を用意しておかなくてはいけません。必要になる書類は以下の通りです。

  • ・自動車検査証
  • ・自賠責保険証
  • ・自動車税納税証明書
  • ・リサイクル券(リサイクル料預託済みの場合)
  • ・実印
  • ・印鑑登録証明書

 

軽自動車の場合、名義変更の手続きに印鑑登録証明書は必要ありませんが、代わりに住民票など、現住所が確認できる書類が必要になります。この書類の有効期限は原則3ヵ月以内となるので、なるべく売却する日に近い日付で取得するようにしましょう。店舗によっては1ヶ月以内を規定にしている場合もあります。

 

また名義変更手続きには、譲渡証明書や委任状も必要になるますが、これらは店舗側で用意しているため、売却側は契約時に記入するだけで大丈夫です。

 

修復歴・事故歴の申告

修理歴や事故歴は査定額に大きく響いてきますが、これらを隠すのは賢明ではありません。買い取り業者は査定のプロですから、隠しても見抜かれてしまいます。見積もり前にしっかり申告しておくようにしましょう。

 

修復歴や事故歴を正直に申告することで誠実さが伝わり、交渉が良いほうへ進むこともあります。買い取りに関しては業者との信頼関係が大事だということを、踏まえ交渉を進めるべきでしょう。

 

まとめ

納得のいく車の売却を行うためには、下取りと買い取りをご自身のニーズに合わせて選ぶこと、またその車種の相場や減額のポイントを押さえておくことが大切です。

 

しかしなにより大切なのは、記事の中でも触れたように、いかに信頼のおける業者に依頼するかでしょう。売却前に相場などの予備知識を得ておくことも、結局は業者と円滑なやり取りをするための準備なのです。

 

記事だけでは理解しきれない部分のご相談も、ぜひネクステージへお問い合わせください。業界最大規模の実績を元に、お客様一人一人の買い取りをサポートさせていただきます。

無料の査定を申し込む