車の下取りと一括査定ならどちらが良い?手放す最適な方法は?

クルマ売却ガイド

車の下取りと一括査定ならどちらが良い?手放す最適な方法は?

「下取り」や「一括査定」など、車を売る方法はひとつではありません。いざ車を売ろうと思っても、どの方法がベストなのか分からず、売るのに二の足を踏んでいる方もいるのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、車を売る際に下取りと一括査定ならどちらがよいのか解説していきます。それぞれの特徴や注意点についても紹介するので、自分にとってベストな売却方法を考えるのに役立つでしょう。

 

※目次※

1.下取りと一括査定ならどちらのほうが良いの?

2.下取りの特徴は?

3.車の一括査定の特徴とは?

4.買取の特徴とは?

5.リスクを抑えながら高額買取をする方法

6.まとめ

 

■POINT

 

 

・車の売却には「下取り」、「一括査定」、「買取」などの方法がある。

・それぞれの売却方法のメリットや注意点を把握して自分に合った方法を選ぼう。

・リスクを抑えて高額で売却するなら「買取」を選ぶのがベスト!

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

下取りと一括査定ならどちらのほうが良いの?

下取りと一括査定のどちらが優れているかは一概にはいえません。それぞれサービス内容が大きく異なるからです。

 

下取りは車を買い替える際に利用する方法で、新しく購入する車の値下げ交渉に役立ちます。一方、一括査定は複数の買取業者からの見積もりを一括で受け取れるサービスです。車を売る際の状況によって条件は異なるため、単純な比較は難しいでしょう。

 

ほかにも、買取や個人売買(オークション)などの売却方法も利用可能です。それぞれの売却方法にメリットがあります。しっかりと把握して、自分にとってベストな方法を選択しましょう。

 

下取りの特徴は?

下取りは現在乗っている車をディーラーで査定してもらい、その売却代金を新車の購入費用に充てる方法です。下取りの査定額は、各ディーラーが用意している下取りの基本価格をもとに決定します。傷やへこみがどれくらいあるか、走行距離はどのくらいかなどによって基本価格から減額して最終的な下取り額が出されるのが一般的です。

 

では、下取りに出すとどのようなメリットがあるのでしょうか。手順や注意点も併せて解説していきます。

 

下取りの手順

下取りをする場合、売却の前に次に乗る車を探すことから始まります。一般的な下取りの手順は以下のとおりです。

 

・ディーラーに出向いて次に乗る車を決める

まずは次に購入する新車を決めます。おおよそどの車を購入するか決めたら、その車を扱うディーラーにいき、購入する車を決定しましょう。

 

・購入予定の車の見積もりを確認する

購入する車が決まったら見積もりを出してもらいます。納得のいく価格であれば、購入する旨を伝えましょう。

 

・今乗っている車を査定してもらう

今乗っている車を実際に査定してもらいます。

 

・提示された査定額をもとに購入する車の値引き交渉をする

査定額を引き上げることで、新しく購入する車をさらに値引きしてもらえないか交渉しましょう。

 

・下取り手続きと新車の購入契約を行う

今乗っている車の下取りと新車の購入にかかわる契約を同時に行います。

 

下取りに出すメリット

下取りの大きなメリットとして、手続きが楽ということが挙げられます。次に乗る新しい車の契約手続きと、今所有している車の下取り手続きが同じディーラーでできるので手間がかかりません。車の購入と売却で、違う業者とやり取りしなくてよいのがポイントです。

 

年式が古い車や修復歴有りの車であっても引き取ってもらいやすいこともメリットのひとつでしょう。新しい車の受け取りと今乗っている車の引き渡しが同時にできるので、車が使用できない期間が生じにくいのもうれしいところです。

 

下取りの注意点

下取りの注意点として挙げられるのは、買取よりも査定額が低い傾向にあることです。ディーラーはあくまでも「新車の販売」がメイン業務であり、買取の専門業者ではありません。中古車市場に精通していないことも考えられるため、予想よりも査定額が低いこともあり得ます。

 

下取り額が新車の値引き額として提示されると、それぞれがどれくらいの金額か不明瞭なことがあるのも難点です。他社メーカーや外車だと査定額が低いケースもあるので、高額査定を期待している方は注意しましょう。

 

車の一括査定の特徴とは?

一括査定はインターネットを利用して車の情報を登録するだけで、一度に複数社から買取価格の見積もりを受け取れるサービスです。特に車を初めて売却する方だと、どこで売却すればよいのか悩んでしまうこともあります。

 

一括査定であれば手間なく各社の買取額の概算が分かるので、売却先を決めやすいのが特徴です。一括査定の流れやメリット、注意点を詳しく見ていきましょう。

 

一括査定の手順

一括査定の利用手順はシンプルです。インターネットが利用できれば誰でも簡単に使えます。詳しい手順は以下のとおりです。

 

・一括査定サイトを表示し、今乗っている車のメーカー、車種、走行距離、年式などの情報を入力する

一括査定サイトの多くは、これらの情報を入力します。念のため、手元に車検証を置いておくのがベストです。

 

・住所、氏名、電話番号、メールアドレスなどの個人情報を入力する

ここで入力した電話番号やメールアドレスに各社から見積もりが届きます。

 

・電話やメールにて各社から見積もりが届く

車と個人の情報を登録してしばらくすると、各社から見積もりの電話やメールがきます。

 

・各社の見積もりを比較し、より詳しく査定をしてもらう業者に連絡する

電話やメールで届いた見積もり額を比較し、より詳しく査定をしてもらう業者を決めます。その業者に電話をして、査定をしてもらう日程を決めましょう。

 

・実際に査定を受けて、売却手続きをする

自宅や店舗で査定を受け、納得のいく価格であれば売却手続きを行います。

 

一括査定を利用するメリット

一括査定は時間を選ばず利用可能です。登録はインターネットで行うので、スマホやパソコンで24時間365日いつでも査定依頼ができます。

 

手間がかからないのもメリットのひとつです。通常は、自分の足で複数の買取業者を回り、そのなかで高額査定をしてくれた業者に依頼をします。一括査定であれば、一度の依頼で複数の業者に見積もりがもらえるので、手間や時間をかけることがありません。忙しくて時間のない方にはうれしい方法といえます。

 

一括査定の注意点

一括査定では概算の価格しか分かりません。一括査定で各社から届く見積もりは、インターネットで登録した車の情報から算出しています。

 

登録する項目は、走行距離や車種、カラー、年式などの情報だけです。実際の査定では、傷やへこみ、内装、エンジン類、足回りなど、インターネットで登録した情報だけでは分からない細部まで査定をします。そのため実際に査定に出すと、電話やメールで伝えられる見積もり額よりも下がる可能性もあるでしょう。

 

インターネットで登録後に一斉に営業電話がかかってくることも注意点です。どの業者も自分の会社で売ってほしいため、我先にとアポイントメントを取ろうとします。その結果、短時間に多くの電話がかかってくる可能性があるのです。すべての電話に対応すると多くの時間を要するので、忙しい方は注意しましょう。

 

買取の特徴とは?

買取は中古車を買い取る専門業者に査定を依頼する方法です。下取りとは異なり、売却代金の使い道は決められていません。次の車の購入資金にしたり貯蓄したりと、自由に使えることが特徴です。売却手続きは下取りよりもシンプルに進みます。それでは、買取の流れやメリット、注意点を詳しく見ていきましょう。

 

買取の手順

買取の流れは以下のように至ってシンプルです。

 

・査定を依頼する業者を選ぶ

まずは、どの業者で査定をしてもらうかを選びましょう。インターネットで口コミや評判を調べてから決めるのがおすすめです。

 

・実際に査定をしてもらう

自宅への出張査定の場合は、あらかじめ電話して日程を決めておきましょう。店舗へ直接出向く場合は予約なしですぐに査定をしてもらえます。繁忙期は即日の査定が不可能である場合もあるので気を付けましょう。

 

・査定額に納得したら契約する

査定額に納得したら、その場で契約をします。

 

・車の引き渡し

引き渡し日は事前に業者と相談をして決めます。

 

・入金

多くの場合、数日から1週間程度で振り込まれます。

 

買取をするメリット

買取の大きなメリットは、査定額が下取りよりも高額になりやすいことです。買取業者は、「車を買い取る」ことをメイン業務としています。買い取ったあとの独自の販売ルートを持っており、より高い価格での買取が可能です。中古車市場に詳しく、市場の価値を最大限に反映して査定するのも高額査定になりやすい理由のひとつでしょう。

 

社外品パーツを装着していてもプラス査定をしてもらいやすいのもメリットです。通常、中古車市場では純正パーツが付いた車の需要が高い傾向にあります。しかし、なかには社外品パーツが装着された車を求めるユーザーもいます。そういった需要を見込んで、柔軟に買い取ってくれるのがポイントです。

 

リスクを抑えながら高額買取をする方法

ここまで解説してきたように、下取り、一括査定、買取にはそれぞれメリットや注意点があります。事前の準備や売却方法の選択を誤ると損をする結果にもなりかねません。ここからは、なるべくリスクを抑えて車を高く売る方法について詳しく解説をしていきます。

 

買取相場を把握しておく

査定に出す前に愛車の買取相場を把握しておくと、安く買い叩かれるリスクを軽減できます。相場を把握していれば、相場よりも低い査定額を提示された際に売却をしない判断が素早くできます。

 

さらに、査定額が相場よりも低いことを交渉のネタにして高額買取を狙うことも可能です。相場はインターネット上にある買取相場表で簡単に調べられますので、しっかりと把握しておきましょう。

 

下取りや一括査定よりも買取を優先する

リスクを抑えてより高額査定を狙うのであれば、下取りや一括査定よりも「買取」がおすすめです。先にも解説したように、下取りの場合は査定価格が低くなりがちです。また、一括査定は「多くの営業電話がかかってくる」という問題があります。

 

買取の場合は売却時の問題やリスクが少なく、高額査定を狙いやすいのが特徴です。そのため、中古車買取業者で車を買い取ってもらうのが確実といえます。

 

高額買取に強い中古車買取店を利用する

買取業者のなかでも、高額買取できるような強みを持つ業者を利用するのがベストです。リスクが少なく高額査定が狙える買取ですが、業者によって買取価格は異なります。買い取った車の販売ルートや販売力は業者ごとに差があるからです。

 

ネクステージは買い取った車をそのまま自社で販売できるため、高額買取を積極的に行っております。車本来の市場価値を適切に反映でき、高い査定額を提示できるのが強みです。

 

高く売れやすい時期に売る

1年のうちで最も高く売れる時期は、1月~3月と9月~10月です。これらの時期は、ディーラーや販売店の決算や半決算の時期です。決算前に売上を伸ばすため、「決算セール」を行って車を安く販売する傾向にあります。

 

この時期になるとユーザーも安くなることを狙って車を購入するため、新車や中古車を問わずに需要が高まります。中古車販売店は需要に対応すべく多くの在庫を用意する必要があるため、買取での高額査定が期待できるでしょう。決算期まであと少しの時期であれば、それまで待ってから売却するのもひとつの手です。

 

査定前に掃除や洗車をしておく

査定前に掃除や洗車をすることで、査定額アップにつながることもあります。車をきれいにしておけば、丁寧に乗っていた印象を持ってもらえるからです。「整備もきっちりとしているのだな」という印象を与えられるため、査定士の車に対する安心感も上がります。

 

車内はシートやフロアマットの掃除、脱臭、整理整頓をしましょう。タイヤやホイールの洗浄をすると、全体がより引き締まって見えます。エンジンルーム内もきれいに拭いておくと、さらに査定士の印象がアップするのでおすすめです。

 

まとめ

車の売却には、下取り、一括査定、買取などの方法があります。それぞれメリットや注意点が異なりますが、なるべくリスクを抑えて高額で売却するなら買取がおすすめです。

 

ネクステージでは、お客様の大切な車をしっかりと査定させていただきます。全国に100店舗以上を有する強力な販売力をもとに、お客様にご満足いただける高額査定が可能です。愛車の売却をご検討であれば、ぜひネクステージにご依頼ください。

無料の査定を申し込む