車の下取りにはいろいろな書類が必要!下取りに出す上で知っておきたいポイント

クルマ売却ガイド

車の下取りにはいろいろな書類が必要!下取りに出す上で知っておきたいポイント

愛車を買い替える際に下取りを依頼すると、売却と新しい車の購入手続きを同時に進められます。同店舗で手続きができ便利なため、下取りに出したいという方もいるでしょう。しかし、下取りにどのような書類が必要なのか分からないという方もいるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、車の下取りで必要な書類について解説します。書類の概要を知るだけでなく、普通車・軽自動車の書類の違いについても理解することが大切です。下取りの手続きをスムーズに進めるためにも、重要なポイントをおさえましょう。

 

※目次※

1.車の下取りに必要な書類をできる限り早めに用意することが大事

2.車を下取りに出すのに必要な書類

3.車の下取りに必要な書類を用意する際のポイント

4.車の下取りに必要な書類を揃える以外に大切なこと

5.車の下取りを行う際は信頼できる業者に相談するのが大事

6.まとめ

 

■POINT

 

 

・車の下取りでは、納税証明書・リサイクル券など重要な必要書類が多数。普通車は実印と印鑑証明書も忘れずに用意しよう!

・下取りの直前で書類を紛失しないために、当日までの保管場所を決めておくのがおすすめ!

・純正オプションを保管している場合は、下取り時に提出すると高額買取にも効果的

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

車の下取りに必要な書類をできる限り早めに用意することが大事

車を買い替える際、購入と同時にこれまで乗っていた車を売却することを「下取り」といいます。一般的にディーラーでの買い替え方法として知られていますが、中古車販売業者でも同様のサービスが利用可能です。

 

ディーラー・中古車販売業者など依頼先を問わず、下取りを行うには多数の書類を揃えなければなりません。申請から交付まで時間を要するものもあるため、余裕をもって準備を進めることが大切です。すでに下取り依頼を予定している方は、可能な限り早い段階で書類を揃えるよう心がけましょう。

 

車を下取りに出すのに必要な書類

車を下取りに出す際には、車検証(自動車検査証)をはじめ多くの書類が必要です。下取り時のスムーズな手続きにもつながるため、どのような書類がなぜ必要なのか理解しておきましょう。万が一紛失した書類があれば、早急に再交付してもらわなければなりません。車の下取り手続きで必要な書類をひとつずつ解説します。

 

車検証

車検証は、車関係のほとんどの手続きで提出を求められる重要書類です。運転時には携帯が義務付けられているため、下取直前に紛失する方は少ないでしょう。

 

もし紛失した場合は、早急に再交付を申請しなければなりません。車検証を持たない状態では公道を運転できないため、常に同じ場所で保管しておくと安心です。

 

自動車税納税証明書

自動車税納税証明書は、1年に1度支払い義務がある自動車税の納税を証明する書類です。下取りの際は、一番新しい証明書を提出しなければなりません。書類には有効期限が記載されています。用意する際にあわせて確認しましょう。

 

紛失した場合、普通車は税事務所、軽自動車は市区町村役所の窓口で再交付申請します。郵送手続きも可能ですが、交付まで時間を要するため下取りに間に合う方法を選ぶことが大切です。

 

リサイクル券

車を廃棄処分する際にユーザーが解体費用を負担することが法律で定まっています。通常は車の購入時にリサイクル料金を支払い、納金を証明するリサイクル券を受け取ります。

 

売却時にはリサイクル券を提出すると納付した金額が還付されるため、下取り時にもリサイクル券を用意しておきましょう。ただし、下取り後に廃車になるとリサイクル預託金は戻ってきません。リサイクル料金は、最後にその車の所有者であった人が負担するという決まりになっているからです。

 

自賠責保険証

自賠責保険証は、損害を補償するための自賠責保険加入を証明する書類です。すべてのユーザーに加入義務があるため、ほかの保険加入状況にかかわらず必ず提出します。

 

車検時に保険料を支払うケースが多いこともあり、車検証と同じ場所で保管している方もいるでしょう。保険証を紛失した場合は、保険会社に問い合わせて再交付手続きを行います。

 

譲渡証明書

車を下取りに出したあとは、所有者が自分から業者または次のユーザーへ変更されます。このとき「前ユーザーが譲渡(売却)に同意した」という事実を証明するための書類が譲渡証明書です。

 

譲渡証明書はインターネットからも印刷できますが、業者で用意しているケースも少なくありません。ほかの書類ほど重要度は高くなく、事前に作成できれば手続きがよりスムーズになると考えておくぐらいでよいでしょう。

 

住民票

下取りの手続きでは印鑑証明書が必要ですが、引っ越しなどで印鑑証明書の住所と現住所が異なるケースがあります。住所が相違していると本人確認ができないため、住所変更歴を証明するために住民票を用意しましょう。

 

住民票は市区町村役所で交付申請が可能です。ただし、軽自動車を下取りに出す方は、引っ越した場合でも住民票は不要です。

 

印鑑・印鑑証明書

譲渡証明書や委任状など、各書類には実印を押印します。軽自動車の下取りであれば、認印でも手続きが可能です。

 

普通車の場合は印鑑・印鑑証明書をセットで用意しましょう。印鑑証明書は、実印が正しいものであることを証明する書類です。証明できなければ手続きができない可能性もあるため、提出前にチェックしておくと安心です。

 

車の下取りに必要な書類を用意する際のポイント

車を下取りに出す場合は、手続き当日に不備がないよう準備を進めることが大切です。金銭面や手続きの進め方について考慮しつつ、早い段階で書類を揃えられるように計画を立てましょう。手続きが滞ると新しい車の購入も遅れるかもしれません。下取りの必要書類を用意する際のポイントを3つご紹介します。

 

いつまでにお金が必要なのか

下取りの準備を進めるにあたって、いつまでに新しい車を購入するためのお金を用意すべきかを明確にしなければなりません。一般的な中古車買取の方法とは違い、新しい車の購入と売却を同時に進めるのが下取りの特徴です。

 

たとえば「仕事で別の車に買い替える必要がある」といった場合は、手続きが遅れると仕事にも影響を及ぼしかねません。新しく欲しい車の発売が発表され、発売と同時に購入したいということもあるでしょう。車の購入手続きが滞ると、下取りの手続きもできない可能性があるのです。下取りの書類の用意だけでなく、次の車の購入手続きも考慮して準備しましょう。

 

業者と上手くコミュニケーションが取れるか

下取りの際のスムーズな手続きは、業者とのコミュニケーションも関係するといえます。交渉を成立させるためには、業者側との円滑なコミュニケーションが重要です。お得に買い替えるために下取り査定額を上げて、新しい車の購入金額を節約したいと考える方も多いでしょう。

 

安心して新しい車に買い替えるためには信頼性も欠かせません。下取りに関して不安な部分があれば、手続きの前に確認できるようリストアップしておくとよいでしょう。

 

保管場所を決めること

下取りの準備段階で重要なのは、揃えた書類を当日までしっかり保管することです。リサイクル券・住民票などをすべて用意したにもかかわらず「どこに置いたか忘れた」「知らぬ間に紛失してしまった」となっては元も子もありません。

 

必要書類が漏れなく揃ったことが確認できたら、保管場所を決めて1か所~2か所にまとめます。複数の場所に保管する場合は、保管場所をメモに残しておくと安心です。下取りまでの期間が長いほど紛失リスクも高まるため、当日に焦ることのないよう入念にチェックしましょう。

 

車の下取りに必要な書類を揃える以外に大切なこと

車の下取りでは、書類関係の手続き以外にも重要なポイントがあります。自動車税に滞納がある場合は、事前に手続きを済ませて証明書を受け取らなければなりません。また、車のコンディションを整えるとプラス査定にも効果が期待できます。少しでもお得に買い替えるために、書類の用意以外に大切なこともおさえておきましょう。

 

自動車税の納付

自動車税は、車の購入時期を問わず4月1日時点の所有者に支払い義務が発生する税金です。原則として納税期限は5月31日ですが、たとえ未納付のまま4月10日に下取りに出そうとする場合でも納税義務があるのです。納付をしていない状態では下取り手続きができないため注意してください。

 

普通車の自動車税は還付対象となっています。まずは1年分支払って納税証明書を受け取り、下取り手続きを進めましょう。軽自動車の自動車税還付は法律で定められていませんが、業者によって相当分の値上げ交渉につながる可能性もあります。

 

純正オプションの保管

車の購入時に純正オプションをつけた方は、下取りに向けてきれいな状態を保つよう心がけましょう。カーナビなど取り外したパーツは、保管しておくのがおすすめです。

 

下取りでは年式・走行距離などで査定額を決まりますが、純正オプションの有無も重視されます。純正品は人気が高い傾向にあり、次のユーザーの購買意欲を高める要因になるためです。見積もりの際には、純正オプションをアピールして価格交渉を試みてもよいでしょう。車の価値を上げるために、純正オプションの保管は有益な方法です。

 

名義変更の手続き

車の購入金額をローンで支払っている方は、所有者の名義がディーラーや信販会社になっている可能性があります。下取り手続きは名義人本人でなければできないため、車検証の所有者欄を確認しましょう。

 

自分の名義でない場合は、名義変更手続きを行います。名義となっている業者に問い合わせると、スムーズに変更の同意を得られるケースがほとんどです。ただし、車検証を再交付するために運輸支局に足を運ばなければなりません。名義変更完了までに時間がかかることもありますので、早めに手続きを済ませましょう。

 

車の下取りを行う際は信頼できる業者に相談するのが大事

車の下取り依頼を検討中の方は、自分が信頼できると確信した業者を選べると安心です。ディーラー以外にも下取り見積もりを行っている業者は多数ありますが、なかには「悪徳業者に引っかかった」「営業の電話が鳴りやまない」といったケースも少なくありません。

 

インターネットからもさまざまな情報や口コミがみられるものの、やはり一度は実際に訪店してコミュニケーションを重ねたほうがよいでしょう。全国に店舗を構えるネクステージでは、安心・安全な高価買取サービスをご提供しています。

 

まとめ

ディーラーや中古車買取業者へ下取りを依頼する際には、なるべく早く準備を整えることが大切です。とくに書類に不備があると手続きが滞り、新しい車を手に入れるまでに時間を要するかもしれません。今回ご紹介したチェックポイントをもとに、余裕をもって計画をたてましょう。

 

車の下取りについて不安がある方は、ぜひネクステージにご相談ください。専門知識が豊富な専門スタッフが、お客様の愛車の見積もりからアフターサービスまで丁寧に対応しております。

無料の査定を申し込む