車の下取り条件に関する必要最低限の基礎知識

クルマ売却ガイド

車の下取り条件に関する必要最低限の基礎知識

新しく車の購入を検討する際には、これまで乗っていた愛車の買取や下取りを考えている人も多いのではないでしょうか。しかし、車を初めて手放すという場合には、基本的な流れや注意点などわからないことも多いでしょう。

 

そこでこの記事では、車の下取り条件に関する基礎的な知識を紹介していきます。下取りについての知識や意識しておきたいポイントを把握することで、下取り以外の選択肢を検討する際にも役立つでしょう。

 

※目次※

1.車の下取り条件

2.車の下取り条件で意識したいもの

3.車の下取り価格を上げるためのポイント

4.まとめ

 

■POINT

 

 

・車の下取りでチェックされるポイントを把握して、下取り価格をより高くしよう!

・車を下取りに出す際には、希望額や今後のスケジュールを意識することで、よりスムーズに取引を進められる

・事前に準備を整えておくことで、車の下取り価格を引き上げられる可能性がある

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

車の下取り条件

初めて車を手放すことを考えている人にとって、査定されるときにどのような項目を見られるのかは気になるところでしょう。ここからは、下取りの条件となる項目をいくつか解説していきます。どのような項目がチェック対象になるのか把握しておくことで、事前にある程度の計画が立てられるのです。

 

車の状態

車を売る際には、手放す車がどのくらいキレイかということも重要視されるでしょう。車の外装や内装の状態によって下取り額は大きく変動してきます。ボディの傷やへこみ、シートやマットの汚れなどは価格を下げる大きな要因となるでしょう。

 

同じ車種の中古車であっても販売価格に差が出るのは、こうした車の状態によるところも大きいといえます。現在の車の状態がどうなのか把握した上で、手放す方法について検討しましょう。

 

走行距離

対象になる自動車がどのくらいの距離を走ったのかによっても価格は変動してきます。提示される金額は走行距離が短いほど高く、走行距離が長いほど安くなる傾向にあります。

 

外装や内装の状態とは違い、走行距離というのは数値で明確に表示されているものです。中古車を探している人も走行距離を確認することが多いでしょう。

 

一方、走行距離が長い車であっても、日頃のメンテナンスに力を入れたりすることで、価格をできる限り引き上げていくことは可能です。

 

車検残

車検がどのくらい残っているのかも、提示される価格が左右されるポイントです。車検を通したばかりの車であれば下取りも高価になりやすく、車検が近い車は比較的価格が低くなりやすい傾向にあります。

 

車を所有する上で、車検というのはそれなりの金額がかかるものです。車検でお金を使うのであれば、次の車検までは乗らずに新しい車に乗り換えようと考えている場合も多いでしょう。車を手放すのであれば、次いつ車検があるのかも把握しておくことが大切です。

 

書類が揃っているかどうか

下取りをお願いしようと考えている場合には、いくつか書類を準備する必要があります。まず必要な書類として、その車の車検証を準備しなければなりません。車検証は基本的に車内に入れてある場合が多いので、改めて準備する必要はあまりないでしょう。

 

ほかにも、自賠責保険証明書や自動車税納税証明書が必要になります。もし自動車税が未納の状態であれば、事前にきちんと納めておきましょう。

 

車の下取り条件で意識したいもの

現在乗っている車を手放して新しい車を購入するにしても、せっかくなら満足のできる下取り結果が出てほしいものです。ここからは、現在乗っている車を下取りに出す際に意識するべきポイントを紹介していきます。事前に意識しておくべき点を把握して、より良い取引ができるように考えてみましょう。

 

下取りの希望額

自分がどのくらいの金額を希望しているのか、前もって明確にしておくとよいでしょう。自分の中で希望額や予想額というものをイメージしておくためには、現在乗っている車の下取り価格の相場を調べることが重要になります。

 

ある程度の相場を把握しておくことで交渉も上手く進めやすくなるでしょう。こちらから希望額を提示することで、その金額に近づけるよう先方が努力してくれることもあります。より満足できる結果を得るためには、こうした事前準備が大切です。

 

新車を購入する予定があるか

新たに車を購入する予定があるかどうかも、これまで乗ってきた車を手放す際には意識するべきポイントです。現在乗っている車をできる限り高値で売却して、新車購入の費用にあてようと考えている人も多いでしょう。次に買いたい車の価格や在庫状況などを考慮した上で、今乗っている車を売却する方法を決めることが重要です。

 

新車の購入を決めても、実際に納車されるまでは時間が空いてしまう可能性もあります。その間に手放す予定の車を運転するのであれば、十分に注意して扱うことが大切です。この期間で車に傷がつくようなことがあれば、下取り金額が下がってしまうこともあります。

 

また、新しい車を購入する際、現在乗っている車についての選択肢は下取りだけではありません。たとえば買取は下取りよりも高値が付きやすい傾向にあるため、人によっては最適な選択肢になりうるでしょう。

 

自分の持っている車の相場

自分が手放すつもりの車の相場を事前に把握しておくことは非常に重要なポイントです。現在はインターネットで調べれば、手軽に相場がわかります。

 

事前に調べるという行為が面倒くさいと感じてしまう人も少なくはないでしょう。しかし、十分な準備をして臨めば、自分の望んでいた金額に届きやすくなります。

 

スケジュール管理

車の下取りをスムーズに進めていくためには、自らスケジュール管理を行っていく必要があるでしょう。新しい車の納車、今後の車を使う予定、現在乗っている車の引き渡しなど、それぞれのタイミングを把握した上で、適切なスケジュールを組むことが重要です

 

また、1月~3月あたりの時期は車の需要が増加するため、高く売れやすいとされています。このように、売るのにベストな時期を逆算してスケジュールを組むのも、納得いく価格で売るために覚えておきたいコツといえるでしょう。

 

業者とのコミュニケーション

車の下取りをおこなう際には、業者とのコミュニケーションは重要になるでしょう。業者とのコミュニケーションを上手くとって、疑問に感じた点などをしっかりと質問することが、満足いく結果を生むことにつながります。

 

基本的に下取り価格を左右するのは車種や状態の良さ、走行距離といった車のコンディションです。しかし、実際に取引をするのは人同士ですから、交渉次第では車の価値にかかわらず満足のいく結果を得られる可能性もあるでしょう。

 

車の下取り価格を上げるためのポイント

現在の車を下取りに出す際には、できる限り下取り価格を上げたいと考えるものでしょう。ここからは、下取り価格を上げるためのポイントや、やるべきことを紹介していきます。

 

事前のちょっとした手間や工夫によって下取り価格を上げることも期待できるでしょう。面倒に感じる人もいるかもしれませんが、ぜひ実践してみてください。

 

車をきれいにすること

下取り価格は車の状態によって大きく左右されることがあります。事前に外装や車内などをきれいにしておけば、プラスの印象を与えられるでしょう。車内の掃除や車の洗車は多少負担になりますが、このちょっとした努力が大切です。

 

買った当初のような状態に戻すことは難しいかもしれませんが、時間をかければある程度キレイな状態で下取りに出すことは可能でしょう。

 

しかし注意しなければならないのは、どれだけピカピカに磨いても大幅に金額が上がる可能性は低いということです。洗車や車内の掃除というのは、引き渡し後に業者側でも実施されます。キレイな状態にしておくことで金額が変わってくることはありますが、あくまで少しの差だということを頭に入れておきましょう。

 

オプションを揃えること

純正のオプションが揃っているかどうかも、提示される金額に影響してくるでしょう。純正のオプションは基本的に新車購入時でないと付けられないため、中古車市場では高く評価される傾向にあります。純正のオプションがすでに手元にない状態では仕方ありませんが、車を新しく買った際には純正のオプションをしっかりと保管しておきましょう。

 

まとめ

車の下取りをスムーズに進めていくためには、手間がかかっても事前に十分な準備をおこなうことが大事になってくるでしょう。また、現在乗っている車を少しでも高く売りたいと考えるなら、「買取」という選択肢も検討してみましょう。

 

ネクステージでは、全国100店舗展開、総在庫数1万以上という販売力を強みに高額買取を積極的に行っています。知識・経験豊富なスタッフがお客様の愛車を納得いく価格で査定いたしますので、ぜひ一度ご相談ください。インターネットから無料見積もりのお申込みも可能です。

無料の査定を申し込む