車の下取りと走行距離にはどのような関係性があるの!?

クルマ売却ガイド

車の下取りと走行距離にはどのような関係性があるの!?

車の走行距離が下取り価格にどのように影響するのか気になるという方もいるのではないでしょうか。走行距離によって下取り価格が上下することを理解しておくことで、自身の車の価値を知る目安になります。

 

そこでこの記事では車の下取りと走行距離の関係性についてご紹介します。走行距離のほかにも価値を決めるポイントを見ていきましょう。車を下取りに出そうと考えている方は参考にしてください。

 

※目次※

1. 車の下取りに関わる走行距離とは

2. 車の下取りに関わる走行距離の目安

3. 車の下取りで走行距離以外のポイント

4. 走行距離が1万kmを超えた車を下取りに出す上で重要なもの

5. まとめ

 

■POINT

 

 

・車が不要になった、または車を新しく買い替えたいと考えるなら早めに下取りに出そう

・車の状態や年式なども下取りに影響するため事前にチェックしておこう

・走行距離が短く車の状態がより良好なものは、高い下取り価格が期待できる

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

車の下取りに関わる走行距離とは

車の走行距離とは車の完成時から現在に至るまで、どれほど車が走行したかを表す数値です。車にはオドメーターとトリップメーターというものがついていて、オドメーターでは完成時から現在に至るまでの走行距離を知ることができます。

 

トリップメーターの数値はリセットが可能で、自宅からある場所までの距離などを測ることができます。

 

オドメーターの数値はトリップメーターと異なり、リセットができません。この数値が車の下取りに影響するとされているため、下取りを検討するときはオドメーターの数値を見ておくとよいでしょう。

 

車の下取りに関わる走行距離の目安

車の走行距離は車を所持してからどれくらいの年月が経過しているか、どれほどの頻度で車を使っているかによって異なります。同じ時期に購入しても毎日車に乗る方と休日にしか車に乗らない方では走行距離が大きく変わるため、メーターで数値を確認しておきましょう。

 

ここでは車の下取りに関わる走行距離の目安についてご紹介します。車の走行距離を確認したうえで、自身の車がどの目安に該当するのかを見てみましょう。

 

1万kmが1つの目安

車を下取りに出すときのひとつの目安が1万キロメートルです。1万キロメートル走っている車は新車価格の半分~4分の3程度の価格で買い取ってもらえる可能性があります。

 

型式が古い車は高額とはならないかもしれませんが、下取り価格が安すぎるということもないでしょう。

 

車が不要になった、または車を新しく買い替えたいと考えているのであれば早めに下取りに出すことをおすすめします。走行距離が短ければ短いほど下取り価格も高くなるでしょう。

 

5万kmを超えると多走行車

車の走行距離が5万キロメートルを超える車は多走行車に分類されます。5万キロメートルを走った車は多く走っていると認識されるため、ここを超えることで下取り価格が新車価格の半分ほどになります。

 

1万キロメートルしか走っていない車に比べると、下取り価格は大幅に下がります。5万キロメートルを超えるか超えないかによっても下取り価格が上下するため、5万キロメートル前後をひとつの目安にしておくとよいでしょう。

 

10万kmを超えると過走行車

10万キロメートルを超える走行距離の車は過走行車に分類されます。昔は10年、または10万キロメートルが車の寿命だとされていたことから、過走行車は下取りに出せないと判断される方もいるかもしれません。

 

しかし、現在の車は性能が上がっていることから、10万キロメートルを超える車であっても下取りに出せるとされています。

 

下取り価格は多走行車よりさらに下がり、新車価格の4分の1~半分程度となります。定期的にメンテナンスを行っている車であれば下取り価格が上がる可能性もあるため、一度査定に出してみることをおすすめします。

 

車の下取りで走行距離以外のポイント

車の下取り価格は走行距離のみで決まるものではありません。車の状態や年式なども下取りに影響するため、そのほかの点もチェックしておきましょう。

 

ここでは、車の下取りに影響する走行距離以外の要素を解説していきます。車検証をチェックしながらポイントを押さえていきましょう。

 

年式

車の年式も、下取りに影響します。年式が新しいものは、性能が優れ需要が見込めることから下取り価格が高くなる可能性があります。逆に年式が古いものは人気が高い・需要が高い車種以外は下取り価格が低くなります。

 

前述したように昔は車の寿命は10年とされていたため、10年以上前の型式の車の需要は少ないようです。下取りに出す前に車検証で年式をチェックしておきましょう。

 

状態

車の外観・内部の状態も下取りに影響します。外観は目立った傷やへこみなどがないかを確認します。傷などがあると車の価値が下がってしまうため、下取り価格が低くなるかもしれません。

 

内部はエンジンやモーターなどが正常に動作するかを確認します。定期的にメンテナンスを行っていれば問題なく動作するため、下取り価格も上がる可能性があります。

 

いずれかの部品が劣化していると車の価値が下がる可能性が高いため、安全に運転するためにもメンテナンスは欠かさず行うことをおすすめします。

 

人気

トヨタのヴォクシー、ホンダのオデッセイなど人気の高い車種かどうかも価格に影響します。人気の高い車種は需要が非常に高いため、年式が古い・走行距離が5万キロメートル以上であっても下取り価格が高くなるかもしれません。

 

長く人気を誇っている車種をチェックすることが大切ですが、人気の車種は時期によって異なります。下取りに出す時期に人気の車種が変化している可能性があるため、下取りを決めたら今人気を集めている車種を調べてみましょう。

 

修理歴

車に修理歴があるかどうかも下取り価格に影響します。車体の骨格にあたる部分を修繕した場合、点検記録簿というものに修復内容が記載されます。車の所持年数が長く、以前修理をしたかどうかを覚えていない場合は点検記録簿を確認しておくとよいでしょう。

 

修理歴がある車はない車に比べて価値が下がりますが、修理歴があるからといって売れないということはありません。一度査定に出してみることをおすすめします。

 

走行距離が1万kmを超えた車を下取りに出す上で重要なもの

車はいくつかのポイントを考慮したうえで下取り価格が決まります。1万キロメートルを超えた車であっても状態や人気の高さによっては思わぬ価格になる可能性もあるため、下取り不可になるかも……と思わずに、下取りに出してみましょう。

 

ここでは1万キロメートル以上走っている車を下取りに出すときに重要となるポイントをご紹介します。

 

車を雑に扱わないこと

普段から車を雑に扱わず、傷などをつけないように大切に乗りましょう。車は雑に扱えば至るところに損傷が出ます。1万キロメートルに満たない走行距離であっても価値が下がるかもしれません。

 

走行時や駐車時にボディをぶつけないよう安全に運転すること、ドアの開け閉めを優しくするなどさまざまな配慮を普段から行いましょう。大切に使えば良好な状態で下取りに出すことができます。

 

下取り価格が高騰するかどうか

今後下取り価格が高騰する可能性があるかどうかを見極めることも大切です。下取りに出すと決めた時期に車の人気がなくても、今後人気が高まる可能性もあります。人気が高まることで下取り価格も上がるため、最適な時期に下取りに出すようにしましょう。

 

最適な時期を見極めるには、日頃から市場の動向を調べておくこともひとつの方法です。オークションサイトなどで自身の車種・年式の車がどれくらいの価格で販売されているかを調べ、市場価格が高い時期をチェックしましょう。

 

新型モデルの発表

下取りに出す車種がモデルチェンジをする可能性があるかどうかも確認しておきましょう。車のモデルチェンジが発表されると、新型以前の年式は旧型となります。旧型になると価値が大きく下がる恐れがあるため、下取り価格も低くなる可能性があります。

 

新型モデル発表の予定があるのかを確認し、モデルチェンジをするのであれば発表前に下取りに出すことをおすすめします。

 

新たに購入する車の資金をどのくらい賄えるか

車の下取り価格で新車購入資金をどれくらい賄えるかも大切なポイントです。車の下取り価格は新しい車の購入費用にあてることができます。下取り価格が安すぎると購入価格があまり変わらず、長いローンを組んで購入することになってしまいます。

 

まずは下取り価格を確認しましょう。価格を確認してから新しく購入する車種を決めることで、無理なく新車の購入資金の支払いをすることができます。

 

まとめ

車の下取り価格は、走行距離1万キロ・5万キロ・10万キロを目安に変動します。走行距離以外にも車の外観・内部の状態や需要の高さ、修復歴の有無も事前にチェックしておくことをおすすめします。走行距離が短く、車の状態がより良好なものは高い下取り価格が期待できます。

 

車を下取りに出すことを検討しているが、どこに下取り依頼をするべきかがわからないという方もいるでしょう。下取りにお悩みの方は、ネクステージにご相談ください。

 

ネクステージは下取りではなく買取になりますが、買取の方が下取りよりも高価格で査定させていただきます。お客様がご満足いただける査定結果の提示はもちろん、些細な疑問についてもお答えいたします。

無料の査定を申し込む