車査定の概算を知りたい!個人情報なし&電話なしで相場を知る方法

クルマ売却ガイド

車査定の概算を知りたい!個人情報なし&電話なしで相場を知る方法

愛車を売るかどうか、査定額を知ってから考えてみたいという方は多いのではないでしょうか。使用頻度の問題や維持費の問題で、高く売れる場合のみ売却したいと考える方は少なくありません。そこでこの記事では、そんな場合に参考になる、概算の調べ方をご紹介します。

 

個人情報や電話なしで相場を知る方法について、記事の中で詳しく解説しますが、それだけで正しい査定額を知ることはできません。より正確で確実な査定を知るための方法も交えて、わかりやすく解説します。

 

※目次※

1.愛車の査定はだいたいいくら?個人情報なしで概算を知る方法

2.概算ではなく愛車の正しい査定額を知りたいなら

3.愛車の査定はネクステージがおすすめ!

4.まとめ

 

■POINT

 

・愛車の価値の概算を知るためには、ディーラーの下取りシミュレーションや買取業者の販売価格をチェックするといい

・表示されるのはあくまでも概算価格であり、実際の査定額と比べると、結果が大きく剥離する場合が多い

・下取りよりも買取のほうが高値がつきやすく、とくにネクステージでは、車の価値を正確に評価するため、高額査定が生まれやすい

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

愛車の査定はだいたいいくら?個人情報なしで概算を知る方法

多くの場合、査定時には、電話番号や氏名などの個人情報が求められます。しかし、これからご紹介する2つの方法なら、個人情報なしでも査定額の概算を知ることが可能です。

 

ディーラーのシミュレーションからは下取り価格の概算が、中古車販売店の相場からは買取価格の概算がわかります。ここでは、双方の特徴と利用方法をそれぞれご紹介します。

 

トヨタの下取り参考価格シミュレーション

トヨタのHPでは、乗っている車の基本情報を記載するだけで、シミュレーション結果がわかります。最初のページとなるSTEP01では、メーカー、車種、年式をそれぞれ一覧から選択し、次の画面に進みましょう。選択できるのは、国内の9メーカーに限られます。

 

STEP02に進むと、選択した車種のボディタイプ・モデル一覧が表示されます。発売年月と発売終了年月、型式もリストアップされた状態で見られますから、この情報を参考にしながら、愛車と同じタイプを選びましょう。

 

STEP03では、選択したボディタイプ・モデルに存在するグレード・仕様が、再び一覧で表示されます。シフトと駆動方式が見つかるので、愛車と同じものを選択します。最後に確定ボタンを押せば、TEP04で参考総額を見ることが可能です。

 

このページには、余計な画像や動画が一切使われていないので、スムーズに参考価格を調べることができます。グレードなどを誤って選んだ場合には、各ページにジャンプして修正できる点も便利です。

 

日産の下取り参考価格シミュレーション

日産のHPからも、国内9つのメーカーを選んで下取り参考価格を調べることができます。STEP1では調べたい車のメーカーを選択して、STEP2で車種を選びます。あいうえお順で絞り込めるので、比較的簡単に探したい車種を見つけることが可能です。

 

車種を選んだ後は、STEP3で年式を選びます。車種によって選べる年式は変わりますが、2000年代以前の年式は対象外となることが多く、査定額を調べることができません。対象外の車は、日産の直営店に問い合わせて参考価格を知りましょう。

 

STEP4では、グレードと仕様を一覧から選びます。入力が必要な項目はこれだけで、次の画面には、シミュレーション結果の参考価格が表示されます。年式やグレードは結果の画面から選び直すことができるので、入力を間違えた場合もスムーズです。

 

日産によるシミュレーションの特徴は、幅のある参考価格が見られることです。たとえば2018年式のマーチの場合、シミュレーション結果は22.0~32.0万円でした。カラーや走行距離などから、上限と下限の目安をつけやすいことがメリットになります。

 

中古車販売店の相場を確認

中古車販売店では、ほとんどの業者がWebサイトで中古車の販売価格を公開しています。これを確認することによって、だいたいではありますが、買取価格の予想をつけることが可能です。

 

ネクステージでも、全国で販売中の中古車価格をご覧いただけます。ディーラーのシミュレーションとは違い、走行距離やボディカラー、装備の有無なども含めた検索を行えるため、愛車に近いランクの車を見つけることも簡単です。

 

買取価格は、販売価格の70~80%で査定されることが一般的です。100万円で売られている車の査定額は、目安として70~80万円ほどになります。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

概算ではなく愛車の正しい査定額を知りたいなら

ディーラーや中古車販売店の情報は、参考にすることこそできますが、これはあくまでも概算の価格になります。愛車の正しい査定額を知りたい場合は、個人情報を提供して、正式な査定を受けなければなりません。一括査定や査定アプリの欠点にも触れながら、その理由を解説します。

 

 

正確な査定額には個人情報が必要

 

ネット上で匿名を使って調べられるのは、あくまでも一般的な評価額に過ぎません。車の査定は車種だけでなく、車検期間の残りやカラーの需要、細かなキズ、売却する時期など、さまざまな要素をもとに行われます。そのため、正確な査定には個人情報が必須となります。

 

個人情報を入力して、業者とやり取りを行い、最終的には実車を確認しながら査定を受けなければ、正しい査定額はわかりません。相場より高くなることもあれば安くなることもあるので、売却を真剣に考えているならば、詳しい査定を受けましょう。

 

 

サイトで査定すると電話なしは難しい

 

電話でのやり取りが面倒で、アプリや一括査定などのサイトを使いたいという方も多いかもしれません。ですが、これらのサイトで査定を受けたとしても、実車査定まで、電話でのやり取りなしに行うことは極めて困難です。

 

とくに一括査定の場合は、複数の業者から同時に電話がかかってくることが一般的です。他社よりも先に査定を行うために、電話をかけてくる業者もあります。とりあえず簡単な査定額を知りたいという方には、サイトの利用をおすすめしません。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

愛車の査定はネクステージがおすすめ!

高値での査定を希望するのであれば、下取りよりも高額な査定額の提示を期待できる買取店への依頼がおすすめです。中でもネクステージは、全国に販売店を展開しており、販売ルートに自信を持っているため、スムーズかつ高値の査定にご期待いただけます。

 

一般的な買取店は、引き取った車をオークションなどに流して差額を収益にしています。この販売方法には別の業者を絡ませなければならず、そこでマージンが発生するため、あらかじめその手数料分を査定から差し引かれてしまうことが問題です。

 

一方のネクステージは、自社販売で車を新しいオーナーに売却するため、余分な手数料を徴収する必要がありません。自社の在庫を増やすことを目的に取引を行えるので、純粋に愛車の評価をすることができます。

 

ご自宅、あるいは職場への出張査定と買取サービスも実施しているので、査定に時間をかけられないという方にもご満足いただけます。車検切れで公道を走れないという場合も、ぜひ当社にご相談ください。

 

まとめ

愛車がいくらで売れるのか、概算を調べるためには、ディーラーによるシミュレーションや中古車販売店の価格相場をチェックすることがおすすめです。しかし、これらは正確な査定にはならず、実際の査定額からは大きくかけ離れる場合が多い点がデメリットになります。

 

高額で車を売りたいのであれば、下取りよりも高い査定がつきやすい買取を選びましょう。全国に店舗を展開しているネクステージでは、自社の在庫を増やすことを目的に買取を行うため、車そのものを正確に評価することが可能です。車の査定は、ぜひお気軽にご相談ください。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

無料の査定を申し込む