車の査定で何がマイナス評価になるの?加減点や買取でプラスになるコツを解説

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

車の査定で何がマイナス評価になるの?加減点や買取でプラスになるコツを解説

車の査定で何がマイナス評価になるの?加減点や買取でプラスになるコツを解説

愛車を手放す際には、できるだけ車の価値を高く評価してほしいと思うのではないでしょうか。車の買取査定基準を自分でも把握しておくことは、提示された査定額が適正であると納得することに役立ちます。

 

車の査定には、プラス評価とマイナス評価があり、注意したいことは何がマイナス評価になるのかという点です。少し注意しておくだけで、マイナス評価を減らし高価買取を期待することができます。査定についての基礎知識を解説しますので、車売却の際に参考にしてください。

 

※目次※

1.愛車をマイナス査定されないために基礎を知ろう

2.車の査定でマイナス評価される評価点数【項目別】

3.中古車市場で有利な車はマイナスされずプラス査定!

4.愛車のマイナス査定を避けるコツ

5.中古車の高額査定ならネクステージにお任せください

6.まとめ

 

■POINT

・車の査定は査定基準がきちんと決められているので把握しておこう

・内外装/エンジン状態/電装品/タイヤなどのメンテナンスでマイナス評価を避けられる

・車検残り期間や取扱説明書の保管などプラス評価される項目を覚えておこう

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

愛車をマイナス査定されないために基礎を知ろう

車の査定で何がマイナス評価になるの?加減点や買取でプラスになるコツを解説

中古車は新車とは異なり、同じ年式の車種でも販売価格は同じではありません。オーナーの使用頻度や使用方法により、車それぞれの状態が異なります。そのため、個々の車両状態の違いを適切に評価するために行われるのが車の査定です。

 

同じ中古車でも、業者により査定額が異なることをご存じでしょうか。査定基準や項目はどのように決められているのかを解説します。愛車を少しでも高額査定してもらうために、事前準備をしておきましょう。

 

査定の方法

多くの中古車買取店では、一般財団法人 日本自動車査定協会(JAAI)が定めている査定基準を用いています。日本自動車査定協会とは、中古自動車査定制度の普及・定着に努めており、査定士の技能検定試験や技能向上研修にも取り組んでいる法人組織です。

 

基本的に買取店は、日本自動車査定協会が定めた加減点基準と所定様式の個別査定書(カーチェックシート)を用いて査定します。査定基準が定められているため、個人の考え方や好みに左右されません。国内どこであっても査定方法が統一され、極端に差が出ないというメリットがあります。

(参考:『査定とは|一般財団法人 日本自動車査定協会』

 

査定されるときの項目

査定基準は、各項目ごとに詳細な点までチェックの指標が定められています。主なチェック項目は「外装・内装」「エンジン・足回りなどの機能」「車検残り期間」「年式・走行距離」「タイヤの溝」「事故歴・改造歴」などです。

 

自分が購入する立場になった時に気になる部分や、見えない箇所も全て見られると考えてよいでしょう。加えて、販売店や地域ごとに車種・カラーのニーズが加味されて、査定評価額が決まります。

 

マイナス評価の影響度

各項目では査定基準が定められており、基準に適っている状態が「ものさし」となる標準状態です。標準状態を基準として、日本自動車査定協会が定めた加減点基準に準じ加減点方式で査定されます。標準状態に満たない場合は、マイナス評価されることを覚えておきましょう。

 

基本的に査定基準に基づくチェックが完了した後は、販売店独自の指標に基づく評価がされます。店舗による販路、販売実績、利益率、地域ごとの人気車種・グレードなどは一定ではありません。これらの条件を総合的に評価して、プラスまたはマイナス評価された結果が最終的な査定評価額となります。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

車の査定でマイナス評価される評価点数【項目別】

車の査定で何がマイナス評価になるの?加減点や買取でプラスになるコツを解説

標準状態を基準として査定の加減点が決まることを知っていれば、日頃からどのような車の使い方をすればよいのかが分かります。査定項目に少し注意しておくことで、売却時にマイナス評価を減らすことができるでしょう。

 

査定時における、マイナス評価される評価点数について解説します。日本自動車査定協会が定める査定基準では、通常マイナス1点は1,000円の減額です。

 

タイヤの溝

タイヤの溝は、残り溝の深さにより評価されます。標準状態は、溝の深さが1.6mm以上です。1.6mm未満であればマイナス評価で、5mm以上であればプラス評価されます。通常タイヤは、残り溝が1.6mm以下になるとスリップサインが表れることに注意しておきましょう。

 

例えば、19インチ以上のタイヤでは1.6mm以上は0点(標準状態)、1.6mm未満はマイナス35点、5mm以上はプラス8点です。オフロードやスタッドレスは、加減点数が異なるため確認が必要です。

 

残り溝が1.6mm以上あるとしても、ひび割れ、亀裂、片べりなどが生じている場合は、1.6mm未満の減点基準が適用されます。その他、アルミホイール、応急タイヤ、タイヤ修理キットもマイナス評価対象です。

 

エンジンの状態

エンジンは「油汚れなどがなく、手入れが良い、一般調整程度で再販可能なもの」が標準状態とされています。ガソリンエンジンでは、アイドリング不良、排気色が黒、ルーム内の汚れが大きいといった症状が見られた場合、調整が必要とされるためマイナス20点です。

 

タイミングベルトの異音、ヘッドガスケットよりオイル漏れ、排気色が白色の場合は修理が必要で、マイナス60点と評価されます。

 

ディーゼルエンジンの場合も、ガソリンエンジンの調整必要な症状な状態であればマイナス20点です。排気色が白色であれば修理が必要となり、マイナス90点となります。エンジンが始動せず焼付きなどが起きている場合は、ガソリン・ディーゼル問わず実費減点です。

 

電装の状態

ランプやリモコンキーなどの電装品も査定対象です。交換部品1個、または1セット単位で評価されます。例えば、ヘッドランプAssy(ユニット)はマイナス30点、LEDヘッドランプAssyはマイナス90点です。ユニットごと交換するまでもないレンズの傷は、価値減点としてマイナス3点が適用されます。

 

ほかにも、バッテリーはマイナス20点、リモコンキーはマイナス20点、キーレスシステムはマイナス40点など、各電装部品の動作確認が査定対象です。

 

内装の状態

内装は、規定のものか、破損、汚れ、シミなどの有無、マット類の状態、異臭が評価されます。マイナス点数が多いものは、タバコ・ペット・芳香剤などの異臭、ペットの毛付着・天井・内張りへのタバコやに付着で、各マイナス40点です。

 

シールなどの接着剤跡は各マイナス10点、食べ物をこぼすなど著しい汚れはマイナス5点となります。1cm以上のビス穴、タバコの焦げ跡、樹脂製部品の割れ、カードサイズ以上のシミや傷など、規定基準によりシートや部品の交換・張替が必要です。

 

その場合は、交換部品ごとに減点されます。革シートの後部シート交換は、一番減点が大きいマイナス100点です。

 

外装の状態

外装は、傷やへこみ、塗装、腐食などが査定対象です。基本的に、1cm未満の傷やへこみは減点対象とはなりません。1cm以上の傷に対して、カードサイズ未満、A4サイズ未満(小)、A4サイズ以上(大)という3段階評価です。

 

各パーツごとに傷の大きさ、塗装のみ、板金塗装に分けて、程度ごとに細かくチェックされます。例えば、フロントフェンダの場合カードサイズ未満の傷はマイナス10点、塗装のみの小はマイナス20点、大はマイナス30点です。板金が必要な大の傷はマイナス50点となり、要交換の場合はさらに減点数が大きくなります。

 

走行距離の長さ

走行距離は、年式との兼ね合いでチェックされます。走行距離は、年間走行距離約1万kmが標準です。査定基準では、標準走行距離と比較して過小、または過多である場合、適用表に基づき加減点が適用されます。

 

例えば、初年度登録年から9か月~12か月経過した普通乗用車の走行距離が1万km~1万5,000km以内であればマイナス3点です。軽自動車の場合は、約8,000kmが年間標準走行距離とされています。適用表が異なるため注意しましょう。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

中古車市場で有利な車はマイナスされずプラス査定!

車の査定で何がマイナス評価になるの?加減点や買取でプラスになるコツを解説

査定基準には、プラス評価もあります。中古車を再販売するにあたり、売りやすいかどうかが基準です。内外装が綺麗な車や、定期的にメンテナンスされている車などがそれに当たります。

 

プラス査定される主な項目は下記の通りです。売却時期を見極めたり、事前準備を行ったりして、少しでもプラス査定につなげるようにしましょう。

 

車検の残り期間が長い

車検残り期間は査定に影響します。車検が残り3か月以上残っている場合は、残り月数に応じてプラス点数が上がっていく仕組みです。そのため、少しでも高値で売却したいと思っているのであれば車検有効期間が3か月以上、できれば長めに残っているうちに買取してもらいましょう。

 

車検残り期間が3か月以下の場合は0点のため、3か月切っている場合は車検ぎりぎりまで乗るという選択肢もあります。

 

純正装備や需要のある装備がついている

純正装備やオプション装備の内容によっては、プラス評価対象となります。人気があり需要が高いナビ、スライドドア、サンルーフ、スポイラーなどです。

 

例えば、2・3年落ちの電動式サンルーフでは、上級グレードや高価格帯の特・Ⅰ・Ⅱ・Ⅲクラスはプラス50点となり、Ⅳクラスと軽自動車はプラス20点が適用されます。

 

高級感あふれる革シート(人工皮革を含む)も、汚れや傷が目立たない場合評価が高い装備です。2・3年落ちの場合、特クラスはプラス70点、Ⅰ・Ⅱクラスはプラス50点、Ⅲ・Ⅳ・軽はプラス30点となります。

 

フロント、両サイド、リヤ全てにスポイラーがセットで付いているフルスポイラーは、加点対象です。純正品のみならず、車検が通る社外品もプラス評価されます。加点対象の装備内容を把握しておけば、査定時にアピールできますので、事前に確認しておきましょう。

 

人気のあるボディカラー

ボディカラーは、基本的に中古車市場で人気があるブラック系やホワイト系がプラス査定です。販売店がある地域のニーズによっても変動します。ボディカラー加減点数の細部は、日本自動車査定協会が発行している価格ガイドブックを参照して査定されることが一般的です。

 

有料オプションカラーはプラスの場合が多く、個性的なボディカラーの場合はニーズによることを念頭に置きましょう。

 

取扱説明書などがある

新車購入時には、保証書、整備手帳、取扱説明書が付いています。これらの書類が適正に保管されている場合は、3点セットでプラス10点適用されることを覚えておきましょう。

 

あまり見る機会が少ないからといって無くしてしまうと、取扱説明書紛失の場合はマイナス5点など減点査定されてしまいます。汚損や破損が認められる場合もマイナス評価となるため、保管時には注意が必要です。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

愛車のマイナス査定を避けるコツ

車の査定で何がマイナス評価になるの?加減点や買取でプラスになるコツを解説

愛車の買取査定を依頼する際には、少しでも査定額をアップさせるために、マイナス査定につながる要因を把握しておくようにしましょう。査定依頼時に覚えておきたい、マイナス査定を避けるコツがあります。主な3つのコツをご紹介しますので参考にしてください。

 

マイナス評価のキズは修復しない

査定前に「マイナス評価される傷やへこみを修復しておいた方がよいのだろうか」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。結論から申し上げますと、わざわざお金をかけて修復する必要はありません。

 

修復したとしても、修復費用を上まわるほど査定額がアップすることはあまり期待できないためです。大抵の買取業者は、自社工場または提携工場があるため、安価で綺麗に修理することができます。修復の仕方が悪い場合は、かえってマイナス評価になる可能性もあることを念頭に置きましょう。

 

車外より車内の臭いを消す

査定前の洗車時には、車内の臭いにも注意しましょう。前述の通り、ペット、タバコ、強い芳香剤などの臭いはマイナス査定となります。

 

自分では車内の臭いに慣れているため、気付かないことがあるかもしれません。査定依頼前のある程度の期間は窓を開けて走行したり、市販の消臭剤を使ったりして対処できます。普段その車に乗らない人に臭いをかいでもらうなどして、極力消すようにしましょう。

 

複数の買取業者に査定依頼

一定の査定基準は決められているものの、販売店ごとのニーズや事情により査定価格は変動します。そのため、1社のみの査定では適正相場価格なのかが分かりません。可能ならば、買取査定は3社以上の複数業者に査定を依頼するようにしましょう。

 

ネットの無料査定サイトなどを活用できます。中間マージンがかからない、自社販売しているような大手の買取業者であれば、高額査定を期待できるかもしれません。時間が取れる方であれば、実店舗への持ち込み査定を行うことも検討してみましょう。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

中古車の高額査定ならネクステージにお任せください

どこに査定を依頼しようかと迷っている方は、ぜひネクステージにお任せください。全国160か所に店舗展開しているネクステージでは、自社で商品化・ダイレクト販売販売しています。中間マージンは一切かかりません。圧倒的な販売力に自信があるため、店頭小売価格に迫る高額査定が可能です。

 

お客様ファースト理念のネクステージでは、満足ゆくカーライフを送れるよう、全力でサポートしております。車売却をご検討の際は、ネクステージにお気軽にご相談ください。

まとめ

車の査定で何がマイナス評価になるの?加減点や買取でプラスになるコツを解説

愛車を少しでも高く買取してもらうためには、事前にプラス評価・マイナス評価につながる要因を把握しておくことが大切です。内外装の掃除など、自分でできる事を行ってみましょう。

 

どの販売店に査定を依頼するかも重要ポイントになります。車に関する知識や経験が豊富なネクステージは、中古車買取実績が豊富です。個々の純粋な車両価値を見極められるスタッフが査定を行いますので、ぜひネクステージの査定をご利用ください。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

車の査定で何がマイナス評価になるの?加減点や買取でプラスになるコツを解説

無料の査定を申し込む

 

ページトップへ