中古車を売る前に知っておくべき自動車税・自動車重量税の還付について

クルマ売却ガイド

中古車を売る前に知っておくべき自動車税・自動車重量税の還付について

中古車の売却を考えている方のなかには、「今まで納めてきた車に関する税金がどうなるのか気になる」という方もいるのではないでしょうか。そこでこの記事では、自動車売却時における税金の処理についてご紹介します。売却時の注意点や売却に適した時期にも触れますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

※目次※

1.中古車を売る前に自動車税について確認しよう

2.自動車税の還付について

3.車を売った後に自動車税を支払う場合もある

4.自動車重量税は還付の対象?

5.まとめ

 

■POINT

 

 

・自動車税を納めていない場合は車の売却が非常に難しくなる

・自動車税は売却の際に還付されることもあるが時期によっては支払わなくてはならない場合もある

・自動車重量税は還付の対象ではないが査定額にプラスされることがある

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

中古車を売る前に自動車税について確認しよう

中古車を売る際に税金関連のことで損をしないためにも、事前に自動車税について理解しておきましょう。ここでは「自動車税とはなにか」「中古車を売るときに自動車税はどのように扱われるのか」といった点をご紹介します。自動車税についてしっかりと把握し、車を賢く売却しましょう。

 

自動車税とはなにか?

自動車税は「実際に乗っているか」「車検に出しているか」にかかわらず、ナンバープレートが付いている車に課される税金です。ローンで購入した車の場合、名義人がディーラーやローン会社になっていることもあります。この場合は車検証に記載されている使用者に対して納税の義務が発生します。

 

自動車税の税率は課税対象になっている車の排気量によって異なります。「1リットル以下」から「6リットル超」までの10区分に分かれており、排気量が0.5リットル上がるにつれて税率も上がる仕組みです。なお電気自動車は一番下の「1リットル以下」の区分に、軽自動車は軽自動車独自の区分に分類されます。

 

なお、自動車税は毎年4月1日時点に車を所有していた方に対して納税義務が発生します。車の売却を検討している方は売却時期に注意しましょう。

 

自動車税が未納の場合は売ることができない

車の売却とは、車だけでなく所有権や名義が相手へ移動し、その対価としてお金を受け取るという一連の流れを指しています。

 

多くの場合、名義変更には自動車税をきちんと納めたことを証明する「自動車税納税証明書」という書類が求められます。この証明書は自動車税を支払っていないと発行されません。未納の場合は車の売却が非常に難しくなるでしょう。

 

自動車税納税証明書を紛失した場合は再発行が可能

自動車税納税証明書は車の売却時に必ず提出しなければならないというわけではありません。しかし多くの買取業者は車の買取時に自動車納税証明書を提出するよう求めてくるでしょう。これには、自動車税が未納である車を買い取ってしまうことを防ぐという目的があります。

 

自動車税がきちんと支払われていない場合は車検を受けられません。自動車税を納めていたと聞いていたにもかかわらず、車検を受けられなければ次の使用者の方とのトラブルに発展することも考えられます。自動車納税証明書があれば納税したかどうかを客観的に判断できるため、必要書類のひとつとして挙げているケースが多いようです。

 

売却の際に必要とされることが多い自動車税納税証明書ですが、紛失してしまったという方もいるのではないでしょうか。自動車税納税証明書はなくしても再発行できますので事前に準備しておきましょう。

 

普通車の自動車税納税証明書は自動車税を納付した各都道府県の税務署で再発行できます。また軽自動車の場合は各市町村の役所で再発行可能です。各窓口に用意されている必要書類に記入して提出しましょう。郵送による申請もできますので、税務署や市役所へ行くのが難しいという方は利用してはいかがでしょうか。

 

自動車税の還付について

車を売却する際に、これまでに納めた税金が返ってくるケースがあります。しかし、売却のタイミング次第では返ってくる金額が少なくなることがあります。場合によっては返ってくるはずのお金が返ってこないこともあるので注意しましょう。

 

自動車税の還付について考えるには「車を売ったときに自動車税はどのような形で返ってくるのか」「戻ってくる金額はどのように算出されるのか」を理解することが大切です。詳しく解説していきますので、ぜひご確認ください。

 

還付金は買取価格に含まれている

自動車税は毎年4月1日時点における車の使用者に納税義務が発生し、その年の4月1日から翌年3月末日までの1年間分の税金をまとめて支払うことになっています。自動車税は月割り計算が可能ですので、売却が完了した月の翌月から翌年3月末分までが還付金として返ってきます。

 

自動車税の還付金は買取価格に組み込まれているケースが一般的ですが、還付金が含まれていない金額が提示されることもあります。車を売る際は内訳に還付金について記載があるかどうかを確認するとよいでしょう。

 

還付金の計算方法

還付金は「税額÷12か月×(売却が完了した月の翌月から翌年3月までの月数)」で計算されます。つまり2018年4月1日時点で所有していた車を2018年8月に売却すると9月以降の7か月分の自動車税が戻ってくることになります。排気量1.5リットルの車の場合、2019年9月における税率は34,500円ですので、還付金の金額は次のように求められます。

 

  • 34,500円÷12か月×7か月≒20,100円

 

2018年4月1日時点で所有していた車を2019年3月に売却した場合は自動車税の還付はありません。また月末に売却の手続きをすると名義変更が翌月へずれ込み、還付金が少なくなってしまうことがあるので注意しましょう。

 

なお軽自動車の場合は月割り計算されません。いつ売却しても軽自動車税の還付金はありませんので4月1日よりも前に売却を済ませておくことをおすすめします。

 

車を売った後に自動車税を支払う場合もある

自動車税は車を売る際に還付されることもありますが、売却の時期や手続きの内容によっては支払わなくてはならないケースもあるので注意しましょう。ここでは車の売却時に自動車税を支払う必要があるケースをご紹介します。支払わずに済ますための注意点もあわせて確認していきますので、ぜひ参考にしてください。

 

名義変更等に生じるタイムラグが原因

自動車税は4月1日時点の車の使用者に支払い義務が発生する税金ですので、それを見越して3月に売却しようと考える方も少なくないでしょう。しかし必要書類に不備があった場合や到着が遅れてしまった場合、車を引き渡してから名義が売却先に移動するのに1週間ほどのタイムラグが生じることがあります。

 

4月1日までに名義変更が完了しない場合は翌年分の自動車税を請求されることもあるので注意が必要です。自動車税納付書が手元に届いてしまったら、売却先に車があり名義変更の手続きを進めている最中でも自動車税を支払わなくてはなりません。売却するタイミングには十分気を付けましょう。

 

通常は後日に業者から返金される

手続きが長引いたことで自動車税を支払うことになっても、後日に業者からその分のお金が返ってくるケースがほとんどです。しかし、一時的にでも売る側に負担が発生することに変わりありません。また業者側も追加で納税分を支払うことになるので手間がかかってしまいます。

 

お互いの負担を減らすためにも、車を売るときには必要な書類に不備がないかをきちんと確認しましょう。売却のタイミングも名義変更が4月にずれ込まないような時期に設定するようにしておくのがおすすめです。

 

自動車重量税は還付の対象?

自動車を維持するためには自動車税以外にも自動車重量税を納める必要があります。自動車税は還付の対象になりますが、自動車重量税はどのように扱われるのでしょうか。ここでは自動車重量税が還付の対象になるのかどうかについて解説していきます。

 

自動車重量税は還付の対象外

自動車重量税は自動車の重さに対して課される税金です。自動車が公道を走ったときに生じる道路の劣化を修繕するために徴収される税金ですので、車が重ければ重いほど税率が上がります。

 

普通自動車の場合は0.5トン重くなるごとに税率が上がりますが、軽自動車の場合は重さにかかわらず税率は一定です。新車を購入する場合は諸経費と一緒に支払いますが、それ以降は車検と同じタイミングで納めることになります。ただし新車の新規登録から「13年以上」と「18年以上」というタイミングで税率が上がることに注意しましょう。

 

自動車税とは異なり、自動車重量税は還付の対象外です。車検直後、つまり自動車重量税を納めた直後に車を売却した場合でも還付金はありませんので注意が必要です。そろそろ車検というタイミングで車の売却をいつにしようか考えているという方は、車検前に売却することをおすすめします。

 

買取額に上乗せしてくれる場合もある

売却時から車検までの期間が長い場合は、その分の金額を考慮した上で査定してくれる場合があります。特に車検を受けたばかりの車は公道で走っても問題ないとお墨付きをもらったばかりの車ですので、車検にかかった費用分を上乗せしてくれる可能性が高いでしょう。

 

必ずしもプラス査定されるというわけではありませんが、売却の際に交渉してみるのもひとつの手です。次の車検までの期間が長い車を売却する場合をその旨を申し出てみましょう。

 

まとめ

中古車を売却する際にはタイミングによっては納めた自動車税が還付されます。また自動車重量税は還付されないものの、車検直後であればそれを考慮して査定で上乗せしてくれることもあるでしょう。

 

中古車の売却を考えている方は、買取サービスをおこなっているネクステージをぜひご利用ください。ネクステージでは中古車の買取だけでなく販売もおこなっており在庫を確保する必要があることから、純粋な相場価格かつ店頭小売価格にせまるほどの高額査定が可能です。無料査定も簡単にできますので、ネクステージまでお気軽にお問い合わせください。

無料の査定を申し込む