車の税金を払い忘れたらどうなるの?

クルマ売却ガイド

車の税金を払い忘れたらどうなるの?

新車・中古車を問わず、車の所有には複数の税金を納める義務が発生します。「万が一払い忘れときにどうするべきか知っておきたい」という方もいるのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、車の税金の基本概要と払い忘れた場合の対処法を解説します。どうしても支払えない事情がある方も、対策を見出すことができます。滞納を続けると罪に問われる可能性もあるため、車を所有している方はチェックしておきましょう。

 

※目次※

1.車に必要な税金とは

2.自動車税を払い忘れたときに起きること

3.自動車税を払い忘れたときの対処法

4.自動車税を払わないと罰則がある?

5.まとめ

 

■POINT

 

 

・車を所有するためには、消費税のほかに自動車税・重量税・環境性能割といった税金の納付が必要

・納付期限が過ぎると延滞金が発生する。車検時期であれば手続きを進められないため、公道を走行できなくなる!

・払い忘れに気付いた際は、なるべく早めに追納することが大切。どうしても困難な場合は県税事務所に相談しよう!

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

車に必要な税金とは

車を購入してから手放すまで、いくつかの税金を支払う必要があります。それぞれ対象や支払い時期が異なるため、正しい情報を把握しておきましょう。

税金の種類

対象

支払う時期

消費税

すべて

都度

自動車税

軽自動車以外

毎年4月1日に課税

軽自動車税

軽自動車

毎年4月1日に課税

自動車重量税

すべて

車検時

環境性能割

すべて

車の購入時

環境性能割は、自動車取得税に代わり新しく設けられた税金制度です。車の燃費達成率を基準に、課税率を4段階に区分します。

 

消費税は車だけでなく日常生活にかかわりの深い税金です。支払いの都度納税するかたちになっているため、消費税を納め忘れるケースはほとんどないでしょう。

 

払い忘れる可能性が高いのは、4月1日に課税される「自動車税」と「軽自動車税」です。口座振替を利用している方は、自動的に引き落とされるため心配ないかもしれません。しかし、金融機関などに直接納めに行く方も多く見られます。とくに、普通自動車の自動車税は高額になりやすいため注意が必要です。

 

自動車税を払い忘れたときに起きること

新車・中古車を問わず、自動車を乗り続けるためには自動車税を支払わなければなりません。しかし、数万円になることもあるため「つい先延ばしにしてしまう」という方もいるでしょう。期限内に納税できれば問題ありませんが、一定期間を過ぎると延滞金の発生や差し押さえといったトラブルに発展する可能性があります。

 

延滞金が発生する

自動車税は、一般的に5月31日までに納めなければなりません。一部エリアでは6月中とするケースもあるため、明確でない場合は確認しておくと安心です。納付期限を過ぎた場合は、以下の区分によって延滞金が発生します。

期間

延滞金利率

期限の翌日から1か月間

2.6%

期限の翌日から1か月以上

8.9%

期日から数えた日数で計算し、1,000円以上になった時点で延滞金を支払う必要が出てきます。具体的な計算式は以下のとおりです。

  • ・1か月以内:(自動車税額×遅延した日数×2.6%)÷365
  • ・1か月後以降:(自動車税額×1か月後からの日数×8.9%)÷365

 

期限から1か月以上滞納している方は、上記の2点をたした数が延滞金となります。「延滞金を支払えばよい」というものではなく、原則的に期限内に納める必要がある点を理解しておきましょう。

 

車検に通らなくなる

自動車税を納税しないまま車検を受けた場合、既定の方法で手続きを進めることができません。車検時には以下の書類が必要になるためです。

  • ・車検証(自動車検査証)
  • ・自賠責保険証
  • ・自動車税納税証明書

 

自動車税はすべての所有者に対し、4月1日付けで課税することが決まっています。「指定された金額を支払った」という証明ができなければ、必要な書類がそろわないため車検に通りません。

 

万が一車検を受けないまま公道を運転した場合は、法律違反にあたります。税金の滞納に加えて違反を重ねることになるため、支払いを忘れた方はまず納税を済ませることが大切です。日常生活にも影響する可能性があります。車検よりも納税を優先しましょう。

 

滞納が続くと給料などを差し押さえされる

自動車税を支払わないまま納税に応じなかった場合、最終的には給料や財産を差し押さえられます。差し押さえが発生すると、金銭以外にも以下のようなものが対象となるケースも少なくありません。

  • ・車
  • ・株式
  • ・土地
  • ・ぜいたく品

 

銀行口座に十分なお金がある場合は、滞納分と延滞金分を差し押さえることで対処されます。しかし、全額の支払いができなかった際には、所有している車のタイヤをロックして、動かせないようにするのが一般的な流れです。

 

現金や車を差し押さえてもなお、納めるべき税金額に値しないケースもあります。このような場合に差し押さえの対象となるのは、所有者の株式や土地、高級な時計などぜいたく品です。

 

差し押さえは、滞納中に突然行われるわけではありません。督促状・催告書が自宅に届き、これらに応じない場合に差し押さえ予告通知書が送付されます。実行日までに納付が確認できると差し押さえは発生しないため、督促状が届いた時点で早急な対応を心がけましょう。

 

自動車税を払い忘れたときの対処法

自動車税の払い忘れに気付いた方は、可能な限り早く納税手続きを済ませることが大切です。督促状が届くまで気付かない可能性もあるため、4月に入った時点で自動車税の支払いを意識しておくとよいでしょう。ここからは、納税を忘れた際に実践できる対処法を3つご紹介します。どうしても支払いが困難な場合は「分割納税」の相談も可能です。

 

1.すぐに追納する

自動車税の納税通知書を持っている方でお金も十分にある場合は、コンビニや金融機関で手続きを行いましょう。納付期限切れでも、通知書の取扱期限内であればほとんどのケースで手続きが可能です。

 

ただし、コンビニでは受け付けができない可能性があります。営業時間に足を運べるのであれば、直接金融機関で手続きを進めたほうが安心です。

 

納税通知書の取扱期限が切れている場合は、新たに通知書を申請しなければなりません。管轄の都道府県税事務所に連絡し、再度納税通知書を送付してもらうよう依頼しましょう。時間に余裕がある方は、都道府県税事務所で直接支払う方法もあります。

 

取扱期限や営業時間によって適切な方法が異なるため、自分に合った方法で対応することが大切です。

 

2.督促状が届くのを待つ

「支払ったかどうかを忘れてしまった」という方は、督促状が届くまで待つのもひとつの方法といえます。延滞金が発生した場合は支払う必要がありますが、督促状が届いたあとすぐに納付できれば特別な罰則はありません。

 

督促状は、納付期限から20日以上を過ぎると送付されます。新しい納付書も同封されるため、「税事務所に連絡する余裕がない」という方も利用しやすい方法です。20日後以降も督促状が届く気配がなければ、すでに納税が済んでいると判断してよいでしょう。

 

インターネットバンキングを介して納税している方は、Webサイトから支払い履歴を確認することも可能です。

 

3.どうしてもお金がなければ分割払いの相談をする

急な出費や転職などで金銭的に支払いが困難な方は、市区町村役所の税務課や都道府県税事務所に相談してみましょう。一括での支払いが難しいと判断された場合、分割での納税が認められる可能性があります。

 

ただし、都道府県によって適用の可否や条件が異なる点に注意しなければなりません。分割払い自体を不可とするケースもあるため、まずは管轄の税務課・税事務所に相談することが大切です。「支払う気がない」と認識されないよう、納税が難しいと感じた時点で早めに問い合わせましょう。

 

自動車税を払わないと罰則がある?

自動車税を長期間支払わなかった場合は、延滞金や差し押さえのほかにも罰則が課されます。何らかの事情があれば猶予を与えられますが、意図的に納税を逃れることはできません。期限内に支払うことを前提にしたうえで、滞納によってどのような罰則があるのか理解しておきましょう。車検に通さないまま公道を走るケースについても解説します。

 

悪質なケースは「3年以下の懲役または250万円以下の罰金」

督促状や差し押さえの通知があったとき、滞納分を支払う意思があれば罪には問われません。しかし、差し押さえができないように口座からお金をおろして隠したり、車を壊したりなどの対応が発覚すると罰則の対象です。

 

所有者の悪質な行為によって対処ができないと判断した場合、3年以下の懲役または250万円以下の罰金が課されます。250万円の支払い義務が生じるのであれば、延滞金を含めてきちんと支払うほうが賢明でしょう。

 

車検なしで公道を走っても罰則がある

自動車税を納付しないままでは車検に通すことができず、そのまま公道を走ると法律違反となります。車検なしで走行したときの違反点数は6点です。30日間の免許停止が適用されるため、発覚後に納税を済ませても一定期間は運転ができません。

 

さらに、刑事処分として6か月以下の懲役または30万円以下の罰金が課されます。罰金が支払えない場合は刑事事件に発展するため、納税期限だけでなく車検の有効期限も確認しておきましょう。

 

まとめ

自動車税の支払いを忘れると、期限後20日で督促状が送付されます。滞納を長期間続けた場合は延滞金が発生し、車検に通すこともできません。最終的には、公道を運転できないだけでなく財産が差し押さえられる可能性もあります。金銭的な事情がある場合は、納税通知書が届いたタイミングで都道府県税事務所に相談してみましょう。

 

ネクステージでは、税金の取り扱いに関するお問い合わせを受け付けています。2019年10月1日に新しく設けられた制度についてもご相談が可能です。安心かつ安全なサービスをご提供していますので、中古車の売却・購入を検討中の方もぜひこの機会にネクステージをご利用ください。

無料の査定を申し込む