自動車の査定でおすすめなのは「下取り」?それとも「買取」?[2020年08月28日] | クルマ売却ガイド | 新車・中古車の【ネクステージ】

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

自動車の査定でおすすめなのは「下取り」?それとも「買取」?

クルマ売却ガイド

自動車の査定でおすすめなのは「下取り」?それとも「買取」?

車を売るとき、「ディーラーに下取りしてもらうか」「中古車買取業者に買い取ってもらうか」で悩む方も多いのではないでしょうか。どちらも売ることに変わりはありませんが、下取りと買取とではそれぞれ違った特徴があります。

 

そこでこの記事では、下取りと買取の基礎知識やそれぞれのメリット、注意点などを詳しく紹介します。良いところだけでなく注意点も押さえておくことで、自分にとってベストな方法を選びやすくなるでしょう。

 

※目次※

1.「下取り」と「買取」の違い

2.下取りのメリット

3.下取りの注意点

4.買取のメリット

5.買取の注意点

6.その他の査定方法

7.ネクステージは全国無料査定で高額買取も!

8.まとめ

 

■POINT

 

・下取りは新しい車の割引に利用する売却方法で、買取は車を現金に替えて売却する方法

・買取は下取りよりも高値が付く傾向あり!業者が自宅まで来てくれる出張査定もあるので手間暇も省ける!

・ネクステージは直販可能な営業スタイルと独自の販売ノウハウが強み!中間マージンなしで車本来の価値を評価してくれる!

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

「下取り」と「買取」の違い

下取りと買取は、どちらも不要になった車を売却する際に利用するサービスですが、利用目的に大きな違いがあります。下取りは、「新たな車の購入」を目的として利用できるサービスです。買い替えにあたって、不要になる車の価値を査定してもらい、新規購入価格から差し引いてもらいます。

 

一方、買取は、「車の売却そのもの」を目的として利用できるサービスです。中古車販売業者や買取専門の業者に依頼すれば、売却分は現金で受け取れます。現金の用途に制限はなく、車の購入以外の目的でも使用できる点が違いです。

 

下取りのメリット

車の新規購入にあたって依頼する下取りには、手間がかからないなどのメリットがあります。低年式や過走行でも値段が付きやすく、車を買い替えするなら利用しやすいサービスといえるでしょう。ここでは、下取りで得られるメリットを詳しく紹介します。

 

手間がかからない

下取りの手続きは、ディーラーや中古車販売店が代行してくれるのが一般的です。さまざまな書類に目を通してやり取りをする必要がないので、手間がかかりません。効率的に買い替えをしたいという方は、下取りの方が向いているといえるでしょう。

 

手続きを行う窓口がディーラーだけというメリットもあります。車を売るのも買うのも、ディーラーだけで完結します。別の店舗へ出向く必要がなく、売却から買い替えまでの流れが非常にスムーズなのが特徴です。

 

低年式や過走行でも値段がつきやすい

一般的な買取では、低年式の車や過走行の車の買取価格は低くなりがちです。しかし下取りは新規購入が前提のサービスとなるため、低年式や過走行の状態でも値段が付きやすくなっています。

 

購入価格から値引きできない車の場合は、下取りという名目で補填してくれるケースもあります。下取りの先には新規購入が控えているため、ディーラーもお得感のあるサービスを提供したいと考えてくれます。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

下取りの注意点

利便性が高い下取りですが、注意しなければならない点もあります。買取よりも売却額が低めになる点や、買い替えのタイミングでなければ利用できないという点です。下取りで後悔しないよう、注意点もきちんと押さえた上で有効に活用しましょう。以下で具体的な注意点について解説するので、ぜひ参考にしてください。

 

中古車買取よりも売却額が低い

ディーラーでの下取りの査定は、買取専門業者と比べると低めになる傾向があります。両者とも、査定そのものはJAMA(一般社団法人日本自動車協会)が定める基準にオークションの価格を加味して行いますが、買取専門業者はこれに中古車市場の動向も加えます。人気がある車を在庫で抱える方が収益につながるからでしょう。

 

一方のディーラーは、新しい車に買い替えてもらうために車を引き取ります。新車は割引できる範囲に限界があるため、引き取った車の査定額を補填して割引率を上げるのが特徴です。その結果、純粋な査定額が低く査定されることも少なくありません。

 

下取りに出すときは、割引額に着目する前に売却する車の査定評価をしっかり提示してもらうようにしましょう。

 

車の買い替えでないと利用できない

下取りは、その店舗で新たな車を購入する際に使えるサービスなので、買い換えの予定がない場合には利用できません。下取りで出した査定額を、新車の購入代金から割り引く仕組みだからです。

 

下取りでも買取でも「車を売却する」までは同じですが、その後の目的によって利用できるサービスが限定されることを覚えておきましょう。車の売却だけを考えている場合は、下取りではなく買取を選択することになります。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

買取のメリット

買取には、下取りにはないメリットがあります。特筆すべき魅力は、高額査定が付きやすい点ではないでしょうか。また、買取業者が自宅まで足を運んで査定してくれる点も見逃せません。ここでは、買取を利用する具体的なメリットについて、詳しく紹介します。

 

高額査定がつきやすい

下取りと違い、買取は査定項目が詳細なことが特徴です。言い換えれば、中古車市場に精通した査定基準を持っています。結果、中古車市場で人気のある車種は、高額査定が付きやすくなります。

 

とはいえ、買取を依頼する業者によって査定額が異なることもあります。さまざまな買取業者からの見積もりを比較・検討することで、少しでも高く買い取ってくれる業者を見つけることもできます。

 

後付の装備も査定に影響するため、市場価値の高いオプションがある場合はアピールしてみるのも効果的でしょう。こうした交渉などによって、査定額が高くなる場合もあります。

 

自宅まで査定しに来てもらえる

下取りの場合は、購入と売却の手続きを同時にする必要があるため、一般的には店舗に出向いて依頼します。自宅から距離があったり、アクセスが悪かったりする場合は、出向くのが手間になることもあるでしょう。

 

一方で買取の場合は、自宅まで査定しに来てもらえることがほとんどです。忙しくて店舗へ出向けない場合や、店舗が近くにない場合でも不便なく利用できます。交通費がかかることもなく、スムーズに査定を受けられる点がメリットです。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

買取の注意点

買取の場合は、価格相場が動きやすいという注意点があります。査定を受けてから一定期間後には、査定額が大きく変わっていることも珍しくないでしょう。そのような変動があるため、査定額が確定したらすぐに手放さなければなりません。実際に買取を依頼して失敗しないよう、注意点を押さえておきましょう。

 

相場が動きやすい

買取は中古車市場の影響をダイレクトに受けるため、買取価格の相場が動きやすい点に注意しなければなりません。季節や地域によって買取査定額が変わることはもちろん、新車種の登場によっても相場は変わります。

 

査定を受けてから数日経っただけで、大幅に査定額が変わるケースも考えられます。そうしたリスクを想定すると、売却する時期を明確にしてから査定に出すことが大切だといえます。

 

車をすぐに手放す必要がある

買取は、査定額が確定したらすぐに車を手放さなければなりません。下取りの場合は新規購入のタイミングに合わせて手放すことになりますが、買取の場合はフローが異なることを覚えておきましょう。

 

買い替え目的で買取を依頼する場合、車を手放すタイミングも考慮しておく必要があります。買取を先に済ませてしまうと、車が手元にない期間が長引く恐れもあるため注意しましょう。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

その他の査定方法

車を売却するためには、まず査定を受ける必要があります。査定は下取りと買取以外でも受けられるので、別の方法も知っておくとよいでしょう。ここでは、一括査定や自分で相場を調べる方法、日本自動車査定協会に問い合わせる方法について紹介します。それぞれの内容を確認して、自分に合う方法を見つけましょう。

 

一括査定

インターネットを利用すると、複数の買取業者へ一括で査定を依頼できます。業者それぞれに依頼する手間を省けるため、手間暇をかけずに査定額が分かるでしょう。また、複数の業者の査定を受けることで、自分の車の相場を測れることもメリットです。

 

ただし、一括査定のサイトを利用するためにはユーザー登録が必要となります。登録すると、電話やメールなどでさまざまな業者がコンタクトをとってきます。そうした営業の連絡が気になるという方は、一括査定以外の方法の方を選びましょう。

 

自分で相場を調べる

業者へ依頼しなくても、中古車販売サイトなどを複数見比べることで、大体の予想が付くこともあります。もちろん、車の状態によって査定額は大変わるため、予想が外れることも考えられます。想定した相場よりも期待はずれの査定額になっても、ある意味「仕方ない」くらいの気持ちでいる方がよいでしょう。

 

他に、中古車買取店やディーラーのサイトでも、中古車買取の参考価格を把握できます。ただし、車の年式やグレードなどの基本情報のみで算出されるため、あくまでも参考価格であることを覚えておきましょう。

 

日本自動車査定協会

客観的な相場を知りたい場合は、日本自動車査定協会へ問い合わせてみるのもひとつの手段です。正式名称を『一般財団法人日本自動車査定協会(JAAI)』といい、所定の技能検定試験に合格した査定士が所属しています。

 

日本自動車査定協会は、全国で行われる中古車の買取が適正に行われることが目的です。買取業者独自の査定方法に左右されないよう、客観的な基準を示してくれるため、中立公正な相場を知るのに役立ちます。査定を受けるには費用がかかりますが、愛車の「本来の相場」を知る意味で、一度利用してみるとよいでしょう。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

ネクステージは全国無料査定で高額買取も!

ネクステージでは、中古車の販売とともに買取も積極的に行っています。一般的な買取店と違い、買い取った車を自社の在庫にすることを目的としているため、車本来の価値で買取を行えるのが特徴です。商品の回転率の高さにも定評があり、買い取った車は価値が落ちる前に販売できるフローが構築されています。そのため、高額査定につながるわけです。

 

全国に130店以上の店舗を展開しており、無料の出張査定に対応していることも強みでしょう。より手間暇なく査定が行えるサービスとして、チャットアプリ『LINE』を通して概算が分かる『LINE査定』も展開しています。買取を検討している場合は、まずは携帯で簡単にできるLINE査定を利用してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

車を買い替えるなら、手間のかからない「下取り」を選ぶ方も多いでしょう。査定額は買い替えにかかる費用からの割引という形になるため、車本来の売却額は把握しづらいものの、査定から納車までワンステップで済ませたい方に向いています。

 

一方で買取は、車を買い替える場合でも売却だけの場合でも利用できることがポイントです。下取りよりも高値が付きやすく、現金で受け取れるため自由な使い方ができます。売却後の選択肢が下取りよりも広いという意味で、優先的に検討してみてはいかがでしょうか。

 

ネクステージでは、査定額保証を設定しています。査定ミスによって契約後に査定額が変わることはなく、プロのスタッフがしっかりと査定して適正に評価してくれます。独自の販売力によって高値が付きやすいことも大きな特徴です。少しでも満足度の高い買取をご希望なら、ぜひネクステージにご相談ください。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

無料の査定を申し込む