車検の価格はいくらくらいかかるのが一般的なの?相場や内訳を紹介

クルマ車検ガイド

車検の価格はいくらくらいかかるのが一般的なの?相場や内訳を紹介

車検は必ず受けなければいけないものですが、わかってはいても毎回10万円近くかかると思うと痛い出費です。「何にそんなにお金がかかっているのだろう……」「他の人に比べて高いのではないか……」などと思ったことがある人もいるでしょう。

 

この記事では一般的な車検価格の相場や内訳を紹介していきます。詳しく知れば、より安く済ませられる選択肢も増えてくるでしょう。車検を受ける際の参考にしていただければ幸いです。

 

※目次※

1.車検価格の相場

2.外車の車検価格は高額なの?

3.車検にかかる費用の内訳

4.車検の価格を安く抑えるならネクステージがおすすめ

5.まとめ

 

■POINT

 

 

・車検価格の相場は普通車で約10万円、軽自動車で約7万円

・安く済ませるなら業者によって大きく変動のある「車検の基本料金」に着目しよう!

・部品の交換があるとさらに高くつくが、安全に走るための必要経費だと考えよう

 

 

ネクステージの安心格安車検のご案内・無料見積り予約 >

 

車検価格の相場

車検にかかる費用は車の種類によって多少変動があります。まずは車種ごとにどのぐらいの価格になるものなのか、それぞれの相場を見ていきましょう。

 

普通自動車の価格相場

普通自動車の場合、フィットやデミオなどのコンパクトカーで10万円前後、SUVやミニバンといった大型車になってくると11〜12万円ぐらいは最低限必要でしょう。ここに部品の交換などが加わると、さらに追加費用が掛かってきます。

 

これはディーラーで車検を依頼した場合の相場価格です。カー用品店や車検専門店だと、ディーラーに依頼するよりも2万円ほど料金を安く抑えられるケースなっています。ディーラーでの車検が高いのは、より項目の多い細かいチェックをしてくれることや、純正パーツを使っていることが理由なため、値段相応のものといえます。

 

ディーラーに依頼するかそれ以外の業者に依頼するかはその人のニーズ次第といったところです。

 

軽自動車の価格相場

軽自動車の場合、ディーラーに車検をお願いすると最低でも7万円前後の費用が必要でしょう。普通自動車に比べて大幅に安くなっていますが、これは重量税が大きく関係しています。軽自動車の重量税は普通自動車と比べると2万円近く安くなっているのです。

 

また、車検に伴う24ヵ月点検や自賠責保険に掛かる費用も普通車より安く抑えられます。これらを踏まえると合計で3万円ほどの差が出てくるのです。毎年かかる自動車税に加えて、軽自動車は車検代も抑えられるため経済的といわれています。

 

大型バイクの価格相場

バイクに関しても、排気量が250ccを超えるものは車検を受ける必要があります。しかし重量税は初度登録から13年未満なら3,800円、自賠責保険も24ヵ月で1万1,520円と、軽自動車と比べても1万円以上安くなるのです。相場としては合計で大体5~6万円といったところでしょう。

 

また、バイクの場合は業者に依頼せず、自分で運輸支局に持ち込んで車検を受ける人も多くいます。バイクは趣味で乗っている人も多いので、整備などを自分で行える人も珍しくないのです。

 

ちなみにユーザー車検ならかかるのは法定費用だけになるので、2万円前後で車検を済ませることができます。

 

外車の車検価格は高額なの?

「外車は車検が高い」などという話を聞いたことがある人も多いでしょう。確かに外車は日本車に比べると車検費用が高くなってしまう傾向にあります。しかし外車だからといって特別に保険料や税金を多く取る法律はありません。外車は車検というよりも整備にお金がかかるのです。

 

外車は使っている部品ももちろん海外製なので、修理に必要な部品は海外から取り寄せられたものです。海外からの輸送量がかかる分、日本車よりも部品代が高くついてしまいます。整備費用が高くなるのも当然と言えるでしょう。

 

また外車は業者に頼むと不慣れな場合もあるので、正規ディーラーで依頼する人も多いでしょう。外車の正規ディーラーはその車種を理解するために細かい研修を受けているといわれています。人材育成にかかるコストが車検費用にも反映されるのです。

 

車検にかかる費用の内訳

車検に必要な費用は大きく「車検の基本料金」「部品交換代」「法定費用」に分けられます。何にどのぐらいの費用がかかっているのかを詳しく知っておけば、安くするための工夫もできますし、提示された値段にも納得できるはずです。ここで詳しい内訳を見ていきましょう。

 

車検の基本料金

車検の基本料金というのは、業者に車検を依頼した際の「24ヵ月点検代」「検査代」「代行手数料」の合計です。厳密には車検にかかるお金ではなく業者に支払う代金になります。ディーラーで依頼すると4~5万円ほど、カー用品店や車検専門店で1~3万円ほどが基本料金の相場となっています。

 

「24ヵ月点検代」「検査代」は車に不良個所がないか確認する作業にかかる費用です。「代行手数料」というのは業者が依頼主の代わりに運輸支局へ出向いて車検を受ける手間賃のようなものと言えます。

 

どの種類の業者でもお店によって人件費などが変わってくるので、どの業者に車検を依頼するかで大きく値段が変わってきます。車検代を安く抑えたいと考えるなら、この基本料金に着目して業者を選ぶことがポイントになってきます。

 

部品交換費用

24ヵ月点検で不良個所があった場合、部品の交換を行わないと車検に引っ掛かってしまいます。部品交換の必要がある箇所が多いと、その分費用もかかってきます。先ほど普通車で最低10万円前後と説明したのは、使用状況によってそれ以上の金額が必要になることが往々にしてあるからです。

 

ブレーキオイルやラジエーター液などは2年おきぐらい、つまり車検のタイミングで交換が必要になることがほとんどです。新車登録から2回目の車検がある5年目になってくると大掛かりな部品交換が必要になる場合も多いでしょう。ブレーキパッドを交換すれば1万5千円程度、タイヤを交換すると4万円程度と費用が大きく跳ねあがります。

 

ブレーキパッドは規定以上にすり減っていても、検査でブレーキが確実にかかると判断されれば問題なくクリアできます。これ以外にも予防のために部品が交換される場合はあるでしょう。

 

ただ安全に乗り続けることを考えれば、この辺りの出費を惜しむことは賢明だとはいえません。必要経費として割り切るほかないでしょう。

 

法定費用

法定費用というのは運輸支局にて車検を受けるときに掛かる費用で、どの業者に車検を依頼しても全員一律でかかる費用のことです。つまり公道を走る車としての検査、登録料のような位置付けといえます。具体的には「自賠責保険料」「自動車重量税」「印紙代」がかかってきます。

 

自賠責保険料は24ヵ月の場合、普通自動車で2万5,830円、軽自動車で2万5,070円、排気量251cc以上のバイクは1万1,520円です。自動車重量税は普通車の場合には重量によって大きく変わります。軽自動車は重さに限らず一律です。経過年数やエコカー減税適用の有無によっても変動するので事前に確認してください。

 

検査の手数料は印紙を購入して支払う必要があるため「印紙代」とされています。印紙代は国の指定整備工場で車検を依頼すると1,100円になります。それ以外の認証整備工場なら小型自動車で1,700円、中型以上で1,800円、軽自動車で1,400円と車種によって値段が分かれます。

 

ここは数百円の違いなので、基本料金などの差を考えるとそこまで気になるポイントでもないでしょう。

 

車検の価格を安く抑えるならネクステージがおすすめ

車検費用は安く抑えたいですが、車検に通ればそれで良いというわけでもありません。大切な愛車を預けるわけですから、信頼のおける業者に依頼したいものです。そんな方はネクステージの「安心格安車検」をぜひご検討ください。

 

ネクステージの整備工場はすべて国から認可を受けている指定整備工場、認証整備工場となっています。それに加えて国家資格を持ったスタッフが整備点検を行うので、最高水準の品質をお約束することができます。

 

また代車の貸し出しも無料となっていますので車検に預けている期間の心配もいりません。工場にはお子様連れのお客様のためにキッズスペースもご用意。ネクステージではより多くの方にご満足いただけるよう日々創意工夫を重ねております。

 

まとめ

車検には普通車で10万円前後、軽自動車で7万円前後と、やはり安くはない費用が必要になってきます。少しでも安く抑えるためには業者ごとに変わってくる基本料金が鍵を握っています。

 

車はデリケートなものなので、安いだけでなく整備の品質とのバランスが取れた業者を選ぶのがポイントです。高水準の品質ながら格安価格のネクステージの車検をぜひご検討ください。

 

ネクステージでは、正規ディーラー以外には頼みにくい輸入車の車検ももちろん受け付けております。まずは無料見積もりからお気軽にお問合せください。

簡単ネット予約はこちら!