軽自動車の車検費用の相場は?内訳や高くなる条件

クルマ車検ガイド

軽自動車の車検費用の相場は?内訳や高くなる条件

軽自動車は燃費がよい車種が多く、自動車税や重量税なども安いのが魅力です。では、車検費用も普通車より低い傾向にあるのか、疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、軽自動車の費用相場とその内訳、高くなる条件などを解説していきます。車検費用を安く抑えるためのポイントもあわせて紹介しますので、よりお得に車検を受けるための参考にしてください。

 

※目次※

1.軽自動車の車検費用の相場

2.軽自動車の車検費用の内訳

3.軽自動車と乗用車の費用の違い

4.軽自動車で車検費用が高くなる条件とは?

5.車検費用を安く抑えるためのポイント

6.まとめ

 

■POINT

 

 

・車検を受ける場所はディーラーだけではない!「自動車整備工場」、「車用品店」、「ガソリンスタンド」、「ユーザー車検」でも受けられる

・車検費用を安く抑えるには業者選びが重要。整備項目を減らしてもらうことでも費用は抑えられる

・安心感を得つつ費用を抑えるのであれば、整備の質が高くて低価格のネクステージにお任せを!

 

 

ネクステージの安心格安車検のご案内・無料見積り予約 >

 

軽自動車の車検費用の相場

車を所有する際のコストのなかでも、高額になりやすいのが車検費用です。軽自動車は燃費がよくて税金も安いので、特に車検費用が気になる方も多いでしょう。車検費用が安ければ維持費も大きく抑えられます。ここでは軽自動車の車検費用について、車検を受ける場所別で相場を紹介していきます。

 

ディーラーの場合

ディーラーに車検を依頼した場合の相場は6万円~8万円ほどでしょう。ほかと比べて特に高額になる傾向にあります。

 

ディーラーはメーカーの看板を背負っているため、安全に次の車検まで乗れるような整備をするのが特徴です。多くのディーラーでは「指定工場」の認可を受けているため、ディーラーの整備工場で車検が取れます。次の点検までに寿命がきそうな部品があれば「予防整備」をすることも多いでしょう。部品は基本的に純正パーツでの交換になります。

 

安全にこだわった整備と、純正部品を使用することによって相場は高い傾向にあるでしょう。

 

自動車整備工場の場合

自動車整備工場の車検費用相場は5万円~6万円ほどでしょう。自動車整備工場はメーカー問わずさまざまな車種を整備しているため、幅広い知識や技能を持った整備士がいるのが特徴です。ディーラーとは異なり、部品は社外品やリビルド品を使うことが多く、ディーラーよりも相場は安い傾向にあります。

 

予算に応じて車検をしてくれることもあり、必ずしも予防整備を実施するわけではありません。依頼すれば必要最低限の整備に留めてくれます。

 

車用品店の場合

車用品店の車検費用相場は5万円~6万5,000円ほどでしょう。自動車整備工場よりも多少高い傾向にあります。

 

車用品店で車検をすると、さまざまな特典が付くこともあるようです。その店の買い物に使える独自のポイントが多く付いたり、車検時に一緒に購入した部品の装着費用が無料になったりするケースがあります。車用品店には社外パーツが多数揃っているため、取り付けたい部品がある場合は車用品店で車検を利用するとお得です。

 

ガソリンスタンドの場合

ガソリンスタンドの車検費用相場は4万円~5万5,500円程度でしょう。ほかの業者にくらべて特に費用が安くなる傾向にあります。ガソリンスタンドで車検を依頼すると、多くは下請け工場かグループ内の工場に整備を委託することになるでしょう。

 

車検を依頼すると特典を受けられるガソリンスタンドが多いのも特徴です。ガソリンやタイヤの割引券がもらえたり、洗車の無料券がもらえたりします。

 

ユーザー車検の場合

ユーザー車検の費用は、加入が必須となる自賠責保険や重量税などの税金を除くと、検査料の1,400円しか発生しません。ユーザー車検は業者に車検の取得を依頼せずに、車の所有者自らが車検を受ける方法です。

 

事前に予約をしてから軽自動車検査協会に車を持ち込み、ヘッドライト、排ガス、ブレーキなどの検査を受けます。すべての検査に合格すれば車検を取れますが、どれかひとつでも不合格となったら再検査をしなくてはいけません。車検費用は安く済みますが、すべての手続きや検査を自身で行うので手間がかかります。

 

軽自動車の車検費用の内訳

軽自動車に限りませんが、車検費用は「点検整備費用」と「法定費用」の2つからなります。点検整備費用は、その名のとおり整備や部品交換にかかる費用です。法定費用は車検時に発生する法律で定められた費用のことを指します。

 

車検を受ける業者によって点検整備費用は異なりますが、「法定費用」に関してはどの業者でも変わりません。法定費用の内訳は以下のとおりです。

 

・自賠責保険料

  • 24か月契約で2万1,140円かかります。

 

・自動車重量税

  • 最大で8,800円です。エコカー減税が適用される場合と、初回の検査から何年経過しているかで費用が変わります。

 

・印紙代

  • 最大で1,400円です。「保安基準適合証」がある場合は1,100円になります。

 

軽自動車と乗用車の費用の違い

軽自動車は乗用車と比較して法定費用が安いことが特徴です。軽自動車の場合と車両重量1,000キログラム以下の小型乗用車を比較すると、以下のようになります。

 

【軽自動車】

・自賠責保険料

  • 24か月分で2万1,140円

 

・自動車重量税

  • 6,600円(継続検査時、13年未満でエコカー減税適用なしの場合)

 

・印紙代

  • 1,100円(指定工場で検査をした場合)

 

・法定費用合計

  • 2万8,840円

 

【小型乗用車】

・自賠責保険料

  • 24か月分で2万1,550円

 

・重量税

  • 1万6,400円(継続検査時、13年未満でエコカー減税適用なしの場合)

 

・印紙代

  • 1,100円(指定工場で検査をした場合)

 

・法定費用合計

  • 3万39,050円

 

このように法定費用だけで1万円以上もの差があります。点検整備費用は業者によって異なりますが、軽自動車のほうが安いのが一般的です。乗用車の車両重量が上がれば、さらに価格の差は広がります。

 

軽自動車で車検費用が高くなる条件とは?

 

軽自動車で車検費用が高くなる条件のひとつは「経過年数」です。軽自動車は普通車と比較して車検費用は安くなります。しかし、新車登録をしてから一定の年数が経過すると自動車重量税が割り増しになってしまいます。

 

継続検査でエコカー減税の適用なしでエコカーでもない場合、通常は6,600円です。しかし新車登録から13年経過すると8,200円、18年経過した場合は8,800円にアップしてしまいます。13年という年数は、車検に通すか、通さずに乗り換えるかを考えるタイミングともいえるでしょう。

 

車検費用を安く抑えるためのポイント

軽自動車の車検費用は普通車と比較して安いとはいえ、それなりに高額な出費です。軽自動車を選ぶ理由として維持費の安さが大きいこともあり、少しでも車検費用を安くしたいという方も多いのではないでしょうか。

 

車検費用を安く抑えるためのポイントは「費用優先で業者を選ぶ」、「整備項目を減らしてもらう」、「ユーザー車検を利用する」の3点です。詳しく見ていきましょう。

 

費用優先で業者を選ぶ

先にも解説したように、どこで車検を受けるかによって費用は変わります。そのため、車検費用が安いところを優先して選ぶことが重要です。

 

ディーラーや中古車販売業者で車を購入すると、購入先から車検の案内が届きます。しかし、購入した業者で車検を受ける、という決まりはありません。費用を抑えることを第一に考えるのであれば、購入した業者以外に依頼するのも検討したいところです。少しでも割安な業者を探すために、事前に複数社から見積もりを取っておきましょう。

 

整備項目を減らしてもらう

整備項目を減らしてもらうことで費用を抑えられます。業者によっては車検に直接関係ない部分まで整備をすることもあるからです。たとえば、エアコンのフィルターが汚れていたとしても車検に不合格になることはないでしょう。

 

また、車検整備の際にエンジンオイルを交換することがありますが、こちらも車検には直接関係ありません。交換時期まで達していないようであれば、エンジンオイルの交換をしないのもひとつの手です。ただし、エンジンの劣化につながる恐れもあるので本当に必要な場合にはしっかりと交換しておきましょう。

 

ユーザー車検を利用する

ユーザー車検を利用すると車検費用を大きく抑えられるでしょう。ユーザー車検は業者を通さず所有者自ら手続きをするため費用が安くなります。

 

ただし不合格になると、しっかりと整備をしてから再検査をしなくてはいけません。その場合は自分で整備をするか業者に依頼することになるでしょう。

 

まとめ

車検はさまざまな場所で受けられ、依頼先によって車検費用は異なります。費用を抑えるためには、業者選びや点検整備項目を少なくするなどの工夫が必要です。

 

安心・高品質で低価格な車検を受けたい場合はネクステージにおまかせください。ネクステージでは車検前に無料点検と見積もりをした上で、お客様に合った最適なプランをご提案いたします。国家資格を有した整備士が常時在籍しており、整備の質も高く安心です。車検をご検討の際は、ぜひネクステージにご依頼ください。

簡単ネット予約はこちら!