車検で住所変更していないことが判明!住所変更の手続きの流れ

クルマ車検ガイド

車検で住所変更していないことが判明!住所変更の手続きの流れ

引っ越しをするときは、荷造りや見積もり、公共料金の切り替えなどしなければならないことがたくさんあります。それだけではなく、転出・転入届や免許証の住所変更など手続きにも追われてしまいます。バタバタ荷解きをしていると、車検証の住所変更を忘れてしまうこともあるので注意が必要です。

 

車検証の住所変更をしていないことに気が付いたら、速やかに手続きを行うようにしましょう。手続きの流れや代行サービス、住所変更をしなかった場合のデメリットなどをご紹介します。引っ越しをしてからさまざまな手続きの準備をするのではなく、チェックリストを作っておくなど、前もって準備をしておくことでスムーズに終えることができます。

 

※目次※

1.車検証の住所を変更する流れ

2.何度も転居したのに住所変更をしていなかった場合

3.住所変更をしないデメリット

4.住所変更はどのタイミングでしたらよい?

5.車検証の住所変更手続きを代行してもらう

6.車の相談は信頼のおける業者で

7.まとめ

 

■POINT

 

 

・車検証の住所変更には車庫証明や住民票を用意しなければならない

・陸運局の管轄が変わるときはナンバープレートも変更になる

・手続きを代行してくれる信頼できるかかりつけ業者があると安心

 

 

ネクステージの安心格安車検のご案内・無料見積り予約 >

 

車検証の住所を変更する流れ

引っ越しの片付けに追われていて、車検証の住所変更をすっかり忘れていた、などという人も多いのではないでしょうか。郵便が届かなかったり、生活に支障がでたりするものから手続きを行うため、差し当たり必要ない車検証はつい後回しにしてしまうこともあるかもしれません。

 

しかし、車検証の住所変更をしておかないと危険です。ここでは、車検証の住所を変更するために必要な書類や手続きを行う場所などをご紹介します。

 

まずは必要な書類をそろえよう!

まずは必要な書類を揃える必要があります。「車検証」と「住民票」、「車庫証明書」が必要ですが、車検証は車に乗せてあるべきものなので、多くの場合ダッシュボードに入っているでしょう。

 

住民票は発行してから3ヶ月以内のものを持参します。引っ越したらすぐに転入届を提出するはずなので、住民票も一緒に発行すると良いでしょう。その際は時間がかかることがあるため、余裕を持って区役所や市役所に行くようにしてください。

 

車庫証明を取得するためには、車を停めるスペースを確保した後、保管場所の使用承諾証明書や配置図、自動車保管場所証明申請書、収入印紙などの必要な書類を用意する必要があります。印鑑を持って警察署に行き、申請したら数日後に交付を受けることができます。また車の名義人とは異なる人が住所変更に行く場合は、委任状が必要であることも忘れてはなりません。

 

書類を揃えたら陸運局で手続きしよう

書類が揃ったら陸運局での手続きになります。所有している車が軽自動車の場合は、軽自動車検査協会で手続きを行います。ナンバープレートに書かれている地域の名前は、管轄の陸運局を示すものです。

 

管轄内での引っ越しであれば、同じ陸運局に書類を提出するだけで手続きが終わります。しかし引っ越しによって管轄が変わってしまう場合は、ナンバープレートの取り換えが必要なので、車を持ち込む必要があります。

 

管轄の陸運局を調べたい!

県によっては陸運局が一つしかない場合もありますが、地域によって分けられている県もあります。引っ越したあと急いで手続きを行おうとして、陸運局を間違えてしまっては余計な手間がかかってしまうので注意しましょう。

 

手続き書類を記入し350円の印紙を支払う

当日に入手できる手数料納付書と自動車税・自動者取得税申告書、申請を受け取って記入します。窓口で350円の印紙を購入し、納付書に貼り付けて書類と一緒に提出しましょう。陸運局や時期によっては待ち時間が長いことも考えられます。用事の合間に行くのではなく、時間に余裕があるときに手続きを行うことをおすすめします。

 

新車検証と新ナンバープレートの交付

提出した書類に間違いや不備がなければ、新しい車検証が交付されます。管轄の異なる地域に引っ越した場合は、ナンバープレートも一緒にもらえます。間違いがないかどうか、車検証の内容を確認するようにしましょう。

 

「ナンバープレートをもらっても、そのあとどうするの?」と思うかもしれません。窓口にドライバーが用意されているため、取り換えを自分で行うことができます。これまでのナンバープレートを取り外して返納し、新しいものを取り付けます。このとき地域名だけではなく、ナンバーや図柄なども一緒に変えることができます。

 

住所変更にかかる費用

車検証の住所変更は行わなければならない手続きですが、費用はどのくらいかかるのでしょうか。車庫証明を取得するための費用とナンバープレート代、手数料などがかかってきます。

内容

費用

備考

車庫証明の取得

2,500~3,000円

車庫証明を取得するために必要な手数料です。自治体によって差があります。

ナンバープレート

1,500円

陸運局の管轄が変わる場合は必要です。

(希望ナンバー)

3,900~5,600円

 

(図柄)

7,000~9,200円

 

変更手数料

350円

陸運局での住所変更に必要な手数料です。

代行手数料

依頼する業者によって異なります。自分で手続きを行う場合は、代行手数料は必要ありません。

 

住所変更にかかる時間

当日に陸運局で入手する書類への記入、印紙の購入を終えたら、持参した書類と一緒に窓口で提出します。車検証とナンバープレートが交付されたら内容を確認し、ナンバープレートの取り換えを行います。この流れを全て終わらせるまでに2時間ほどかかります。陸運局が閉まってしまう時間の2時間以上前には到着できるようにしましょう。

 

お昼休みの時間に行っても開いていないことや、月末は混雑することに注意が必要です。必要以上に時間がかかってしまってはもったいないので、少しでも混んでいない時間に手続きに行くことをおすすめします。

 

何度も転居したのに住所変更をしていなかった場合

たまたま結婚や就職で何度か引っ越しをしたという場合に、車検証の住所変更をしていなかった、ということに車検間際になって気付くこともあるかもしれません。そのような場合は、一般的な手続きより少しややこしくなってしまう可能性があります。

 

住民票で住所変更ができないケース

何度も転居したにもかかわらず車検証の住所を変更していなかった場合は、住民票だけでは手続きができません。住民票には、現在の住所より一つ前に住んでいた住所までしか記載されていません。そのため何度も転居している場合は、住民票だけでは車検証に記載されている住所まで遡ることができないのです。このような場合は、他にも書類が必要になります。

 

住民票の除票か附票が必要

住所変更を行う際は、車検証に記載されている住所から現在の住所までのつながりが分かる書類が必要になります。例えば記載されている住所が東京で、そのあと千葉に引っ越し、現在は神奈川に住んでいるといった場合です。

 

二つ前の住所まで遡るためには、住民票の除票か、戸籍の附票が必要です。一つ前に住んでいた自治体で住民票の除票をもらうことで、その前に住んでいた住所も入手することができます。三回以上転居をしている場合は、一つずつ遡っていくのは難しい場合もあります。そのようなときは、本籍地で附票をもらうことで履歴を辿ることができますので活用しましょう。

 

住所変更をしないデメリット

引っ越してすぐに必要なわけではない車検証の住所変更。「面倒だな」と思って後回しにしてしまうこともあるかもしれません。住所変更をしないままにしておくことにデメリットはあるのでしょうか。

 

ここでは、車検証の住所変更をしなかった場合のデメリットを具体的に解説していきます。

 

自動者税の納付書が届かない

毎年支払う自動車税は、5月に納付書が届くことになっています。車検証に記載されている住所に送られてくるため、住所変更をしていないと納付書が届かなくなってしまいます。郵便局で転送手続きをしていれば、一年間は現在の住所にも届きます。しかし何度も転居していたり、引っ越しから一年以上経ったりしてしまうと納付書が届きません。

 

支払期限までに気付けば、都道府県の税事務所で納付書を再発行してもらえます。しかし支払期限を忘れていた場合は、延滞金がかかってしまうこともあるため注意が必要です。

 

自賠責保険が使えなくなってしまう可能性がある

自賠責保険は絶対に住所変更をしなければならないというわけではありません。なぜなら契約している人の名前や住所ではなく、車台番号で管理されているからです。住所変更をしていなくても事故を起こした場合には補償を受けられます。

 

注意しておきたいのが、期限が切れるタイミングです。住所変更をしていなければ更新の案内が届かない場合があります。更新できなければ自賠責保険が使えなくなってしまうため、早めに住所変更はしておいた方が良いでしょう。

 

住所変更はどのタイミングでしたらよい?

車検証の内容に変更があった際は、15日以内に手続きを行うように法律で決まっています。いつかは行わなければならない手続きですが、どのタイミングで行うのが良いのでしょうか。

 

住所変更の手続きは、車庫証明を取得したり陸運局に行ったりと面倒だと思う人が多いかもしれません。そんなときは車検に合わせて住所変更を行うとスムーズです。追加で料金を支払えば代行してもらうこともできます。3月末までに変更をしておくと、自動車税の通知書もしっかり届くためおすすめです。

 

車検証の住所変更手続きを代行してもらう

車検証の住所変更は、自分で行うと費用を抑えることができます。しかし警察署や陸運局が開いている平日に手続きすることが難しい場合もあるでしょう。そのような場合は手続きを代行してもらうこともできます。

 

代行してもらえる業者としては、ディーラーや販売店、行政書士が挙げられます。だいたい30,000~50,000円程度で依頼できますが、ディーラーの場合はどこに頼むかによって値段に差が出てくる可能性があります。

 

車の相談は信頼のおける業者で

車に乗っていると、整備などに関して気になる点が出てくる場合もあります。インターネットで調べることもできますが、素人判断でいじってしまうのは良くありません。

 

車に関して信頼できる業者を見つけておき、不安なことや分からないことが合ったらいつでも相談できるようにしましょう。中古車販売のネクステージでは、いつでもお客様のご相談に親身になってお応えしていますので、お気軽にご相談ください。

 

まとめ

車検証の住所変更をするためには、車庫証明を取得したり住民票を請求したり、まずは書類を揃えなければなりません。書類を持って陸運局に行き、手数料を支払ったら住所変更の手続きを行います。

 

警察署や陸運局が開いている平日に手続きをするのが難しい場合は代行してくれる業者を探すこともできます。そのような場合、信頼できるかかりつけ業者があると安心です。

 

ネクステージでは車の相談や手続きの代行も行っています。車のことでお困りの方は、ネクステージにご相談ください。

簡単ネット予約はこちら!