車検の有効期限はいつからいつまで?期限切れになると運転できない?

クルマ車検ガイド

車検の有効期限はいつからいつまで?期限切れになると運転できない?

車を購入してから初めて車検を迎えるため、いろいろと不安に感じている人もいるかもしれません。そもそも車検には有効期限が存在するため、期限内に所定の検査を受ける必要があります。では、車検の有効期限とはいつからいつまでのことを指しているのでしょうか。また、期限切れになった場合の対処についても気になるところ。そこで本記事では、車検の有効期限について、最低限知っておかなければいけない内容を詳しく解説していきます。

 

■POINT

 

 

・自家用車の車検は新車なら3年、2年目・中古車なら2年で切れる

・車検が切れてしまうと不必要な費用がかかってしまう

・車検が切れた車で運転すると罰則があるので注意しよう!

 

 

ネクステージの安心格安車検のご案内・無料見積り予約 >

 

車検の有効期限について

車検とは「自動車検査登録制度」の略称で、保有している車が安全基準を満たしているかどうかを確認するための制度のことです。車を初めて購入した人は、車検がいつあるのか疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。車検には有効期限が存在して、その都度、所定の検査を受ける必要があります。この有効期限がいつからいつまでのことなのかについてご紹介します。

 

車検の有効期限は車種や用途によって異なる

車種

有効期限

 

 

初回

2回目以降

貨物自動車

8トン以上

1

1

8トン未満

2

1

バス・タクシー

1

1

レンタカー(乗用自動車のみ)

2

1

軽貨物自動車

2

2

大型特殊自動車

自家用乗用自動車

3

2

軽乗用自動車

小型自動車二輪(250cc超)

車検は、新車登録から初回の検査が3年で、それ以降は2年ごとに受けるという認識を持っている人もいるのではないでしょうか。しかし、これが適用されるのは「自家用乗用自動車」と「軽乗用自動車」「小型自動車二輪(250cc超)」のみで、それ以外は車種や用途により異なります。

 

自家用車の車検は新車なら3年、2年目・中古車なら2年で切れる

上図のように、車種や用途によってルールは異なるものの、自家用車の車検は新車なら初回の検査が3年、それ以降なら2年で切れることだけは覚えておけば問題ありません。車検有効期間の満了となる日については、ダッシュボードなどに保管されている車検証もしくはフロントガラスに貼ることが義務付けられている車検標章で確認することができます。検査自体は有効期限が満了となる1ヶ月前から受けることが可能で、どのタイミングで受けても次の有効期限は車検証などに記載されてある満了日からの期間です。

 

車検の期限はいくらでも前倒しにできる

基本的に、車検は有効期限の満了日から1ヶ月以内に受けることになります。とは言っても、車検満了日の1ヶ月以上前など、車検の期限はいくらでも前倒しすることが可能です。ただし、この場合は有効期限がその受けた日から起算されることになります。早く受けただけ期間が前倒しになってしまうため、早めの行動には注意が必要です。売却する予定があるなら、余計に費用を払うことにもなりかねませんので、車検を前倒しで受けるメリットは皆無に等しいでしょう。

 

車検の有効期限が切れたクルマは運転できる?

車検が切れているだけで罰則や罰金が課されることはありません。しかし、車検の有効期限が切れた状態で公道を走らせることはできません。仮に公道を走らせた場合、道路運送車両法違反によって6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金が課されます。また、行政処分として6点の違反点数が加えられ、過去に違反切符を切られているに関係なく30日間の免許停止処分となります。さらに、車検が切れている車を運転するということは、自賠責保険も切れている車がほとんどです。この場合、違反点数として6点が加えられ、1年以下の懲役または50万円位以下の罰金が課されます。つまり、車検切れ+自賠責保険未加入であれば、罰則点数が12点となり90日間の免許停止(前歴0の場合)、罰金は最大で80万円です。もし車検が切れてしまったら、業者に引き取り納車を依頼したり、自分で仮ナンバーを取得して一時的に走れる状態にしたり、買取専門店に買い取ってもらうなどして、対処してください。

 

車検の有効期限が切れたときの費用

車検の有効期限が切れた状態で公道を走らせることはできません。とは言っても、車検を受けるためにはディーラーや整備工場などに直接持っていく必要があります。車検が切れていても、ある方法を活用することによって、対処することができます。その際に必要な費用について、ご紹介します。

 

仮ナンバーを発行してもらう場合

仮ナンバーを取得することで、車検切れの車を移動させることが可能です。仮ナンバー取得後数日間は、車検切れの車を公道で走らせることができるます。ただし、取得には自賠責保険に加入していることが必須条件となっており、もし切れている場合は短期の保険などに加入しておいてください仮ナンバーは各市区町村で申請することができ、運転免許証、車検証、自賠責保険証、印鑑などが必要です。仮ナンバーを取得するためにかかる手数料は750円程度となっています。また、申請時には仮ナンバーの使用目的や期間、移動させる経路などを申告しなければならず、それ以外での目的での車の運転はできません。

 

クルマを運搬してもらう場合

仮ナンバー取得のためには手続きが煩雑で、もっと手軽に移動させたいと考えている人もいるのではないでしょうか。この場合、車検を依頼する業者に運搬してもらう方法があります。通常、レッカー車が使われていると思われがちですが、レッカー車は公道走行という定義に当てはまるため使用できません。そのため、車を運搬するためには“セフティローダー”を持っている業者を探すことが先決です。料金は業者や運搬距離によっても異なりますが、3万円~5万円が相場となっています。また、レンタカーとして扱っているところもあります。中型以上の免許証を持っていることが条件ですが、料金も5千円~1万円の範囲で収められるでしょう。

 

中古車として売却する場合

車検切れの車が中古車販売店で売られているように、車検が切れている状態でも買取専門店に売却することができます。車検に出そうと思ったら、仮ナンバーの取得費用や車検費用を合計すると10万円以上の出費となることも少なくありません。元々、買い替えや売却を検討していたのであれば、これらの費用をかけずに売却してしまった方が良いでしょう。また、車検が切れている場合でもマイナス査定になることはほとんどないので、安心して買い取ってもらうことができます。ただし、セフティローダーを使った運搬費用は査定額から差し引かれることもあります。

 

車検の有効期限が切れないようにするための方法

新車なら初回の検査が3年で、それ以降は2年ごとに受けなければいけない車検ですが、どうしても普段から車検の満了日を意識することはできないかもしれません。しかし、有効期限が切れると面倒な手続きを行うだけでなく、余計な費用がかかってしまいます。車検の有効期限が切れないようにするための方法についてご紹介します。

 

車検証を確認しておく

基本的な方法として考えられるのが、車検証の確認です。車検証には初年度登録年月や車体番号が記載されてあるだけでなく、車検の有効期限についても確認することができます。車検証は道路運送車両法によって、携帯が義務付けられています。そのため、ダッシュボードなどで大切に保管している人がほとんどではないでしょうか。常日頃から車検の有効期限を気にすることはありませんが、たまに車検証に記載されてある内容に目を通しておくと見逃すこともなくなるかもしれません。ちなみに、車検証が不携帯だった場合は、50万円以下の罰金が課されます。

 

車検標章を確認する

とは言っても、定期的に車検証を確認することは忘れてしまうという人もいるでしょう。車検の満了日は、フロントガラスに貼られている車検標章(車検シール)と呼ばれるステッカーにも明記されています。車検標章も道路運送車両法によって車内に備え付けることが義務付けられており、これに違反すると50万円以下の罰金が課されます。車検標章の表面には2つの数字が印字されており、小さく印字されている数字が車検の有効期限の年を表しています。そして、大きく印字されている数字が期限月です。また、車検標章の裏面には年月だけでなく日付も含めた車検の満了日が明記されているので、気になったらすぐに確認することができます。

 

車検の1ヶ月前には予約を入れておく

 

車検の有効期限がいつまでなのかが分かっていても、気が付いたら満了日が過ぎていたという話も少なくありません。このようなうっかりミスを防ぐためにも、車検の1ヶ月前には予約を入れておいてください。また、1ヶ月前から車検のために行動することで、車検費用を少しでも安く抑えることもできます。車検費用を安く抑える方法のひとつが、複数店舗に見積もり依頼をすることです。余裕を持って行動することにより、車検忘れを防ぐだけでなく、車検で必要な出費も最低限にできるかもしれません。

 

車検の有効期限が切れると時間もお金も損する

車検の有効期限が切れてしまっても、何らかの方法で対処することで、車検を受けることはできます。また、公道で走行させなければ、罰則や罰金が課されることはありません。しかし、余計な手続きを増やしてしまうだけで、時間だけでなくお金までも損をすることになります。引き続き乗ろうと考えているのであれば、いつかは車検を受ける必要があります。無駄な労力を消費してしまわないようにするためにも、車検は余裕をもって受けるようにしてください。

 

まとめ

普段から気にすることが少ない車検の有効期限ですが、満了日を過ぎてしまうと時間がかかるだけでなく、無駄な出費までも負担しなければならなくなります。うっかり忘れを防ぐためにも、車検の1ヶ月前には予約を入れておくようにしてください。また、車検について考える機会を増やすだけでも、車検費用を安く抑えることができるかもしれません。避けては通れない車検だからこそ、何がベストなのかを考えてみてください。

 

 

■車検のこと、まずはご相談ください!ネクステージグループの安心格安車検

簡単ネット予約はこちら!