ディーラーで車検をおこなうメリット、デメリットとは?車検を安くするための方法はあるの?

クルマ車検ガイド

ディーラーで車検をおこなうメリット、デメリットとは?車検を安くするための方法はあるの?

車検が行える場所はさまざまで、特徴や費用が大きく異なります。その中でも、メーカーからの信頼が強い店舗がディーラーです。直営店の契約を行っていることもあり、パーツや作業内容には高いこだわりを持っています。しかし一方で、費用だけを見ると高いと考える人もいるのではないでしょうか。そこでここでは、ディーラーで車検をおこなうメリット、デメリット、費用相場について解説します。ディーラー車検のメリット・デメリットを理解し、費用相場を大手販売店と比較することで、どこに依頼すればお得におこなえるのかを検討してみましょう。

 

■POINT

 

 

・車検の整備の質を求めるならディーラーか大手車販売店がおすすめ!

・どの業者に頼む場合でも見積もりをかならずもらおう

・車検の見積もりは早めにもらうようにしよう

 

 

ネクステージの安心格安車検のご案内・無料見積り予約 >

 

ディーラーで車検をおこなうメリット

車検にはさまざまな方法がありますが、ディーラーに依頼するメリットはどのような点なのでしょうか。一方で安さが重要と考えている人は、直営店のメリットをよく理解することで、点検の重要性を再確認できます。では、具体的にどのような強みがあるのかを見ていきましょう。

 

純正のパーツで対応してもらえる

ディーラーは自社のメーカー商品を扱っているため、純正部品を簡単に手に入れることが可能です。「純正」とは、新車を購入したとき最初に装備されているパーツを差します。車検を直営店に依頼するとパーツ交換の際は、必ず純正で対応してもらえるのです。安いパーツで交換を行う業者に比べると、より安全で信用できるメリットがあります。

 

また、純正パーツは売却時にも重宝されます。外部パーツを装備している車よりも、できるだけ純正パーツが多い車の方が高く売れる傾向にあるのです。もちろん、年式や走行距離によっても売却額は変動しますが、高評価してくれる買取販売店も少なくありません。そのため、将来的に少しでも高く売りたい人は純正パーツの装着を検討しても良いでしょう。

 

整備の質が高い

直営店に依頼すると、次回の点検まで安全に乗れる装備をしっかり行ってくれるメリットがあります。万が一にも不備などでメーカーへの信用や信頼を落とすわけにはいきません。仮に、作業後に問題があれば、メーカー全体の責任となるため整備の質は自然と高くなるのです。

 

メーカーの中には作業精度を高めるために、高い技術者の点検に加えてコンピューター診断を導入している場所もあります。コンピューター診断を行うことで、車の全体的な不具合を発見することが可能です。故障をすると、必要以上に費用や時間が掛かってしまい負担は大きくなってしまいます。故障をする可能性を減らせられるのであれば、作業範囲や制度が高い点検を受けると安心でしょう。

 

メーカーの車種に詳しい

自社の車を扱っている担当者は、販売だけでなく車種ごとに多くの知識を持ち合わせています。そのため、車種に合わせて微妙に違う特徴を深く理解しています。また、メーカー内で情報を共有しているため、車種ごとの不具合を察知する能力に長けています。

 

そのため、依頼する車種と同じメーカーの車種だった場合、知識だけでも信頼度はディーラーが最も強くなります。例えば、車種の中でも故障事例が多い車と判断された場合は、故障個所の早期発見や早期対応が可能です。費用はかかるかもしれませんが、車種やパーツによって故障しやすい車は当然あります。直営店の専門的な知識を活かして、最も有力な情報を手に入れられるのは大きなメリットです。

 

予防整備をおこなってもらえる

予備整備とは、車検を通すために行う点検以外の項目を整備することです。というのも、12カ月や24カ月などの点検を定期的に行っていない人は、車の状態を専門家に見せるときがありません。また、定期点検には費用もかかるため敬遠しているケースが多いのです。そのため、車検を通して車の状態をくまなくチェックし、故障の予防を行えるのが予備点検のメリットとなります。逆に、定期点検を行っている人には必要のないサービスかもしれません。

 

費用を抑えたいあまり予備点検をしない人の中には、車検直後に車が故障し修理をするケースも少なくありません。しかし、故障個所が点検とは全く関係ない場合、依頼者の責任となってしまいます。当然、修理費も自己負担になるため、点検がいかに重要なのかを理解しておく必要があるのです。そのため、普段から点検を行っていない人は、予備点検を利用することも大切です。

 

ディーラーで車検をおこなうデメリット

ディーラーを利用するデメリットに費用が高いことが挙げられます。作業範囲やパーツにこだわっているため、パーツ代や技術料(作業員1人の工賃)も高くなります。予備点検を依頼しなくても、車全体を点検してくれますが、それが工賃に反映されているのは費用をだす側からするとデメリットでもあります。

 

次に、時期によっては自社の工場で行ってくれないケースもあります。信頼性や安心感が売りの直営店での車検ですが、場合によっては外注を行うことがあります。各メーカーには、専属の外注先が設けられており、受注が殺到している場合には外注を活用して対応しています。外注するのであれば整備工場に直接依頼するのと変わりがないと考える人にとっては、ディーラーに依頼するメリットがなくなってしまうとも言えます。当然、買取店や専門店などに依頼した方が費用は安いので、わざわざディーラーに依頼する意味がなくなってしまうのもデメリットでしょう。

 

ディーラー車検と大手販売店の相場を比較

ディーラーと大手販売店の車検費用相場を比較して、車種別にどのくらい違うのかを見ていきましょう。

 

ディーラーの費用相場(トヨタ系列ディーラー)

クラス

車種名

法定費用+基本料の合計

軽自動車

ピクシス(エポック・ジョイ・メガ)

71,110円~

Sクラス

パッソ・アクア・ルーミー等

93,210円~

Mクラス

プリウス・プリウスα等

105,190円~

Lクラス

エスティマ・カムリ

107,890円~

XLクラス

アルファード・ランドクルーザ―

124,190円~

 

大手販売店(ネクステージ)の費用相場

車種

車両重量

法定費用+基本料の合計

軽自動車

無し

39,320円~

小型クラス

1トンまで

49,980円~

中型クラス

1.5トンまで

58,180円~

大型クラス

2トンまで

66,380円~

大型1BOXクラス

2トン以上

74,580円~

商用車・バン

4ナンバー

31,700円~

 

上記はあくまでも相場ですが、ディーラーと買取店では費用に大きな差が出ているのです。相場を見るだけでも、買取店の方が圧倒的に安いことが分かります。そのため、車検でどこを重視するかで依頼先を決めると良いでしょう。

 

ディーラーで車検を行うときの注意点

ディーラーで車検をおこなう場合でも、買取店で車検をおこなう場合でも、注意しなければいけないことはあります。そこでここではディーラーだからこその注意点から、どの車検業者でも気をつけなければいけないポイントまで解説します。

 

見積もりをかならずもらう

費用を安くする方法として、価格の交渉があります。この交渉を行う際に見積もりが重要となります。同じ車種でも各販売店によって見積金額は異なり、見積もりを提示することで金額の違いを比較することができます。そのため、ディーラーで車検を依頼する前に必ず見積もりをもらうようにしましょう。そして、同じ条件での見積もりを照らし合わせて条件の良い場所を選ぶことが重要です。もし、条件は良くて金額だけが納得いかない場合は、見積もりを参考に交渉を行いましょう。

 

余分なオプションをつけない

点検項目が多い特徴は魅力でもありますが、費用がかさむ原因にもなります。余分な部品の交換や整備などのオプションを省くことで、費用を削減することが可能です。実は、オプションの中には、整備だけでなく洗車や車内清掃も含まれているのをご存じでしょうか。車内の清掃や洗車は自分でも行えるので、担当者に必要ない旨を伝えることも大切です。見積もりを取る段階で、オプションの程度を自分で決めておけば満足のいく車検を受けることができます。

 

早めに見積もりをする

見積もりを依頼する際は、車検の有効期間ギリギリよりも余裕を持って行う方がお得になります。各販売店には独自の割引方法があり、中には予約した期間で割引率が変わるのです。例えば、半年前だと10%、3カ月前だと5%などの優遇措置が取られるなど。

 

また、見積もりを早くもらわないと時間が間に合わないケースもあります。ディーラーの工場は、土日などは混雑し忙しい特徴があり、見積もりがもらえないこともあるのです。平日に仕事をしている人だと、見積もりで交渉することもできない事態に発展しかねません。そのため、価格交渉ができる期間を設けるためにも、早めに見積もりを取っておきましょう。

 

車検を安くする方法とは

車検で費用を安くするためには、基本料が低い店舗に依頼するのが効率的です。いくらディーラー間で見積もりを取っても、大きな差は生まれません。実は、正規店での価格を下げられる幅は決まっており、大きく下げることはできない仕組みなのです。それならば、大手の買取専門店に依頼した方が数万円単位で安くすることができます。

 

先ほどの費用比較でもわかるように、買取店の方が費用は安くなります。また、大手ならば各店舗に整備工場を持っているので外注の心配も少なくなります。もちろん、スタッフの技術力も好評で安心感も抜群です。大手の買取専門店も信用を売り買いしているので、丁寧な作業に変わりはありません。そのため、費用を大きく下げたいのであれば、買取店も視野に入れておきましょう。

 

車検を安くしたいのならネクステージにお任せ!

大手の販売店でもおすすめなのがネクステージ。ネクステージでは、低価格・高品質を謡っているだけあり、さまざまなサービスを行っています。例えば、割引サービスを活用すれば費用を最大7,000円割引することが可能です。予約の期間によって割引額は変動しますが、費用を少しでも安くしたい人にはピッタリでしょう。

 

また、ネクステージの品質は高く、車検の専任スタッフが点検や整備を行ってくれます。それでも心配な人のために「立ち合い」での作業が魅力的です。自分の愛車を見ながら担当者と、作業内容や疑問的などを話しながら行えるので、納得感や安心感を実感しやすいと利用者からも高評価を多く得ています。

 

また、店舗には子供が遊べるスペースや代車無料サービスなど細かなポイントも多く、安いだけではないメリットがあるのです。

 

まとめ

ディーラーで車検を行うメリットやデメリットを総合的に見た場合、やはり費用の高さが目立ちます。確かに、車の隅々まで見てもられるのは嬉しいですが、そこまで求めていない人もいるでしょう。金銭面に余裕がある人や車の整備を一切行わない人にはおすすめですが、費用の安さを第一に考えている人には不向きです。

 

費用の安さに重視したいのであれば、大手販売店のネスクテージにお任せください!費用が安いのはもちろんですが、作業の信頼性や安心感にも気を配っています。さらに車検代を安くしたい人は予約割引を最大限活用し、お得にお申し込みください!

簡単ネット予約はこちら!