ヘッドライト項目で車検に落ちる車とは|2015年の規則改正で何が変わったのか

クルマ車検ガイド

ヘッドライト項目で車検に落ちる車とは|2015年の規則改正で何が変わったのか

ヘッドライトが暗いと夜道を不安に感じる方も多いのではないでしょうか。また、そのままでは車検に通るかどうかも気になるところです。2015年の規則改正で検査基準が厳しくなり、今まで以上にしっかりとした明るさや光軸でないと、車検に不合格となる可能性があるのです。

 

そこで今回は、2015年の規則改正で何が変わったのか、車検に通らなかった場合の対処法についてご紹介していきます。現在のライトに不満や不安がある方は、ぜひチェックしてみてください。

 

※目次※

1.ヘッドライトは2015年9月1日以降の車検で新基準採用

2.車検前のヘッドライトチェックにいくらかかるのか

3.純正ヘッドライトでも車検に通らない そんな場合に試してみるべき対処法

4.ヘッドライトのチェックはできなくても自分でライトは選べる

5.ユーザー車検を受ける前に「テスター」でヘッドライトチェック

6.まとめ

 

■POINT

 

 

・2015年9月1日以降、ヘッドライトの検査が新基準となったことで、車検に落ちる車が続出している

・大きく変わったことは、「ハイビーム」から「ロービーム」検査へと変更になり、検査がよりシビアになったこと

・純正でも落ちる場合があるため、自分でライトを選ぶことが必要な可能性もある

 

 

ネクステージの安心格安車検のご案内・無料見積り予約 >

 

ヘッドライトは2015年9月1日以降の車検で新基準採用

2015年9月1日以降、車検時のヘッドライトの検査基準がよりシビアになり、今まで以上に対策を行わないと不合格となってしまうようになりました。しかし、これにより光軸がしっかりとした車になり、夜間でも皆が安心して走行できるようになります。

 

車検のヘッドライト旧基準と新基準どこがどう変わったのか

2015年9月1日から、車検のヘッドライトの基準は大きく変更されました。では一体、旧基準と新基準でどこがどう変わったのか、一覧にしてご紹介します。

 

旧基準

測定条件

ハイビームでの測定

光軸の位置

照らす方向が合っていれば合格

光量

最も明るい部分が1mと10mで大きく変わらず、規定の明るさ以上である

色の基準

黄色・白色

 

新基準

測定条件

ロービームでの測定

光軸の位置

前方10mを照らした際、エルボー点が規定の位置にあれば合格

光量

1灯につき6,400カンデラ以上

色の基準

白色(平成17年12月31日以前に登録された車は黄色でも可)

 

旧基準と新基準で大きく変わったのが「測定条件」です。旧基準はハイビームでの測定でしたが、新基準ではロービームの測定となりました。

 

基準が変更された理由として、1998年9月1日以降に製造された車が、ハイビームではなくロービームを基準にするようになったことや、近年になり、ロービームを基準として製造された車が大部分を占めるようになったことが挙げられます。

 

新基準では、「光軸」の検査が厳しくなったのが特徴です。ロービームは光の上部をカットしており、それを「カットオフライン」と呼んでいます。さらに、そのカットオフライン上には「エルボー点」と呼ばれる部分があります。左にいる歩行者をよく照らせるように、そこから左に上がって照らしていく形です。

 

ハイビームで測定を行っていた旧基準には、エルボー点の厳しい検査はありませんでした。新基準は、エルボー点が規定の位置にあるかどうかの検査が非常にシビアであるため、不合格となる車が多いのが特徴です。

 

カンデラとケルビン

カンデラは、バルブの光がリフレクターなどで反射され、照射する範囲の明るさの量を表します。このカンデラの値は、取り付けを行った車の状態や車種によって変動します。

 

次にケルビンです。これは、バルブの色味を表す単位です。数値が低いほど黄色味に、数値が高いほど青味がかかっていきます。旧基準の場合は黄色でも合格でしたが、新基準は原則白色でなければなりません。

 

4,000ケルビンから6,000ケルビンほどであれば白味が強いので、その範囲内から選ぶことがおすすめです。

 

ヘッドライトで不合格になる車の特徴

まず挙げられるのが、自分で社外品にバルブ交換を行った車です。社外品であると、取り付けた車種のリフレクターに合わず、うまく反射して照射ができずに明るさが足りない場合があります。そうなると、カットオフラインがはっきりしません。さらに、そもそも購入したバルブの明るさが足りていない可能性もあるでしょう。

 

次に、輸入車です。右側通行の国の場合、エルボー点から右に上がるため、検査に合格することができません。その場合、日本の車検の規定にあったものへと交換できれば良いですが、車種によっては対応不可である可能性もあります。

 

最後に、レンズの汚れや曇りがある車です。汚れや曇りによって光が遮られてしまい、十分な光量を照射できない可能性があります。また、エルボー点がぼやけてしまい、規定に沿うことができなくなる恐れもあるでしょう。

 

車検前のヘッドライトチェックにいくらかかるのか

ユーザー車検を行う方は、事前にヘッドライトチェックを受けることが重要です。車検に合格するためには、専用の測定機器を使用して光軸調整をする必要があります。

 

自分だけで調整して合格するのは非常に困難ですので、プロにお願いすることが一番です。整備工場に依頼した場合、1,000円から5,000円ほどで調整をしてくれるでしょう。

 

純正ヘッドライトでも車検に通らない そんな場合に試してみるべき対処法

社外品に交換していた場合、車種との相性が悪くて不合格となることは十分考えられます。しかし、その車種の純正品を使用していても不合格となることもあります。そういった場合、バルブではなく、他の部品に原因があることが多いです。原因を突き止めて、対処する必要があります。

 

ヘッドライトをきれいに磨いてみる

一番多いのが、レンズが汚れていることで、光量が少なくなっているというパターンです。この場合は、レンズをきれいに磨くことで検査に合格できることがあります。

 

まずはレンズ全体をウェスなどで拭いてみましょう。軽微な汚れならこれだけで落ちる可能性があります。それでも落ちないようなら、市販されているレンズの黄ばみ取りを使用すると良いでしょう。レンズの透過度が高くなれば、バルブの光がレンズ外に届く量が増加して、結果的に光量がアップします。

 

ライトの種類を変えてみる

レンズを掃除しても光量が足りなかったという場合、ライトの種類を変えてしまうという方法もあります。

 

ライトには「ハロゲン」、「バイキセノン」、「LED」という種類があります。特に光量があるのがバイキセノンとLEDです。この2種類のライトに変えることで光量が増加し、検査に合格することもあります。

 

車検に合格する以外にも、明るくなることで安心して夜間のドライブができるというメリットもあります。自分に合ったものを選ぶことができますので、光量が足りない場合は検討してみましょう。

 

ヘッドライトのチェックはできなくても自分でライトは選べる

ヘッドライトのチェックは専用の測定機器が必要なため、自分で行うことは困難です。しかし、ライトの種類を自分で選ぶことは可能です。ライトによって光量や特徴などが異なるため、車検に合格する目的以外にも、普段のドライブでも威力を発揮するでしょう。

 

ハロゲンライトの特徴と価格相場

ハロゲンライトは、中に「ハロゲンガス」というものが入っており、白熱電球と同様にフィラメントを利用して発光します。黄色味を帯びた色であり、ロービームであれば対向車もあまり眩しさを感じません。

 

黄色味を帯びているので、雨や霧などの悪条件の際には視認性が高くなります。また、発熱するので雪が積もっても溶けること、雪の白と同化しないため見えやすいことから、雪国では多く使われているライトです。バルブ交換が容易であるというメリットもあります。しかし、他のライトと比較すると明るさでは劣ります。

 

寿命は短く、800時間程度で使えなくなります。価格相場は、1,000円~7,000円ほどであり、比較的安価です。

 

バイキセノンライトの特徴と価格相場

ハロゲンのようにフィラメントがなく、アーク放電によって発行するライトです。色は白や青味がかかっており、ドレスアップする場合にも人気があります。

 

他の種類のライトと比較しても非常に明るいため、街灯が少ない地域にお住まいの方や、夜の運転が多い方におすすめです。しかし、ライトのスイッチを入れてから最大光量になるまで、およそ5秒から10秒程度かかります。短いトンネルが連続して続くような所だと、使い勝手が悪くなるかもしれません。

 

寿命は長く、2,000時間ほどは使用可能です。バルブの価格は、1万円から2万円ほどです。

 

LEDライトの特徴と価格相場

家電でも主流になりつつあるLEDは、発光ダイオードを使用したライトであり、複数のチップを並べて発光しています。

 

特徴は、何と言っても長寿命で消費電力が少ないことにあります。他のライトよりも圧倒的に長く使用でき、寿命を迎えるよりも先に、車を売却したり廃車になったりしている可能性が高いほどです。消費電力が少ないため、電力系統への負担も少なくて済みます。光量も必要十分な量を確保しています。

 

寿命は驚異の30,000時間で、15年ほどとも言われています。価格相場は、1万円から2万円ほどです。

 

ユーザー車検を受ける前に「テスター」でヘッドライトチェック

ユーザー車検を受ける方は、検査を受ける前にヘッドライトのチェックをしておけば安心です。自分だけで完璧に光軸調整するのは非常に難しいことです。専用の測定機器を使用すれば確実な光軸調整をすることができるので、検査に合格する確率が格段に上がります。

 

車検の検査場周辺には予備検査場があり、そこでテスターにかけてもらいましょう。2,000円ほどでチェックをしてくれるので、検査に落ちたときのことを考えれば安い費用であると言えます。

 

まとめ

ここまで、2015年の規則改正で変わったこと、車検に通らなかった場合の対処法などをご紹介してきましたが、いかがでしたか。

 

2015年9月1日の規則改正で、検査対象がハイビームからロービームに変わったことで、規定がよりシビアとなり不合格となる車が増加しました。特にユーザー車検を利用する場合、自分だけで検査に合格する基準に調整するのは非常に困難です。車検に通るかどうか不安な場合は、信頼のおけるプロに相談しましょう。

 

ネクステージでは、高度な知識と技術を持った、国家資格を有する整備士が常駐しており、車のことなら何でも安心して相談することができます。また、設備が整った指定工場や認定工場であるため、高品質な車検を行うことも可能です。車のお悩み事がありましたら、ぜひネクステージにご相談ください。

 

簡単ネット予約はこちら!