自動車のヘッドライトの汚れをなんとかする!汚れを落とす方法や予防方法を解説!

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

自動車のヘッドライトの汚れをなんとかする!汚れを落とす方法や予防方法を解説!

自動車のヘッドライトの汚れをなんとかする!汚れを落とす方法や予防方法を解説!

定期的に自動車のメンテナンスをしていても、ヘッドライトに黄ばみが発生することはあります。黄ばみが強いと夜間運転にも支障が出るので、早めに黄ばみを取り除きたいという方もいるのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、黄ばみの原因と除去する方法を紹介します。この記事を一読すれば、黄ばみを落とす方法が分かるようになり、きれいなライトが取り戻せるでしょう。

 

※目次※

1.自動車のヘッドライトが黄ばむ原因とは?

2.自動車のヘッドライトの黄ばみを落とす方法

3.黄ばみ対策のDIYアイテム

4.自動車のヘッドライトの黄ばみを予防する方法

5.プロに整備を頼んでみよう

6.まとめ

 

■POINT

 

・以前のヘッドライトは強化ガラス製だったものの、現在ではポリカーボネートを使っており樹脂が劣化することがある

・黄ばみを落とすには研磨剤が効果的、コーティング剤を使用すれば状態を長持ちさせられる

・黄ばみを予防する方法もある!自分で黄ばみを落とすのが難しい場合はプロの整備士に依頼しよう!

 

 

ネクステージの安心格安車検のご案内・無料見積り予約 >

 

自動車のヘッドライトが黄ばむ原因とは?

自動車のヘッドライトの汚れをなんとかする!汚れを落とす方法や予防方法を解説!

 黄ばみを落とす方法を知るためには、まずは黄ばみの原因を理解しておくことが大切です。そうすることでより効果的に落とす方法が分かるでしょう。

 

黄ばみの原因はひとつではなく、いくつかの原因が重なることもあります。丁寧に扱っていても黄ばんでしまうのは、カバーに使用する素材が原因です。ここでは、黄ばみが起きる4つの原因を確認しましょう。

 

樹脂が劣化する

黄ばみの原因のひとつは樹脂の劣化です。昔のヘッドライトのカバーはガラス製品を使っていましたが、最近ではポリカーボネートが使われています。

 

ポリカーボネートは一般的なガラスの250倍以上の耐衝撃性を持っているといわれ、衝突事故が発生した場合でも破片があまり飛び散りません。事故を防ぐ点では便利なポリカーボネートですが、樹脂でできているので劣化してしまうことが欠点です。樹脂が劣化すると黄ばんだように見えてきます。

 

紫外線で劣化する

黄ばみの主な原因は紫外線です。ポリカーボネートは紫外線を浴び続けると劣化してしまいます。劣化を防ぐために表面はコーティングされていますが、コーティングが落ちてくることは避けられないでしょう。すると紫外線を吸収し、黄色に変色してしまいます。

 

自動車を紫外線から守る方法として、車にカバーをかける、駐車場に屋根を取り付けるなどの方法があります。

 

ライトの熱で劣化する

ライトの熱も黄ばみの原因のひとつです。ポリカーボネートは120℃~130℃の熱にも耐えられますが、夜間時にライトを使い続けると少しずつダメージを受けてしまいます。

 

運転後にヘッドライトを触れたら、やけどをしそうなくらいに熱くなっていることもあるでしょう。特に渋滞時に関しては、風による冷却効果がないのでヘッドライトが熱を持ちやすく、黄ばみの原因になります。

 

小さな傷に汚れが付く

小さな傷による汚れも黄ばみの原因です。ヘッドライトは自動車の前方に取り付けているので、悪路や雪道などを走行すると小石などで傷が付いてしまいます。最初は目立たないような小さな傷でも年月を重ねると大きくなり、そこに付着した汚れは簡単には取れません。

 

またポリカーボネートは、強い衝撃には耐えられるもののガラスよりも強度が低いので傷が付きやすい素材です。そのため注意しながら走行しても、小石などによる傷は付いてしまうでしょう。

 

ネクステージの安心格安車検のご案内・無料見積り予約 >

 

自動車のヘッドライトの黄ばみを落とす方法

自動車のヘッドライトの汚れをなんとかする!汚れを落とす方法や予防方法を解説!

 ヘッドライトが黄ばむ理由を知った後は、実際に落とす方法をチェックしましょう。ヘッドライトの黄ばみに最も効果的な方法は研磨です。ただしやみくもに研磨すると、ヘッドライトの表面を傷つけてしまいます。そのためヘッドライトの素材でもあるポリカーボネートに適した研磨剤を用いることが重要です。

 

黄ばんだままだとヘッドライトの交換が必要になる

黄ばんだ状態ではあるものの、ドライブには支障が出ていないので修理せずに放置する方もいるでしょう。しかし新車の状態と比べると光量が落ちている可能性があります。

 

加えて黄ばみを放置したために、車検に通らなかったというケースもあります。その結果、カバーだけではなくユニットの交換も必要になり、高額の修理費がかかってしまうことにもなりかねません。

 

耐水ペーパーで磨く

黄ばみを落とす方法のひとつ目は研磨することです。耐水ペーパーなら粗目から細目までそろっているので、黄ばみの強さに応じて目の粗さを使い分けられます。

 

耐水ペーパーを使うときのこつは、磨くときに水で流すことです。水を流しながら磨かないと、削りかすが傷の中に入り込んでカバーを曇らせたり、新しい傷を付けたりします。

 

コンパウンドで磨く

コンパウンドとは自動車のボディについた傷を隠す研磨剤です。耐水ペーパーも研磨剤のひとつですが、コンパウンドには研磨剤と薬剤を混ぜた液状になっています。耐水ペーパーでは平らにできなかった傷を、鏡面のようになるまで滑らかにしましょう。

 

コンパウンドを使うときには、縦横の順番で磨くのがおすすめです。円を描きながら磨くよりも傷を滑らかにできるので覚えておきましょう。きれいに磨き上がったら、ヘッドライト用のクリーナーで仕上げます。

 

ピカールを使う

ピカールとは日本研料工業が製造している金属磨き材のことで、耐水ペーパーやコンパウンドと同じようにヘッドライトの黄ばみ落としにも使用できます。

 

アルミナ系の鉱物を研磨剤の主成分としており、軽く磨くだけで黄ばみを落とせます。ピカールはホームセンターなどでも購入できるので、定期的なメンテナンスのためにもそろえておくと便利でしょう。

 

ネクステージの安心格安車検のご案内・無料見積り予約 >

 

黄ばみ対策のDIYアイテム

自動車のヘッドライトの汚れをなんとかする!汚れを落とす方法や予防方法を解説!

自分で黄ばみを落とすには、アイテムをそろえておくことが重要です。ここでは、黄ばみ対策に役立つDIYアイテムを5つ紹介します。

 

それぞれには正しい使用方法があるので、あらかじめ使い方を理解しておくのが大切です。また初心者の方は失敗を避けるためにも、カー用品店などで相談しながら商品を選ぶとよいでしょう。

 

耐水ペーパー

耐水ペーパーは防水加工が施された紙やすりです。耐水ペーパーには番手が付いており、数字が小さいと目が粗く、数字が大きくなると目が細かくなっていきます。100均でも手に入るので持っておくと便利です。

 

一般の紙やすりでも黄ばみを落とすことは可能ですが、水に弱いため洗い流すときに作業を止める必要があります。洗い流した後に水気を拭いてから再度やすりをかけるのは面倒です。耐水ペーパーなら洗い流しながら使用できるので手間がかかりません。

 

コンパウンド

コンパウンドとは複合物という意味を持ちますが、カー用品では研磨剤のことです。研磨剤の粒子の大きさによって粗目や中目、細目といった種類があります。粗目のほうが削る力が強く、細目のほうは削る力が弱めです。そのため、ヘッドライトの黄ばみが強いときには粗目を使用し、黄ばみが弱いときには細めを使用しましょう。

 

粒子の大きさ以外にも水溶性と油性、ペーストタイプとリキッドタイプ(液体)の違いがあります。ヘッドライト磨きに特化したコンパウンドもあるのでチェックしてみましょう。

 

ヘッドライト用クリーナー

さまざまな種類のクリーナーが販売されており、プロ向けの本格的なものから初心者でも気軽に使えるものまであります。初めてクリーナーを使うときは、下地処理からコーティングまでがセットになっているタイプを選ぶとよいでしょう。

 

ヘッドライト用クリーナーには、研磨剤入りのタイプや傷を溶かして滑らかにする有機溶剤が入っているタイプがあります。事前に口コミをチェックしたり、カー用品店で店員に聞いたりしてから購入しましょう。

 

コーティング剤

コーティング剤とは、ヘッドライトを含む自動車のボディの仕上げ材です。耐水ペーパーやコンパウンドを使って黄ばみを落としても、時間が経過すると再び黄ばみが生じます。これを防ぐためには、コーティング剤を使ってヘッドライトを保護するとよいでしょう。

 

カー用品店ではさまざまな種類のコーティング剤がありますが、購入する際には耐久性をチェックしましょう。        加えてコーティング剤の容量や施工可能な回数で比較するとコストパフォーマンスも測れて、最適なコーティング剤を見つけられます。

 

保護フィルム

黄ばみを防ぐもうひとつの方法は保護フィルムです。プロテクションフィルムとも呼ばれており、飛び石や土の汚れなどからガードします。加えて保護フィルムにはUVカット機能が付いており、紫外線からもガードします。

 

商品によっても異なりますが、一般的な保護フィルムの耐久性は5年~6年です。車検に対応しているので安心して使用できます。古くなって耐久性が失われたら、新しい保護フィルムに取り換えるだけなので便利です。

 

ネクステージの安心格安車検のご案内・無料見積り予約 >

 

自動車のヘッドライトの黄ばみを予防する方法

自動車のヘッドライトの汚れをなんとかする!汚れを落とす方法や予防方法を解説!

耐水ペーパーやコンパウンドを使えばDIYでヘッドライトの黄ばみは落とせます。しかし、時間が経過すると再び黄ばみが生じるので注意が必要です。放置しておくと再び黄ばみを磨き落とさなければならないので、黄ばみを付けないための対策を講じておきましょう。

 

ここでは、黄ばみを予防する方法を3つ紹介します。汚れを落とすことに加えて、予防する方法も覚えておきましょう。

 

ヘッドライトをコーティングする

コーティング剤を塗布するときは、ムラが出ないように丁寧に塗りましょう。ムラができてしまうと仕上がりが悪いだけではなく、耐久性が下がります。そのため、コーティング剤を少しずつ伸ばしながら塗りましょう。

 

またコーティング剤は、耐水ペーパーやコンパウンドで磨いた後に塗るのがおすすめです。小さな傷からでも黄ばみが広がることもあるので、ヘッドライトを磨いた後は、すぐにコーティング剤を塗布しましょう。

 

ヘッドライトに保護フィルムを貼る

保護フィルムを貼るときは、しわや気泡に注意しましょう。しわが残ってしまうと、耐久性が落ちる可能性もあります。

 

保護フィルムをきれいに貼るには、霧吹きタイプのスプレーボトルと中性洗剤を用意しましょう。スプレーで水に溶いた中性洗剤を接着面に吹きかけておくと、しわが取れやすくきれいに貼れます。

 

もしも気泡が発生したときは、指や手のひらを使いながらゆっくりと押し出します。なお保護フィルムを貼る際には、傷を防ぐために前もって洗車しておきましょう。

 

駐車時に紫外線が当たらないようにする

普段の心がけによっても黄ばみを防げます。おすすめの方法は、駐車時に紫外線が当たらないようにすることです。日陰のある場所に駐車をしたり、地下駐車場を利用したりすることで保護できるでしょう。

 

しかし、屋根のない駐車場を利用している場合には、紫外線の影響を受けてしまうでしょう。そのような場合、ボンネット保護カバーを使えば紫外線や汚れなどをガードできます。カー用品店で購入できるので、ぜひ使ってみましょう。

 

ネクステージの安心格安車検のご案内・無料見積り予約 >

 

プロに整備を頼んでみよう

ヘッドライトの黄ばみを自分で取り除くのが不安な場合、プロの整備に頼むのも良い方法です。プロに依頼するメリットは、豊富な知識量と確かな技術です。

 

黄ばみはヘッドライトの形状や年式によっても扱いが異なりますが、プロに依頼すれば臨機応変に対処できるでしょう。加えて最新の技術でコーティングをするので、自分で施工したときよりも長持ちします。黄ばみを完全に除去したいときや黄ばみの再発を防ぎたいときには、プロの整備士に相談しましょう。

 

まとめ

自動車のヘッドライトの汚れをなんとかする!汚れを落とす方法や予防方法を解説!

ヘッドライトの黄ばみの原因は紫外線やライトの熱による樹脂の劣化です。黄ばみが強いと車検に通らない可能性もあるのでしっかり除去しましょう。ヘッドライト用クリーナーを購入してDIYもできます。

 

自分で黄ばみを取り除くのが難しい場合は、プロの整備士に依頼するのもおすすめです。車の整備を依頼するなら信頼と販売実績が豊富な大手業者に依頼するとよいでしょう。ネクステージは長年の販売実績があり、大手業者としての信頼を受けています。修理や整備をお考えの方は、ぜひネクステージにご相談ください。

 

ネクステージの安心格安車検のご案内・無料見積り予約 >

自動車のヘッドライトの汚れをなんとかする!汚れを落とす方法や予防方法を解説!

簡単ネット予約はこちら!

 

ページトップへ