車の査定方法はどれがおすすめ?査定額を上げるコツや売却のタイミングも解説

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

車の査定方法はどれがおすすめ?査定額を上げるコツや売却のタイミングも解説

車の査定方法はどれがおすすめ?査定額を上げるコツや売却のタイミングも解説

車の買取査定を依頼する方法としては、「持ち込み査定」や「出張査定」、「一括査定」などさまざまな方法があります。それぞれメリットや注意点が異なるため、「どの方法を選べばよいの?」と悩んでいる方も多いでしょう。

 

よりお得に車を手放すためには、査定方法の特徴を理解しておくのが重要です。そこでこの記事では、おすすめの車の査定方法について解説します。査定額をアップさせるための工夫についても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

※目次※

1.車の売却でおすすめしたい3つの査定方法とは?

2.おすすめの車査定方法1つ目:持ち込み査定

3.おすすめの車査定方法2つ目:出張査定

4.おすすめの車査定方法3つ目:一括査定

5.車の査定から売却で必要となるもの

6.査定額をアップさせるコツとは?

7.車の査定でおすすめのタイミングや時期

8.車の査定を受けるならネクステージで!

9.まとめ

 

■POINT

・代表的な車の査定方法は「持ち込み査定」「出張査定」「一括査定」の3つ!

・車の査定額を上げるためには、なるべく早めに行動をするのが大事。また車検前やモデルチェンジ前など、お得になるタイミングがいくつかある!

・車の査定を受けるならネクステージまで。無料出張査定にも対応している!

 

\30秒でカンタン査定依頼!/

今すぐ無料査定を受ける

車の売却でおすすめしたい3つの査定方法とは?

車の査定方法はどれがおすすめ?査定額を上げるコツや売却のタイミングも解説

車の売却でよく使われる査定方法としては、「持ち込み査定」「出張査定」「一括査定」の3つがあります。それぞれメリットや注意点が存在するため、自分に合った方法を選択するのが重要です。

 

ここでは、査定方法の特徴やメリット、注意点について解説します。どの査定方法にしようか迷っている方は、こちらの項目をぜひ参考にしてください。

 

持ち込み査定

査定方法のひとつである持ち込み査定は、買取を行っている店舗に自分の車を持ち込んで査定してもらう方法です。買取店が営業している時間であれば、自分の都合のよいタイミングで持ち込んで査定してもらえます。

 

とくに予約する必要はありませんが、時期によっては順番待ちになっているときもあります。スムーズに査定してもらうためにも予約をしておくことをおすすめします。混雑していなければ、査定開始から30分から1時間ほどで終わります。査定を待っている間に車の情報やアンケートを記入したりして待っていることになります。

 

その場で買取を即決する必要もなく、査定が終わったらそのまま違う買取店に持ち込んで査定してもらうことも可能です。

 

出張査定

一方で出張査定は、買取業者に自宅の駐車場まで来てもらって査定してもらう方法です。自分で車を持ち込む必要がありませんので、家を空けられないときでも査定を受けられます。

 

ただし、出張査定をしてもらうためにはインターネットや電話などで事前に予約しておく必要があります。査定士のスケジュール状況次第では、査定の予約が取れるのが1週間以上先になることもありますので、急ぎで査定してもらいたいときには持ち込み査定の方がよいでしょう。

 

また、出張査定だからといって査定金額が減額されることは基本的にありませんが、業者によっては出張手数料が発生するところもあります。後から請求されてトラブルになることも考えられますので、予約の際に手数料の有無などはしっかりと確認するようにしましょう。

 

一括査定

一括査定とは、1回で複数の販売店に見積もりを申し込めるサービスです。持ち込み査定や出張査定の場合は、1店舗ずつ査定する流れになりますが、一括査定であれば一度で複数の見積もり(相見積もり)を取得できます。

 

査定後に実際に車の売却をする必要もないため、手軽に見積もりを取りたい場合に役立ちます。ただし複数の業者に個人情報を提供することになり、場合によっては「営業電話のしつこさ」に悩まされることもあるため注意が必要です。

 

メリットや注意点については、後の項目で詳しく解説します。

 

\30秒でカンタン査定依頼!/

今すぐ無料査定を受ける

おすすめの車査定方法1つ目:持ち込み査定

車の査定方法はどれがおすすめ?査定額を上げるコツや売却のタイミングも解説

車の査定方法を選択する際には、それぞれのメリットや注意点を、押さえておくことが大切です。実際に査定依頼するときに余計な手間がかかったり、損失を被ったりすることがあるのです。

 

それぞれの査定方法にはどのようなメリットや注意点があるのでしょうか。まずは、持ち込み査定のメリットと注意点から見ていきましょう。

 

持ち込み査定のメリット

自分の都合に合わせてすぐにでも査定依頼ができることが、持ち込み査定の最大のメリットであるといえます。急に予定が空いて時間ができたとき、買取店に持ち込めばその日にすぐに査定してもらえます。出張査定に比べてスピーディーに対応してくれますので、できるだけ早く売りたい人には持ち込み査定をおすすめします。

 

また、査定額に納得できない場合に持ち込み査定の方が断りやすいこともメリットのひとつです。買取ではいろいろな買取店での査定を比較することが大切です。買取店を回って査定してもらうときには持ち込み査定の方が速やかに多くの店舗の見積もりがとれます。

 

持ち込み査定の注意点

あらかじめ査定の相場金額を把握しておくとは、持ち込み査定を賢く行う重要なポイントです。いくつかの買取店で査定してもらう予定ならよいのですが、ひとつの買取店だけの査定では査定額が高いのか低いのか判断できません。

 

買取業者によっては査定額を低く見積もっているケースも考えられますので、事前に査定相場を調べておけば査定額の正統性を正しく判断できます。また買取店によっては、インターネットで大まかな査定金額を出してくれるサービスもあるのです。持ち込み査定の前に一度利用してみることをおすすめします。

 

\30秒でカンタン査定依頼!/

今すぐ無料査定を受ける

おすすめの車査定方法2つ目:出張査定

車の査定方法はどれがおすすめ?査定額を上げるコツや売却のタイミングも解説

次は出張査定のメリットと注意点をご紹介します。出張査定は移動する必要がなく自宅で査定してもらえる方法ですが、自宅で査定するからこそ注意するべき点もあります。

 

納得できる買取ができるように、主張査定のメリットや注意点をしっかりと把握しておくことが大切です。どのようなメリットと注意点があるのか、順番に見ていきましょう。

 

出張査定のメリット

出張査定のメリットとしては、自分で車を持ち込む手間が省かれることが挙げられます。予約する必要はありますが、自宅にいながら愛車の査定ができるので利用の仕方によっては便利なサービスだといえます。

 

また出張査定では事前予約を行いますので、当日に待ち時間が発生することはありません。予約でスケジュールを組んだ時間通りに査定が始まり、査定が完了するまでは30分から1時間程度です。買取のスケジュールがある程度決まっている場合は、出張査定を利用するのもよいでしょう。

 

出張査定の注意点

出張査定を利用する際に最も注意するべきなのは、依頼する業者選びです。出張査定はわざわざ来てもらっている手間に気を遣って、買取を頼まれたときにNOと言いにくくなる傾向にあります。また査定金額に納得できないにもかかわらず、買取を勧誘してくる業者がいます。

 

自宅で粘られると、面倒に感じて早く帰ってもらおうと買取の契約をしてしまうケースも考えられます。査定額を適切に見積もってくれて、営業活動をしてこないような信頼できる業者を選んで依頼するようにしましょう。

 

\30秒でカンタン査定依頼!/

今すぐ無料査定を受ける

おすすめの車査定方法3つ目:一括査定

車の査定方法はどれがおすすめ?査定額を上げるコツや売却のタイミングも解説

持ち込み査定や出張査定とともに、一括査定のメリット・注意点を押さえておきましょう。先ほどの項目でも簡単に触れましたが、ここではより具体的な内容となります。

 

一括査定のメリットは「利便性」、注意点は「営業電話」のキーワードで、それぞれ理解しておくと良いでしょう。ここでは一括査定のメリット・注意点を解説します。

 

一括査定のメリット

一括査定のメリットは、1回で複数の買取業者に査定依頼ができる点です。例えば持ち込み査定をする場合、店舗で査定士に見てもらい、時間をかけて査定額を出してもらいます。別の店舗の見積もりを取るためには、また別の店舗に回らなければいけません。

 

出張査定であってもこれは同じで、複数の見積もりを取るためには、別個の予約を入れる必要があります。その点、一括査定の場合は、サービスを通して複数の見積もりを取得可能です。「手軽に相見積もりを取得できる」のが、一括査定最大のメリットでしょう。

 

一括査定の注意点

一括査定の注意点は、複数の業者から営業電話がかかってくる点です。特に査定額を知りたいだけであり、売却するつもりがないような際は、業者からの営業電話をしつこいと感じることも多いでしょう。

 

一括査定で提示されるのは、具体的な金額ではなく、あくまでも「目安の査定額」です。正確な金額を知るためには、そこから車査定を行う必要があります。業者から大量の電話がかかってくるのは、「実車査定のスケジュールを組むため」です。

車の査定から売却で必要となるもの

車の査定や売却で必要となる書類は、以下の通りです。

書類

説明

自動車検査証

いわゆる「車検証」

自動車税納税証明書

自動車税を収めたことを証明する書類

実印

市区町村へ登録した実印

印鑑登録証明書

印鑑が市区町村に登録されていることを示す書類

自賠責保険証

強制加入である自賠責保険の証明書

リサイクル券

自動車リサイクル料金を預託している場合に必要

委任状

名義変更手続きを買取店に委任するための書類

譲渡証明書

「確かに車を譲渡しました」という事実を証明する書類

住民票

住所変更があった場合に必要

※slide →

 

\30秒でカンタン査定依頼!/

今すぐ無料査定を受ける

査定額をアップさせるコツとは?

車の査定方法はどれがおすすめ?査定額を上げるコツや売却のタイミングも解説

査定を依頼して愛車を買取ってもらいますからには、少しでも査定額をアップさせたいものです。実は、査定額をアップさせるにはコツがあります。このコツを押さえて査定に臨むことで、今の車の最大査定額で売却できる可能性が高くなります。

 

ここでは、買取査定額をアップさせるために押さえておくべきコツを3つご紹介します。

 

車の買取相場を把握しておく

まずは業者に査定してもらう前に、車の買取相場を把握しておきましょう。例えばメーカーの公式サイトを使って、下取り参考価格を調べられます。

 

もちろんインターネット上で分かる相場は、あくまでも目安の数値であり、実際の買取金額とは異なる場合がほとんどです。ただし事前に車の買取相場を把握しておけば、よりスムーズに手続きを進められるようになるでしょう。

 

悪徳業者に騙されないためにも、まずは相場をきちんと把握しておくのが重要です。

 

査定前に清掃をする

査定前に愛車をきれいに清掃しておくことで、査定額アップにつながるケースがあります。一般的に外装や内装のきれいさが直接査定額の理由になることは稀ですが、愛車が汚い状態だと「あまり普段から手入れしていない」など確実に印象は悪くなります。汚れが目立つ場合は、直接査定がマイナスされてしまうことも十分考えられます。査定士への印象を良くしてマイナス査定となる理由を作らないために、査定前に愛車をきれいに清掃しておくことをおすすめします。

 

傷やへこみは修理しない

売却する車に傷やへこみがある場合は、無理に修理しておく必要はありません。もちろん、車に傷やへこみが少ないほど査定額はアップしますが、修復したからといって期待できる査定額になるとは限りません。修理費用に10万円かかって査定金額が1万~2万アップするだけでは結局マイナスになってしまいます。

 

車を乗るからには少しの傷やへこみができてしまうのは当然ですので、少しの傷やヘコミなら許容範囲とする買取業者もいます。修理することによって買取で損しないためにも、査定額アップを狙ってむやみに修理することは避けた方が無難でしょう。

 

\30秒でカンタン査定依頼!/

今すぐ無料査定を受ける

車の査定でおすすめのタイミングや時期

車の査定方法はどれがおすすめ?査定額を上げるコツや売却のタイミングも解説

車はいつでも同じ金額で売れるわけではありません。基本的には新車登録時から価値が下がっていくため、なるべく早く行動するのが重要です。

 

ただしモデルチェンジ前や決算期前など、査定額が通常より高くなる時期もあるため、タイミングや時期に関する知識を整理しておくのが重要です。ここでは、車の査定でおすすめのタイミング・時期を解説します。

 

売りたいと思った時

まずはシンプルですが、「売りたいと思ったとき」にすみやかに査定をしてもらうのが良いでしょう。こちらの項目の冒頭でも触れたように、車の価値は段々と下がっていくため、スムーズに行動するのが大切になります。

 

もちろん車には、後述のように高く売れる時期もあります。しかしその時期・タイミングのために、半年など長い期間待つよりは、早めに売ってしまった方がお得になるでしょう。「売りたいと思った時」に即座に行動に移すのがおすすめです。

 

車検に通す前

車検の時期が迫っているのであれば、車検を通した後ではなく、車検前に売却をするのがおすすめです。車検は、新車登録後であれば3年後、以降は2年ごとに行わなければなりません。そして車検を受けるためには、ある程度まとまった費用が必要です。

 

車検の前に車を売却してしまえば、車検費用を払わずに済むため、トータルで見ればお得になる場合がほとんどです。なお、車検期間が残っていたとしても、車検費用分がそのままプラス査定になるわけではないため注意しましょう。

 

モデルチェンジ前

モデルチェンジが実施される前に車を買い換えるのもおすすめです。車がモデルチェンジをすると、現行モデルの買い控えが起こるため、需要が下がってしまいます。需要が落ちるとリセールバリューが下がり、査定額に悪い影響を及ぼすでしょう。

 

もちろん「車がいつモデルチェンジされるのか」は誰にも分かりません。しかし数年周期でモデルチェンジが起こるため、「そろそろモデルチェンジされそうだな」と感じたら、その時に売却をしてしまうのもよいでしょう。

 

決算期前

売却時期を選ぶことで査定額がアップすることがあります。とくに狙い目となる売却時期は、決算期直前です。自動車業界の多くは決算期が3月と9月になっており、販売目標を達成しようと1台でも多く車を売りたい時期でもあります。

 

決算月が近づいてきますと、その時期に備えて少しでも多く在庫を確保したいと動いていきます。したがって決算期の直前月は、高い査定金額を提示して買取契約を成立させようとする傾向にあります。この時期を狙えば、通常の査定額よりも高く愛車が売れる可能性があります。

 

\30秒でカンタン査定依頼!/

今すぐ無料査定を受ける

車の査定を受けるならネクステージで!

車の査定方法はどれがおすすめ?査定額を上げるコツや売却のタイミングも解説

車の査定を受けるなら、信頼できる大手業者に依頼するのがおすすめです。ネクステージは、中間マージンの削減などによって、高額査定を狙える仕組みが整っています。

 

また出張査定にも無料対応しているため、店舗に出向く時間がない方にもおすすめです。最後に、ネクステージの査定について解説します。

 

高額査定を狙える仕組みがある

少しでも高額での買取をご希望の場合は、ぜひ一度ネクステージまで査定をご依頼ください。ネクステージでは再販売する店頭小売価格に限りなく近い金額で買取を行いますので、車本来の価値に合った金額でお車を売却することが可能です。

 

また車の買取はお客様のカーライフにおける重要なイベントだと考えていますので、お客様ファーストで安心して信頼していただけるようなサービス提供も心がけております。愛車のご売却を検討されている方がいらっしゃいましたら、まずはネクステージの無料査定へぜひお気軽にお申し込みください。

 

出張査定にも無料対応している

ネクステージは、店舗での査定だけでなく、出張査定にも無料対応しています。Webページに「無料査定お申し込み」のフォームが設けられており、メーカー名や車種名などの簡単な情報を入力するだけでお申し込み完了です。

 

申し込みフォームから車・顧客情報を送信したら、オペレーターより車の概算価格をお電話にてご連絡いたします。その後買取査定担当が、実際にお客様の愛車をチェックし、正確な買取金額をご提示する流れです。

 

\30秒でカンタン査定依頼!/

今すぐ無料査定を受ける

まとめ

車の査定方法はどれがおすすめ?査定額を上げるコツや売却のタイミングも解説

今回は持ち込み査定や出張査定、一括査定など車の査定方法について解説しました。査定額をアップさせたい場合は、事前に車の買取相場を把握しておき、タイミング・時期を見計らって売るなどの工夫が重要になります。

 

車の査定を受けるのであれば、ネクステージがおすすめです。店舗での査定だけでなく、無料出張査定にも対応しています。査定を希望される方は、Webの申し込みフォームからお申し込みいただき、オペレーターからのご連絡をお待ちください。

 

\30秒でカンタン査定依頼!/

今すぐ無料査定を受ける

車の査定方法はどれがおすすめ?査定額を上げるコツや売却のタイミングも解説

無料の査定を申し込む

 

■table表、SP対応

ページトップへ