車はスクラップにした方が良いの?スクラップする基準や方法を解説

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

車はスクラップにした方が良いの?スクラップする基準や方法を解説

車はスクラップにした方が良いの?スクラップする基準や方法を解説

車の買い替えを検討するときに、車の処分方法についてどうすればよいか迷うことは多いでしょう。車の処分方法は専門の業者に依頼するだけではなく、個人で手続きを進めることも可能です。

 

車は正しい方法で手放すことで金銭的なメリットがあり、お金を得ることもできるかもしれません。車の買い替えをする際に購入費用の足しにすることができるでしょう。そこで、この記事では車をスクラップにするのか買取にするのかの基準を明確にし、個人でできる廃車手続きの方法を紹介していきます。

 

※目次※

1.車はスクラップにしたが良いの?

2.スクラップが向いているのはどんな車なの?

3.車はスクラップした後も売れる!

4.愛車をスクラップにする方法は3つある

5.車のスクラップにかかる費用の目安

6.まずはネクステージの無料査定を受けてみよう!

7.まとめ

 

■POINT

 

・最も利益が出る処分方法は、中古車として買い取ってもらうこと。走行可能であれば買取業者に査定を依頼してみよう!

・車はスクラップにしても部品を買い取ってくれる業者があるので利益を得ることが可能だが、解体費用や運搬費用などがかかることには注意しよう!スクラップは廃車買取業者がおすすめ!

・スクラップにする前に、中古車買取に強い一度ネクステージの無料査定を受けてみよう!

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

車はスクラップにした方が良いの?

車はスクラップにした方が良いの?スクラップする基準や方法を解説

車を手放す方の中には、どのように処分すればお得なのかと悩んでしまう方もいるかもしれません。車を買い替える場合は、車を手放す際のコストをなるべく抑えたいと考えることは自然なことです。車の処分方法はスクラップにするか買い取ってもらうかの2つです。どちらが適しているかは車の状態を把握する必要があるので、まずはスクラップにする基準についてご説明します。

 

車として売れるなら買取の方が良い

車が劣化していないときは、スクラップにするよりも買取に出しましょう。主な買取方法は、中古車の買取業者に依頼する方法とディーラーに下取りに出す方法です。

 

2つの内、高値で買い取ってもらえるのは中古車の買取業者といえます。買取金額は時期によって差が出るため、買取依頼をするタイミングを見極めることが重要です。

 

ディーラーに下取りに出す場合は次の車の購入が条件なので、買取金額は新車の購入金額に充てられます。乗り換えをする方にはディーラーの下取りは選択肢のひとつになりますが、査定金額を現金で受け取りたい方には向いていません。また、買取金額は下取りのほうが低い傾向にあります。

 

車の価値がないならスクラップしよう

中古車の買取業者に買い取ってもらえないときは廃車手続きを行いましょう。スクラップは廃車手続きを行う車を対象としているため、買い取ってもらえる場合はスクラップにする必要はありません。

 

廃車手続きは業者に依頼する方法と所有者自身で行う方法があり、自由に選べます。業者は車を引き取ってくれるだけではなく、車の状態によっては数千円~数万円程度で買い取ってくれるかもしれません。

 

業者に依頼すると中古車の買取金額ほどではないものの、ある程度の金額を手にすることが可能です。コストを抑えて廃車手続きを行いたい方は、廃車専門の業者に依頼することをおすすめします。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

スクラップが向いているのはどんな車なの?

車はスクラップにした方が良いの?スクラップする基準や方法を解説

中古車として買取してもらうことが、一番お得な方法ではありますが、さまざまな事情で買取してもらえない車もあるでしょう。そんなときは、車をスクラップにすることでお得に処分できる可能性があります。ここでは、どんな車がスクラップに向くことになるのかという基準や、スクラップにする前にやるべきことなどを解説します。

 

スクラップにする基準

車をスクラップにすると聞くと、ごみとして扱われると考える方もいるでしょう。しかしスクラップとは解体のことで、使える部品はリサイクルされるのが一般的です。スクラップは車を捨てるのではなく、利用可能な部品を手に入れる目的があります。スクラップにする基準は以下のとおりです。

・過走行車

・部品の欠損

・骨格のゆがみ

・正常に走行できない

・雨漏りが発生

 

車は長い距離を走ると状態が劣化します。劣化した状態で車を走らせることは、交通事故の原因となるため危険です。また劣化にともなう故障は繰り返し起こることが多く、多額の修理費がかかってしまうことを把握しておきましょう。

 

中古車の無料査定を受けて判断しよう

車の見た目が劣化している場合や、走行距離が10万kmを超えているボロボロの車でも買い取ってもらえます。車はさまざまな部品によって構成されているので、状態が悪くても部品はまだ使える可能性があるためです。業者は中古車として販売できなくても、解体して部品だけを売って利益を得ます。

 

日本車は海外からの需要があるため、走行距離が長い車や車体に傷がある車も買取が可能です。車を買取に出すかスクラップにするかで迷っている方は、ひとまず査定依頼をしましょう。廃車は査定金額を聞いてから検討しても遅くはありません。少しでもお得になるように、できることはすべてしておくと後悔することを避けられます。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

車はスクラップした後も売れる!

車はスクラップにした方が良いの?スクラップする基準や方法を解説

廃車のみの選択肢しかない車でも、お金をかけずに車を処分することが可能です。車は乗れなくなっても利用できる部品が多く残っています。再利用できる部品は車の修理に使用されるたり、海外へ輸出されたりするため、ごみとして扱われることはほとんどないでしょう。ここではスクラップでも買取してもらえる理由をご説明します。

 

資源として売れる

スクラップした車はごみ扱いではなく、リサイクル資源として活用されます。中古車として買い取ってもらえなかった車でもリサイクル資源としての価値があるため、スクラップは所有者にもメリットがある選択肢です。

 

日本では年間約500万台の車がスクラップにされ、リサイクル資源として再生エネルギーの削減に貢献しています。日本には存在しない天然資源の鉄は、車をスクラップすることで手に入る貴重なリサイクル資源です。スクラップされた車は利用価値があるため、車の状態が悪く動かない車でも買取の対象になります。

 

パーツとして売れる

車は動かなくなってもすべてのパーツが壊れているわけではありません。壊れていないパーツは再利用が可能です。業者は車を買い取ってスクラップした後に、使えるバーツだけを取り除いて販売し、利益を得ます。

 

交通事故や水没によって動かなくなった車は中古車としての買取が困難かもしれませんが、パーツが使える状態であれば高価格で買取してもらえる可能性があるといえるでしょう。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

愛車をスクラップにする方法は3つある

車はスクラップにした方が良いの?スクラップする基準や方法を解説

愛車をスクラップにするには、主に自分でスクラップにする方法やディーラーにスクラップにしてもらう方法、廃車買取業者にスクラップにしてもらう方法があります。スクラップを検討している方は自分に合った方法を選択することが可能です。特徴を理解して、納得のいく方法を見つけましょう。

 

自分でスクラップにする

愛車を自分でスクラップする場合は、スクラップ工場に車を持って行かなければなりません。車が動く状態であれば問題ないですが、車が動かない場合はレッカーを依頼することになり、手間とお金がかかってしまいます。手続きは車をスクラップにする前と後に行う必要があるので、事前に知識をつけて計画的に行いましょう。

 

【手順】

1.スクラップ業者に作業を依頼する

2.一時抹消登録をする

3.スクラップ業者に車を持って行く

4.永久抹消登録をする

 

一時抹消登録は、一時的に公道を走れなくする手続きです。この手続きを行わないと、いつまでも車が存在していることになるので注意しましょう。

 

ディーラーにスクラップにしてもらう

自分でスクラップの手続きを進めるのに不安がある方は、ディーラーに手続きの代行を依頼できます。すべての手続きを代行してくれるため安心です。

 

【手順】

1.ディーラーにスクラップを依頼する

2.ディーラーに車を引き渡す

 

ディーラーに依頼する場合は、ユーザーの負担が少なく気軽に依頼ができます。デメリットは代行手数料がかかってしまうことです。手数料の相場は数万円で、レッカー代やスクラップ費用、手続きの代行費用が含まれます。

 

きちんと手続きをしてもらえる点や、手続きの進捗状況を気軽に聞けることはメリットといえますが、費用を節約したい方には向かない方法です。

 

廃車買取業者にスクラップしてもらう

廃車買取業者は再利用可能な部品を買い取ってくれるため、ユーザーがお金を得ることができるのが特徴です。

 

【手順】

1.廃車買取業者に車のスクラップを依頼する

2.車を引き渡す

 

廃車買取業者はスクラップに必要な手続きも任せられるため、ユーザーにあまり負担がありません。

 

廃車買取業者は車の部品を買い取ってくれるので、お得な方法といえます。しかし業者によっては価値のある車でも査定金額を0円と提示してくることがあるため、信頼できる業者なのかを利用者自身が判断しなければなりません。スクラップにする方法の中では最も簡単に作業が完了するため、初めて車をスクラップにする方におすすめの方法です。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

車のスクラップにかかる費用の目安

車はスクラップにした方が良いの?スクラップする基準や方法を解説

ディーラーや廃車買取業者に依頼するのも、自分で工場に持ち込んでスクラップをするのも大なり小なり費用がかかる場合が大半です。その内訳はさまざまですが、方法によっては赤字になる可能性もあります。ここでは、スクラップ費用の目安について紹介します。

 

自分の車の状態やグレードなどを考慮して、どこにスクラップを依頼するか検討してみてください。

 

スクラップ費用の目安

業者に依頼する際には、スクラップそのものの費用がかかります。平均しておおよそ数万円となることが一般的で、先払いで支払うことが多いです。

 

また、スクラップにかかる事務手数料を数千円請求されることもあります。この事務手数料は、陸運局で車を永久抹消登録するのに必要となる「移動報告番号」と「解体報告記録日」の発行に対するものです。

 

そして、もし車が自走できなかったり、忙しくて自分で持ち込めなかったりするのであれば、車の輸送費もかかります。業者までの距離にもよりますが、こちらも数万円かかることがほとんどです。

 

費用が相殺される場合もある

業者の中でも、廃品買取業者でスクラップにする場合は、うまくいけばスクラップ費用が相殺され実質0円でスクラップできる可能性があります。その理由は、車はスクラップにしても部品や鉄そのものに価値があるからです。

 

廃品買取業者は、スクラップにする車の部品を取って売却したり、鉄をリサイクルして利益を得たりすることができる販路を持っています。これにより、スクラップ費用-部品や鉄などの売却費用=相殺という図式が成り立つことがあるのです。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

まずはネクステージの無料査定を受けてみよう!

車は、たとえ走行できない状態の車であったとしても、中古車として販売できる見込みがあればスクラップにせず売却できることがあります。車の買取に強いのが我々ネクステージです。ネクステージでは、経験豊富な査定員による無料査定を行っています。一見して状態があまりよくなかったり、不具合があるのではないかと不安に感じたりする車であっても、中古車として買取できることもあります。まずは一度ネクステージの無料査定を受けてみてはいかがでしょうか。

まとめ

車はスクラップにした方が良いの?スクラップする基準や方法を解説

車を処分するときは買い取ってもらうのか、スクラップにするのかを所有者が決める必要があります。廃車買取業者であれば0円で手続きができるだけではなく、必要な手続きも任せることが可能です。しかしボロボロの車でも、まずは査定依頼をして愛車の価値を正しく評価してもらいましょう。

 

中古車の買取から販売まで行っているネクステージは、車の買取に力を入れています。きちんと車をチェックして状態に見合う買取金額を提示しているので、愛車の処分に困っている方はぜひお問い合わせください。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

車はスクラップにした方が良いの?スクラップする基準や方法を解説

無料の査定を申し込む

 

ページトップへ