ヤリス(トヨタ)のクルマカタログ

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

ヤリス(トヨタ)のモデル・グレードカタログ一覧

ヤリス(トヨタ)令和4年8月(2022年8月) 発売モデル

ヤリス(トヨタ)令和4年8月(2022年8月) 発売モデルの中古車

走る楽しさと、最高レベルの低燃費、先進の安心安全技術を備えた新世代コンパクトカー「ヤリス」。
コンパクトカー向けTNGAプラットフォーム(GA-B)を初採用し、軽量かつ高剛性、低重心なボディを開発。
ラインアップは、1.5L 直列3気筒ダイナミックフォースエンジンを採用した新世代ハイブリッドシステム搭載の「ハイブリッドZ」、「ハイブリッドG」、「ハイブリッドX」、1.5L 直列3気筒ダイナミックフォースエンジン(Direct Shift‐CVT、6速マニュアル)搭載の「Z」、「G」、「X」、1Lエンジンと小型軽量化したCVTを組み合わせた「G」、「X」を設定。
ハイブリッド車には、2WDとトヨタのコンパクトカーとして初めてE‐Four(電気式4WDシステム)採用、Direct Shift‐CVT搭載のガソリン車には2WDと4WD、その他ガソリン車には2WDを用意。
エクステリアは、徹底的にムダをそぎ落したキャビンと、ボディ中心から前後タイヤに向かう引き締まった造形で、アクティブな走りを予感させる。
シャープな印象のヘッドランプで精悍な顔つきを表現。
インテリアは、ムダをそぎ落として広さと快適さを確保し、運転に集中できる空間を表現した。
インパネ断面を薄くしてワイドな印象を付与したほか、ステアリングホイールを従来より小径化することで、室内をより広く、スポーティーな印象を持たせた。
その他、「ナノイーX」を運転席側エアコン吹き出し口に設置、「ハイブリッドZ」、「Z」に標準装備、「ハイブリッドG」、「G」にオプション設定。
安全装備では、トヨタ初となる高度駐車支援システム「Toyota Teammate[Advanced Park(パノラミックビューモニター機能付)]」や、交差点右折時の対向直進車・右左折後の横断歩行者も検知対象とした最新の「Toyota Safety Sense」など、多くの先進・便利機能をいち早く採用。
また、車両停止状態まで前車追従可能な「全車速追従機能」を加えたレーダークルーズコントロールをハイブリッド車とガソリン車(1.5L・CVT)に標準装備し、プリクラッシュセーフティに緊急時操舵支援機能を追加。
さらに、インテリジェントクリアランスソナーを「ハイブリッドZ」、「Z」(MT車を除く)に、バックガイドモニターを「Z」、「G」に標準装備した。
今回、一部改良を行った。
ドライブレコーダー付自動防眩インナーミラーを全グレードにオプション設定。
ほか、ステアリングヒーターを「Z」に標準装備した。

続きを読む

ページトップへ