圧倒的存在感!ハマー H3の魅力や燃費を歴代ハマーと比較!

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

圧倒的存在感!ハマー H3の魅力や燃費を歴代ハマーと比較!

圧倒的存在感!ハマー H3の魅力や燃費を歴代ハマーと比較!

ハマーH3は、高い走破性を備えた大型SUVとして長期的に人気がある車です。大型SUVは存在感のある外装や高出力エンジンが特徴ですが、燃費や維持費がかかりやすいというイメージを持たれやすい車でもあります。

 

ハマーH3を購入したくても、燃費や維持費がどれくらいかかるか分からず、気になっている方も多いのではないでしょうか。そこで、この記事では、ハマーH3の特徴に加えて、気になる燃費や維持費などについて解説します。ハマーH3をお得に手に入る方法についても紹介しますので、購入を検討されている方はぜひチェックしてください。

 

※目次※

1.ゴツい!カッコいい!巨大SUV「ハマーH3」

2.歴代ハマーの魅力をおさらい

3.アメ車といえば気になる!「ハマーH3」の燃費って?

4.こちらも気になる!「ハマーH3」の維持費って?

5.「ハマーH3」を手に入れるなら中古車

6.存在感があってラグジュアリー「ハマーH3」に似ている車は?

7.存在感があってラグジュアリーな車を探すならネクステージがおすすめ!

8.充実した保証で安心のカーライフを

9.まとめ

 

■POINT

・「ハマーH3」インパクトある巨大ボディが魅力!

・歴代ハマーにはセレブの間で人気を博した「ハマーH1」、究極のオフロードカー「ハマーH2」がある

・ハマーの燃費は悪くガソリン代がかかる点がデメリット

 

世界のクルマが2,000台以上!正規輸入中古車をチェック >

ゴツい!カッコいい!巨大SUV「ハマーH3」

圧倒的存在感!ハマー H3の魅力や燃費を歴代ハマーと比較!

ハマーH3はAMゼネラル社の大型SUVであり、2005年に日本での販売が開始されました。機能性重視のゴツい見た目がカッコよく、約2.2トンの車体に3.7リッターエンジンを搭載したり、ハンドリング性能や内装の変更をしたりして、前モデルであるH1、H2の流れを受け継ぐ大型SUVとして人気が出ました。

 

2008年には新モデルが発売され、生産中止になった現在でも多くの人気を集めています。ここでは、ハマーH3の特徴と2008年モデルについてご紹介します。

 

右ハンドル仕様がプラス!

ハマーH3の2008年モデルでは、新グレードとして「ラグジュアリー」「アドベンチャー」が追加されたほか、右ハンドル仕様が新しく選べるようになっています。ハマーH3の製造元であるアメリカでは左ハンドルが主流ですが、日本市場向けに右ハンドル仕様が追加されました。日本車と同じ右ハンドル仕様が追加されたことは、ハマーH3の2008年モデルが日本市場で人気を獲得した理由のひとつだと考えられています。

 

特別感のある内装

2008年モデルで実装された「ラグジュアリー」「アドベンチャー」では、レザーステアリングやレザーパワーシートなどが標準装備になっています。車内空間の広さと合わせて、特別感のある内装に仕上がっていることが特徴です。ベースグレードではブラックを基調としたインテリアになっていますが、「ラグジュアリー」ではブラックとキャメルを基調とした2トーンカラーになります。デザインを重視したグレードとして、より高級感のある仕上がりになっています。

 

巨大ボディなのに運転しやすい!

ハマーH3のボディサイズは初代モデルで4,720×1,980×1,910mmあり、SUVの中では比較的大きい方です。大型SUVは運転が難しいイメージを持たれやすいですが、ハマーH3は安定したハンドリング性能を備えおり、運転がしやすいことに定評がありました。最小回転半径は5.5mで、市街地走行が問題なく行える水準です。

 

ステアリングを切ってから曲がり始めるまでには若干のラグがありますが、全体的なハンドリング性能は安定していると言えるでしょう。

 

重量級のボディを走らせる直5エンジン

ハマーH3には直列5気筒の3.7リッターエンジンが搭載されており、ビッグサイズの車体を力強く加速させます。ハマーH3に合わせて開発されたエンジンで、最高出力245PS、最大トルク328N・mを発揮する大出力を持っています。アクセルを踏み込んだ際の加速はスムーズであり、レッドゾーン手前まで滑らかに回転数が上がっていくこともハマーH3の走行面における特徴と言えます。

 

トランスミッションは基本的に4速ATで、変速ショックは大きめです。ベースグレードでは5速MTも選択でき、必要に応じてグレードを選べるようになっています。

 

世界のクルマが2,000台以上!正規輸入中古車をチェック >

歴代ハマーの魅力をおさらい

圧倒的存在感!ハマー H3の魅力や燃費を歴代ハマーと比較!

ハマーというブランドで販売された車の中で、ハマーH3は3台目にあたるモデルです。ここでは、ハマーH1、H2、H3の概要、特徴について解説します。

 

タフな軍事用車をアレンジ「ハマー H1」

ハマーH1は、アメリカの軍事用車であるハンヴィーの部品を使用して1992年に製造されたSUVです。当初は一般販売の予定はなかったとされますが、ハリウッドスターのアーノルド・シュワルツェネッガーが製造元であるAMゼネラル社に一般販売の要望を送ったことで、一般販売されたというエピソードがあります。

 

ハマーH1のスペック

・ボディサイズ:4,686×2,197×1,956mm

・車体重量:3,091~3,684kg

・エンジン:水冷V型8気筒OHVターボ

・排気量:6,489cc

・タンク容量:メイン95L、サブ64L

・トランスミッション:4速AT

 

ハマーブームの火付け役「ハマー H2」

ハマーH2は、民間向けのSUVとして2002年に製造された車です。ハマーH1と比較して車体が長くなっており、サスペンションは一般向けの部品に変更されているといった違いがあります。全体的な乗り心地の向上が図られた結果、ハマーH2はアメリカの高所得者層から人気を集めたとされています。

 

ハマーH2のスペック

・ボディサイズ:5,171×2,062×2,012mm

・車体重量:2,903kg

・エンジン:V型8気筒OHV

・排気量:5,967cc

・タンク容量:121L

・トランスミッション:4速AT

 

世界のクルマが2,000台以上!正規輸入中古車をチェック >

アメ車といえば気になる!「ハマーH3」の燃費って?

圧倒的存在感!ハマー H3の魅力や燃費を歴代ハマーと比較!

車のスペックを比較する際に、燃費は重視されやすい項目の一つです。ここからは、歴代モデルと比較する形で、ハマーH3の燃費を解説します。

 

・ハマーH1:3km~5km/L(ディーゼル車は4km~6km/L)

・ハマーH2:3km~5km/L

・ハマーH3:8km/L

 

ハマーH3は歴代モデルと比較すると燃費が向上していますが、大型車というカテゴリー内では特に燃費が良いわけではありません。ハマーH3にはDOHCエンジンや可変バルブタイミングといった省燃費対策が施されていますが、現代基準において8km/Lという燃費性能は低い方であると言えます。

 

ハマーH3は大排気量のエンジンを搭載した大型SUVであり、走行性能が重視されている車です。燃費を重視する場合は、他の車を選ぶことも選択肢の一つとなるでしょう。

こちらも気になる!「ハマーH3」の維持費って?

圧倒的存在感!ハマー H3の魅力や燃費を歴代ハマーと比較!

車を公道で走行できる状態にするには、保険料や各種税金といった維持費がかかります。車の年式や重量などによって維持費は変わってくるので、大型車であるハマーH3の維持費がどれくらいか気になる方も多いかと思われます。ここでは、ハマーH3にかかる各種税金や費用の目安をご紹介します。

 

1.保険料金

日本国内で車を運転する際には、自賠責保険に加入する必要があります。任意保険として自動車保険も存在しますが、ここでは自賠責保険について見ていきましょう。

 

ハマーH3を自家用車として利用する場合、自家用乗用車に対する自賠責保険料が適用されます。自賠責保険のシステム上、自家用車である場合は乗用車(普通車)もしくは軽自動車のいずれかとして扱われるのです。ハマーH3は輸入車ですが、自賠責保険では国産の普通車と同じ基準で自賠責保険料が決定されます。

 

参考として、2021年4月時点でのハマーH3を含む普通乗用車の自賠責保険料は12ヶ月で12,700円、24ヶ月で20,010円、36ヶ月で27,180円です。

 

2.税金

車にかかる税金には、自動車税と自動車重量税の2種類があります。ここでは、ハマー各モデルの自動車税と自動車重量税の金額を見ていきます。

 

・H1:自動車税111,000円、自動車重量税(2年)49,200円

・H2:自動車税88,000円、自動車重量税(2年)49,200円

・H3:自動車税58,000円、自動車重量税(2年)41,000円

 

上記の金額は3ナンバー車として扱う場合であり、1ナンバー車として扱う場合は自動車税と自動車重量税の金額が変わります。1ナンバー車とは普通貨物自動車のことであり、ナンバープレートの1桁目が「1」になっている車です。ハマーH3を1ナンバー車として登録する場合、自動車税は年額16,000円、自動車重量税は2年で19,800円になります。

 

このように、1ナンバー車として登録することで課税額が低くなるので、維持費が抑えられます。ただし、1ナンバー車として登録した場合は車検を1年に1回受ける必要がある、高速道路での車両区分が中型車になるといった変更点もあります。車の使用方法によっては、1ナンバーにすることで維持費が高くなる場合もあるため、注意が必要です。

 

3.修理代

ハマーH3は輸入車であり、修理する際には部品を現地から取り寄せるケースも多くあります。輸送などに手間がかかる分、日本車と比較して修理にかかる期間は長く、金額も高くなることが多いでしょう。ハマーH3が故障した際には、10万円単位の修理費用がかかることもあると言われています。

 

故障や修理となるリスクを少なくするためには、信頼できる買取店から、きちんと整備されたものを購入することをおすすめします。ディーラー車と比較して並行輸入車などは低価格で入手しやすいですが、整備状態の悪い車が流通していることもあるようです。

 

4.駐車場代

ハマーはボディサイズと車体重量が大きい車なので、駐車場を契約する際には注意が必要です。駐車場によっては2台分のスペースが必要になったり、車高や重量の関係で利用を断られたりすることもあるようです。場所によって料金は異なりますが、都市部では1台あたりのスペースが小さく、料金が高くなる傾向があります。目安としては、都市部の場合、月額2万円以上となる場所が多いでしょう。

 

世界のクルマが2,000台以上!正規輸入中古車をチェック >

「ハマーH3」を手に入れるなら中古車

圧倒的存在感!ハマー H3の魅力や燃費を歴代ハマーと比較!

ハマーH3は2010年5月に新車の製造販売を停止しているので、購入する場合は中古車市場で探す必要があります。製造停止から10年ほど経過しているため、中古車市場への流通数はそれほど多くありません。中古車販売サイトでは多くの販売情報がまとめられているので、ハマーH3を探す際には中古車販売サイトをこまめに確認することをおすすめします。

存在感があってラグジュアリー「ハマーH3」に似ている車は?

圧倒的存在感!ハマー H3の魅力や燃費を歴代ハマーと比較!

ハマーH3は高級感のある大型SUVとして人気のある車です。SUVの購入を検討する際に、ハマーH3と比較、検討されやすい車をピックアップしました。ハマーH3の維持費が気になるという方は、以下でご紹介する車種もぜひ視野に入れてみましょう。

 

トヨタ 「FJクルーザー」

FJクルーザーは2006年にアメリカで発売されたSUVであり、日本では2010年から2018年まで販売されていた実績があります。4Lガソリンエンジンやパートタイム4WDなどを用いることで走行性能の向上が図られている車です。

 

ネクステージでのFJクルーザーの中古車価格は、2021年11月時点で240万円~480万円ほどです。2017年に発売されたファイナルエディションは全体的に高価格になっています。

 

クライスラー・ジープ「ジープ ラングラー」

ジープ ラングラーは1987年にアメリカで発売されたSUVであり、2018年にフルモデルチェンジが実施されています。自動で動力バランスを調整する「フルタイムオンデマンド4×4システム」が搭載されており、高い走破性とパワフルな加速性能を備えている車です。

 

ネクステージでのジープ ラングラーの中古車価格は、2021年11月時点で370万円ほどです。

 

メルセデス・ベンツ「Gクラス」

メルセデス・ベンツ「Gクラス」は1979年にドイツで発売されたSUVであり、2018年に新型モデルが発売されています。初代モデルは軍用車両をベースにして製造されているという点で、ハマーと類似する点がある車です。新型モデルは新設計のラダーフレームやサスペンションが採用されており、高い悪路走破性を備えたプレミアムSUVとして人気を集めています。

 

ネクステージでのメルセデス・ベンツGクラスの中古車価格は、2021年11月時点で780万円~870万円ほどです。流通数が少ない車なので、購入を検討する際には中古車販売サイトを定期的に確認することをおすすめします。

 

世界のクルマが2,000台以上!正規輸入中古車をチェック >

存在感があってラグジュアリーな車を探すならネクステージがおすすめ!

圧倒的存在感!ハマー H3の魅力や燃費を歴代ハマーと比較!

ネクステージは車の販売、整備、買取を総合的に実施しています。全国に数多くの店舗がある点に加え、車種別に専任のバイヤーを配置することで、豊富な品ぞろえを実現していることがネクステージの強みです。

 

ユーザーから買取した中古車を自社内で整備、点検して販売することで、販売価格を抑えながら高品質な車を販売できるようになっています。車種ごとに売れ筋モデルを取り揃えているので、幅広い選択肢からご自身に適した1台を選べます。

 

全国の店舗から取り寄せ可能!

ネクステージでは、日本各地にある約180店舗からご希望の車を取り寄せられます。お近くの店舗、もしくは公式サイト上で気になる車を見つけた際にはお気軽にご相談ください。

 

ネクステージ公式サイトでは、全国各地にある車の在庫を検索できるようになっています。どの店舗にある車でも、お近くの店舗で商談から購入手続きまで進められることが強みのひとつです。国産車から輸入車までリーズナブルな価格でお取り寄せが行えるので、お気軽にお問い合わせください。

 

世界のクルマが2,000台以上!正規輸入中古車をチェック >

充実した保証で安心のカーライフを

圧倒的存在感!ハマー H3の魅力や燃費を歴代ハマーと比較!

ネクステージでは、車の品質や安全性を保証することを目的として、修復歴がない車のみを販売しています。その他、メーター改ざんや水害などの問題がある車も、事前に選別することで排除できるように取り組んでいます。自社内での品質管理と合わせて、公正な第三者機関による品質鑑定を受けることで、ネクステージでは安心して車を選べる環境を構築しています。

 

さらに、購入後一定期間の無料保証や有料のメンテナンスパックといったサポートも充実しています。具体的なサポート内容や加入条件などについては、ネクステージまでお問い合わせください。

まとめ

圧倒的存在感!ハマー H3の魅力や燃費を歴代ハマーと比較!

ハマーH3は高い耐久性と走行性能を備えたSUVであり、普段使いからスポーツ走行まで幅広いシーンで活用できる車です。2008年に登場した後期モデルは右ハンドル仕様が選べるようになっており、日本車に近い感覚で運転できるようになっています。また、ハマーH3は2010年に新車販売が終了しているので、購入を検討する場合は中古車市場で探す必要があります。

 

ネクステージでは、日本全国の支店にある在庫から自由に車を検索し、ご自身に適した1台をお選びいただけます。国産車、輸入車のSUVをお探しの際には、ネクステージまでお気軽にお問い合わせください。

 

世界のクルマが2,000台以上!正規輸入中古車をチェック >

圧倒的存在感!ハマー H3の魅力や燃費を歴代ハマーと比較!

 

今人気の中古輸入車をチェック

 

■世界のクルマを360°画像でチェックする (universe-cars.jp)

圧倒的存在感!ハマー H3の魅力や燃費を歴代ハマーと比較!

 

■オシャレな輸入車カタログ|supreme_cars

圧倒的存在感!ハマー H3の魅力や燃費を歴代ハマーと比較!
ページトップへ