ネクステージのニュース

ネクステージのニュース

グローバル採用!外国人整備士新卒採用強化!

ネクステージでは、2019年新卒の採用活動での採用人数目標として、ネクステージ史上過去最大の500名(営業職350名、事務職50名、整備士100名)を計画、そのうち整備士採用として100名の採用目標のうち、50名を外国人留学生の採用とする方針で強化し取り組んでいきます。

 

<2017年4月新卒入社 パウデル・ビノード・パラサド(出身国:ネパール)>

 

■2019年新卒 整備士採用の強化

2018年3月1日から2019年新卒採用活動がスタート。ネクステージでは今期、整備士採用にも積極的に取り組んでおり、100名の採用目標のうち50人を日本の整備士学校を卒業予定の外国人留学生の採用とする方針です。なお、2018年4月入社予定の整備士のうち約50%が外国人留学生となっており、その出身国はベトナム、スリランカ、中国とバラエティに富んだグローバルな採用となりました。

また、外国人整備士採用の強化とともに、採用した外国人整備士に対する社内教育、サポート体制の強化も同時に進めていく予定で、入社後の配属先でお客様や店舗スタッフとの円滑なコミュニケーションを図れるように、語学研修を導入していく予定です。

 

現在、自動車整備学校は外国人留学生の比率が増加傾向にあり、約40%程度の学生が留学生となっている状況です。(※各整備士学校のヒアリングを元にネクステージが算出) 留学生にとって日本で自動車整備のスキルを学ぶことはとても貴重な経験で、各国から優秀な人材が集まっています。そのような中、ネクステージは国籍に拘らず、優秀な人材を積極的に採用していきたいと考えており、今後の事業拡大に向けた、大型店舗の新規出店のための整備事業体制を整えていきたいと考えております。