新車購入で割引はある?お得に買うなら「値引き」と「今の車の売り方」が重要!

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

新車購入で割引はある?お得に買うなら「値引き」と「今の車の売り方」が重要!

新車購入で割引はある?お得に買うなら「値引き」と「今の車の売り方」が重要!

新車をできるだけお得に購入するためには、値引き交渉が欠かせません。とはいえ、「値引き交渉は難しい」と感じる方もいるのではないでしょうか。値引きしやすい時期や交渉術、現在使っている車を高く売る方法が分かれば、新車をもっと安く手に入れられます。

 

そこでこの記事では、新車購入時の値引き交渉術や今乗っている車の売却方法をご紹介します。

 

※目次※

1. 新車購入時にはどんな割引が受けられる?

2. 新車購入する際の値引き率の目安は?

3. 一度はやってみたい!新車購入時の価格交渉術

4. 今乗っている車を最もお得に売る方法

5. 中古車にも目を向けてみよう!

6. まとめ

 

■POINT

・新車購入には最適のタイミングと交渉を有利に運ぶフレーズがある

・車のタイプや車種によっても値引き率は違うため、値引き相場を意識した交渉を行うことがポイント

・現在乗っている車は「下取り」「中古車買取業者への売却」「廃車」の中から一番お得な方法を選ぶ

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

新車購入時にはどんな割引が受けられる?

新車購入で割引はある?お得に買うなら「値引き」と「今の車の売り方」が重要!

「新車は価格が決まっているのだから、どこで買っても同じ」と考える方がいます。しかし、実際には店舗によってさまざまな割引がされるものです。

 

もちろん、カタログには説明のない割引ですから、知らなかったためにその恩恵が受けられないというケースも出てきます。お得に新車を手に入れるためにも、新車の購入時に受けられる割引について知っておきましょう。

 

新車購入時に受けられる割引

新車購入の際に受けられる割引は「値引き」です。通常の割引は「キャンペーン中なら◯◯%割引」や「◯◯歳以下なら◯◯万円割引」など、条件や値下げ率がはっきりしています。しかし、こういった枠にない割引が「値引き」です。

 

値引き条件や値引き率は明確に決められていないため、同じ新車を購入しても価格に違いが出てきます。より安く新車を購入したいのであれば、この「値引き」システムを理解し、うまく活用しましょう。

 

「値引き額」は交渉で変わる!

もちろん値引き額に目安はあります。しかし、新車に付けるオプションの有無や支払い方法、販売時期など、条件が変われば値引き事情も変化します。販売店舗の方針もあるでしょう。

 

また、値引き交渉の方法によっても違ってきます。担当者も人の子です。嫌な相手への値引きはしぶってしまうものです。反対に、思い切った値引き額を提示しようと思わせる交渉術もあります。

 

値引き交渉を有利に進める条件や交渉術をチェックしておけば、よりお得に新車を手に入れられるというわけです。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

新車購入する際の値引き率の目安は?

新車購入で割引はある?お得に買うなら「値引き」と「今の車の売り方」が重要!

新車は、値引きを前提とした価格設定にしていることがほとんどだと言われています。自分の欲しい車がどのくらいの値引きが可能であるかを知っておくことで、値引き交渉もしやすくなるでしょう。ここでは、新車がどのくらい安くなるのか、値引き率の目安をご紹介します。

 

軽自動車

軽自動車は、車両本体価格がほかの車と比べて安いために販売店の利益も少ないのが特徴です。そのため、値引き額も少ない傾向にあります。

 

利益以上の値引きは販売店の赤字になりますので、大きな値引きは期待できないでしょう。軽自動車の場合は、車両本体価格の1~5%程度が値引き額の目安となるようです。

 

普通自動車

普通自動車の場合は、車両本体価格の10%程度が値引きの目安です。販売店の決算時期は値引きも高くなる傾向にあり、上限は30%くらいだと考えておくと良いでしょう。交渉次第で値引き額にも差が出るために、これから紹介する価格交渉術も参考にしてください。

 

外車などの高級車

車両本体価格の高い高級車は、値引き額も大きくなるでしょう。ただし、ブランドイメージを重視するレクサスなどは、ほとんど値引きに応じてもらえないこともあります。ベンツやBMWなどの外車は為替変動によっても金額が変わります。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

一度はやってみたい!新車購入時の価格交渉術

新車購入で割引はある?お得に買うなら「値引き」と「今の車の売り方」が重要!

続いて、実際の値引き交渉に役立つ交渉術をご紹介します。むずかしい話術やテクニックは必要ありません。「値引き交渉が苦手」という人でも取り組みやすい方法を、わかりやすくまとめました。紹介する値引き交渉術を参考にして、新車を少しでも安く手に入れましょう。

 

ショップが車を売りたい時期に交渉

一年の中でも、特に車が値引きされやすい時期というものがあります。販売店の中間決算時期にあたる8~9月や、年度末決算時期にあたる2~3月は、比較的値引き率も高くなるでしょう。

 

販売店によっては、独自にセールをおこなっていることもあります。セールを利用することで、値引きをはじめとするさまざまな特典が受けられますので、よりお得な条件で新車を購入できます。決算時期やセール時期は、販売店が車を売りたい時期ですから、値引き交渉もしやすいでしょう。

 

また、1ヶ月単位でノルマを設定しているお店も多いため、値引き交渉をするのであれば月初めよりは月末の方がオススメです。

 

「○○円だったら今日決める」というワード

「この金額であれば、今日決める」というのは、値引き交渉時に効果的なワードです。車を買うかどうかわからないお客さんよりも、買ってくれそうなお客さんの方が、担当者も一生懸命値引きに対応してくれることもあります。

 

「頑張って値引きしたのに結局買わなかった」というお客さんも少なからずいるため、明らかに購入意思がないと見られた場合は、値引き交渉に応じてもらえなくなる可能性もあります。「条件に見合った金額なら買いたい」という思いを伝えることが大切です。

 

ディーラーの知人を通す

ディーラーに知人がいれば、その知人を通して商談を進めましょう。まったく知らないディーラーで一から関係を築くよりも、効率よく話を進められます。

 

ただし、知り合いが相手だと断りにくいという一面もあります。「車は欲しいけれど具体的には何も決めていない」という場合は、欲しい車が見つからなかった時などに断りにくくなることもあるでしょう。

 

反対に欲しい車や購入の条件がある程度決まっているのであれば、知人の方が値引きについても相談しやすくなります。

 

「知人だからこそ無理なお願いもできる」と考えるか、「知人だから無理は言いにくい」と考えるか、相手との関係性にもよるでしょう。

 

下取り車があれば下取り価格を上げてもらうことで値引きを実現

車を乗り換える予定であれば、今乗っている車を下取りに出すことで、実質的な値引きとすることもできます。販売店では、新車の値引きより、下取り車の下取り価格をあげるほうが簡単だといわれています。

 

たとえば、新車を10万円値引きするよりも、下取り価格を10万円あげるほうが簡単だという事です。下取り車があれば、下取り価格をあげることで値引きを実現できるでしょう。

 

ローンやオプションを付けることで値引きも

車の売り上げ以外の利益を相手に示すことで、車両本体価格を下げられる場合があります。車のオプションをつけたり、支払いをローンにしたりすることは、販売店側の利益につながります。ほかの部分で利益をあげられますので、車の価格を限界まで値引きしても利益を得られるという事です。

 

値引きのために不要なオプションをつけては意味がありませんが、自分が付ける予定のオプションがあれば、それを引き合いに値引きを交渉してみるのも良いでしょう。支払い方法も現金払いの方が総額は安くなりますが、ローンを組む予定があれば、値引き交渉の材料となるでしょう。

 

お付き合いでは相手に強く出すぎないことも大切

「少しでも安く購入したい」ということは誰もが考えることですが、値引きを意識するあまり担当者に無理難題を突き付けるような事は控えましょう。「この人のために頑張って安くしたい」と思ってもらうことも、値引き交渉のポイントです。

 

車を購入した販売店とは、定期点検や修理・車検をはじめ、これからも付き合いが続きます。円滑なカーライフを送るためには、販売店のサポートが欠かせません。人と人との付き合いであることを忘れずに交渉をすすめましょう。

 

今乗っている車を最もお得に売る方法

新車購入で割引はある?お得に買うなら「値引き」と「今の車の売り方」が重要!

先ほどもお伝えした通り、下取りは値引き交渉にも使える方法です。しかし、今乗っている車をできるだけ高く売って新車の購入費に充てるという方法もあります。どちらの方がお得なのでしょうか。

 

「下取り」「買取業者への売却」に「廃車」という選択肢も加え、それぞれがお得になるケースを調べてみましょう。

 

「下取り」がお得になるケース

一般的には「下取り」価格よりも「買取業者への売却」額の方が高額になります。というのも、買取業者は買い取った車を売る商売です。販売価格を見越した売却額を提示できます。しかし、販売店は値引きできる範囲内でしか下取り価格を提示できません。

 

とはいえ、「下取り」の方がお得になるケースもあります。それは、車の価値がほとんどない場合です。

 

売れない車を売却することはできません。しかし、値引きの一環である下取りなら、ほとんど価値のない車であってもいくらかの値段を付けてくれることでしょう。

 

すでに廃車の域に達している車は「廃車買い取り専門店」で

人気のない車種や年式が古い車、走行距離が20万㎞を超えるような過走行車など、下取りさえしてもらえないこともあります。そういった車は廃車にするしかありません。

 

廃車にするにも数千円~2万円ほどの費用がかかります。そんなときは、廃車買い取り専門店で買い取ってもらいましょう。

 

廃車買い取り専門店はパーツ利用や海外輸出など、何かしらの売却方法を心得ています。そのため、廃車にかかるはずだった費用が不要になったり、少額でも売却額を提示してくれたりします。その売却費用を新車購入に充てれば、少し節約できるのではないでしょうか。

 

高く売るなら「中古車買取業者」がおすすめ!

まだ使える車なら、まずは中古車買取業者に査定してもらいましょう。とはいえ、相場が分からない状態での一括査定はおすすめできません。一括査定で個人情報を受け取った業者との交渉は、値引き交渉をさらに複雑にするからです。

 

高く売りたいなら、買取額に定評のある買取業者に査定を依頼しましょう。買い取った車を自社で販売するネクステージなら、転売損益が発生しないため、高額買取できます。

 

また、ネクステージにとって、買取のお客様は販売のお客様にもなり得ます。そのため、その場かぎりの交渉ではなく、誠実に買取対応するため安心です。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

中古車にも目を向けてみよう!

新車にこだわらず、中古車を選ぶというのもひとつの方法です。中古車のなかには、新車と変らないスペックを持つ車もたくさんあります。

 

登録を済ませただけで、すぐ売りに出されたような未使用車も、中古車として販売されていることがあるのです。このような車は走行距離もほとんど走っておらず、新車同様に状態が良いにもかかわらず、安く購入することができます。

 

新車のように注文を受けてから生産するのではなく、すでに車ができあがっているために、納車までの期間が早いこともメリットとしてあげられます。新車と比べて車の選択肢が多いのも、中古車を購入する魅力でしょう。

 

新車のような大きな値引きは期待できないものの、中古車であっても交渉次第でいくらかの値引きは可能な場合があります。

 

よくある質問

 

Q.新車の値引きはどのくらいが限度?

A.ディーラーの担当者と行う値引き交渉は、モデルや時期によって限度が異なります。数万円程度から10万円以上までさまざまです。過去に同じディーラーから購入した回数や、信頼関係などにも左右されるでしょう。多くのディーラーは3月・9月の決算期直前に売上を伸ばそうとするため、大幅な値引きの交渉成立も期待できます。

 

Q.日本車と外車で値引き率は変わる?

A.日本車と外車で、値引き率に明確な違いはありません。ただし、高級車メーカーは大幅な値引きにつながりにくい傾向があります。国ではなく、メーカーの取り組みやブランドイメージが影響する点を理解しておきましょう。高額なイメージが強い外車でも、中には日本車と同等の値引きが適用される可能性もあります。

 

Q.安く買うなら中古車の方が良い?

A.車の購入費用を抑えたい方には、新車よりも中古車の購入がおすすめです。メーカーオプションは選べませんが、条件を絞ると希望のモデルも見つかりやすくなります。清潔感やコンディションが気になる方は、オーナーのいない新古車を選ぶと良いでしょう。人気車種であれば、市場に出回る多数の中古車から選定できます。

 

Q.今持っている車を手放したいときは?

A.「購入すると同時に古い車を手放したい」という方は、買取または下取りを依頼すると良いでしょう。売却で得たお金を新しい車の購入に使えるため、金銭的な負担も軽減できます。手続きの手間を省きたいときは、購入・売却を同時に進められる下取りがおすすめです。査定依頼で価格を明確にした上でお得に買い替えましょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

まとめ

新車購入で割引はある?お得に買うなら「値引き」と「今の車の売り方」が重要!

新車を購入するなら、値引きしやすい時期と販売店を選ぶことが最初のステップです。値引き相場や乗っている車の買取額などを調べたうえで値引き交渉を行います。

 

できるだけお得に新車を手に入れたいなら、現在乗っている車をネクステージで高く買い取ってもらい、その売却額を新車購入に充てましょう。新車を買う代わりに、ネクステージが販売する登録済未使用車の中から狙っていた車種を見つけるものひとつの方法です。

 

高く売るにも安く買うにも、在庫数日本一のネクステージをぜひご利用ください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

新車購入で割引はある?お得に買うなら「値引き」と「今の車の売り方」が重要!

気になる車種をチェックする

 

ページトップへ