中古車はリースと購入どちらがおすすめ?中古車リースのメリット・デメリット

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

中古車はリースと購入どちらがおすすめ?中古車リースのメリット・デメリット

中古車はリースと購入どちらがおすすめ?中古車リースのメリット・デメリット

マイカーを保有しないスタイルとして、カーシェアと並んで「カーリース」という言葉を聞いたことがある方もいるでしょう。中でも、中古車リースは新車のリースよりも価格的に魅力があり、注目を集めているようです。しかし、中古車リースにはどのようなメリットがあるのか分からない方もいるのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、中古車リースの概要とメリット、デメリットをご紹介します。中古車リースのメリットとデメリットを理解すれば、リースと購入のどちらを選ぶべきか判断できるでしょう。

 

※目次※

1.中古車リースってどのようなサービス?

2.中古車リースを利用するメリット

3.中古車リースを利用するデメリット

4.中古車リースと中古車購入どちらがおすすめ?

5.まとめ

 

■POINT

 

・中古車リースとは、毎月一定の料金を支払うことで車が利用できるサービス

・中古車リースは、初期費用や維持費を抑えられるのがメリット。ただし、カスタマイズができない、走行距離に上限があるといったデメリットもある

・自分に向いているのは、中古車リースか中古車購入かしっかりと考えよう。中古車を購入するなら在庫が豊富でアフターケアが充実しているネクステージがおすすめ!

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

中古車リースってどのようなサービス?

中古車はリースと購入どちらがおすすめ?中古車リースのメリット・デメリット

中古車リースとは、中古車を利用したカーリースです。リースと聞いて、レンタカーと似たイメージを持つ方もいるでしょう。レンタカーとの違いは、リースした車は自分の車として長期間利用できることです。リースした車を他の方が使うことはありません。ここでは、中古車リースの仕組みと残価価格設定について解説します。

 

中古車リースとは?

カーリースでは、車の所有権を持っているのはリース会社です。リース会社と契約を結ぶと利用権が得られ、毎月一定の料金を支払うことで自分の車として利用できます。料金には定期メンテナンスの費用や税金も含まれているため、追加の負担はありません。また、頭金がないのも魅力と言えるでしょう。

 

中古車リースで使われる車は、レンタカー会社からリース会社に返却された車がほとんどです。車を安く仕入れることで、低価格を実現しています。

 

残価価格設定について

車を購入するよりもカーリースの方が安いと言われているのは、残価価格設定があるためです。残価価格とは、リース期間が終わったときの車の価値(価格)を指します。

 

例えば、5年間車を所有した場合で考えてみましょう。5年後、その車を売るときの金額が残価価格です。カーリースでは、車両価格から残価価格を差し引いて支払い総額を決めます。契約終了時の車の価値を予測して、その分を事前に差し引くため、購入するよりも安くなることがほとんどです。

 

中古車リースを利用するメリット

中古車はリースと購入どちらがおすすめ?中古車リースのメリット・デメリット

中古車リースは経済的な負担を抑えたい方にはメリットが大きい方法と言えます。毎月決まった額を支払えば、自動車税や自賠責保険の負担はありません。ここでは、中古車リースのメリットとして具体的にどのようなコストが抑えられるのか解説します。

 

高額出費がない

リースの場合、高額な出費がありません。購入する場合と比べて支払い総額が少なくて済むので、頭金が必要ないことがほとんどです。手元にまとまったお金がなくても、車が利用できます。

 

また、初期費用も必要ありません。車を購入するときは、車両価格の他に自賠責保険料や自動車税・環境性能割といった税金で10万円を超える費用がかかります。登録諸費用やリサイクル料も含めると、さらに膨らむでしょう。リースなら利用開始時から定額を毎月支払うだけで構いません。

 

税金や諸費用を負担しなくていい

税金や諸費用の負担がないこともメリットのひとつです。車を購入する際には環境性能割、所有していると自動車税や自動車重量税がかかります。そのような税金や初期整備の費用を負担するのは、車の所有者であるリース会社です。原則、利用者の負担はリース期間中の車両価格のみになります。

 

車の購入費用だけでなく維持費を少しでも抑えたいという方にとっては、中古車リースはメリットの大きい方法と言えるでしょう。

 

毎月の出費が一定

リースは毎月の出費が一定です。したがって、家計の管理がしやすくなります。車を所有していると車検や法定点検で維持費が増える時期があるため、思わぬ出費で家計が苦しくなる経験をした方もいるのではないでしょうか。

 

リースの場合、契約時に決めた毎月の金額さえ支払っていれば、追加の費用はかかりません。家計のやりくりに頭を痛めることも少ないでしょう。

 

節税効果がある

法人や個人事業主がリースを利用すると、節税効果があります。車を購入すると会計上は「固定資産」となり、課税対象です。一方、リースは所有ではないため月々の支払いを「経費」として扱えます。経費は課税対象ではないので、節税効果が期待できるでしょう。

 

また、車検や法定点検を毎月の料金に含むプランなら、車検代・メンテンナンス費用・税金・保険料といった維持費も経費として計上でき、さらに節税できる金額が大きくなります。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

中古車リースを利用するデメリット

中古車はリースと購入どちらがおすすめ?中古車リースのメリット・デメリット

中古車リースにはデメリットも存在します。例えば、途中解約ができないことや車が資産にならないことです。また、自分の車なら自由にカスタマイズできますが、リースした車はそうはいきません。ここでは、中古車リースのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

 

基本的に途中解約はできない

中古車リースのデメリットのひとつは、途中解約ができないことです。車が必要なくなったとしても解約には応じてもらえず、契約内容に関しても変更はできません。

 

やむを得ず解約したいときは、違約金を支払う必要があります。金額はリース会社によって異なりますが、決して安い金額ではありません。事故で走行不能になったときや家族が増えて車を変えたいときも、途中解約と見なされ違約金が発生します。

 

車が資産にならない

毎月料金を支払い続けても、リースした車は自分の資産にはなりません。愛着のある車でも、契約期間が終了すれば返却する必要があります。契約終了後に車を入手できるプランもありますが、その分リース料金は割高です。

 

自分の車ではないので、カスタマイズもできません。このくらいは大丈夫だろうと装備を変更すると、返却時に賠償を求められる場合もあるので注意しましょう。また、契約が終わったときに車の価値が上がっていても利益は還元されません。

 

走行距離に制限がある

走行距離の上限があることもデメリットのひとつです。車で遠出するとき、走行距離を気にしながら走るのはストレスになるでしょう。上限の距離はプランによって異なりますが、500km~2,000kmが一般的と言われています。上限を超えると追加料金が発生し、追加料金の相場は1km当たり3円~10円です。

 

追加料金は契約終了時にまとめて精算します。1回ごとの超過距離はわずかでも、最終的には大きな金額になるかもしれません。

 

リース中のトラブルで支払いが必要になる可能性がある

毎月の料金以外に支払いが必要となる場合があります。例えば、事故を起こしたときや車に傷を付けたときです。修理代は利用者の負担となるケースがほとんどでしょう。原則、契約終了時には原状回復して車を返却するためです。

 

リースする車は自賠責保険に加入しています。ただし、自賠責保険は事故の被害者を補償するためのもので、車の修理代は自己負担です。事故に備えて任意保険に入る方法もありますが、その分出費は増えてしまいます。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

中古車リースと中古車購入どちらがおすすめ?

中古車はリースと購入どちらがおすすめ?中古車リースのメリット・デメリット

中古車リースのメリットとデメリットは理解したものの、中古車購入とどちらを選ぶべきか迷う方もいるでしょう。大切なのは、自分のカーライフがどちらに適しているか見極めることです。ここでは中古車リースと中古車購入、それぞれに向いている方について解説します。

 

中古車リースがおすすめの方

中古車リースが向いているのは、車にかけるコストを節約したい方です。初期費用だけでなく税金や車検代といった維持費を抑え、毎月の出費を一定にしたいならリースをおすすめします。

 

法人や個人事業主にも向いているでしょう。リース料金を経費にできるので、節税効果が期待できるためです。ただし、車に社名をペイントしたり改造したりするのは難しくなります。また、短期間だけ車を必要とする方にもリースはおすすめです。支払い総額を低く抑えながら車を利用できます。

 

中古車購入がおすすめの方

中古車購入が向いているのは、車をカスタマイズしたい方です。自分が所有する車なら、自由に車体の色を変えたり内装を変更したりできます。また、長距離を運転する方も購入した方が良いでしょう。リースのように上限の走行距離を気にする必要がありません。

 

近い将来、車を乗り換える必要がある方も購入することをおすすめします。「家族が増える予定がある」「車庫の狭い家に引っ越すかもしれない」といった生活の変化に応じて必要な車も変わるでしょう。人生のステージに合わせて必要な車を選んで乗りたい方は、購入する方が向いています。

 

まとめ

中古車はリースと購入どちらがおすすめ?中古車リースのメリット・デメリット

車を利用する方法として「中古車購入」と「中古車リース」のどちらを選ぶべきか悩んだら、自分のカーライフをじっくりと見つめ直してみましょう。中古車リースには、初期費用が安く済む、税金や諸費用の負担がないといったコスト面のメリットがあります。一方、カスタマイズや途中解約ができないことがデメリットです。

 

中古車を購入しようと決めたら、在庫が豊富でアフターケアの充実した店を選びましょう。中古車の買取や販売をしているネクステージなら、全国130店舗のネットワークで約2万台の在庫を誇っています。最長3年間の保証もあり安心です。中古車が気になったらぜひネクステージにご相談ください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

中古車はリースと購入どちらがおすすめ?中古車リースのメリット・デメリット

気になる車種をチェック
ページトップへ