車の保険料の相場は?金額に差が出るのはなぜ?

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

車の保険料の相場は?金額に差が出るのはなぜ?

車の保険料の相場は?金額に差が出るのはなぜ?

自動車を運転するにあたって、自動車保険はもしものときの支えになってくれる大事な保険です。もし加入していないと、万が一事故を起こした時に大きな負担を背負うことになります。車を運転する上で欠かせない自動車保険ですが、その保険料はどのくらいが適正なのか気になる方もいるのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、車の保険料の相場についてご紹介します。保険料を決める要素や付けておきたい補償内容について知っておけば、適切な保険の選び方がわかるようになります。自動車保険について詳しく知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

※目次※

1.車の保険料の相場

2.車の保険料を決めるポイント

3.ぜひ付けるべき!おすすめの補償内容

4.ネクステージは全店が損害保険代理店

5.まとめ

 

■POINT

・自動車保険料の相場は年間5万円前後。車や契約者の条件次第で大きな開きが

・自動車保険料は使用している車の車種や型式、契約者の年齢や等級によって決まる

・無保険車傷害保険と弁護士特約も付けるともしもの時にも安心で

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

車の保険料の相場

自動車保険料は、年間5万円前後が相場のようです。保険にかける金額は人によってかなり開きがあるので、年間2万5,000円未満の方もいれば9万円以上支払う方もいます。平均すると3万円以上7万円未満の方が大部分を占めている結果となりました。

 

保険料を決める要因はさまざまありますが、補償内容や補償対象が広くなるにつれて高くなるのが基本です。多人数で1台の車を共有する場合は保証対象を広く設定するため、料金が高くなりやすくなります。

車の保険料を決めるポイント

車の保険料の相場は?金額に差が出るのはなぜ?

自動車保険にかかる料金は人によって差がありますが、どのような要素が料金に違いを生み出しているのでしょうか。保険料の内訳を把握しておけば、自分に必要な内容を検討するのに役立ちます。車の保険料を決める7つのポイントを把握しておきましょう。

 

車種

車の車種や用途によって保険料が変化します。車は自動ブレーキなどの安全運転サポート機能の違いで事故の起こりやすさに差が出るため、安全性能が高い車種ほど保険料が安くなるのが原則です。

 

車の用途は「日常・レジャー」「通勤・通学」「業務使用」の3種に分けられています。「業務使用」>「通勤・通学」>「日常・レジャー」の順に車の使用率が高く事故のリスクが高まるため、保険料も高くなる仕組みです。

 

型式別料率クラス

車の型式による保険料の違いは「型式別料率クラス」と呼ばれ、型式ごとの過去の事故発生状況などから保険料の負担率が公平になるように決められています。過去に事故を起こしている件数が多い型式の車は保険料が高くなります。

 

自家用乗用車にはクラス1~クラス17の区分があり、数字が小さいクラスほど保険料が安く、大きいほど高くなる仕組みです。軽自動車の場合はクラス1~クラス3の3段階の区分があります。

 

年齢

過去の統計で事故率が高い年齢層は保険料金が高くなります。運転免許を取得してから日が浅く運転技術が未熟な場合が多い20代は保険料が高く、運転に慣れている方が多い30代や40代は保険料が安くなる、といったように決められます。

 

ゴールド免許保持者が多い50台は保険料が安くなる場合があります。70台以上は過去の統計から事故発生リスクが高くなるため、この年代から保険料が上がるのが一般的です。このように、各年齢の過去の事故傾向からも保険料が決められています。

 

等級

自動車保険の加入者は過去の事故件数や無事故年数によって個別に等級が設定され、等級が上がるほど保険料が安くなります。等級は1等級~20等級まであり、加入直後は6等級に設定されます。等級は保険金の支払いがない期間が長いほど上がり、保険料が割引される制度です。

 

事故を起こして保険金が支払われると等級が下がり、保険料もアップします。等級の下がり幅は事故の種類や発生件数によって異なり、一律ではありません。また、等級は保険会社をまたいで共通化されており、保険会社を変更しても以前の保険会社の等級が引き継がれます。

 

新車かどうか

自動車保険には新車割引制度があり、初度登録年月(軽自動車は初度検査年月)から一定期間は保険料の割引を受けられます。近年では多くの保険会社では新車割引制度が適用されるのは25か月に設定しており、期間内であれば中古車でも割引を利用できます。

 

保険会社によっては新車割引制度がない場合もあります。割引制度がある保険会社でも軽自動車が適用範囲に含まれないパターンもあるので、申し込み前に確認しておきましょう。

 

設定した保険金額

保険金額とその免責金額によって保険料が変わります。保険金額は保険加入者が自由に決められるものではありません。設定する保険金額は車の車種や年式によって幅が決められており、幅の範囲内で設定するのが通例です。

 

免責金額とは車の修理代金の自己負担額を示しており、免責金額を高く設定するほど基本保険料は安くなります。自己負担金をどの程度許容できるかを基準に決めるのが良いでしょう。

 

運転者の範囲

契約者以外に車を運転する人が多いほど保険料は高くなります。運転者の範囲は限定条件なしの「限定なし」、同居する親族と別居する未婚の子どもを含める「家族限定」、契約者本人と配偶者用の「夫婦限定」、契約者本人のみが対象の「本人限定」の4種が基本です。「限定なし」のように対象範囲が広いほど保険料が上がります。

 

範囲対象外の方が車を運転して事故を起こしても補償の対象にはなりません。「自分以外は絶対に運転しない」という場合は「本人限定」に設定すれば保険料を抑えられます。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

ぜひ付けるべき!おすすめの補償内容

車の保険料の相場は?金額に差が出るのはなぜ?

自動車保険にはさまざまな保証内容が用意されているため、どの補償を付ければよいのか迷っている方もいるでしょう。特に初めて自動車保険を契約する方はどのような補償があるのか戸惑うことも多い方と思います。ここでは、ぜひ付けておきたい補償内容を解説します。

 

1.車両保険

車両保険は車が損傷したときに修理費を補償する保険です。イタズラで車に傷が付けられた場合や盗難被害にあったケースにも対応しています。一部の自然災害による被害にも対応しており、車に損害が出た時の負担を大きく抑えられます。

 

車両保険には種類があります。当て逃げなどの加害者が分からない損害を補償する「ワイドカバー型」や、これらが対象外となる「限定カバー型」などです。また、全損の場合と分損の場合では支払額が異なります。

 

2.自損事故保険

自損事故とは契約者に責任がある交通事故を指しています。電柱や塀などにぶつかってしまったなどけが人や死亡者が存在しない物損事故や、停車している車にぶつかってしまったといった相手には過失がない事故も対象です。

 

いずれも運転者にすべての責任がある事故であり、もしも運転者や同乗者がケガを負ってしまっても対人賠償保険は適用されません。自損事故保険に加入していれば、このようなケースでも補償を受けられます。

 

3.無保険車傷害保険

無保険車傷害保険とは、任意保険に加入していない車と事故が起こった時でも、十分な補償を受けるための保険です。任意保険に加入していない方は事故を起こしても十分な補償ができないケースがありますが、そのような場合でも無保険車傷害保険の契約者は自身が加入している自動車保険から補償を受けられます。

 

相手が任意保険を契約していても、運転者が年齢条件などを満たしていなければ任意保険の対象には入りません。このようなケースでも十分に補償が受けられるので、付けておくと安心して運転できます。

 

4.弁護士特約

弁護士特約は、事故を起こして弁護士への相談が必要になった時に発生する費用を負担してもらえる保険です。

 

契約者自身が事故を起こした時だけでなく、もらい事故で示談が必要になった時も弁護士に交渉を委任できます。自分に過失がまったくないケースでは契約している保険会社に相談できないので、弁護士費用を負担してもらって相談する形式になり、そういった場合にも役立ちます。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

ネクステージは全店が損害保険代理店

ネクステージは全店舗が損害保険の代理店となっており、自動車保険に加入できるほか、車両入替手続きなどの手続きもサポートしています。ネクステージで中古車を購入してそのままシームレスに自動車保険の手続きまで行えるので大変便利です。

 

保険についてのご相談も承っていますので、何か分からないことがあればご遠慮なくご連絡ください。

まとめ

車の保険料の相場は?金額に差が出るのはなぜ?

自動車保険の料金相場は5万円前後となっています。保険料金は車の車種や型式、契約者の等級や年齢などの条件で大きな開きがあります。運転者の範囲を限定する、不要な補償を付けないといった方法で保険料の節約が可能です。

 

ネクステージでは自動車保険についてのご相談を承っています。コールセンターやお問い合わせフォームからのお問い合わせにも対応していますので、お気軽にご利用ください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

車の保険料の相場は?金額に差が出るのはなぜ?

 

気になる車種をチェック

 

ページトップへ