マツダ アクセラスポーツ 型式 DBA-BM5AS一覧

マツダ アクセラスポーツ 2017年9月(平成29年9月) 発売モデル

スポーツコンパクトの3代目マツダアクセラシリーズ。
バリエーションには、5ドアハッチバック「アクセラスポーツ」、4ドアセダン「アクセラ」、チューニングスポーツ「マツダスピードアクセラ」、ハイブリッドモデル「アクセラハイブリッド」を用意。
「SKYACTIV技術」の他、先進安全技術「i‐ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を採用。
「アクセラスポーツ」のラインアップは、SKYACTIV‐G 1.5搭載の「15C」、「15S」、「15S プロアクティブ」、クリーンディーゼルエンジンSKYACTIV‐D 1.5搭載の「15XD」、「15XD プロアクティブ」、「15XD Lパッケージ」、SKYACTIV‐D 2.2搭載の「22XD プロアクティブ」、「22XD Lパッケージ」を設定。
トランスミッションには、SKYACTIV‐DRIVE(6AT)と、SKYACTIV‐MT(6MT)を組み合わせる。
今回、本革シートや運転席パワーシートなどを標準装備したSKYACTIV‐G 1.5搭載の「15S Lパッケージ」を追加。
また、運転初心者から高齢者まで幅広く安全・安心なクルマを届けるため、先進安全技術「i‐ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備した。
車両と歩行者の検知が可能な衝突被害軽減ブレーキ「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」、AT車のペダル踏み間違い事故を低減する「AT誤発進抑制制御」、「車線逸脱警報システム(LDWS)」、「先進ライト」を標準装備。
さらに、車両前方の危険認知・衝突回避支援技術に加え、日常運転シーンにおける事故リスクのさらなる低減をめざし、ドライバーの死角になりやすい車両側方および後方の危険認知をサポートする「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)」や「リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)」などの標準化を進めている。
加えて、駐車場や幅の狭い道路などを低速で運転する際に、車両周囲の状況をモニターで確認できる「360°ビュー・モニター」を、マツダ車として初採用する(「15C」を除く)。

グレード名
型式
排気量
ドア数
シフト
駆動方式
定員
燃費
価格
型式:DBA-BM5AS
排気量:1496cc
ドア数:5
シフト:6AT
駆動方式:フルタイム4WD
定員:5名
燃費:-
価格:2,046,600 円
型式:DBA-BM5AS
排気量:1496cc
ドア数:5
シフト:6AT
駆動方式:フルタイム4WD
定員:5名
燃費:-
価格:2,176,200 円
型式:DBA-BM5AS
排気量:1496cc
ドア数:5
シフト:6AT
駆動方式:フルタイム4WD
定員:5名
燃費:-
価格:2,370,600 円
型式:DBA-BM5AS
排気量:1496cc
ドア数:5
シフト:6AT
駆動方式:フルタイム4WD
定員:5名
燃費:-
価格:2,619,000 円

マツダ アクセラスポーツ 2016年7月(平成28年7月) 発売モデル

スポーツコンパクトの3代目マツダアクセラシリーズ。
バリエーションには、5ドアハッチバック「アクセラスポーツ」、4ドアセダン「アクセラ」、チューニングスポーツ「マツダスピードアクセラ」、ハイブリッドモデル「アクセラハイブリッド」を用意。
「SKYACTIV技術」の他、先進安全技術「i‐ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を採用。
「アクセラスポーツ」のラインアップは、SKYACTIV‐G 1.5搭載の「15C」、「15S」を設定。
トランスミッションには、SKYACTIV‐DRIVE(6AT)と、SKYACTIV‐MT(6MT)を組み合わせる。
今回、SKYACTIV‐G 1.5搭載の「15S プロアクティブ」、クリーンディーゼルエンジンSKYACTIV‐D 1.5搭載の「15XD」、「15XD プロアクティブ」、「15XD Lパッケージ」、SKYACTIV‐D 2.2搭載の「22XD プロアクティブ」、「22XD Lパッケージ」を設定。
また、大幅改良を行った。
エンジン、トランスミッション、ボディ、シャシーなどのSKYACTIV技術群を統合的に制御することで、「人馬一体」の走行性能を高める新世代車両運動制御技術「SKYACTIV‐VEHICLE DYNAMICS(スカイアクティブ ビークル ダイナミクス)」の第一弾「G‐Vectoring Control(G‐ベクタリング コントロール)」や、クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV‐D」のノック音自体を抑制し心地よいエンジンサウンドを追求した「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」などを初採用。
エクステリアは、クルマとしての骨格を重視し、水平基調の造形で左右への広がり感と前後方向の軸の強さを追求。
ワイド&ローなスタンスを際立たせ、大人の落ち着きを感じさせる精悍かつ品格のあるプレゼンスを実現。
インテリアは、ひとつひとつ細かな質感アップを積み重ね、スポーティでありながら落ち着きと品格のあるインテリアを表現。
安全面では、ブレーキ自動制御で衝突被害を軽減する「アドバンスト スマート・シティ・ブレーキ・サポート(「15C」以外に標準装備)」を採用。

グレード名
型式
排気量
ドア数
シフト
駆動方式
定員
燃費
価格
型式:DBA-BM5AS
排気量:1496cc
ドア数:5
シフト:6AT
駆動方式:フルタイム4WD
定員:5名
燃費:-
価格:1,981,800 円
型式:DBA-BM5AS
排気量:1496cc
ドア数:5
シフト:6AT
駆動方式:フルタイム4WD
定員:5名
燃費:-
価格:2,143,800 円
型式:DBA-BM5AS
排気量:1496cc
ドア数:5
シフト:6AT
駆動方式:フルタイム4WD
定員:5名
燃費:-
価格:2,359,800 円

マツダ アクセラスポーツ 2015年8月(平成27年8月) 発売モデル

スポーツコンパクトの3代目マツダアクセラシリーズ。
バリエーションには、5ドアハッチバック「アクセラスポーツ」、4ドアセダン「アクセラ」、チューニングスポーツ「マツダスピードアクセラ」、ハイブリッドモデル「アクセラハイブリッド」を用意。
「SKYACTIV技術」の他、先進安全技術「i‐ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を採用。
「アクセラスポーツ」のラインアップは、SKYACTIV‐G 1.5搭載の「15C」、「15S」、SKYACTIV‐G 2.0搭載の「20S」、「20Sツーリング」、「20Sツーリング Lパッケージ」、SKYACTIV‐D 2.2搭載の「XD(クロスディー)」、上級機種「15S ツーリング」を設定。
トランスミッションには、SKYACTIV‐DRIVE(6AT)と、SKYACTIV‐MT(6MT)を組み合わせる。
エクステリアは、マツダの新世代商品共通のデザインテーマ「魂動‐Soul of Motion」を採用、ダイナミックで生命感のある動きをコンパクトなCセグメントのサイズで実現。
今回、マツダの新世代4WDシステム「i‐ACTIV AWD(アイアクティブ・エーダブリュディ)」搭載の「15S ツーリング」を追加。
また、車両後方の検知システムを刷新し、マツダとして最新の安全装備である、走行中に後側方から接近する車両を検知してドライバーに知らせる「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)」、駐車場などで後退する際に接近する車両を検知してドライバーに知らせる「リア・クロス・トラフィックアラート(RCTA)」を採用。
ドライバーの危険認知支援を強化し、接触事故のリスク低減をサポート。
さらに、AT制御の改良により、SKYACTIV-G 1.5搭載車(6EC-AT・2WD)の燃費を向上し、JC08モード燃費で20.4km/Lを達成。

グレード名
型式
排気量
ドア数
シフト
駆動方式
定員
燃費
価格
型式:DBA-BM5AS
排気量:1496cc
ドア数:5
シフト:6AT
駆動方式:フルタイム4WD
定員:5名
燃費:-
価格:1,976,400 円
型式:DBA-BM5AS
排気量:1496cc
ドア数:5
シフト:6AT
駆動方式:フルタイム4WD
定員:5名
燃費:-
価格:2,138,400 円
型式:DBA-BM5AS
排気量:1496cc
ドア数:5
シフト:6AT
駆動方式:フルタイム4WD
定員:5名
燃費:-
価格:2,354,400 円

マツダ アクセラスポーツ 2014年9月(平成26年9月) 発売モデル

マツダ アクセラスポーツ 15C カタログ画像

スポーツコンパクトの3代目マツダアクセラシリーズ。
バリエーションには、5ドアハッチバック「アクセラスポーツ」、4ドアセダン「アクセラ」、チューニングスポーツ「マツダスピードアクセラ」、ハイブリッドモデル「アクセラハイブリッド」を用意。
「SKYACTIV技術」の他、先進安全技術「i‐ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を採用。
「アクセラスポーツ」のラインアップは、SKYACTIV‐G 1.5搭載の「15C」、「15S」、SKYACTIV‐G 2.0搭載の「20S」、「20Sツーリング」、「20Sツーリング Lパッケージ」、SKYACTIV‐D 2.2搭載の「XD(クロスディー)」を設定。
今回、上級機種「15S ツーリング」を設定。
エクステリアには、ディスチャージヘッドランプ、オートライトシステム、レインセンサーワイパー、フロントフォグランプなど標準装備。
インテリアは、タコメーター(アナログ)、ステアリングシフトスイッチ等採用。
安全装備では、中高速走行時の衝突被害をブレーキの自動制御で回避または軽減するスマート・ブレーキ・サポート(SBS)及び約30~100km/hの範囲で自動追従走行を可能にするマツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)や、走行時に必要な情報を表示して視線移動や焦点調節を最小限にするアクティブ・ドライビング・ディスプレイを搭載するなど、先進安全装備を充実。
また、「15S」に「スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)&AT誤発進抑制制御」と「自動防眩ルームミラー」を標準装備、「20S ツーリング」、「20Sツーリング Lパッケージ」にディーゼルエンジン車専用装備であった、「ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)」と「車線逸脱警報システム(LDWS)」を標準装備、「20S」 には「クルーズコントロール」を標準装備した。

グレード名
型式
排気量
ドア数
シフト
駆動方式
定員
燃費
価格
型式:DBA-BM5AS
排気量:1496cc
ドア数:5
シフト:6AT
駆動方式:フルタイム4WD
定員:5名
燃費:-
価格:1,976,400 円
型式:DBA-BM5AS
排気量:1496cc
ドア数:5
シフト:6AT
駆動方式:フルタイム4WD
定員:5名
燃費:-
価格:2,138,400 円

マツダ アクセラスポーツ 2014年4月(平成26年4月) 発売モデル

スポーツコンパクトの3代目マツダアクセラシリーズ。
バリエーションには、5ドアハッチバック「アクセラスポーツ」、4ドアセダン「アクセラ」、チューニングスポーツ「マツダスピードアクセラ」、ハイブリッドモデル「アクセラハイブリッド」を用意。
「SKYACTIV技術」の他、先進安全技術「i‐ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を採用。
「アクセラスポーツ」のラインアップは、SKYACTIV‐G 1.5搭載の「15C」、「15S」、SKYACTIV‐G 2.0搭載の「20S」、「20Sツーリング」、「20Sツーリング Lパッケージ」、SKYACTIV‐D 2.2搭載の「XD(クロスディー)」を設定。
トランスミッションには、SKYACTIV‐DRIVE(6AT)と、SKYACTIV‐MT(6MT)を組み合わせる。
エクステリアは、マツダの新世代商品共通のデザインテーマ「魂動‐Soul of Motion」を採用、ダイナミックで生命感のある動きをコンパクトなCセグメントのサイズで実現。
インテリアでは、凝縮感のあるドライバーオリエンテッドな空間と、開放的で心地よいパッセンジャー空間を両立し、ステアリングホイールや単眼メーターとドライバーの体の中心を同軸にレイアウト、クルマとドライバーの一体感を演出。
今回、SKYACTIV-G 2.0搭載車に新世代高効率6速マニュアルトランスミッション「SKYACTIV-MT」を設定。
ガソリン車及びディーゼル車の全機種で「SKYACTIV-MT」の選択が可能となった。

グレード名
型式
排気量
ドア数
シフト
駆動方式
定員
燃費
価格
型式:DBA-BM5AS
排気量:1496cc
ドア数:5
シフト:6AT
駆動方式:フルタイム4WD
定員:5名
燃費:-
価格:1,976,400 円
型式:DBA-BM5AS
排気量:1496cc
ドア数:5
シフト:6AT
駆動方式:フルタイム4WD
定員:5名
燃費:-
価格:2,116,800 円

マツダ アクセラスポーツ 2013年11月(平成25年11月) 発売モデル

スポーツコンパクトの3代目マツダアクセラシリーズ。
バリエーションには、5ドアハッチバック「アクセラスポーツ」、4ドアセダン「アクセラ」、チューニングスポーツ「マツダスピードアクセラ」、新たに設定したハイブリッドモデル「アクセラハイブリッド」を用意。
今回、フルモデルチェンジを行った。
「SKYACTIV技術」の他、先進安全技術「i‐ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を採用。
「アクセラスポーツ」のラインアップは、SKYACTIV‐G 1.5搭載の「15C」、「15S」、SKYACTIV‐G 2.0搭載の「20S」、「20Sツーリング」、「20Sツーリング Lパッケージ」を設定。
トランスミッションには、「15C」、「15S」は、SKYACTIV‐DRIVE(6AT)とSKYACTIV‐MT(6MT)を、その他は、SKYACTIV‐DRIVE(6MT)を組み合わせる。
全グレードに、アイドリングストップシステム「i‐stop」(アイ・ストップ)を標準装備。
エクステリアは、マツダの新世代商品共通のデザインテーマ「魂動‐Soul of Motion」を採用、ダイナミックで生命感のある動きをコンパクトなCセグメントのサイズで実現。
より低く構えたグリルに、金属の塊から削り出したような重厚な質感の「シグネチャーウイング」を採用。
インテリアでは、凝縮感のあるドライバーオリエンテッドな空間と、開放的で心地よいパッセンジャー空間を両立し、ステアリングホイールや単眼メーターとドライバーの体の中心を同軸にレイアウト、クルマとドライバーの一体感を演出。
また、走行安全性を最優先に考えた新カーコネクティビティシステム「MAZDA CONNECT」を採用。
スマートフォンやタブレット端末の普及によりインターネットへの常時接続が日常化している現在、クルマの中においても、様々な情報の取得と発信が可能。
ボディカラーには、新色「チタニウムフラッシュマイカ」、「ディープクリスタルブルーマイカ」の他、「ソウルレッドプレミアムメタリック」などを用意。

グレード名
型式
排気量
ドア数
シフト
駆動方式
定員
燃費
価格
型式:DBA-BM5AS
排気量:1496cc
ドア数:5
シフト:6AT
駆動方式:フルタイム4WD
定員:5名
燃費:-
価格:1,921,500 円
型式:DBA-BM5AS
排気量:1496cc
ドア数:5
シフト:6AT
駆動方式:フルタイム4WD
定員:5名
燃費:-
価格:2,058,000 円