ランボルギーニ ディアブロを徹底解説!歴代モデルから選び方まで網羅

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

ランボルギーニ ディアブロを徹底解説!歴代モデルから選び方まで網羅

ランボルギーニ ディアブロを徹底解説!歴代モデルから選び方まで網羅

ランボルギーニ ディアブロは、発売から30周年が過ぎてもなお人気が高いモデルのため、購入を検討している方も多いでしょう。ランボルギーニはこれまでに数多くのモデルを輩出しており、スーパーカーメーカーとしても有名です。

 

ランボルギーニの歴史の中でもディアブロはもっとも象徴的なモデルとも言えます。ディアブロの歴代モデルの特徴を比較し、中古車選びの際に役立てましょう。

 

そこでこの記事では、ランボルギーニ ディアブロの特徴とともに、歴代モデルとの比較について解説します。また中古車選びのポイントも紹介するので、よりよい車選びをするためにもぜひご一読ください。

 

※目次※

1.2シーターのスーパーカー「ランボルギーニ ディアブロ」

2.ランボルギーニ ディアブロの特徴

3.ランボルギーニ ディアブロの歴代モデルを比較

4.購入前に要確認!外車を中古で買うポイント

5.理想の外車を探すならネクステージへ!

6.まとめ

 

■POINT

・ランボルギーニ ディアブロは2シーターのスーパーカー

・ランボルギーニ ディアブロは生産終了している

・輸入車を買うなら年式や走行距離、車種の人気や色まで確認しよう

 

世界のクルマが2,000台以上!正規輸入中古車をチェック >

2シーターのスーパーカー「ランボルギーニ ディアブロ」

ランボルギーニ ディアブロを徹底解説!歴代モデルから選び方まで網羅

「ディアブロ」はイタリア語で「悪魔」を意味しており、「ランボルギーニ ディアブロ」は伝説の闘牛の名前から名付けられたとされている2人乗りのスーパーカーです。1998年には日本でも「ディアブロ SV」「ディアブロ VT」が発売されるなど、人気を博していました。まずはランボルギーニ ディアブロの特徴を見ていきましょう。

 

ディアブロとは

イタリアの自動車メーカーであるランボルギーニが1990~2001年にかけて製造していたモデルです。発売当初は、「完璧なウェッジシェイプ」や「独特なガルウィングドア」、高スペックのエンジンを搭載している点が売りでした。

 

また、アルミニウム・複合素材によって軽量化されているのも特徴です。最高速度が時速320kmであることや、4.5秒で時速100kmに到達する点も魅力的であり、発売当初から世界中のファンから高く評価されていました。

 

注目を集めた出来事

ランボルギーニ ディアブロは、元アメリカ大統領であるドナルド・トランプ氏からも愛された1台です。トランプ氏は他にも「メルセデス・ベンツ SLRマクラーレン」や「フェラーリ 458イタリア」、「ホンダ NSX」までさまざまな車種を所有し、プライベート時に乗っていたと言われています。

 

また、2002年に劇場公開された「007/ダイ・アナザー・デイ」でジェームズ・ボンドのライバルが乗った車としても注目を集めているモデルです。

 

世界のクルマが2,000台以上!正規輸入中古車をチェック >

ランボルギーニ ディアブロの特徴

ランボルギーニ ディアブロを徹底解説!歴代モデルから選び方まで網羅

ランボルギーニ ディアブロの内装は年代ごとに変化を遂げており、最新モデルに至るまでスーパーカーらしい装備や改良が繰り返されてきました。外装もヘッドライトの違いで2種類に分類されます。次はランボルギーニ ディアブロの内装と外装の特徴を確認してみましょう。

 

ランボルギーニ ディアブロの内装

ランボルギーニ ディアブロの内装は年代によって異なり、1990年代前半では以下のような特徴が見られました。

 

・スイッチ類(オーディオやエアコンなど)が少なくシンプル

・センターコンソールからインパネにかけて斜めの傾斜があり、シフトレバーやスイッチ類がその上に配置されている

 

新しい車種になるにつれて、「メーターが横に連続して配列される」「4WD化で制御スイッチが追加される」などさらなる変化が加えられました。最終的には、インパネの中心にスイッチやメーターが配置されることで、よりスーパーカーらしいデザインへと進化してきたのです。

 

ランボルギーニ ディアブロの外装

ランボルギーニ ディアブロは、1990~1998年に製造された「前期型」と、1998~2001年に製造された「後期型」があります。両者の主な違いはヘッドライトで、形式は下記の2通りです。

 

・前期モデル:リトラクタブル式

・後期モデル:埋め込み式(日産 フェアレディZでも使用されている)

ランボルギーニ ディアブロの各サイズ

全長

全幅

全高

ホイールベース

トレッド前

トレッド後

4,460mm

2,040mm

1,105mm

2,650mm

1,540mm

1,640mm

※slide →

 

世界のクルマが2,000台以上!正規輸入中古車をチェック >

ランボルギーニ ディアブロの歴代モデルを比較

ランボルギーニ ディアブロを徹底解説!歴代モデルから選び方まで網羅

ランボルギーニ ディアブロにはいくつかの歴代モデルがあるため、購入前は各車種の基本情報を理解し、スペックを比較すると良いでしょう。ここでは、「ディアブロ VT」「ディアブロ SV」「ディアブロ GT」「ディアブロVT 6.0」の4車種の比較を行います。購入を考えている方はそれぞれのスペックをチェックしてみてください。

 

ディアブロ VT

初代モデルの発売から3年で開発・発売された車種です。基本情報やスペックは以下の通りです。

基本情報とスペック

形式

E-DE01

新車時の価格(円)

2,550万円

総排気量(cc)

5,707

ドア数(枚)

2

駆動方式

フルタイム4WD

シフト

5MT

定員(名)

2

種類

V型12気筒DOHC48バルブ

最高出力(ps/rpm)

530ps(390kW)/7,100rpm

最大トルク(N・m/rpm)

61.7kg・m(605.1N・m)/5,500rpm

車両重量(kg)

1,625

※slide →

 

ディアブロ SV

1995年から登場し、「Sport Veloce」の頭文字から名付けられたのがディアブロ SVです。基本情報やスペックは以下の通りです。

基本情報とスペック

形式

E-DE21

新車時の価格(円)

2,250万円

総排気量(cc)

5,707

ドア数(枚)

2

駆動方式

ミッドシップ

シフト

5MT

定員(名)

2

種類

V型12気筒DOHC48バルブ

最高出力(ps/rpm)

530ps(390kW)/7,100rpm

最大トルク(N・m/rpm)

61.7kg・m(605.1N・m)/5,500rpm

車両重量(kg)

1,530

※slide →

 

ディアブロ GT

1999年に発売されましたが、80台しか生産されなかった超希少車種がディアブロ GTです。基本情報やスペックは以下の通りです。

基本情報とスペック

形式

-

新車時の価格(円)

2,550万円

総排気量(cc)

5,992

ドア数(枚)

2

駆動方式

ミッドシップ

シフト

5MT

定員(名)

2

種類

V型12気筒DOHC48バルブ

最高出力(ps/rpm)

575ps(-kW)/7,300rpm

最大トルク(N・m/rpm)

-kg・m(630N・m)/5,500rpm

車両重量(kg)

1,460

※slide →

 

ディアブロVT 6.0

1999年からアウディが親会社となり、2000年に発売されたモデルがディアブロVT 6.0です。基本情報やスペックは以下の通りです。

基本情報とスペック

形式

GF-DE01A

新車時の価格(円)

2,550万円

総排気量(cc)

5,992    

ドア数(枚)

2

駆動方式

フルタイム4WD 

シフト

5MT

定員(名)

2

種類

V型12気筒DOHC48バルブ

最高出力(ps/rpm)

550ps(405kW)/7,100rpm

最大トルク(N・m/rpm)

-kg・m(620N・m)/5,500rpm

車両重量(kg)

1,625

※slide →

 

世界のクルマが2,000台以上!正規輸入中古車をチェック >

購入前に要確認!輸入車を中古で買うポイント

ランボルギーニ ディアブロを徹底解説!歴代モデルから選び方まで網羅

ランボルギーニ ディアブロは現在販売終了している車種なので、中古車を購入する方法しか選択肢がありません。また、モデルによっては流通量も非常に少なくなっています。

 

中古車のメリットとして価格を抑えられるのが利点ですが、中古車販売店の数は多く中古車選びに迷ってしまうことも多々あります。また、輸入車ということで購入後の故障についても気になる方も多いでしょう。ここでは、輸入車を中古で購入する際のポイントを解説します。購入後に後悔しないためにも事前にチェックしておきましょう。

 

年式と走行距離は重要

中古車選びは年式と走行距離の確認が重要です。たとえば、「高年式車」「多走行車」「過走行車」は価格が安くなりやすい傾向にありますが、いずれも故障のリスクなどが高いため購入を避けた方が無難でしょう。

 

一方で、高年式でも走行距離が短い車種に関しては狙い目です。走行距離が短いため部品の消耗・劣化があまり進んでいないことが多く、乗り換えもしやすいでしょう。輸入車を中古で探す際も、まずは年式と走行距離をチェックしてみてください。             

 

人気車種や人気色も見極める

中古車を購入する際は、市場における人気車種や人気色を見極めることもポイントです。中古車市場で値崩れしにくい車種であっても、人気のない色を選ぶだけで価格が数十万円も変わることがあります。

 

一般的には白や黒が車の色として人気です。赤色や青色、黄色といった車のイメージに合わない派手な色は、価格が下がる要因になることがあります。車の色へのこだわりが強くない場合は、あえて販売価格が安い不人気な色の車を選ぶ方法もありますが、リセールバリューが低い点には十分に注意しましょう。

 

信頼できる中古車販売店を利用する

中古の輸入車は、オークションのように個人間で売買する「輸入中古車」と、ディーラーが整備や点検を行って中古車販売店で扱う「認定中古車」の2通りがあります。

 

前者を利用すればコストを抑えられますが、車の状態を確認できません。一方で後者の場合は、故障のリスクを最小限に抑えられ、なおかつ保証も付帯するので万が一のケースでも安心できます。外車の中古車をお探しの方は、取り扱い実績が豊富な中古車販売店の利用がおすすめです。

 

世界のクルマが2,000台以上!正規輸入中古車をチェック >

理想の輸入車を探すならネクステージへ!

ランボルギーニ ディアブロを徹底解説!歴代モデルから選び方まで網羅

ランボルギーニ ディアブロ以外の輸入車でも、新車の購入費用が高く感じる場合は中古車の購入も検討してみましょう。

 

ここでは、理想の輸入車を探す際におすすめのネクステージについて紹介します。豊富な中古車在庫を誇る点以外にもさまざまな魅力があるので、ぜひネクステージでの中古車探しをご検討ください。

 

輸入車の正規ディーラーである

ネクステージは輸入車の正規ディーラーです。主に下記6つのブランドを取り扱っています。保証やアフターケアについても充実しているため、購入後も安心のカーライフをお送りいただけます。

 

1.フォルクスワーゲン(フォルクスワーゲン大阪城東、フォルクスワーゲン大阪枚方)

2.アウディ(Audi港南台、Audi東名川崎など)

3.ボルボ(ボルボ・カー堺、ボルボ・カーズ小田原、ボルボ・カー福井など)

4.マセラティ(マセラティ仙台、マセラティ名古屋インター)

5.ジャガー・ランドローバー(ジャガー・ランドローバー幕張、ジャガー・ランドローバー横浜港北など)

 

全国の中古車から目当ての1台を探せる

ネクステージには特定のカテゴリーに強い専門店が多く揃っています。「軽自動車専門店」「SUV専門店」「セダン&スポーツ専門店」「スバル車専門店」など、ジャンルは多種多様です。ある程度欲しい車種の目星が付いている方は、希望の条件に合う専門店をチェックしてみてください。

 

また、熟練のバイヤーが仕入れる中古車はモデルやグレード、カラーが豊富で、これまでの販売実績が多い点も強みです。外車も含めて、中古車選びはネクステージにお任せください。

 

世界のクルマが2,000台以上!正規輸入中古車をチェック >

まとめ

ランボルギーニ ディアブロを徹底解説!歴代モデルから選び方まで網羅

ランボルギーニ ディアブロは、これまでに多くのモデルが発売されましたが、現在は生産終了しているため購入できるのは中古車しかありません。また、外車の新車は販売価格が高いので、似たような車種を探す場合も中古車の購入がおすすめです。

 

ネクステージは輸入車の正規ディーラー事業も行っています。保証やアフターサービスも充実しておりますので、お近くにショールームがある方はお立ち寄りください。中古車のタイプごとに分けられた専門店も多いので、ネクステージで最高の1台を見つけられるでしょう。

 

世界のクルマが2,000台以上!正規輸入中古車をチェック >

ランボルギーニ ディアブロを徹底解説!歴代モデルから選び方まで網羅

 

今人気の中古輸入車をチェック

 

■世界のクルマを360°画像でチェックする (universe-cars.jp)

ランボルギーニ ディアブロを徹底解説!歴代モデルから選び方まで網羅

 

■オシャレな輸入車カタログ|supreme_cars

ランボルギーニ ディアブロを徹底解説!歴代モデルから選び方まで網羅
ページトップへ