レクサス CPOのメリットとデメリットは?一般中古車を選んだ方がいいパターンもご紹介!

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

レクサス CPOのメリットとデメリットは?一般中古車を選んだ方がいいパターンもご紹介!

レクサス CPOのメリットとデメリットは?一般中古車を選んだ方がいいパターンもご紹介!

レクサスは新車購入以外にディーラーで販売する「認定中古車」と中古販売店が販売を行う「一般中古車」があります。レクサスなど高級車の購入は金額だけではなく、品質やアフターサービスが担保されないと不安要素として残るのではないでしょうか。

 

ここではレクサス CPOのメリットとデメリット、一般中古車を選ぶべきパターンなどについて紹介します。この記事を読むとレクサス購入時の目安が分かりますので、是非参考にしてください。

 

※目次※

1. 最大のメリットは「上質」であること

2. コンセルジュサービスも受けられる!

3. デメリットはあるのか?

4. 一般中古車を選んだ方がいいパターンとポイント

5. レクサス人気モデルの中古車相場

6. まとめ

 

■POINT

 

・CPOは厳しい基準・項目をクリアしたレクサスのみを扱い、上質なサービスも受けられる。

・CPOのサービスが不要な場合や選択肢の幅を広げたい場合は、一般中古車を選んだ方が良い。

・一般中古車でレクサスを購入するならネクステージへ。豊富な品揃えとお客様のニーズに合わせた保証内容が魅了的。

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

最大のメリットは「上質」であること

レクサス CPOのメリットとデメリットは?一般中古車を選んだ方がいいパターンもご紹介!

レクサスCPOは厳しい基準をクリアしたモデルのみが販売を行うことを許されているため、質の良い車種を手に入れることができるでしょう。レクサス CPOにはどのような基準項目やサービス内容を設けているのでしょうか。

 

ここでは品質基準やサービス内容などについてまとめましたので、購入時の参考にしてください。

 

品質基準

レクサスは厳しい品質基準を設けており、90項目以上の点検・整備をクリアした車両のみ販売を行えます。また、納品車前に交換する部品は12品目となり、年数のほか走行距離などに応じて部品交換が可能です。以下は納車前の交換部品の一覧ですので、参考にしてください。

納車前交換部品12品目

タイヤ(スペアタイヤ含む)

Vベルト

(パワーステアリングベルト、ファンベルト、エアコンベルト)

ブレーキ・フルード

(ブレーキオイル)

タイミングベルト

バッテリー

ブレーキパッド

エンジンオイル

点火プラグ

エンジンオイルフィルター

エア・クリーナ・エレメント

ワイパーブレードゴム

ナビ地図ソフト

※slide →

 

CPO保証

レクサスCPOとはトヨタ自動車がレクサスの品質を保証する認定中古車制度のことを言い、走行距離無制限で2年間、保証書の内容に基づいて無料修理を行います。

 

ハイブリッド車の場合、3年間(もしくは初年度登録から10年のどちらか長い方)がハイブリッド機構の無料修理サービスの対象です。

 

万が一走行用のバッテリーが故障した場合、通常であれば高額な修理代金が必要となりますが、CPO保証期間内であれば保証部品の修理や交換を行ってくれるでしょう。

 

またレクサスは全国の販売店でCPO保証のサービスを受けることが可能なので、急なトラブルでも安心して受けられるのもうれしいポイントです。

 

メンテナンスプログラム

CPOメンテナンスプログラムとは、定期点検とメンテナンスを車検を除いて2年間無料で行うもので、レクサスを熟知したテクニカルスタッフが修理・点検を行います。

 

例えば6ヶ月点検と12ヶ月点検時の実施内容は異なっており、6ヶ月点検時はオイル交換をはじめとした27項目の点検、12ヶ月点検では31項目のメンテナンスを無料で行うため、購入後のアフターサービスも充実していると言えるでしょう。

 

レクサスオーナーズカード

レクサスオーナーズカードとはディーラーにて新車かレクサス認定中古車を購入した方のみ受け取れる「オーナーの証」であり、様々な特典を受けることができます。

 

例えば、レクサス販売店各店に設けられている「専用ラウンジ」、駐車場代を気にせず利用できる「車お預かりサービス」、24時間サポート受けられる「レクサスオーナーズデスク」など他のディーラーにはない手厚いサービスが魅力的です。

 

オーナーズローン

レクサスCPOではオーナーズローンを設けており、購入予定の方に合わせて3種類のローンプランを用意しています。認定中古車でありながら残価設定型クレジット(スマートバリュープラン)を選べるのもポイントで、最終回を除く支払いを軽減することが可能です。

 

他には頭金+割賦手数料と残額の2回で支払いを終える「残額据置き払い(スマートバリュートゥワイス)」は月々の支払いは発生しません。そのため一括での支払いと比べると手元の資金を抑えることができます。

 

「スタンダードプラン」は頭金や支払い回数などのニーズに合わせた支払いプランを設定することが可能なプランです。

 

レクサスカード

レクサスカードはオーナー特典の「プラチナカード」ですが、年会費が安く通常還元率が1.0%とポイントも溜まりやすいのが特徴的だと言えます。使い方によって還元率が変わり、高速道路でETCを利用した際には通常の2倍ポイントが付与される仕組みです。

 

他に空港ラウンジの使用や、運転中の事故やトラブルに24時間対応の「ドライバーズサポート24」、全国のENEOSで給油した際に3%~5%の割引対象となるため、運転を楽しみたい方にとってお得なカードと言えるでしょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

コンセルジュサービスも受けられる!

レクサス CPOのメリットとデメリットは?一般中古車を選んだ方がいいパターンもご紹介!

レクサスCPOは、オーナー特権のおもてなしが感じらる様々なコンセルジュサービスを用意しています。それでは高級車であるレクサスはどのようなサービスを設けているのでしょうか。

 

ここでは利用できるサービス内容や特徴についてまとめましたので、購入時の判断材料にしてください。

 

G-Link

「G-Link」はレクサス独自のコネクティドサービスで、事故・故障対応や緊急時の通報、愛車を見守るシステムを用意しているため、急なトラブルに見舞われた際にもサービスの提供を受けることができます。

 

またスマートフォン向けアプリ「LEXUS smartG-Link」を利用して燃費などの車両情報を確認でき、G-Linkとも連携が可能なため整備・点検の予約や車の状態などをリアルタイムで行うことが可能です。通常は3年間の無料期間ですが、CPOは2年間となります。

 

セキュリティ

レクサスCPOはセキュリティ面でも万全を期しており「G-Security」はじめ「ヘルプネット」「レクサス緊急サポート24」を提供しているのはご存知でしょうか。「G-Security」は車内侵入をオーナーへ通知する他、要請すると車両追跡、警備員の派遣などの対応を行います。

 

またレクサスが走行時トラブルを起こした場合に早急に対応してくれる「レクサス緊急サポート24」や事故や急な病気の際には「ヘルプネット」へ繋がり、警察や消防への通報をサポートなど心強いサポートが充実していると言えるでしょう。

 

オーナーズデスク

オーナーズデスクは、24時間365日運転に関する情報やホテルや航空券などの手配を行うサービスです。例えば「ドライブサポート」ではナビゲーションの目的地設定、駐車場の案内、天気予報の配信を行います。

 

またホテルやレストラン、航空券の紹介や予約を行う「ご紹介サービス」、車に関する悩み事に対応する窓口「お問い合わせ・ご相談サービス」とドライブ以外でも普段の暮らしに彩りを与える仕組みが構築されているのは優秀な点だと言えるでしょう。

 

このサービスは3年間無料で利用することができますが、その後一部有料となります。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

デメリットはあるのか?

レクサス CPOのメリットとデメリットは?一般中古車を選んだ方がいいパターンもご紹介!

ここまでレクサス CPOの受けられるサービスやメリットについてお話しましたが、デメリットについて気になる方もいらっしゃるでしょう。

 

ここではレクサス CPOを受けるにあたってのデメリットについてまとめましたので、以下から確認してください。

 

価格が高い

レクサスは品質やサービスが中古車価格に反映されているので、高額で手が出ないと考える方もいるのではないでしょうか。しかし認定中古車の場合、車の状態や無料保証、アフターサービスも充実しているため、価格以上のものが受け取れることも事実です。

 

上記の点を踏まえ、自身が出せる金額に見合った保証が受けられるサービスを検討することをおすすめします。

 

選択肢が少ない

CPOでは初年度登録から8年を経過したレクサスは認定を受けることはできません。また、8年以内でも走行距離の多い車や、事故歴のある中古車に関しても認められないためチェック体制もかなり厳しい基準を設けていると言えるでしょう。

 

また状態が良いものだけが認定中古車として厳選されているので、取り扱い総数は少ないことはデメリットと考えられます。

 

店舗数

レクサスCPOの店舗は47都道府県全てにありますが、県庁所在地に1店舗しか存在しない場合もあるため、購入やサポート体制に不便を感じる方もいるのではないでしょうか。

 

しかしレクサスはメーカーがトヨタであるため、海外メーカーの高級車と比べると認定中古車販売店の数は多いのでその点は安心材料と言えるでしょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

一般中古車を選んだ方がいいパターンとポイント

 

レクサス CPOのメリットとデメリットは?一般中古車を選んだ方がいいパターンもご紹介!

レクサスCPOで中古車を選ぶ場合、サービス内容や保証を受けられるため価格も高くなります。価格などを考慮して一般中古車で購入することも可能ですが、どのような点に気を付けると良いのでしょうか。

 

ここでは一般中古車を選んだ方が良いパターンとポイントについて紹介しますので、購入時の参考にしてください。

 

サービスが不要な場合

認定中古車は車体価格にオーナーズサービスが付帯されているため高価になりますが、一般中古車の場合これらのサービスがついていないため、価格を抑えることができます。またできるだけ安く購入したい方も一般中古車の方がおすすめです。

 

そのため認定中古車のような付加価値は必要なく、レクサスの車両のみ希望の場合は一般中古車を選んだ方が良いと言えるでしょう。

 

選択肢を広げたい場合

認定中古車は初年度登録から8年以内としているため、古いモデルの取り扱いはありません。また、場合によっては希望の車種がCPOの取り扱いにないことも考えられます。

 

そのため年式や走行距離などに関わらず選択肢の幅を広げて購入したい方は、一般中古車の方がおすすめです。

 

保証継承をする

レクサスは5年間の新車保証があり、一般中古車へ引き継ぐこともできます。この保証は車体以外のナビなどの電気製品も対象となっているため、オーナーズサービスは必要ないがレクサスの保証は欲しいという方もいらっしゃるでしょう。

 

新車保証を引き継ぐための条件は5年で10万km以内であることと、12ヶ月点検を受けていることです。またレクサスオーナーズデスクのサービスは年間料を支払うことによってを利用可能となります(無料保証が過ぎている場合)

 

信頼できる店舗で購入する

レクサスディーラーでメンテナンスを行えるのは新車かCPOのみとなっているため、一般中古車で購入した場合ディーラーでのサービスを受けることはできません。

 

そのため一般中古車でレクサスを購入する場合、購入のサービスはじめ、購入後のアフターサービスの体制が整っている店舗から購入することをおすすめします。ネクステージは年式、走行距離を問わず無料保証がついており、充実した保証内容がおすすめです。

 

また無料保証以外にもお客様のニーズに合わせた保証内容を準備しておりますので、レクサス購入時も安心してご利用いただけます。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

レクサス人気モデルの中古車相場

レクサス CPOのメリットとデメリットは?一般中古車を選んだ方がいいパターンもご紹介!

認定中古車は充実したサービス内容も含まれるため価格設定も高くなりますが、一般中古車であれば価格帯や年式、車種の幅が広がるため選択肢が広がる点はメリットと言えるでしょう。


ここではレクサス人気モデルの一般中古車とCPO価格、特徴についてまとめましたので、購入時の判断材料としてください。

 

レクサス RX

レクサス CPOのメリットとデメリットは?一般中古車を選んだ方がいいパターンもご紹介!

RXはミドルサイズのSUVで、2017年から3列シートモデルも追加されました。ボディサイズは全長4,890mm×全幅1,895mm×全高1,700mmと大きくなり、大人が座ってもゆとりある空間を演出しています。

 

RX450hLとRX450hはV型6気筒 3.5L+ハイブリッドシステムを使用し、RX300は直列4気筒 2.0+インター付ターボを採用しました。2020年式RX450h バージョンLモデルの一般中古車相場は約550万円で、CPO価格は約760万円となっています。

(2021年3月時点の情報です)

(参考: 『RX(レクサス)の中古車一覧|新車・中古車の【ネクステージ】』

 

レクサス NX

レクサス CPOのメリットとデメリットは?一般中古車を選んだ方がいいパターンもご紹介!

NXはコンパクトSUVで、レクサスの中でも売れ行きが好調な一台です。2017年にマイナーチェンジを行い安全運転支援装備の強化を行った他、内外装のデザインを追求しました。

 

ボディサイズは全長4,890mm×全幅1,895mm×全高1,700mmとレクサスSUVの中では一番小さいモデルです。2020年式300hの一般中古車相場は約500万円(車検無)で、CPO価格は約600万円となっています。

(2021年3月時点の情報です)

(参考: 『NX(レクサス)の中古車一覧|新車・中古車の【ネクステージ】』

 

レクサス LS

レクサス CPOのメリットとデメリットは?一般中古車を選んだ方がいいパターンもご紹介!

フラッグシップセダンのLSは、レクサスの中で最高級クラスのセダンです。ハイブリッドとガソリンモデルがありグレードによって価格帯も異なります。

 

自然吸気V6 3.5Lエンジンを使用しており、最高出力回数は6,600rpmを達成しました。またD−4Sを採用し力強い加速を体感できるでしょう。2020年式500の一般中古車相場は約840万円で、CPO価格は約850万円となっています。

(2021年3月時点の情報です)

(参考: 『LS(レクサス)の中古車一覧|新車・中古車の【ネクステージ】』

 

PRレクサスで人気の中古車

 

レクサス CT

レクサス CPOのメリットとデメリットは?一般中古車を選んだ方がいいパターンもご紹介!

CTはハッチバックモデルで、発売からおおよそ1ヶ月で月間販売目標台数を受注した人気のモデルです。レクサスの中でトップクラスの燃費性能を誇り、直列4気筒エンジンに大出力のモータとリダクションギアを組み合わせたことにより、力強い加速を体感できるでしょう。

 

2020年式200h Fスポーツの一般中古車相場は約420万円で、CPO価格は約440万円です。

(2021年3月時点の情報です)

(参考: 『CT(レクサス)の中古車一覧|新車・中古車の【ネクステージ】』

 

レクサス IS

レクサス CPOのメリットとデメリットは?一般中古車を選んだ方がいいパターンもご紹介!

レクサスISはコンパクトなミドルセダンですが、快適に過ごせる室内空間があり、ラゲッジスペースにもゴルフバッグ4つを積めるくらいの広さを確保しています。

 

エンジンは直列4気筒 2.0Lターボ、直列4気筒 2.5L+ハイブリッドシステム、V型6気筒 3.5Lの3種類を用意しユーザーのニーズに合わせた走りを追求できるでしょう。2020年式300h Fスポーツの一般中古車相場は約500万円で、CPO価格は約560万円です。

(2021年3月時点の情報です)

(参考: 『IS(レクサス)の中古車一覧|新車・中古車の【ネクステージ】』

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

まとめ

レクサス CPOのメリットとデメリットは?一般中古車を選んだ方がいいパターンもご紹介!

レクサスは高級車でありステータス性も高いため「一度は乗ってみたい、購入したい」と考える方もいらっしゃるでしょう。ディーラーでは新規購入と認定中古車の2種類の購入方法があり、手厚いサービスを受けることができます。

 

少しでも金額を抑えたい方や選択肢の幅を広げたい方は中古車販売店での購入も可能です。ネクステージはレクサスの購入や相談、アフターサービスの保証も充実しておりますので、気になる方はぜひお問い合わせください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

レクサス CPOのメリットとデメリットは?一般中古車を選んだ方がいいパターンもご紹介!

 

気になる車種をチェック

 

ページトップへ