ヤリスクロスの後部座席の利便性は?シートの特徴やライバル車種との比較

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

ヤリスクロスの後部座席の利便性は?シートの特徴やライバル車種との比較

ヤリスクロスの後部座席の利便性は?シートの特徴やライバル車種との比較

ヤリスクロスは、トヨタが販売するコンパクトSUVです。一般的なSUVよりもボディサイズがコンパクトなことから、取り回しやすい魅力がありますが、後部座席の使いやすさはどの程度なのでしょうか。

 

この記事では、ヤリスクロスの後部座席の利便性、後部座席を活用した荷室スペースの使い方を紹介します。運転席・助手席の特徴も紹介しますので、ヤリスクロスの購入を検討する際にお役立てください。

 

※目次※

1.ヤリスクロスはどのような後部座席?

2.ヤリスクロスの後部座席の利便性

3.ヤリスクロスの荷室は後部座席以外の部分も調整できる

4.軽快な走りや低燃費が魅力のヤリスクロス

5.ヤリスクロスは前席にもこだわりが詰まっている

6.ヤリスクロスとライバル車の後部座席を比較!

7.まとめ

 

■POINT

・ヤリスクロスの後部座席はグレードによって分割割合が異なり、6:4分割と4:2:4分割がある。

・コンパクトSUVでは珍しい、カップホルダー付きセンターアームレストを後部座席に採用。

・ヤリスクロスは運転席と助手席にシートヒーターを採用するなど、後部座席以外の快適性も重視されている。

 

良質車、毎日続々入荷中!誰よりも早くチェック!

ヤリスクロスはどのような後部座席?

ヤリスクロスの後部座席の利便性は?シートの特徴やライバル車種との比較

ヤリスクロスは、SUVの中でもボディサイズがコンパクトな車です。走破性があれば未舗装なども難なく走行でき、アウトドアもより楽しめますが、ボディサイズが大きいと取り回しにくさを感じるでしょう。

 

ここでは、取り回しやすく、悪路走破性も持つヤリスクロスの概要を紹介します。

 

コンパクトSUVの中では小さめな車種

コンパクトSUVは、SUVらしいデザインや悪路走破性を持ちながら、街乗りでも便利なボディサイズに設計された車です。ボディサイズの定義はありませんが、一般的に全長4,400mm以下のSUVをコンパクトSUVと呼びます。

 

以下は、ヤリスクロスのボディサイズと室内寸法の一覧です。

 

ボディサイズ(全長×全幅×全高・mm)

4,180~4,200×1,765×1,580~1,590

室内寸法(長さ×幅×高さ・mm)

1,845×1,430×1,205

※slide →

 

ヤリスクロスは、コンパクトSUVの中でもボディサイズが小さいことから、小回りの利きやすさを重視したい方にも適しています。

 

2タイプの分割可倒式リアシートを採用

ヤリスクロスの後部座席は全て3人座れる仕様ですが、シートの分割割合が異なります。シートの分割方法は、左右2つに分ける6:4分割と、左右中央3つに分ける4:2:4分割の2種類です(グレード別)。

 

6:4分割は「4」側を倒し、広い「6」に座るとゆったりと過ごせます。6側はシートベルトが2人分備わっているため、狭さは感じるものの大人4人でのドライブが可能です。

 

4:2:4分割は「2」を倒すことで、4人乗車しても狭さを感じることなく、実用性に優れています。

 

良質車、毎日続々入荷中!誰よりも早くチェック!

ヤリスクロスの後部座席の利便性

ヤリスクロスの後部座席の利便性は?シートの特徴やライバル車種との比較

後部座席の利便性が高いと、座る人はドライブ中にくつろげるため、充実した時間を過ごせます。ヤリスクロスの後部座席はどの程度の利便性を持つのでしょうか。

 

ここでは、コンパクトSUVには珍しいセンターアームレストと後部座席のシートアレンジを紹介します。

 

多くのグレードにリアセンターアームレストを標準装備

後部座席に座る人は運転操作がないことから、肘を置けるスペースがあるとリラックスした状態でドライブを楽しめます。ヤリスクロスの後部座席中央は、前方に倒すとアームレストが出現する構造です(グレード別)。

 

アームレストには2つのカップホルダーが備えられ、後部座席に座る人のドリンク置き場として利用できます。後部座席中央にアームレストが備わったコンパクトSUVは貴重な存在です。大切な家族や友人をもてなしたい方にとって、良いポイントといえるでしょう。

 

真ん中のシートを倒しても大人4人が無理なく乗れる

釣りざお・スキー板などの長い荷物を積む場合、6:4分割可倒式シートであれば後部座席に大人2人が座ると窮屈に感じることもあるでしょう。

 

4:2:4分割可倒式シートは、中央のシートを前方に倒すことで荷物を載せながらも、大人2人がゆったりと後部座席に座れます。

 

家族や友人とアウトドアを楽しむ方など、荷物の積載性、後部座席の快適性どちらも重視する場合は、4:2:4分割仕様のグレードがおすすめです。

 

良質車、毎日続々入荷中!誰よりも早くチェック!

ヤリスクロスの荷室は後部座席以外の部分も調整できる

ヤリスクロスの後部座席の利便性は?シートの特徴やライバル車種との比較

後部座席を前方へ倒すことで荷室空間を広げる車は多々あります。ヤリスクロスは後部座席のアレンジによる荷室スペース拡大の他、アジャスタブルデッキボードやフレックスベルトによって利便性をアップできるのが魅力です。

 

ここでは、荷室スペースを有効活用できるアジャスタブルデッキボードとフレックスベルトを紹介します。

 

上下左右に分けるアジャスタブルデッキボード

一部グレードには、荷室にアジャスタブルデッキボードが搭載されています。6:4分割可能なボードで、荷物の大きさに応じて荷室フロアの高さを2段階に調節できるアイテムです。荷室高さは上段時で732mm、下段時で850mm確保できます。

 

アジャスタブルデッキボードを下段にすると、9.5インチのゴルフバッグを2つ、もしくはキャリーケースを2つ積載可能です。下段位置でもアジャスタブルデッキボード下には収納スペースが確保され、小物などの収納に役立ちます。

 

フレックスベルトで荷物の固定にも対応

アジャスタブルデッキボードの活用の他、フレックスベルトでも積載性がアップします。

 

フレックスベルトは、荷室にあるユーティリティフックを使い、荷物を固定できるベルトです。スーツケースやクーラーボックス、自転車など荷室内で転がりやすい荷物を固定することで、安定した状態で運搬できます。

 

レジャーやアウトドアシーンで便利な装備として、ラゲージソフトトレイもおすすめです。撥水、防水、滑り止めなど水に強い加工が行われたトレイで、ぬれた荷物も気にせず載せられます。

 

良質車、毎日続々入荷中!誰よりも早くチェック!

軽快な走りや低燃費が魅力のヤリスクロス

ヤリスクロスの後部座席の利便性は?シートの特徴やライバル車種との比較

ヤリスクロスは後部座席や荷室の利便性が良いだけでなく、車としての基本性能の高さも魅力です。SUVのため、積雪路などの悪路走破性を重視したい方もいるでしょう。ハイブリッド車には、E-Fourと呼ばれる電気式四輪駆動システムが採用されています。

 

2020年に登場したヤリスシリーズのコンパクトSUV

ヤリスシリーズはコンパクトカーシリーズで、ハイブリッド世界トップレベルの燃費性能を発揮する「ヤリス」、モータースポーツで勝つための技術が取り入れられた「GRヤリス」、コンパクトSUVの「ヤリスクロス」があります。

 

ヤリスクロスはSUVとしての力強さ、存在感を表現した車で、乗る人に好奇心を与えるのが魅力です。

 

2020年8月の販売開始直後から販売台数が好調でした。ヤリスクロスの売り上げが好調だったのは、都会的で洗練された中にSUVらしさを感じるデザイン性、基本性能の高さなど車としての総合評価が高かったためでしょう。

 

トヨタのコンパクトSUVで初めてE-Fourを設定

「軽く、小さく、扱いやすく」をコンセプトに開発されたヤリスクロスは、コンパクトカー向けTNGAプラットフォーム(GA-B)が採用されました。

 

コンパクトカーとしての扱いやすさに加え、SUVらしい力強さを発揮するために、ハイブリッド車の4WDモデルにはE-Fourが用いられています。

 

E-Fourは、走行状態に応じて前輪駆動状態から四輪駆動へと自動制御することで、操縦安定性および燃費性能向上に貢献するものです。発進時から定常走行時、悪路走行時まで賢く駆動方式を切り替えます。

 

良質車、毎日続々入荷中!誰よりも早くチェック!

ヤリスクロスは前席にもこだわりが詰まっている

ヤリスクロスの後部座席の利便性は?シートの特徴やライバル車種との比較

友人や家族と一緒に車へ乗る際、後部座席の快適性、利便性は重要なポイントです。前席も快適でなければ、運転中に疲労がたまりやすい、ドライブが楽しめないといったこともあるでしょう。ここからは、ヤリスクロスの前席の特徴を紹介します。

 

運転席6ウェイパワーシートやシートヒーターの採用

シートポジションの細かな調節は、乗り心地に影響します。ヤリスクロスの運転席は、6ウェイパワーシートです(グレード別)。前後スライド、リクライニング、上下を電動スイッチで簡単に操作できます。

 

助手席には6ウェイパワーシートが採用されていません。しかし、運転席と同じシートヒーターが備わっています。シートヒーターは、スイッチを押すと座面・背もたれを素早く温める機能です。寒い季節のドライブも快適になるでしょう。

 

見やすさや紫外線への配慮

ヤリスクロスは、シフトレバーを適切な位置に配置してスムーズな運転操作ができるだけでなく、デジタルメーターをシンプルなレイアウトとすることで操作性と視認性を両立させています。

 

車速やルート案内などの情報を表示するカラーヘッドアップディスプレイは、高輝度表示が採用されているため、日中でも見えやすいのが魅力です。

 

フロントドアガラスには、スーパーUVカット・IRカット機能付きのガラスが備わっています。日差しが強い季節や時間帯でも、快適なドライブが楽しめるでしょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!誰よりも早くチェック!

ヤリスクロスとライバル車の後部座席を比較!

ヤリスクロスの後部座席の利便性は?シートの特徴やライバル車種との比較

ヤリスクロスのように通勤・通学などの日常生活だけでなく、週末のアウトドアやレジャーに最適なコンパクトSUVは他にないのでしょうか。

 

ヤリスクロスと比較されやすい車として、トヨタ ライズとホンダ ヴェゼルがあります。各特徴を解説しますので、ヤリスクロスとは違った魅力を見つけましょう。

 

トヨタ ライズ

ヤリスクロスの後部座席の利便性は?シートの特徴やライバル車種との比較

ライズは、SUVらしい迫力のあるエクステリアデザインと走行性能が魅力のコンパクトSUVです。排気量1.2Lエンジンの他、1.5L相当のトルクを発揮する1.0Lターボ付きエンジンもあります。走行性能と燃費性能を重視したい方におすすめの車です。

 

カップルディスタンス(前後席間距離)は900mm確保されたことで、後部座席に座ってもコンパクトSUVとは思えない快適な乗り心地を味わえます。

(参考:『ライズ(トヨタ)の中古車一覧|新車・中古車の【ネクステージ】』

 

ホンダ ヴェゼル

ヤリスクロスの後部座席の利便性は?シートの特徴やライバル車種との比較

ヴェゼルは、出かけるのが楽しみになるようなデザインと高い走行性能が魅力のSUVです。ホンダのハイブリッドシステム「e:HEV」を搭載し、2つのモーターとエンジンを動力源とすることで、低燃費を実現します。

 

後部座席は、ヘッドレストの厚みが特徴です。足元にもゆとりがあるため、大人でもゆったりと過ごせます。座面をチップアップすることで、後部座席を使用しないときに背の高い荷物を載せるスペースの確保が可能です。

(参考:『ヴェゼル(ホンダ)の中古車一覧|新車・中古車の【ネクステージ】』

 

良質車、毎日続々入荷中!誰よりも早くチェック!

まとめ

ヤリスクロスの後部座席の利便性は?シートの特徴やライバル車種との比較

ヤリスクロスはコンパクトSUVながらも、後部座席の居住性や利便性を高めるさまざまな工夫が施されています。4:2:4分割可倒式の後部座席中央には、カップホルダー付きアームレストもあるため、大人4人でもゆったりとしたドライブを楽しむことが可能です。

 

アジャスタブルデッキボードを使用すると、荷室を上下左右に分割できます。高さの異なる荷物もスペースを無駄なく載せられることから、アウトドアやレジャーシーンでも活躍するでしょう。

 

【この記事の執筆者】

ヤリスクロスの後部座席の利便性は?シートの特徴やライバル車種との比較

畠山達也

自動車Webライター

自動車免許のほか、一級自動車整備士、フォークリフト運転免許などを保有するライター。自動車メーカーや部品業界に携わった際の知識や経験を活かし、Webメディアを通して「車の楽しさ」を発信している。

 

PRヤリスクロスも豊富にご用意

ハイブリッドZ

NEW
ヤリスクロス ハイブリッドZの中古車画像

2020(R2)

禁煙車 トヨタセーフティーセンス 純正8型DA 全周囲カメラ レーダークルーズ パワーバックドア ブラインドスポットモニター ヘッドアップディスプレイ Bluetooth再生 18インチアルミ ETC

ハイブリッドZ

NEW
ヤリスクロス ハイブリッドZの中古車画像

2021(R3)

ナビ付き8インチディスプレイオーディオ パノラミックビューモニター トヨタセーフティセンス レーダークルーズコントロール 禁煙車 パワーバックドア ブラインドスポットモニター シートヒーター

ハイブリッドZ

NEW
ヤリスクロス ハイブリッドZの中古車画像

2021(R3)

純正8型ディスプレイオーディオ パノラミックビューモニター トヨタセーフティセンス レーダークルーズコントロール LEDヘッドライト ETC

NEW
ヤリスクロス Zの中古車画像

2021(R3)

純正8型ディスプレイオーディオ LEDヘッドライト

ハイブリッドG

NEW
ヤリスクロス ハイブリッドGの中古車画像

2022(R4)

セーフティセンス 禁煙車 8型ディスプレイオーディオ 純正オプションアルミホイール レーダークルーズ バックカメラ ETC Bluetooth フルセグ 前後ドラレコ 2トーンカラー LEDヘッド

NEW
ヤリスクロス Zの中古車画像

2022(R4)

トヨタセーフティセンス 全周囲カメラ レーダークルーズコントロール 純正8型ディスプレイオーディオ シートヒーター ブラインドスポットモニター 純正18インチアルミホイール 純正革巻きステアリング

NEW
ヤリスクロス Gの中古車画像

2020(R2)

純正ナビ 全周囲カメラ レーダークルーズコントロール セーフティセンス ブラインドスポットモニター オートハイビーム LEDヘッド ビルトインETC スマートキー クリアランスソナー オートエアコン

NEW
ヤリスクロス Zの中古車画像

2021(R3)

純正ディスプレイオーディオ バックカメラ トヨタセーフティセンス レーダークルーズコントロール パワーシート 前席シートヒーター ドライブレコーダー オートマチックハイビーム 横滑り防止装置

もっと見る >

 

豊富なラインアップのネクステージ中古車情報をチェック!

いかがでしたか。今回の記事が中古車購入を検討しているあなたの参考になれば幸いです。

 

ネクステージでは、他店に負けない数多くの中古車をラインアップしていますので、中古車の購入を検討されている方は、ネクステージの公式Webサイト上で最新の在庫状況をチェックしてみてください。また中古車購入に際して、ネクステージ独自の保証もご準備しております。お気軽にお問い合わせください。

 

良質車、毎日続々入荷中!誰よりも早くチェック!

ヤリスクロスの後部座席の利便性は?シートの特徴やライバル車種との比較

気になる車種をチェックする

 

ページトップへ