車の購入に必要な車庫証明書とはどのような書類か?車庫証明が必要なタイミングとは

クルマ購入ガイド

車の購入に必要な車庫証明書とはどのような書類か?車庫証明が必要なタイミングとは

ディーラーや販売店めぐり、値段の交渉やオプション選びなどが終わり、いざ車の購入が決まると、早く車を自分の物にしたい!とワクワクしますよね。車を存分に楽しむのはとてもいいことですが、購入にあたって必要な書類や手続きについてきちんと理解しておくことも大切です。

 

当記事では、車を購入する際に必須となる「車庫証明」について、車庫証明とは何なのか、車の購入にあたり何をすべきなのかを解説していきます。手続きを滞りなく行い、早く車を自分の物にしてしまいましょう!

 

※目次※

1. 車の購入に必要な車庫証明書とはどのような書類か?

2. 車庫証明の取得の手続き方法、必要書類

3. 車庫証明に関して一体どのような点に注意しないといけないか

4. 車庫証明の取得以前にどのような車を購入するかが大事

5. 車庫証明の取得や車の購入を行う際はスケジュール管理が重要

6. 車を購入する際はあらかじめ疑問をまとめておくのが大事

7.まとめ

 

■POINT

 

 

・車庫証明は、自宅で取得する場合と近隣の駐車場で取得する場合とではかかる時間も費用も違うので注意しよう

・車をいつまでに欲しいのか、予算はどれくらいかなどしっかり決めておこう

・車がいつ頃納車になるのか、車庫証明はいつまでに必要なのかを確認しておこう

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

車の購入に必要な車庫証明書とはどのような書類か?

さて、車の購入には「車庫証明」が必要とお話しましたが、車庫証明とはそもそも何なのでしょうか。車庫証明の意味や、必要になるタイミングについて見ていきましょう。

 

車庫証明とは

車庫証明とは、購入する車の保管場所がきちんと確保されている事実を証明するものです。車を購入する際の登録では「車庫証明書」を提出することが「車庫法」によって義務付けられており、車庫証明書は購入時に前もって準備しておくべき書類の一つです。

 

車を保管するにはある程度の敷地が必要ですが、公道や他人の敷地に保管することはもちろん違法になりますよね。車庫証明はこのような駐車を防ぐためのもので、購入した車をどこに停めておくのか、その土地は保管を許可されている場所なのかを証明しなければ、車を購入することはできないのです。

 

車を購入した後は、基本的にこの車庫証明書で申告した場所へ保管することになります。

 

車庫証明が必要なタイミング

車庫証明は、新しく新車や中古車を購入する時はもちろんのこと、引っ越しや契約駐車場の変更などに伴って駐車場の場所が変わる場合は毎回必要になります。購入時に証明書に記載した場所に車を保管していないのであれば、そもそも車庫証明は意味がなくなってしまいますよね。車を購入するときはディーラーや販売店の人から提出を促されるかもしれませんが、引っ越しの際は自分で気がつかなければなりませんので、注意しましょう。

 

また、車庫証明をする期間についても明確に定められています。新しく車を購入する場合にはディーラーや販売店と売買契約をした時からナンバーを取得するまでの間に済ませなければなりません。また、その後の住所移動の際は、変更となってから15日以内に証明をしなおすことがルールになっています。

 

車庫証明がいらない場合とは?

車庫証明は車の購入において必須だとお話しましたが、実は「一部のエリアにおいては」車庫証明が必要ないケースもあります。それは、普通自動車に比べてそこまで土地を必要としない「軽自動車」を購入した場合です。

 

人口の多い都市に関しては、土地に対して車の台数が多くなってしまうため普通自動車と同様に車庫証明が義務付けられているのですが、それ以外のほとんどの場所では軽自動車の車庫証明をしなくても良いということになっています。

 

ちなみに、普通自動車の中にも例外はあります。市区町村のうち、「村」では人口と車の台数に対して土地が広く、人口の多い都市ほど車の置き場所を規制する必要がないことから、村では普通自動車の場合でも車庫証明が必要とされない場合があります。

 

車庫証明の取得の手続き方法、必要書類

車の購入にあたり、車庫証明が法律で義務付けられているということはご理解いただけたかと思います。次に、実際に車庫証明を申請・取得するにはどのような手続きが必要なのかを見ていきましょう。

 

車庫の決定

車庫証明をするには、まずは車庫自体を決定しなければなりません。持ち家や賃貸住宅に庭や駐車場がある場合はその場所に車を停めることができるのか確認し、そうでない場合は賃貸駐車場などを確保しましょう。

 

この際に証明する車庫はどこでも良いというわけではなく、車庫として認められるためには主に3つの条件が定められています。1つ目は「車がはみ出すことなく完全に収まる土地であること」、2つ目は「その土地が別の物で占有されておらず車が入るスペースがあること」、そして3つ目は「車を走らせることができる道路に接しており、車の出し入れができること」です。

 

つまり、いくら土地が確保されていたとしても、「本当にその場所に車を停めることができるのか」を証明できなければなりません。

 

申請書の取得

条件をクリアしている車庫が決定したら、車庫証明をするために必要となる申請書を取得しましょう。車庫証明の申請には、主に4つの書類が必要になります。

 

1つ目は、「自動車保管場所証明申請書」で、その名の通り保管場所を確保していることを証明してもらうための申請書です。

 

2つ目は、「保管場所標章交付申請書」です。車の後ろのガラスに丸いステッカーが貼ってあるのを目にしたことがあるかもしれませんが、これは「保管場所をきちんと確保していますよ」ということを証明するもので、常に貼っておくことが義務付けられています。このステッカーを受け取るには、申請が必要です。

 

3つ目は、「保管場所の所在図・配置図」です。車の保管場所を実際に目で見て確認できるように、図で表現したものがこの書類です。

 

最後に、「保管場所使用権原疎明書面(自認書)」または「保管場所使用承諾証明書」です。これらは、車の保管場所として土地の使用が許可されていることを証明するもので、前者は土地の所有者が自分の場合、後者は賃貸駐車場などで他人の土地を借りる場合のものになっています。

 

車庫証明の作成、書き方

「自動車保管場所証明申請書」は、車種や車台番号など車を特定できる情報と、その車を保管する土地の場所とを記載した証明書です。車に関する情報は車検証に全て記載されていますので、車検証を手元に用意しておけば一括で確認できます。車の保管場所については使用権限者を記載する必要があり、他人の土地を借りる場合は「使用承諾書」や「契約書」も併せて提出します。

 

「保管場所標章交付申請書」は、1つ目の「自動車保管場所証明申請書」と同じ内容で構成されています。この2つの書類は複写式になっていますので、実質1度の記入で2枚分の書類が完成します。

 

「保管場所の所在図・配置図」は、インターネットや紙のマップをプリントアウトまたはコピーするか、手書きで地図を描きましょう。地図の中に分かりやすい目印になる物が入っている方が好ましく、手書きをする場合は定規を使うなどしてなるべく正確に記載しましょう。「所在図記載欄」には自宅と車の保管場所の位置関係を記載し、「配置図記載欄」には車庫の具体的なサイズや道路の幅員を記載します。

 

「保管場所使用権原疎明書面(自認書)」は、車を保管する土地の住所と、その土地が自分の所有地であることの証明文を記載し、捺印をします。署名と押印をすれば良いだけなので比較的簡単に記入が終わるでしょう。

 

「保管場所使用承諾証明書」は、使用者および契約者(車の購入者)と所有者または管理委託者(土地の持ち主)双方の記入と捺印が必要になります。特に所有者または管理委託者の場合は早めに連絡し、書類への記入をお願いしておきましょう。

 

車庫証明の申請

車庫証明の申請書ができあがったら、いよいよ申請をしに行きましょう。車庫証明は警察署にて申請をしますが、どこでも良いというわけではなく、車の保管場所を統括している警察署に届け出なければなりません。そのため、自宅と車の保管場所が同じでない場合は事前に管轄の警察署を確認しておきましょう。

 

窓口へ行くと、申請者の本人確認が求められます。住所及び本人確認ができる書類(住民賞の写しや公共料金領収書など)を用意していきましょう。また、約2,000円~2,500円程度の手数料が必要になりますのでお金も持っていきます。

 

上記の物が用意できたら、あとは用意しておいた書類を窓口へ提出するだけです。

 

車庫証明の取得

申請した書類が処理されたら、車庫証明に関する書類を取得しにいきましょう。申請した警察署へ再び足を運ぶか、忙しくて取りに行く余裕のない人は郵送で送ってもらうのも良いでしょう。警察署からは主に3つの書類を受け取ります。

 

1つ目は、「自動車保管場所証明書」です。これがいわゆる「車庫証明書」と言われるもので、運輸局に提出することで、車の購入を完了させることができます。

 

2つ目は、「保管場所標章」です。これは先ほど少し触れた丸いステッカーのことで、「保管場所をきちんと確保していますよ」ということを表すものです。このステッカーは、後ろのガラスに貼って置くことが義務付けられていますので届いたらすぐに貼るようにしましょう。

 

最後に、「保管場所標章番号通知書」です。その名の通り「保管場所商標」の番号を知らせる書類です。これは車検証と一緒に車の中に大切に保管しておきましょう。

 

ただし実際は、警察署への提出と標章発行後の受け取りに関して、クルマを購入する販売店が代行してくれるケースがほとんどです。代行費用は掛かりますが、平日になかなか警察署に出向けない、または記入方法に不安の残るかたは、割り切って販売店に任せてしまうのが安心かもしれませんね。

 

車庫証明に関して一体どのような点に注意しないといけないか

車を購入する際に必要な「車庫証明」。言葉は聞いたことがあっても、実際どのようなものか分からないという人も多いのではないでしょうか。手続きを行う際には、どのようなことに注意をしなければならないのかをご紹介します。

 

自分の住んでいるアパートやマンションで駐車場を確保できるか

車を買い替える場合は、これまでと同じ駐車場を利用することがほとんどだと思います。しかし新しく購入する場合には、住んでいるアパートやマンションで駐車場を確保できるかどうかを早めに確認しておく必要があります。空きがなかったり、そもそも自宅に駐車場がなかったりということも考えられます。

 

自宅に駐車場がない場合は、近くで駐車場を契約しなければなりません。その際は駐車場の利用開始と納車のタイミングをしっかり確認しておきましょう。タイミングがずれてしまうと、納車日に駐車できない可能性もあります。

 

賃貸駐車場を利用する際に毎月どの位の費用がかかるか

住んでいる地域にもよりますが、車を持っていると非常に便利ですよね。日常的な買い物や移動手段としてだけではなく、休日のドライブやお出掛けの幅がぐんと広がります。しかしガソリン代や車検代、自動車税といった維持費がかかる上に、駐車場代も必要であることを忘れてはなりません。

 

駐車場を借りるにあたって、毎月どの位の費用がかかるのかを確認しておく必要があります。住んでいるアパートやマンションの駐車場を利用するにしても、近くで契約するにしても、毎月の駐車場代を考慮しなければなりません。

 

購入を検討している車が確保した駐車場に停まるかどうか

欲しい車が見つかって、いざ契約しようと思ったタイミングで「自宅の駐車場に入らない……」なんてことがあっては困ります。車高や車幅、長さ、重量の制限は駐車場によって定められています。車体によってそれぞれのサイズが異なるため、規格と照らし合わせて確認する必要があります。

 

一軒家の場合は車を停めるスペースがあるかどうか、屋外駐車場の場合は駐車区画に収まるかどうかを確認します。マンションの立体駐車場などの場合は、定められている規格を満たしているかどうかを確認します。サイズオーバーであれば車の出し入れができないだけではなく、最悪の場合事故が起こってしまう可能性もあるため確認は重要です。

 

また車が収まるとしても、道が狭すぎて車が通れないような場合は車庫証明が通らないこともあります。通るのが難しいような場所にある駐車場を借りたとしても、実際に利用するときに困るのは自分です。道のりや道幅も確認しておくことをおすすめします。

 

実家に車を停める場合は家族と相談しないといけない

実家に住んでいる場合は、実家の駐車場に車を停めることになるでしょう。一家に一台ではなく、一人一台車が必要な地域もありますし、実家に住んでいなくとも実家が近いため車だけ停めたいといったこともあるかもしれません。

 

実際に実家に住んでいる場合、まずは家族に相談しましょう。駐車スペースに空きがあって家族の了承が得られれば、実家に車を停めることができるでしょう。車庫証明の条件として、住んでいる家から2km以内の駐車場を申請しなければなりません。実家の近くに住んでいる場合は、住んでいる家から2km以内であれば申請が通ります。

 

しかし実家と離れたところに住んでいて、車だけを停めておくといったことは法律で認められていません。通勤などでは車が必要なく、週末帰省したときだけドライブを楽しみたいといったこともあるかもしれません。しかしこれは「車庫飛ばし」という違法行為に当たるため、注意が必要です。

 

車庫証明の取得以前にどのような車を購入するかが大事

車庫証明の取得以前に、どのような車を購入するのかが大事です。せっかく買うのであれば、気に入ったものを買いたいところですが、目的や予算、新車と中古車どちらを購入するのか、など考慮すべきポイントはたくさんあります。そこで、購入する際のポイントをご紹介します。

 

目当ての車の在庫の有無はどうなっているか

在庫と聞くと「人気がないのでは?」「売れ残りなのでは……」と思うかもしれませんが、実際はそうではありません。グレードやオプションの種類がたくさんあるため、基本的には契約を結んでから生産を開始します。

 

しかし全ての車を受注生産していては、登録や車庫証明の準備を含めると納車までに相当な時間がかかってしまいます。納期を短くするためにも、人気の車種は見込みで発注し、ディーラーが在庫としてストックしている場合があるのです。

 

ディーラーはメーカーに在庫車種の支払いをしなければならないため、支払いの期限に間に合うように販売したいという意図があります。そのため値引きしてでも在庫を売りたいといったことが考えられます在庫があるかどうかを確認すると、お得に購入できるかもしれません。

 

車の予算はどの位か

欲しい車の値段と、実際に支払えるかどうかにはギャップがある場合があります。気に入った車があまりに高額だと、ローンの返済に追われてしまうといった可能性もあります。まずは予算を決めて、予算の範囲内で車種を選ぶようにしましょう。

 

現金一括で支払う人もいますが、ほとんどの場合はローンを組むことになるでしょう。頭金をいくら入れることができて、何年のローンを組むのか、ボーナス払いの有無など計画的にローンを組むようにしましょう。

 

一般的には年収の半分程度の車が目安だといわれています。年収300万円であれば150万円、年収500万円であれば250万円程度の車を選ぶようにすると、苦しむことなくローンを返済することができます。

 

どのような目的で車を購入するか

「車が欲しい!」と漠然と思うこともあるかもしれません。週末に「ドライブに行きたい」と思ったり、雨の日に「車があればなぁ」と思ったりすることもありますよね。しかし、なぜ欲しいのか、どのような目的で使うのか、を明確にしましょう。

 

まずは利用する頻度を考えてみましょう。毎日、週に一回、月に一回、自分が車を買った場合はどの程度の頻度で乗ることになるのかを明確にします。通勤や通学に必要なのか、日常的に車がないと厳しいのか、たまに娯楽として乗りたいのか、理由も人それぞれです。

 

新車か中古車か

乗りたい車と予算との折り合いがつかない場合は、中古車を選択肢に入れると可能性が広がります。新車は「誰も乗っていない自分だけの車」という特別感があることや、オプションやグレードを自分で選べることがメリットとしてあげられます。一方で新車は値段が高いことや納車に時間がかかることがデメリットといえます。

 

中古車は値段が安く、納車が早いことがメリットです。一方で、見た目だけでは状態が分からないことや、今後車検にお金がかかってしまう可能性があることがデメリットです。オプションやグレードにこだわりがなければ、お得に買うことができる中古車はおすすめです。中古車を買う場合は、年式や走行距離、車検の時期などを確認するようにしましょう。

 

車庫証明の取得や車の購入を行う際はスケジュール管理が重要

乗りたい車が決まって契約をしたら、納車まで待ち遠しいですよね。しかし納車日までに、車庫証明や住民票といった必要な書類を用意しなければなりません。ローンを組む場合は、審査や契約の手続きも忘れてはなりません。車を購入する際は、しっかりスケジュール管理をすることが重要です。

 

新車は納車まで約2~3ヶ月、中古車は10日ほどかかることが一般的です。契約してから書類などを準備していては、手続きが間に合わないこともあります。駐車場の確認や車庫証明の取得、ローンの審査・契約など、しなければならない手続きがたくさんあるため、早めの行動を心掛けましょう。

 

車を購入する際はあらかじめ疑問をまとめておくのが大事

車は大きな買い物なので、失敗のないように選びたいですよね。乗りたいかどうかだけではなく、家族構成やライフスタイル、予算を考慮して車種を絞っていきます。あらかじめ知りたいことや気になることなど、疑問をまとめておくとディーラーでスムーズに話を進めることができます。

 

「分からないことがたくさんある……」と不安になっている方も、ご安心ください。ネクステージでは車の購入に関する相談を受け付けていますので、いつでもご相談ください。

 

まとめ

当記事では、車を購入する際に必要となる「車庫証明」についての解説をしてきました。そもそも車庫証明とは何なのか、車の購入にあたって何をすべきなのかをご理解いただけたのではないでしょうか。

 

車庫証明は法律で義務付けられており、「車をきちんと保管できますよ」ということを表すための重要な証明です。ルールにのっとって滞りなく申請を進め、気持ちよく新しいカーライフをスタートさせましょう。

気になる車種をチェックする