車のギアには種類がある!仕組みやギアチェンジの方法などを徹底解説

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

車のギアには種類がある!仕組みやギアチェンジの方法などを徹底解説

車のギアには種類がある!仕組みやギアチェンジの方法などを徹底解説

車には多数のギアが搭載されており、切り替えることで状況に適した走行が可能です。しかしよく使うギアもあれば、ほとんど使用しないどういうものか分からないギアもあるかと思います。

 

使用頻度がないなら気にしなくていいように思うかもしれませんが、すべてのギアを使い分けることでより効率的で安全な運転が可能です。この記事では、車のギアについて解説していきます。

 

※目次※

1.車のギアとは?仕組みや必要性を解説

2.オートマ(AT)車のギアにはどんな種類があるの?

3.マニュアル(MT)車のギアにはどんな種類があるの?

4.車のギアチェンジを行う方法を解説!注意点はある?

5.車のギアが故障したときはどうすればいい?

6.ギアの品質を保つなら保証サービスが充実しているネクステージにお任せください

7.まとめ

 

■POINT

・ギアはトランスミッション(変速機)のことで、すべての車に搭載されている部品。切り替えていくことで、状況に応じた運転が可能

・トランスミッションはATとMTの2種類。ギアチェンジの方法が異なるほか、搭載されているギアも若干の違いがある

・ギアの故障を防ぐには、定期的なメンテナンスが必要。「ネクステージ」であれば、長期間の修理保証がついてくるので安心して運転できる

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

車のギアとは?仕組みや必要性を解説

車のギアには種類がある!仕組みやギアチェンジの方法などを徹底解説

普段の運転の中ではギアはどういった役割の部品なのか意識して動かすことはほとんどないと思います。特にAT車の運転であれば簡単にギアの切り替えができるため、詳しい仕組みを知らなくても問題ないように感じるかもしれません。

 

しかしギアを使いこなすことでより安全に運転できるほか、車への負担を減らし長く運転できるようになります。ここからはギアの仕組み・必要性について解説していきます。

 

ギアの仕組み

ギアとはトランスミッション(変速機)のことをいい、すべての車に搭載されている部品です。ギアを切り替えることで、エンジンに伝わる動力や回転数・方向を調整できます。それにより、路面状況に応じた走行が可能となります。

 

トランスミッションの種類はMT(マニュアルトランスミッション)とAT(オートマチックトランスミッション)の2つで、ギアに若干違いがあります。

 

ギアの必要性

ギアを使い分けることで、路面状況に応じて効率的に走行できます。具体的には、坂道でブレーキを踏まずに加速を抑えつつ走行するといったものです。車の運転ではD(ドライブ)というギアを使うことが多いですが、坂道だと下りながらどんどん加速していってしまいます。

 

ブレーキを使って速度を抑えていると、制動力が落ちてブレーキが効きにくくなります。ギアチェンジで低速に切り替えていれば、ブレーキを使わなくても加速を抑えられて制動力も維持可能です。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

オートマ(AT)車のギアにはどんな種類があるの?

車のギアには種類がある!仕組みやギアチェンジの方法などを徹底解説

トランスミッションの種類は、MT(マニュアルトランスミッション)とAT(オートマチックトランスミッション)の2つです。2021年3月現在ではオートマ車が主流となり、マニュアル車はトラックといった一部の車のみとなっています。

 

それぞれ搭載されているギアと使い方に、若干違いがあるため種類を覚えておくことが大切です。まずは、オートマ車のギアの種類について解説します。

 

P

Pは「パーキングギア」のことで、車を駐車する際に使用します。パーキングギアにすると、トランスミッション内でギアがロックされます。そのため、アクセルを踏んでも車が走行しません。また、車のエンジンは、安全確保のためギアがパーキングになっていないとかからなくなっています。

 

しかし、パーキングにしたからといって、車が動かないとは限りません。道路交通法の定めにしたがって、駐車時は安全のためサイドブレーキをかけおくことが重要です。

 

R

Rは「リバースギア」のことで、車をバックさせる場合に使用します。特に多い使用場面は、駐車場に車を停めるときです。リバースギアは、20kmといった徐行程度の速度なら完全に停止しなくてもギアチェンジが可能です。

 

しかし停止しない状態でのバックは、車に若干負荷がかかります。そのため車を停止させてから、リバースギアに切り替えるのが確実です。また、駐車場でバックする際に歩行者にぶつかる事故も発生しています。そのため、バック時は後方確認を怠らないようにすることが大切です。

 

D

Dは「ドライブギア」のことで、使用頻度の多いギアです。オートマ車の運転は、基本的にドライブを使用します。オートマ車は、ギアをドライブにしてアクセルを踏んでいくと、自動的にギアチェンジが可能です。

 

そのため、アクセルを踏めば加速していきます。また、ドライブにしていると、アクセルを踏んでいなくても車がゆっくり進みます。車の停止する際は、ブレーキを踏むかパーキングに変更するのを忘れないように注意することが重要です。

 

N

Nは「ニュートラルギア」のことで、エンジンからタイヤに駆動力が伝わらなくなります。前述したパーキングギアと同じように感じるかもしれませんが、ニュートラルとパーキングは別のものです。

 

パーキングとの違いは、ギアにロックがかからないことです。そのため、坂道といった傾斜がある場所でニュートラルにしていると、少しずつ前に進んでしまいます。主にドライブとパーキングのギアチェンジをスムーズに行うために、タイヤへの駆動力を切り離す役割を持っているものです。

 

2

2は「セカンドギア」のことで、アクセルを踏んでも20km程度の低速域しか出なくなります。主な使用場面は下り坂で運転するときで、スピードを抑えながら坂道を走行可能です。坂道の運転は、ギアをドライブにしてブレーキを踏みながらでもいいように思う方が多いのではないでしょうか。

 

しかしブレーキを踏みながら坂道を走行していると、ブレーキの制動力が落ちてしまい車を停止しにくくなってしまいます。セカンドギアにしていればスピードが抑えられるので、ブレーキに負荷をかけず坂道を走行できます。

 

L

Lは「ローギア」のことで、セカンドギア以上にスピードが抑えられます。坂道の中にはセカンドギアでも対応できないような、急斜面のものもあります。ローならセカンド以上にスピードを抑えられるので、急斜面でも安全に走行可能です。

 

基本的にはセカンドギアで十分なので、使う機会は少ないです。しかし急な坂道を走行することがあるかもしれないので、対応するために覚えておくことをおすすめします。

 

O/D

O/Dは「オーバードライブ」のことで、トップギアを意味します。シフトレバーではなくボタンで切り替えるギアで、ONにすると最高速を出せるようになります。通常走行ではONになっており、高速道路での運転時にエンジン回転を減らし、燃費を抑えつつ走行可能です。

 

下り坂で使用すると、エンジンブレーキを効果的に支えて安全です。また、上り坂ではOFFにすることで低いギアだけの走行になり、坂道の途中で失速するのを防げます。

 

M

Mは「マニュアルモード」のことで、ギアチェンジを自分で行えるようになります。つまりオートマ車でありながら、マニュアル車のような操作方法に切り替わります。これにより通常のオートマ車より、エンジンブレーキを効果的に使った運転が可能です。

 

また、マニュアルに切り替えることで、フットブレーキの負担軽減と燃費の向上につながります。そのためエンジンの負担を減らし、ブレーキの制動力を維持するのに役立ちます。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

マニュアル(MT)車のギアにはどんな種類があるの?

車のギアには種類がある!仕組みやギアチェンジの方法などを徹底解説

マニュアル車はオートマ車と違い、すべてのギアチェンジを自分で行いながら走行します。搭載されているギアにも、オートマ車とは若干の違いがあります。運転方法が違うので、それぞれの違いを理解しておくことが重要です。

 

オートマ車の運転が一般的になってきた今、どのようなギアがあるか知る機会は少ないのではないでしょうか。本章では、マニュアル車のギアを解説していきます。

 

L

Lはオートマ車と同じく「ローギア」のことですが、マニュアル車では車の発進時に毎回使用します。マニュアル車の運転では「クラッチペダル」を駆使しますが、エンジンをかけた段階ではタイヤ側の円盤は止まっています。そのため、エンジンが空転している状態です。

 

ローギアからゆっくり動力を伝えていくことで、タイヤ側の円盤が回転し車が動き出します。また、ローギアはオートマ車と同じく、急な坂道での減速走行にも使用します。

 

2

2は「セカンドギア」を意味します。マニュアル車では、ローギアで発進し、徐々にスピードが出てきたらセカンドギアに切り替えています。マニュアル車はクラッチを使ってゆっくり動力を伝えていくので、段階的に加速していくために必要なギアです。

 

主に発進後の加速のために使用するものなので、運転中にメインで使用することはほぼありません。

 

3

3は「サードギア」のことで、セカンドギアの次に使うギアです。セカンドギアで運転しスピードが出てきたら、サードギアに切り替えます。サードギアでは、時速30km程度のスピードを出せます。

 

主に段階的な加速のために使用ですが、狭い路地や住宅地などスピードが出しにくい場所ではサードギアで運転することもあります。

 

4

4は「トップギア」のことで、走行中に最も使用するギアです。発進時のローギアからサードギアと順番に切り替えていき、トップギアを出せるようにしています。

 

60km程度のスピードが出せるため、一般道ではトップギアでの走行がメインです。信号待ちで停止する場合は、トップギアのままブレーキを踏み、速度が落ちたらギアを変えていきます。

 

5

5は「オーバートップギア」のことで、前述したトップギアでは対応できない高速道路での走行で使用します。オートマ車とは違い、マニュアル車の場合は高速道路合流時にギアチェンジも行う必要があります。

 

後方の車に注意を向けつつギアチェンジしないといけないため、マニュアル車だと特に難しいです。高速道路を使う場合は、ギアチェンジと後方確認を同時に行えるよう意識を向けることが大切です。

 

R

Rは「バックギア」のことで、オートマ車のリバースギアと同じものです。マニュアル車のバックでは、クラッチを使用した速度調整を行います。半クラッチで速度を調整しながらバックするので、慣れていないと難しいです。

 

クラッチペダルを頻繁に踏みますが、うまくできないとエンストします。そのためオートマ車よりも慎重な操作が求められます。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

車のギアチェンジを行う方法を解説!注意点はある?

車のギアには種類がある!仕組みやギアチェンジの方法などを徹底解説

車のギアチェンジの方法は、オートマ車とマニュアル車で異なります。オートマ車は複雑な操作があまりないので簡単に思うかもしれませんが、事故につながる注意点があります。

 

マニュアル車はクラッチを使った操作が必要なので、オートマ車よりも注意点が多いです。ここからはマニュアル車・オートマ車のギアチェンジの方法と、注意点を解説していきます。

 

オートマ(AT)車のギアチェンジ

オートマ車は、ギアがドライブに入っているとアクセルを踏まなくても進んでいくので注意が必要です。これを「クリープ現象」といい、信号待ちでブレーキを踏む力が弱いと、徐々に進んでしまい衝突事故の原因になることもあります。

 

上り坂でギアをドライブにしたままアクセルを離し、バックするのもよくありません。ギアと反対方向に進むと、ブレーキが効きにくくなる・ハンドルが重くなるなど不具合の原因となります。下り坂でバックするのも、同様の不具合につながります。

 

また、パーキングギアは、車が完全に停止してから切り替えます。車が急停止してしまい、トランスミッションに負荷がかかるためです。

 

マニュアル(MT)車のギアチェンジ

オートマ車のギアチェンジの注意点は、マニュアル車にも同じように当てはまります。それに加え、マニュアル車ではクラッチの使い方に注意が必要です。発進時は半クラッチ、運転中のギアチェンジでもクラッチを切る・つなぐといった操作が必要です。

 

クラッチの操作を誤るとエンストしてしまい、後方の車が衝突する事故につながります。慣れればスムーズにクラッチを操作できますが、マニュアル車に乗り始めたころは注意が必要です。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

車のギアが故障したときはどうすればいい?

車のギアには種類がある!仕組みやギアチェンジの方法などを徹底解説

車を運転していると、ギアが故障してしまう場合があります。その際、どう対処すればいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。事前にギアのメンテナンスを行うことで、ある程度故障を防ぐことができます。

 

しかしメンテナンス方法を間違えてしまうと、別の故障の原因になります。ギアが故障する原因や対処方法について解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

故障の理由は経年劣化にある

ギアが故障する原因は、経年劣化であることが多いです。走行距離が10万km/Lを超えると、どうしてもギアが劣化してしまいます。また、運転の仕方によってもギアの劣化が早まります。

 

急加速を繰り返す運転をしているとギアへの負荷が大きく、劣化が早まってしまいます。劣化を抑えるのであれば負荷がかからないよう少しずつ加速し、無理のない運転を心がけることが大切です。

 

故障した場合は修理が必要

ギアが故障した場合は、修理が必要です。しかしギアの修理は難しく、簡単にはできません。ギアが故障した場合は、トランスミッションを交換するかオーバーホールをする必要があります。

 

オーバーホールとは、劣化部品の交換、各部調整、洗浄などの作業です。ギアは交換かオーバーホールで確実に直るのですが、費用は高額です。オーバーホールは20万円以上、交換ならさらに修理費がかかります。そのため修理ではなく、廃車や車の買い替えを選ぶ場合が多いです。

 

故障する前に定期的なオイル交換を行う

ギアの故障を防ぐには、定期的にミッションオイル交換を行うことをおすすめします。トランスミッションはギアやベアリング(エンジンを動かすときの摩擦を減らす部品)など、大量の金属部品で構成されています。

 

ミッションオイルで金属部品を潤滑にしていれば、サビの防止が可能です。しかしオイル交換を怠っていればその分金属部品の摩耗が進み、経年劣化も早まります。また、オイルの漏れがあると、ギア自体が故障してしまうので注意が必要です。

 

ミッションオイルは、2万~3万kmごとの交換が推奨されています。車を長く運転したいなら、定期的な交換をおすすめします。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

ギアの品質を保つなら保証サービスが充実しているネクステージにお任せください

車のギアには種類がある!仕組みやギアチェンジの方法などを徹底解説

車のギアの品質を保つには、定期的なメンテナンスが重要です。しかし「どのようにメンテナンスすればいいのか分からない」と感じている方は多いのではないでしょうか。中古車販売店の「ネクステージ」であれば、ギアを含む無料保証が受けられます。そのため、故障のリスクを減らしつつ、運転することが可能です。

 

ネクステージではエンジン機構やトランスミッションなどの項目は、無料で修理を受けられます。

 

・販売時の経過年数が7年未満

・ 7万km以下の国産3・5・7ナンバー車

 

この条件を満たしていれば、3年間という長期の保証がついてきます。費用をかけることなく品質を保てるので、メリットが大きいです。車を購入する場合は、ぜひネクステージをご検討ください。

まとめ

車のギアには種類がある!仕組みやギアチェンジの方法などを徹底解説

車のギアは、運転するならよく知っておきたい重要な部品です。効率的に運転できるほか、車の品質を維持することにもつながります。ギアの仕組みを知っていないと、上り坂でアクセルを離してバックするといった、故障につながる運転をしてしまう可能性があります。

 

車の運転では、ギアを含む部品の故障がどうしても発生します。中古車販売店のネクステージでは、3年間保証がつき修理費を抑えられます。車を購入する際には、ぜひネクステージにご相談ください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

車のギアには種類がある!仕組みやギアチェンジの方法などを徹底解説

気になる車種をチェック

 

ページトップへ