単身赴任で自動車を購入した際に必要な手続き/その他の選択肢やおすすめ車種

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

単身赴任で自動車を購入した際に必要な手続き/その他の選択肢やおすすめ車種

単身赴任で自動車を購入した際に必要な手続き/その他の選択肢やおすすめ車種

単身赴任中でも自動車を購入することがありますが、車庫証明書の申請が必要な場合があります。車庫証明書とはどういったものなのか、変更に必要な手続きはどういった流れで行うのかわからない方もいるのではないでしょうか。

 

この記事では、車庫証明書に必要な書類や申請方法をご紹介します。併せてカーシェアやレンタカーなどの選択肢もあることやおすすめの車種、中古車相場をご紹介していくので参考にしてください。

 

※目次※

1.単身赴任で自動車を購入した際に必要な手続きとは

2.単身赴任でも自動車を購入する?その他の選択肢も

3.通勤・帰省に使用するならマイカーがおすすめ!

4.単身赴任での自動車購入におすすめの車種

5.まとめ

 

■POINT

・単身赴任で自動車を購入する際にも車庫証明の申請が必要な場合があるため、申請方法や必要書類などをチェック

・自動車を購入せず単身赴任先で乗りたい時には、カーシェアリングやレンタカーといった選択肢もある

・単身赴任先で購入するにあたっておすすめの車種の特徴や中古車相場をチェック

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

単身赴任で自動車を購入した際に必要な手続きとは

単身赴任で自動車を購入した際に必要な手続き/その他の選択肢やおすすめ車種

単身赴任で自動車を購入した際にも車庫証明書が必要な場合があります。この申請を怠ると、罰金を取られることもあります。なぜ手続きが必要なのか、申請方法や必要書類がわからないという方も多いのではないでしょうか。この項目では、必要なものや費用、方法、注意しておくべきことも踏まえてご紹介していくので参考にしてください。

 

車庫証明の手続きが必要

車庫証明の正式名称は『自動車保管場所証明書』で、乗用車を持っている人は必ず手続きをしなくてはいけないものです。これは、自動車を保管する場所の確保などに関する法律で決められており、車を置いておく場所の管轄である警察署で申請をしなくてはいけません。

 

住んでいるところから直線で2km以内に駐車スペースを持つことが条件となっています。車を購入した時はもちろん、引っ越しをした場合や駐車場を違う場所に変えた場合でも手続きが必要です。単身赴任をした際に自宅と両方で車を使うときは、自動車を主に使う人の住所が本拠地となるので最寄りの警察署で手続きを行います。

 

軽自動車の場合は、保管場所届出義務等の適用地域となっている場合には届出を行わなければならず、適用除外地域であれば不要です。

(参考:『警視庁|保管場所(車庫)の要件と使用権限書面』)

 

申請方法

必要書類を警察署に提出することで申請をすることができます。駐車場を他者から借りているか、自分で所有しているかによって書類が変わってくるので注意が必要です。借りている駐車場の場合は、管理会社や大家さんなどに記入してもらう書類もあるので申請に時間がかかります。

 

記入漏れやミスがあれば申請に時間がかかるので、よく確認しておくことが大切です。約1週間後に証明書が交付されるので警察署に受け取りにいきます。何度も足を運ぶ必要があり、平日にしか開いていないので時間的に難しいという方は、郵送でも受け付けてくれる警察署もあるので問い合わせをしてみるのもいいでしょう。

 

必要書類

申請の時に必要な書類は以下の通りです。申請書は警察署にも置いていますが、警視庁のホームページからダウンロードして使用できるので事前に記入しておくといいでしょう。警視庁以外の様式でも受理はされますが、警視庁で使用している様式の使用が推奨されています。

 

本拠の位置が確認できるものとは、公共料金の領収書や運転免許証、消印のある郵便物などの居住が確認できるものです。

 

・自動車保管場所証明申請書

・保管場所標章交付申請書

・保管場所の配置図、所在図

・保管場所使用権原疎明書面(駐車場を自分で所有している場合)

・保管場所使用承諾証明書(賃貸の駐車場の場合)

・使用の本拠の位置が確認できるもの

(参考:『警視庁|保管場所証明申請手続』

 

手続きに掛かる費用

上記の必要書類にはお金がかかるものもありますがそこまで高くはありません。自動車保管場所証明書は県や地域によって金額が異なりますが、合計すると約2,500円から3,000円程度が目安です。さらに業者に代行してもらうと1万円以上かかることもあります。

 

・自動車保管場所証明書交付:2,000円から2,300円程度

・保管場所標章交付:500円~600円程度

・自動車保管場所証明書・標章の再交付:900円程度

 

注意事項

変更手続きは必ず必要なものなので、申請を行わないと罰則が課せられます。虚偽の保管場所証明申請をした場合は20万円以下の罰金、保管場所の不届け、虚偽届出の場合は10万円以下の罰金を支払わなくてはいけません。故意に申請をしなかったら重い罰則が課せられることもあるので、必ず申請をしましょう。

 

また、道路を車庫代わりに使っていた場合3ヵ月以下の懲役もしくは20万円以下の罰金に加え違反点数3点が加算されます。道路に長時間駐車した場合も20万円以下の罰金と違反点数2点が加算されてしまうので注意が必要です。

 

単身赴任で引っ越しをした時などはうっかりと申請を忘れてしまう方もいるようなので忘れずに行いましょう。

(参考:『警視庁|罰則』)

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

単身赴任でも自動車を購入する?その他の選択肢も

単身赴任で自動車を購入した際に必要な手続き/その他の選択肢やおすすめ車種

車の購入は大きな買い物となるので、単身赴任で車が必要な場合でも購入をためらう方もいるかもしれません。そのような場合は『カーシェアリング』や『カーリース』『レンタカー』といった他の選択肢もあります。

 

車を借りることに抵抗がある人も少なくないでしょう。しかし、車の使い方によっては購入よりも安く済む場合もあるので検討してみるのもおすすめです。この項目ではそれぞれの特徴などをご紹介していくので参考にしてください。

 

カーシェアリング

会員制で登録をしている人たちが車を共同で使うサービスです。購入とは違い月額で利用料金を支払うことになり、税金や車検代、ガソリン代なども含まれているので金額が分かりやすくなっています。短い時間であれば使った分だけの金額で済むので、レンタカーなどに比べると安くなっているのが特徴です。

 

しかし、他人の車を借りている状態なので煙草の臭いやペットを乗せていることで動物の臭いが残っていることもあります。自分の乗りたい車が先に予約されてしまっていることもあり、好きな車に必ず乗れるとも限りません。返すときには借りる前の状態に戻す必要があるので、掃除などの手間や時間がかかってしまうことも難点です。毎日車を使わない人や、短時間だけ使いたい人におすすめのサービスとなっています。

 

カーリース

自分の好きな車種や条件にあった車を選ぶと、リース会社が購入をして毎月一定の金額を払って契約期間中使うことができるサービスです。契約している期間は自由に車を使うことができ、支払い額も決まっているので安心して乗ることができます。

 

しかし、途中で解約しようと思っても出来ないのが難点であり、解約をするためには損害金を払わなくてはならないといった可能性もあり、契約金よりも高くなってしまうことも考えられます。また、契約の時に走行距離が月に500kmから2000kmまでと上限が決まることが多く、期間が終わった際に上限を超えた場合その分の追加費用を払うことになるので注意が必要です。

 

一定の期間車を使うことができるので毎日車を使う人にはおすすめのサービスですが、走行距離には気を付けましょう。

 

レンタカー

レンタカーを借りられる店舗の多くは駅や空港の近くにあり、借りる時と返すときだけ店舗に行く仕組みになっています。短い期間だと比較的安く乗ることができますが、何度も車を使いたい人にはコスト面からみると不向きです。レンタカーは、基本的に利用期間やプランを決めて契約が完了した時点で支払いをする前払い制になっています。

 

また、季節やゴールデンウイーク、お盆、お正月などの休みと重なると、普段の料金よりも1割ほど高くなってしまうことが難点でしょう。自分の借りたい車種があっても、他の人が借りていることもあるので必ず乗れるとも限りません。普段車を使わない人や車種にこだわりのない方には、おすすめのサービスです。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

通勤・帰省に使用するならマイカーがおすすめ!

単身赴任で自動車を購入した際に必要な手続き/その他の選択肢やおすすめ車種

単身赴任で通勤や帰省するときに使うのであればマイカーがおすすめです。前述でご紹介したカーシェアリングなどは短い時間車を使う人にはおすすめのサービスですが、毎日車を使う方や週末ごとに帰省する方には不向きになります。この項目では、なぜマイカーがいいのかをご紹介するので参考にしてください。

 

長期利用・頻度が多いなら「マイカー」がお得

単身赴任が長くなりそうな方や週末ごとに帰省するといった方は、車を使うことが多くなるでしょう。車を使うことが多いほど、カーシェアリングやレンタカー、カーリースで借りると金額が高くなるので購入の方が安くなりおすすめです。

 

マイカーにすることで自分の好みの車に乗ることもでき、時間や契約期間や決められた走行距離なども気にしなくてよくなります。マイカー購入にした場合、駐車場の確保や車庫証明書の手続きを忘れずに行うようにしましょう。

 

車を利用する機会が少ない方は購入以外もアリ

単身赴任の場合、場所によって車がなくても通勤や買い物に困らない方もいるでしょう。帰省時や旅行など限られた時だけ車を使いたいという人は、前述でご紹介している短い期間でも借りることができるカーシェアリングなどを検討するのもおすすめです。マイカーと違い維持費も不要で、駐車場も用意する必要がないことも便利な点といえます。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

単身赴任での自動車購入におすすめの車種

単身赴任で自動車を購入した際に必要な手続き/その他の選択肢やおすすめ車種

単身赴任で自動車の購入を検討している場合、使い勝手がよく燃費の良い車を買いたいと思う方も多いのではないでしょうか。この項目では、単身赴任での自動車購入におすすめの車種やそれぞれの特徴、中古車相場をご紹介しますので参考にしてください。

 

ホンダ フィット

単身赴任で自動車を購入した際に必要な手続き/その他の選択肢やおすすめ車種

コンパクトカーでも力強いエンジンを搭載しており、運転が好きな方でも走りを楽しめる車です。さらに、小回りが効くので初心者や車に乗り慣れていない方も運転がしやすくなっています。燃料タンクを前の座席の下に配置したホンダ独自のセンタータンクレイアウト技術を採用していることで、車内が広く荷室も広くたくさんの荷物を積めるようになっているのが特徴です。

 

ハイブリッド車とガソリン車があり、ガソリン車を選んでもハイブリッドに負けない燃費性能を持っています。中古車相場は10万円から2309万円程度です。中古車でも走行距離が9kmとあまり走っていない車両もあり、グレードやオプションによっても価格が変わります。

(2021年4月時点での情報です)

(参考:『ホンダ フィットの中古車一覧|新車・中古車の【ネクステージ】』)

 

PR新旧フィットがお買い得

※価格は支払総額

 

トヨタ アクア

単身赴任で自動車を購入した際に必要な手続き/その他の選択肢やおすすめ車種

2011年から発売されたアクアは、プリウスの『THSⅡ』を小型化・軽量化されたハイブリッドシステムを搭載しています。世界でもトップレベルの燃費性能であることが特徴です。低重心でハンドルを切った時の揺れも少なく、カーブの際に発生するロールも抑えられるので乗り心地の良い車です。

 

車内の全長が2,015mmと長くなっているので、荷室が広く収納も多くなっています。特別仕様車を含め、20色ものボディカラーの中から選べるのも特徴の一つでしょう。燃費を重視して車を買いたいと考えている方におすすめです。中古車相場は、35万円から240万円程度となっています。

(2021年4月時点での情報です)

(参考:『トヨタ アクアの中古車一覧|新車・中古車の【ネクステージ】』)

 

ダイハツ タント

単身赴任で自動車を購入した際に必要な手続き/その他の選択肢やおすすめ車種

タントは2003年に発売され、スーパーハイトワゴンの先駆けとなった自動車です。軽自動車ながら車内が広く、車高も高いのが人気の理由です。『ミラクルオープンドア』を搭載しており、助手席側のドアと左側のスライドドアにある柱を取り除いた構造になっています。

 

柱がないことで出入り口が大きく前の席や後部座席への乗り降りがスムーズになり、チャイルドシートをつけるときや大きな荷物を乗せる時でも便利なのが大きな特徴といえるでしょう。

 

安全性も高く、自動ブレーキや車線逸脱警報などの危険予防システムやカメラとセンサーを使った駐車支援機能などの『スマートアシストIII』が搭載されています。中古車相場は、30万円から182万円程度です。

(2021年4月時点での情報です)

(参考:『ダイハツ タントの中古車一覧|新車・中古車の【ネクステージ】』)

 

スズキ ソリオ

単身赴任で自動車を購入した際に必要な手続き/その他の選択肢やおすすめ車種

ソリオはワゴンRの上位モデルにあたり、広い車内と走行性能が良い車として人気があります。車内はウォークスルーが採用されており、前座席から後部座席への移動が楽にできることが特徴です。乗り降りがしやすいように、後部席の両側がスライドドアになっているのも魅力の一つでしょう。

 

ステップが低くなっており、乗降グリップが付いているため小さな子供から年配の方まで幅広い世代で乗り降りのしやすいように設計されています。スズキ独自のマイルドハイブリッドを搭載しており、減速した時のエネルギーを専用のリチウムバッテリーに充電する仕組みです。

 

充電されたエネルギーは加速時にモーターを動かすことに使われ、エンジンをアシストしてくれるので燃費も良くなります。振動も少なく快適に運転ができ、力強い走りが体感できる車です。中古車相場は、34万円から198万円程度となっています。

(2021年4月時点での情報です)

(参考:『スズキ ソリオの中古車一覧|新車・中古車の【ネクステージ】』)

 

PRソリオで人気の中古車

143.9 万円

NEW
ソリオ Gの中古車画像

禁煙車 純正SDナビ 両側スライドドア 衝突軽減システム レーンアシスト バックカメラ オートライト シートヒーター Bluetooth CD/DVD再生 スマートキー 横滑り防止装置

182.9 万円

NEW
ソリオ ハイブリッドMX スズキセーフティサポート装着車の中古車画像

ハイブリッドMX スズキセーフティサポート装着車

4WD 禁煙車 電動スライドドア アダプティブクルーズコントロール ETC ドライブレコーダー 前席シートヒーター 誤発進抑制機能 車線逸脱警報機能 先行車発進お知らせ機能 スマートキー

52.9 万円

NEW
ソリオ Xの中古車画像

SDナビ パワースライドドア オートエアコン スマートキー プッシュスタート フルセグTV ETC 純正15インチアルミホイール 電動格納ミラー ドアバイザー

82.9 万円

UP
DATE
ソリオ Xの中古車画像

禁煙車 ナビ 電動スライドドア ETC 4WD スマートキー シートヒーター HIDヘッドライト オートエアコン オートライト 電動格納ドアミラー 純正14インチアルミ DVD/CD再生

262.9 万円

NEW
ソリオ ハイブリッドMZの中古車画像

ハイブリッドMZ

4WD 純正8型ナビ Bluetooth接続 セーフティサポート アダプティブクルーズ 両側電動スライドドア バックカメラ ドラレコ 前席シートヒーター LEDヘッド&フォグ オートライト 禁煙車

52.9 万円

NEW
ソリオ Gリミテッドの中古車画像

Gリミテッド

禁煙車 SDナビ フルセグTV 電動スライドドア スマートキー アンダースポイラー リアスポイラー フォグライト ドライブレコーダー 純正15インチアルミホイール ドアバイザー プライバシーガラス

41.9 万円

UP
DATE
ソリオ Gの中古車画像

電動スライドドア ナビ バックカメラ スマートキー HIDヘッドライト CD再生 地デジ 盗難防止装置 プライバシーガラス ヘッドライトリベライザー

137.9 万円

UP
DATE
ソリオ ハイブリッドMZの中古車画像

ハイブリッドMZ

両側電動スライドドア 禁煙車 メーカーナビ 全周囲カメラ 前後ドライブレコーダー ETC Bluetooth フルセグTV シートヒーター HIDヘッドライト アイドリングストップ

もっと見る >

※価格は支払総額

 

日産 ノート

単身赴任で自動車を購入した際に必要な手続き/その他の選択肢やおすすめ車種

車体はコンパクトですが、車内が広くゆったりと乗ることができます。荷室も広く開口部分が大きく開くことで、荷物を積むときに出し入れが簡単にできスーツケースだと縦置きで4台分も乗せることが可能です。

 

日産独自の『e-POWER』を搭載しており、エンジンで発電しモーターの力で走るため加速がなめらかで電気自動車のような走りを体感できます。国内で初めてのナビリンク機能がついたプロパイロットを搭載しており、ナビとの連携で制限速度に応じた速度の変更、カーブの際に適切なスピードになるように減速を行ってくれる機能が付いているのも人気の理由でしょう。

 

また、360度セーフティサポートの技術で、後ろを走る車とぶつからないようにブレーキ制御とステアリング操作をしてくれる『後側方衝突防止支援システム』『後側方車両検知警報』も搭載されています。中古車相場は、16万円から220万円程度です。

(2021年4月時点での情報です)

(参考:『日産 ノートの中古車一覧|新車・中古車の【ネクステージ】』)

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

まとめ

単身赴任で自動車を購入した際に必要な手続き/その他の選択肢やおすすめ車種

単身赴任が決まり車を購入する場合には、車庫証明の必要性を確かめたうえで、申請手続きを行いましょう。申請をしていないと罰則が課せられることもあります。申請にかかる費用も自分で行うことで安く抑えることが出来ます。

 

単身赴任で車の購入をためらっている方は、短距離や短期間の利用であればカーリースやレンタカー、カーシェアを使うこともおすすめです。しかし毎日通勤で車を使う方や長距離の運転をする方は、お金がかかるのでマイカーを購入するのがいいでしょう。

 

ネクステージでは様々な車種の取り扱いがあり、まさかの事態に備えることができる保証もあります。親切・丁寧な対応を心がけているので、いつでもお問い合わせください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

単身赴任で自動車を購入した際に必要な手続き/その他の選択肢やおすすめ車種

気になる車種をチェック

 

ページトップへ