マツダ車の魅力とは?ラインアップ、人気車種の概要・中古車情報まとめ

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

マツダ車の魅力とは?ラインアップ、人気車種の概要・中古車情報まとめ

マツダ車の魅力とは?ラインアップ、人気車種の概要・中古車情報まとめ

日本屈指の自動車製造・販売メーカー、マツダ。広島県安芸郡府中町に拠点を置くマツダは、人気のモデルを数多く輩出しており、国内外問わず人気の自動車メーカーとして知られています。今回はそんなマツダの会社概要や車の歴史、気になるカーラインアップをまとめました。また、新しくリリースされたMAZDA2、MAZDA3、MAZDA6の概要を、車の魅力と価格、中古販売情報とともにご紹介します。

 

※目次※

1. マツダの概要と特徴

2. マツダのカーラインアップは?

3. <人気車種>マツダ3の魅力とは?概要・価格について

4. <人気車種>マツダ2の魅力とは?概要・価格について

5. <人気車種>マツダ6の魅力とは?概要・価格について

6.まとめ

 

▼POINT

・マツダの会社の概要とその歴史について

・マツダのカーラインアップを紹介

・MAZDA2、MAZDA3、MAZDA6の特徴と価格まとめ

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

マツダの概要と特徴

マツダ車の魅力とは?ラインアップ、人気車種の概要・中古車情報まとめ

マツダは、2019年12月における自動車販売台数速報でも、トヨタ・日産・ホンダに続き4位の販売登録車数を誇る日本屈指の自動車メーカーです。2020年には、創業100周年を迎えました。まずは、マツダの会社概要とマツダ車の歴史、特徴について紹介していきます。

 

マツダはどこの会社?社名の由来と意味

マツダは、1920年に創立した広島県安芸郡府中町にあるカーメーカーです。乗用車をはじめ、トラックなどの販売製造を行っています。

 

主要製品は、自動車のほかディーゼルエンジンや変速機などもあります。生産の拠点は広島以外に山口にあり、中国やタイ、メキシコ、マレーシアなど海外にも展開している会社です。

 

マツダ製品の販売会社は国内に200社以上あり、海外にも140社あります。マツダという会社名は、創業者である松田重次郎氏の名前が由来です。また、西アジアの文明とともに誕生したとされている、アフラ・マズダー(Ahura Mazda)にも由来しています。

 

アフラ・マズダーを自動車の始原的シンボルとし、世界平和と自動車産業の発展を願い名付けられた社名です。

 

マツダの歴史から見える特徴

マツダは、1920年に東洋コルク工業株式会社として誕生しました。マツダが初の自動車を発表したのは1931年です。この翌年には海外への輸出も開始し、マツダの発展に大きく貢献しました。戦後になると小型の4輪トラックを発売し、さらなる飛躍を見せました。

 

そして、マツダを代表する初代キャロルが誕生したのが1962年です。その後1967年に登場したコスモスポーツでは、高出力でコンパクトな夢のエンジン「ロータリーエンジン」を搭載し、国内外から大変注目されました。

 

ロータリーエンジンはマツダの大きな特徴とされており、RX-8はロータリーエンジン最後の搭載車ともいわれています。

 

このロータリーエンジンのノウハウを生かしたとされているのが、マツダの新技術であるSKYACTIV-Xです。ガソリンと空気を使って自己着火するHCCIに着火制御機能を備えたSPCCIを開発し、世界で初めて実用化しました。

 

これは、マツダの100年の歴史の集大成ともいわれています。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

マツダのカーラインアップは?

マツダ車の魅力とは?ラインアップ、人気車種の概要・中古車情報まとめ

スポーツカーからワゴン車まで、さまざまなデザインや仕様の車種を展開しているマツダ。それぞれの特徴はどういったところにあるのでしょうか。ここからは、マツダ乗用車のカーラインアップを、その特徴を種類ごとに解説していきます。

 

コンパクトカー

マツダのコンパクトカーは、MAZDA2として販売されています。2014・2015年の日本カー・オブ・ザイヤーに輝いたデミオの後継車です。コンパクトなシルエットながら、エレガントなルックスで女性でも乗りやすいデザインを魅力としています。

 

MAZDA2には、車内のインテリアを贅沢にそろえた15S White Comfortと高い安全性と機能性に優れた15S SMART EDITIONなどの特別仕様車があります。

 

PRマツダのコンパクトカー

 

スポーツカー

スポーツカーのラインアップは、ROADSTER、ROADSTER RF、AZDA3 FASTBACKの3種類です。

 

1989年に登場したROADSTERは、数あるマツダの車種の中でも、多くのファンから愛され続けています。まさに「美しく走る」をコンセプトに設計されたスポーツカーといえるでしょう。

 

2016年に、ハードトップタイプのROADSTER RFが2登場しました。その後、MAZDA3からは、5ドアタイプのスポーツカーであるAZDA3 FASTBACKが誕生しています。躍動感のあるスポーツカーらしいシルエットを叶え、走る喜びを味わえる車です。

 

PRマツダのオープンカー

 

SUV

マツダのSUVは現在5種類販売されています。5人乗りのMAZDA CX-3、MAZDA CX-30、MAZDA CX-5、MAZDA MX-30と、6・7人乗りのMAZDA CX-8です。

 

2019年に登場したCX-30は、それまで販売されていたCX-3とCX-5の間のグレードに位置付けられた新モデルとなっています。

 

とくにファミリー層をターゲットとしており、乗り降りのしやすさや安全性能にこだわって設計された車です。

 

PRマツダのSUV

 

セダン・ステーションワゴン

セダンのラインアップには、MAZDA3 SEDAN、MAZDA6 SEDAN、ステーションワゴンにはMAZDA6 WAGONがリリースされています。

 

マツダを代表とする車種アクセラの後継とされているMAZDA3 SEDANは、2020年のWorld Car Design of the Yearに輝いたことでも知られています。

 

また、アテンザの後継であるMAZDA6は、スタイリッシュなセダンタイプと、流れるようなフォルムが印象的なステーションワゴンタイプの2種類があります。

 

軽自動車

マツダの軽自動車は計5種類のラインアップです。ワゴンタイプのFLAIR、コンパクトタイプのCAROL、ハイトワゴンタイプのFLAIR WAGON、クロスオーバータイプのFLAIR CROSSOVER、ワンボックスタイプのSCRUM WAGONがあります。

 

マツダの軽自動車は、同じく日本の自動車メーカーであるスズキからOEM供給を受けており、FLAIRはワゴンR、CAROLはアルト、FLAIR WAGONはスペーシア、FLAIR CROSSOVERはハスラー、SCRUM WAGONはエブリイがベースとなっています。

 

PRマツダの軽自動車

<人気車種>マツダ3の魅力とは?概要・価格について

マツダ車の魅力とは?ラインアップ、人気車種の概要・中古車情報まとめ

2019年5月に日本での販売がスタートしたMAZDA3。海外ではすでに登場していたモデルとしても知られています。マツダの次世代商品の第1弾としてリリースされたとされているMAZDA3について、デザインやエンジンなどの概要とその魅力、価格をまとめました。

 

アクセラの後継車MAZDA3の魅力

MAZDA3は、2003年に登場したマツダを代表とする人気車種、アクセラの後継車でアクセラとしては4代目に当たります。

 

海外ではすでにMAZDA3としてリリースされており、4代目をきっかけに海外車と同じ名前で販売を開始しました。吹きあがりの良さとサウンド、スムーズな加速感が味わえる新世代のガソリンエンジン「SKYACTIV-X 2.0」を搭載しています。

 

躍動感のあるフォルムとデザインを兼ね備えており、上質なインテリアも特徴です。

 

5ドアスポーツ・4ドアセダンの違いは

MAZDA3には、5ドアスポーツタイプ FASTBACKと、4ドアセダンタイプの2種類があります。FASTBACKの全長は4,460mm、SEDANの全長は4,660mmで、MAZDA3 SEDANのほうが200mm長くなっています。

 

MAZDA3 FASTBACKは、流れるような美しいデザインが特徴です。

 

MAZDA3 SEDANは、シンプルで世代を選ばない受け入れやすいデザインです。さらに、車体の荷室容量にも違いがあります。MAZDA3 FASTBACKは334Lですが、MAZDA3 SEDANでは450Lです。

 

MAZDAならではのデザインと走りを楽しみたいならMAZDA3 FASTBACKを、実用性の高さならMAZDA3 SEDANを選ぶという選択肢もあります。

 

MAZDA3の価格と中古販売情報

MAZDA3の新車価格(税込)

MAZDA3 FASTBACK

222万1,389円~

MAZDA3 SEDAN

222万1,389円~

※slide →

(2020年11月時点の情報です)

MAZDA3の価格は、MAZDA3 FASTBACKが222万1,389円(税込)から、MAZDA3 SEDANが222万1,389円(税込)から販売されています。

 

MAZDA3は2019年の5月に登場したニューモデルのため、低い価格帯での中古流通はあまりありません。しかし、前の型であるアクセラの中古は多く流通しています。

 

アクセラの中古販売価格は、29万9,000円から139万9,000円と幅広い価格帯です(2020年10月時点の情報です)。2003年に誕生したアクセラは、登場後モデルチェンジも行っており、古いモデルほど安く流通しています。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

<人気車種>マツダ2の魅力とは?概要・価格について

マツダ車の魅力とは?ラインアップ、人気車種の概要・中古車情報まとめ

マツダ唯一のコンパクトカーであるMAZDA2は、2019年の10月に登場した車です。ここからは、コンパクトカーながらも、マツダならではのデザイン性の高さと美しさが特徴とされているMAZDA2の魅力をその特徴とともにご紹介します。

 

気になる価格と中古車販売情報もあわせてまとめました。

 

デミオの後継車MAZDA2の魅力

MAZDA2は、デミオの後継車です。マツダのコンパクトカーとして1996年以来愛され続けていたデミオですが、2019年のマイナーチェンジとともに、MAZDA2に名前が変更されました。

 

コンパクトなMAZDA2ですが、気持ちの良い走りを実現させる「SKYACTIV-G 1.5」と「SKYACTIV-D 1.5」の2つのエンジンを用意してあります。どちらもスムーズで、エレガンスな走りを体感できる車です。

 

MAZDA2と特別仕様車2種類の違いは

MAZDA2には、 SMART EDITIONと White Comfortの2種類の特別仕様車があります。MAZDA2 SMART EDITIONは、安全性能と快適性にこだわった特別仕様車です。

 

約15km/h以上での走行中に接近した車両を検知しドライバーに通知するブラインドスポットモニタリング(BSM)や、車両に備えた4つのカメラによる360°ビュー・モニターを搭載しています。

 

MAZDA2 White Comfortは、本来のMAZDA2に贅沢な質感をプラス。内装にエレガントなピュアホワイトレザーを採用しています。異素材を組み合わせ、モダンに仕上げられたインテリアは男女問わず人気のスタイリッシュなデザインです。

 

そのほか、MAZDA2には先進装備を搭載した15S PROACTIVE SMART EDITIONや100周年特別記念車の15S 100周年特別記念車があります。

 

MAZDA2の価格と中古販売情報

MAZDA2の新車価格(税込)

15C

145万9,150円~

15S SMART EDITION

159万8,000円~

15S White Comfort

216万7,000円~

15S PROACTIVE SMART EDITION

179万8,000円~

15S 100周年特別記念車

231万円~

※slide →

(2020年11月時点の情報です)

 

MAZDA2の販売価格は145万9,150円(税込)からです。特別仕様車のMAZDA2 SMART EDITIONは159万8,000円(税込)から、MAZDA2 White Comfortは216万7,000円(税込)から販売されています。

 

また、中古販売ではMAZDA2の前の型であるデミオが流通しており、購入が可能です。

 

中古販売価格は59万9,000円から149万9.000円と幅広く、アクセラと同じく古いモデルほど安い傾向にあります(2020年10月時点の情報です)。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

<人気車種>マツダ6の魅力とは?概要・価格について

マツダ車の魅力とは?ラインアップ、人気車種の概要・中古車情報まとめ

MAZDA3、MAZDA2と並んで注目を集めているのが、MAZDA6です。MAZDA6はMAZDA3に続き2019年に8月に登場しました。スポーティーなデザインのマツダ車として脚光を浴びているMAZDA6の概要をまとめてご紹介します。

 

アテンザの後継車MAZDA6の魅力

MAZDA6は、2002年に登場していたマツダの人気車種アテンザの後継車です。2019年に海外での流通名であるMAZDA6に改名されました。マツダが掲げている“鼓動デザイン”を落とし込んだ車体は、国産ながらもスタイリッシュで垢ぬけたデザインが特徴です。

 

また、高い燃費性と中低速トルクの両立を叶えたSKYACTIV-G 2.5Tの搭載車もあり、なめらかな加速と快適なレスポンスを可能にしました。

 

さらに、安全性能にも力を入れており最新のi-ACTIVSENSEを搭載しています。ペダルの踏み間違いによる急発進の抑制をしたり、障害物を検知したりするなど事故のリスクを最小限にとどめるべく、ドライバーの運転をサポートする機能です。

 

セダンとワゴンの違いは

MAZDA6には、セダンタイプとワゴンタイプの2種類があります。大きな違いは、そのボディ形状にあります。全長はセダンタイプが4865mmなのに対し、ワゴンタイプは4805mmで、セダンタイプのほうが60mmほど長い設計です。

 

また、高さがWAGONのほうが30mmほど高く設計されています。SEDANの車体は、後部ほどスマートになっておりスタイリッシュなデザインが特徴です。一方でワゴンタイプは後部に荷室を備えているため、車体中間から後部にかけて伸びるようなシルエットとなっています。

 

MAZDA6の価格と中古販売情報

MAZDA6の新車価格(税込)

MAZDA6 SEDAN

289万3,000円~

MAZDA6 WAGON

289万3,000円~

※slide →

(2020年11月時点の情報です)

 

MAZDA6の新車販売価格は、MAZDA6 SEDAN、MAZDA6 WAGONともに2,893,000円(税込)からです。2019年に改名したMAZDA6ですが、中古販売ではMAZDA6の中古とともに、前形であるアテンザも流通しています。

 

アテンザの中古販売価格は103万9,000円から169万9,000円です(2020年10月時点の情報です)。

 

アクセラやデミオと同じく、古いモデルほど安い傾向にあります。2003年に初代が登場したアテンザは、2008年に2代目、2012年に3代目をリリースしました。それぞれデザインに違いがあるため、モデルごとの車体デザインで購入するのもおすすめです。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

まとめ

マツダ車の魅力とは?ラインアップ、人気車種の概要・中古車情報まとめ

マツダ車は、今もなお進化を続けているモデルがたくさんあります。今回紹介しきれなかった車体も、マツダならではのデザインで、車好きの人たちからも大変注目されています。最新車体はもちろん、前形であるアクセラ・デミオ・アテンザの中古車業界での流通も見逃せません。

 

マツダの車が気になっていて中古車購入を検討しているという方や気軽にマツダ車を体感したいという方は、ネクステージの中古販売ページもチェックしてください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

マツダ車の魅力とは?ラインアップ、人気車種の概要・中古車情報まとめ

気になる車種をチェック
ページトップへ